厳選カード10枚 人気コラム

ビューカードを切り替えたい!種類を変更する方法と注意点

現在使用しているビューカードから違う種類に切り替えたい時に、カード情報が引き継がれるのか不安になることがあると思います。

そこで朗報があり、Suicaと一体型の「ビュー・スイカ」カードを使っていて、同じSuicaと一体型のビューカードシリーズに切り替えたいなと思っている方なら、カード情報を新しいクレジットカードへと移すことが可能となっています。

このページでは切り替え方法を解説しつつ、おすすめのSuicaと一体型のビューカードも紹介していきます。

この記事でわかること

・切り替え時にSuicaの情報はどうなるのか
・Suicaと一体型のビューカードへの切替方法
・おすすめのSuicaと一体型のビューカード

あわせて読みたい!
他のクレジットカードに切り替えたいけど審査が不安という方には以下の記事で詳しく紹介しています。

Suicaと一体型のビューカードは、1枚でクレジット機能とSuicaを合わせて利用することができ、その点を評価され多くの方に利用されていますが、Suicaと一体型のビューカードはたくさんあるので、納得して今持っているSuicaと一体型の「ビュー・スイカ」カードを発行しても日がたつと目移りしてしまうこともあるでしょう。

しかし、Suicaと一体型の「ビュー・スイカ」カード使っているなら、新しいSuicaと一体型のビューカードへとSuicaの情報を簡単に移行できるので、どのSuicaと一体型のビューカードも新たに持つことができるのです。

移行できる情報は定期情報・Suica残高・オートチャージ情報となっていて、多機能販売機を利用して情報を移します。

Suicaの情報は一切変わることなくきちんと新しいビューカードへと引き継がれるので安心してください。

では、実際に多機能販売機上で行うSuica情報移行の手順を詳しく見て行きます。

Suicaと一体型の「ビュー・スイカ」カードから新しいSuicaと一体型のビューカードに切替える際のSuica情報移行の手続きは、駅にある多機能販売機上で行うことができ、手順も分かりやすくなっています。

<定期情報移し替え>

定期情報を移し替える場合は、今まで使っていたSuicaと一体型の「ビュー・スイカ」カードと新しいSuicaと一体型のビューカードが必要となります。

  • 1:「定期券」を選択してください。
  • 2:「発行換え」を選択してください。
  • 3:「古いカードから新しいカードへ引継ぎ」を選択します。
  • 4:ビュースイカカード(旧カード)を挿入します。
  • 5:ビューカード(新カード)を挿入してください。
  • 6:手続き完了です。

<Suica残高移し替え>

Suica残高を移し替える場合も、今まで使っていたSuicaと一体型の「ビュー・スイカ」カードと新しいSuicaと一体型のビューカードが必要となります。

移し替えの作業は定期情報の移し替えと同じ作業で手続きを進めることができます。

<オートチャージ情報移し替え>

オートチャージ情報に関しては、手続きは特に何もしないでも引継がれるのでそのまま使ってください。

このようにSuicaと一体型の「ビュー・スイカ」カードのSuica情報は、どの情報も簡単に引継がれるので、新しくSuicaと一体型のビューカードを発行してもおっくうな手続きをすることなく移し替えが完了します。

ただし、使っていたSuicaと一体型の「ビュー・スイカ」カードはSuicaの情報がきちんと新しいSuicaと一体型のビューカードへと移し変わるまで、保管しておいてください。

では、せっかくカードを切り替えるのであれば機能のいいカードに切替えないと損です。

カード切替え前におすすめのSuicaと一体型のビューカードを確認しておきましょう。

同じSuicaと一体型のビューカードでカード切替えを考えているのであれば、Suicaと一体型のビューカードの中でも特に人気な2枚のカード→ビックカメラSuica・ルミネカードの特長について知っておくと良いでしょう。

<ビックカメラSuica(VISA・JCB)>


ビックカメラSuicaカード

詳細ページボタン

ビックカメラSuicaはビックカメラで得に利用することができるクレジットカードで、ビックカメラで付帯しているSuicaで支払うとポイントが10%還元されます。

年会費は初年度無料で、その後も年に1回のカード機能利用で無料になる為ビックカメラを頻繁に利用する方は発行すると良いでしょう。

<ルミネカード(VISA・JCB・マスター)>


ルミネカード(VISA・JCB・MasterCard)

詳細ページボタン

ルミネカードはルミネでの買い物がいつでも5%OFFになり、ネットショッピングサイトのアイルミネでも5%OFFで利用できます。

年会費は初年度無料ですが、その後は953円(税別)発生するので注意してください。

suica一体型の定期券としても活用することもできるので、普段ルミネでの買い物が多い方は通常の「ビュー・スイカ」カードを作るよりルミネカードに申込みをする方がお得です。

また、ルミネの店頭で申込みをすることで最短20分ほどで発行することが可能なため、買い物のスキマ時間で作ることができることも人気の理由の一つです。

Suicaと一体型の「ビュー・スイカ」カードは、元から機能の良いクレジットカードですが、同じ種類のSuicaと一体型のビューカードは数多くあるので、Suicaの移し替えができるということであれば切替えを躊躇することはないでしょう。

Suicaの情報を移し替える際は、JR多機能販売機で簡単に新しいカードへとSuicaの情報を移し替えることができるので、いつでも新しいカードに変えることができます。

※オートチャージの情報に関しては、情報が自動的に移されるので何もする必要はありません。

またSuicaの情報を移す際は、使っていたSuicaと一体型の「ビュー・スイカ」カードが必ず必要となるので、絶対に破棄しないでください。

Suicaと一体型の「ビュー・スイカ」カードを同じ種類のSuicaと一体型のビューカードへと切替えを考えているのであれば、我慢しないで思い切って切り替えてみましょう。

もしまだSuicaと一体型のビューカードを持っていないという方は、スタンダードな「ビュー・スイカ」カードも検討して自分に合っているビューカードを選びましょう。



Pick Upコラム

shinsa_top
どうしても審査を
通過したい方に
shinsa_top
すぐにお金が
必要な方に
mobit_top
とにかく早く
カードが欲しい方に
shinsa_top
複数の支払いを
まとめたい方に

クレジットカードの選び方

当サイトでよく読まれているコラム

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介



当サイトおすすめ 10枚の厳選クレジットカード

キャンペーン中クレジットカード
ページの先頭へ
クレジットカード研究Labでは、アフィリエイトプログラムを利用し、 アコム株式会社、株式会社JCBより委託を受け広告収益を得て運営しております。