タクシー料金の支払いも電子マネーで簡単!チャージ不要でポイントも貯まるクレジットカードとは

タクシーの電子マネー払いが増加しているビュースイカカード、dカード、ソラチカカードがおすすめ

仕事で終電を逃してしまった時や疲れて一歩も動きたくない時、そして出張先や旅行先などでタクシーは大きく活躍します。そんなタクシーは料金がかさむことがあったり、支払う時にタクシー内にて財布のお金を探して間が空いたりしてしまうものです。

しかし、現在は電子マネー払いに対応しているタクシーが増加傾向にあり、運転手に電子マネーで支払うことを伝えれば読み取り機にタッチするだけでキャッシュレス決済がスムーズにできます。

中にはタクシーの電子マネー支払いでポイントを貯められるカードもあり、ビュースイカカード・dカード・ソラチカカードならばポイントをスムーズに貯められます。それぞれのスペックをしっかり把握しましょう。

ビュースイカカード、dカード、ソラチカカードのスペックを解説

ビュースイカカードはsuicaオートチャージと定期券や乗車券の購入でポイント還元率3倍

タクシーでの支払いに対応している電子マネーで最もメジャーなのが交通系電子マネーのsuicaです。suicaの利用をする場合は年会費477円+税別とお手頃年会費なビュースイカカードを発行しましょう。

ビュースイカカードはモバイルsuicaが利用できてモバイルsuicaの年会費も当面無料となります。そしてビュースイカカードはポイントプログラムのビューサンクスポイントがあり、乗車券、定期券、回数券、特急券の購入とオートチャージを含めたsuicaチャージでポイント還元率が0.6%になります。

このsuicaオートチャージによってタクシーでのsuica払いで不足したsuica残高をチャージするとチャージ分がポイントとして貯まります。その上で貯まったビューサンクスポイントも1ポイント→2.5円倍率でsuicaにチャージできるので大変におトクにタクシーを利用できます。

dカードの電子マネーはiDで後払い方式なローソン利用がおトクになりポイント還元率アップ

docomoが提供する後払い方式という比較的珍しい電子マネーiDに対応しているのがdカードです。dカードは年会費1250円+税別で、カード発行初年度は年会費無料ですし、1年に1回以上のカード利用があれば翌年の年会費が無料になる実質年会費無料のクレジットカードです。

dカードのポイントプログラムのdポイントはポイント還元率が1%と高く、ローソンでカード払いをすると還元率が5倍になりますし、提携店でカード払いしても還元率2倍になります。

電子マネーiDは後払い方式の電子マネーです。そのため、iDの利用分をdカードで支払うことでdポイント獲得ができますし、貯まったポイントは1ポイント→1円でdocomoの携帯電話利用料金にあてたり、1ポイント→1マイルか1ポイントでJALマイルやPontaポイントに移行できます。

dカードそのものが有効性の高いクレジットカードですので、docomoキャリアでなくとも、発行しておくと便利です。

ソラチカカードはANAマイル還元率が1%にできて東京メトロ乗車でメトロポイントもゲット

年会費2,000円+税別のソラチカカードは東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄の定期券を裏面に搭載可能という交通系特化なクレジットカードで、PASMOオートチャージ機能を持っています。

国内外旅行傷害保険が最高1,000万円かかり、海外でのカード払いならば年間最高100万円のショッピングガード保険がかかります。

ソラチカカードはOki Dokiポイント、ANAマイル、メトロポイントの3つのポイントプログラムを持っているのが最大の特徴です。Oki Dokiポイントはタクシーの支払いをPASMOで決済するとPASMOオートチャージをすることになります。

この際にOki Dokiポイントをゲットするか、自動でOki Dokiポイントを5ANAマイルに移行してANAマイルをゲットするか選ぶことができます。年間手数料5,000円+税別にてPASMOオートチャージでの獲得ANAマイルを1,000円ごとに10マイルへ増やすこともできます。

また、メトロポイントは東京メトロ線1乗車で平日5ポイント、土休日15ポイントで獲得できて、100メトロポイント→90ANAマイルで移行できます。

このことから、ソラチカカードはタクシーをPASMOで支払うとPASMOオートチャージによってOki DokiポイントかANAマイルが貯まりますし、日頃の東京メトロの利用でメトロポイントもゲットできます。

ビュースイカカード・dカード・ソラチカカードのタクシー電子マネー払いの違い

  ビュースイカカード dカード ソラチカカード
支払い電子マネー suica iD PASMO
ゲットするポイント ビューサンクスポイント dポイント Oki DokiポイントかANAマイル
ポイントゲットするコツ suicaオートチャージでビューサンクスポイント iDで利用した代金は毎月他のdカード利用分とまとめて支払う PASMOオートチャージでOki DokiポイントかANAマイルをゲットするか選べる
備考 ゲットしたビューサンクスポイントをsuicaチャージできる dポイントをdocomo携帯電話利用料金に使ったりPontaポイントやJALマイルに移行 1,000円につき5ANAマイルゲットできて5,000円+税別の移行手数料で10ANAマイルにアップ

電子マネー対応のクレジットカードはビュースイカカードは交通系全般がおトクでdカードは年会費無料でローソンがおトクになりソラチカカードは東京メトロの乗車でメトロポイント

支払いに電子マネーが対応するようになったタクシーは増加傾向にあり、支払う際に電子マネーを用いるのならば現金を探して手間取る必要もなくなります。ビュースイカカードでSuica、dカードでiD、ソラチカカードのPASMOでタクシーの支払いができます。

ビュースイカカードでsuica払いをするとオートチャージ機能によってsuicaチャージ分だけビューサンクスポイントが貯まり、貯まったポイントをsuicaにチャージできます。

dカードの電子マネーiDは毎月の利用分がdカードの利用分とまとめて支払うことでdポイントが貯まります。貯まったdポイントは携帯電話の利用料金に使ったりPontaポイントやJALマイルに等倍移行可能です。

ソラチカカードはPASMOオートチャージ機能があり、タクシーをPASMOで支払いPASMOオートチャージすると1,000円に付き1Oki Dokiポイントか5ANAマイルゲットできて5,000円+税別の移行手数料を支払うとで1,000円につき10ANAマイルをゲットできます。

このためタクシーの支払いに使う電子マネー付きクレジットカードはそれぞれの長所がありますが、クレジットカード単体の長所も考慮すると定期券や特急券の購入でもオートチャージと同じく還元率3倍になるビュースイカカードは定期券利用者におすすめです。

dカードは年会費無料ですし、ローソンでのカード払いでポイント還元率がアップするのでdocomo利用者とローソン利用者に適しています。ソラチカカードは東京メトロの利用でメトロポイントをゲットできるので東京メトロ利用者に有効のカードです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ