アパマンショップは家賃を高還元率クレジットカードで支払うとPontaポイントがドンドン貯まる!

アパマンショップは契約料金をポイントゲットと分割払いOK! 家賃でPontaポイントも貯まる

アパマンショップと言えば多くの優良な物件を紹介してくれとあり、引っ越しの際にお世話になったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

そのアパマンショップは賃貸契約の際にクレジットカード決済が可能となり、Ponta提携物件ならばカード払いすることでPontaポイントがどんどん貯まっていくのです。

引っ越しをする際に交わす賃貸契約はかなりの費用を必要とし、家賃の5倍から6倍の費用がかかるものです。その賃貸契約の初期費用もVISA、Master Card、JCB、AmericanExpress、Diners Caのブランドのクレジットカードならば決済でき、一括支払いが不可能なようならば分割払いができるだけでなく、ポイントゲットも可能です。

賃貸契約の初期費用は、ポイント換算すれば大規模ゲットチャンスですので見逃さないようにしましょう。

店頭でクレジットカード決済するには株式会社アップルが経営する東京・神奈川・埼玉のアパマンショップが条件となり、引越し先の物件がPonta提携をしているのであれば家賃をカード払いすることができ、Pontaポイントも貯まります。それだけでなく、毎月家賃ポイントを貰えますし、成約時に仲介料の1%+αポイントをゲットできる仕組みです。

アパマンショップへの支払いにはリクルートカードがおすすめ

アパマンショップのPonta提携物件の支払いにはリクルートカードが適しています。

リクルートカードは全国的に高い人気を誇るカードなだけあって基本ポイント還元率が1.2%と高く、年会費無料の上にブランドをJCB・MasterCard・VISAの3つからどれか1つを選べるようになっています。他にも家族カードは年会費無料、ETCカードは発行料の1,000円を除けば年会費無料です。

リクルートカードは日頃のショッピングや旅行保険にも保険が付く

アパマンショップは契約の際の初期費用決済にてクレジットカード払いを選ぶとポイントが貯まりますし、分割払いも受け付けている上にPonta提携物件ならばリクルートカード払いでPontaポイントとリクルートポイントが貯まりますが、旅行とショッピングの補償も強力なのが特長でもあります。

海外旅行傷害保険が最大2,000万円、国内旅行傷害保険が最大1,000万円と年会費無料カードには十分以上の設定額です。ショッピング保険は国内外にてカード払いした商品が購入日から90日以内に破損・盗難となると年間最高200万円の補償を受けられるので、家電や大きなものを買うときも安心でしょう。

家賃の支払いでゲットしたリクルートポイントはPontaポイントへも変換できる

アパマンショップのPonta提携物件の家賃をカード払いするとPontaポイントとリクルートポイントの両方が貯まります。

Pontaの還元率は基本的に1%で、リクルートポイントの基本還元率は1.2%ですが「じゃらん.net」で「10%還元プラン」をチョイスした時は還元率が最大11.2%になり、ポンパレモールにてカード払いすると還元率が4.2%から商品次第で還元率が最大21.2%へアップもします。

ホットペッパーグルメとホットペッパービューティにて予約と来店をし、支払いにカードを使えば還元率が3.2%となる上にインターネット予約→来店という手順を踏むと予約人数×50ポイントをボーナスとしてゲットできます。

アパマンショップのPonta提携物件ならば毎月、家賃ポイントを貰えますし、契約の成約が終われば仲介料の1%+αポイントをボーナスで貰えるので、アパマンショップとリクルートカードの組み合わせでポイント不足になることはまずありません。

リクルートポイントの使い道

・1ポイント→1円換算でじゃらんnet、ポンパレモール、Oisix×Ponta、ホットペッパーグルメ、ホットペッパーBeauty、キノギフト、MARQRELにてショッピング利用可能

・1リクルートポイント→1Pontaポイントでポイント移行対応

・1Pontaポイント→0.5JALマイルに移行可能

・1Pontaポイント→1dポイントに移行可能

アパマンショップとの契約の際の初期費用やPonta提携物件の家賃をカード払いするとPontaポイント以外にもリクルートポイントがたまるシステムとなっていますが、その貯まったリクルートポイントは1リクルートポイント→1Pontaポイントへ移行できるシステムとなっています。

リクルートカードの内容をチェックしておこう

・年会費無料

・ブランドはJCB、MasterCard、VISAから選べる

・家族カードの年会費無料

・ETCカードの年会費無料(MasterCardとVISAブランドは発行料が1,000円+税別)

・リクルートカードのポイントプログラムはリクルートポイント

・リクルートポイントの還元率は1.2%

・家族カードやETCカードの利用でもポイント獲得

・ポイント有効期限は最終獲得月から1年後の末日まで

・じゃらんnetの予約と宿泊をカード払いで還元率3.2%、プランによっては還元率11.2%

・ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティでの予約と来店をカード払いで還元率3.2%

・ホットペッパーグルメのネット予約と来店にて予約人数×50ポイント

・ポンパレモールにてカード払いすれば還元率4.2%で商品によっては還元率が21.2%

・VISA、MasterCardはnanaco、モバイルSuica、楽天Edyへチャージするとポイント獲得対象

・JCBはnanaco、モバイルSuicaへのチャージでポイント獲得対象

・1ポイント→1円換算でじゃらんnet、ポンパレモール、Oisix×Ponta、ホットペッパーグルメ、ホットペッパーBeauty、キノギフト、MARQRELで使用可能

・リクルートポイント→1Pontaポイントでポイント移行ができる

・旅行代金をカード払いすれば海外旅行傷害保険は最大2,000万円、国内旅行傷害保険は最大で1,000万円

・ショッピング保険は国内外ともに購入日から90日以内の破損・盗難には年間最大200万円

高還元率のリクルートカードはアパマンショップでの契約でポイントゲットも家賃でPontaポイントもリクルートポイントをPontaポイントへ交換も

アパマンショップは全国的に展開した物件紹介サイトです。引っ越しの際の物件の契約には多くの出費が必要となるので、急には出せないという方や、これをポイントにできないかと悩む方も多いかもしれません。

しかし、アパマンショップはクレジット決済による賃貸契約ができて初期費用の支払いも分割払いが可能になります。そして、住む物件がPonta提携物件ならばカード払いをすることでPontaポイントを毎月ゲットでき、成約時に仲介料の1%+αポイントをゲットもできるようになります。

アパマンショップの物件契約から家賃支払いにまでクレジットカードでの決済をしたい方は年会費無料で基本還元率が1.2%と優秀なリクルートカードを発行しましょう。

リクルートカードはじゃらん.netやホットペッパーなどでポイント還元率が大幅に上がりますし、ゲットしたリクルートポイントは1リクルートポイント→1Pontaポイントに交換できるので、貯めたリクルートポイントの使い道に困ることがありません。

アパマンショップの物件でポイントゲットしたい方は還元率が高くてPontaポイントも貯まり、貯めたポイントもPontaポイントにできるリクルートカードを発行しましょう。

引っ越しをする際に交わす賃貸契約はかなりの費用を必要とし、家賃の5倍から6倍の費用がかかるものです。その賃貸契約の初期費用もVISA、Master Card、JCB、AmericanExpress、Diners Caのブランドのクレジットカードならば決済でき、一括支払いが不可能なようならば分割払いができるだけでなく、ポイントゲットも可能です。

賃貸契約の初期費用はポイント換算すれば大規模ゲットチャンスですので見逃さないようにしましょう。

店頭でクレジットカード決済するには株式会社アップルが経営する東京・神奈川・埼玉のアパマンショップが条件となり、引越し先の物件がPonta提携をしているのであれば家賃をカード払いすることができ、Pontaポイントも貯まります。

それだけでなく、毎月家賃ポイントを貰えますし、成約時に仲介料の1%+αポイントをゲットできる仕組みです。

年会費無料のクレジットカードなので、今後の引っ越しのためや日頃のポイント集めにも適している1枚となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ