解約がスムーズに行えるカードとは?


クレジットカードは自分に合う・合わないは重要な要素

クレジットカードを選ぶ際に、どのクレジットカードを選ぶのかの重要な基準は、どのクレジットカードが好きなのか、サービスが充実しているのかではなく、どのカードが自分に合っているか、つまりそのクレジットカードがターゲット層とする利用者として、自分自身の適性が合っているのかどうかが重要だと言えます。

極端な例を言えば、新卒社会人で経済的に苦しいのに年会費の高いクレジットカードに入会するのは、メリットよりも、デメリットの方が大きいと言えます。気に入ったサービスがないのに、入会したカードも、実際に利用してもあまり充実感を得る事は少ないでしょう。

実際にクレジットカードを取得するまでは、取得をする事自体が目的となってしまい、そのクレジットカードが自分に合ったカードかどうかを検証しない方が多く、取得してしまった後で悩んでしまう方が少なくありません。

やはり、クレジットカードは自分にあったカードを選択するのが、最も間違いのないカード選びの最重要ポイントだと言えます。しかし場合によっては、既にそんな状況に陥っている方も少なくないでしょう。

そんな場合は残念ながら、最悪の場合、クレジットカードの解約を考える必要があります。今回はこのクレジットカードの解約について検証していきましょう。

ライフカードは解約がスムーズに行える数少ないクレジットカード

今回紹介するクレジットカードはライフカードです。
ライフカードを選択した理由は明白で、インターネットからの解約申請で、スムーズに解約する事が可能になっているからです。
では、実際にライフカードを解約する場合の手続きを確認してみましょう。


紹介したライフカードのホームページサイトの赤囲いした部分から、下記の解約申し込みページに飛ぶ事が出来、すぐに解約をする事が可能です。



紹介したクレジットカード解約サイトは非常に簡素で、脱会理由についても執拗に何度も聞いてくる様な事もありません。
ただ記入をして、確認ボタンを押すだけで脱会の完了となります。
カードの処理についても自分でハサミを入れるなどの簡単な処理になっています。
実際ライフカードほど、クレジットカードの脱会が簡単なカードは珍しく、通常のクレジットカードの脱会方法と比較しても非常に簡単である事が分かります。



ライフカードと通常のクレジットカードの解約方法との比較理由

クレジットカードの解約では、通常のクレジットカードはライフカードと比較して、作為的に簡単に解約が出来ない様な仕組みが取られており、中には専用の暗証番号でログインしないと解約手続き自体が分からないというものまで存在します。

しかしこれではクレジットカードとのミスマッチを認知し、加入後に解約を希望しても面倒な手続きが残ります。

その点ではネットですぐに解約ができ、時間的メリットが大きなライフカードは、加入のし易いクレジットカードだとも言えます。では実際にライフカードと一般的なクレジットカードの脱会方法の比較を行ってみます。以下の比較表を参照してみましょう。

ライフカードと通常のクレジットカードの解約概要

ライフカード
ライフカード
通常のクレジットカード
通常のクレジットカード
インターネットのサイトに記入するだけで完了 指定された番号に連絡。その上でオペレーターに解約の旨を説明し、解約理由など、一通りの問いに回答して初めて解約。

実際にはこの電話連絡は非常に面倒な手続きです。解約するカードについて話す事が沢山あるという方は少なく、迅速に解約処理を進めたいところですが、カード会社側としては引き止めに入りますので、その対応にイライラ来る方も少なくないでしょう。

ポイントは使い切ってから解約するのが得策

ライフカードは簡単に解約ができる事を紹介してきましたが、注意点があります。
ライフカードではインターネットで簡単に解約できるのは大きなメリットですが、解約をした途端に全てのポイントが消失してしまうのです。

更に言えば、ポイント交換をしても、プレゼントなどの到着前に解約をしてしまうと、場合によってはそのプレゼントの発送オーダーすら消失してしまう可能性もあるのです。

つまり、ライフカードでは、カード利用による付与されたポイントは、クレジットカードが存在している上に成り立っている契約だという取扱いを受けているのです。

これはサイト上の解約の注意点にも掲載されている注意事項であり、折角貯めたポイントも失効してしまう可能性があるという事になります。解約時には、確実にポイントを交換などし、全てのポイントの移行や取得したプレゼントの到着を、確認してからの手続きとする事が大事でしょう。

できればライフカードのポイントを590ポイント貯める事が出来れば、3,000円のVプリカとの交換が可能になりますので、Vプリカとの交換を終えてから退会をしても、メリットにはなってもリスクはないでしょう。

誕生月には付与ポイントが3倍になる特典もありますので、誕生月が近い、という方はそこでカード利用の買い物をするというのもメリットが大きいと言えます。
これだけ簡単に解約できるライフカードですから、年会費無料のメリットをいかして利用出来る間は、カードの利用を考えてみるというのも賢い解約の仕方と言えるでしょう。

初年度
年会費
年会費 ETCカード 電子マネー
無料 無料 無料
ポイント
有効期限
海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
5年 - - -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ