nanacoで10万円以上の税金を支払う裏技とその注意点について解説

電子マネーnanacoで納税ができる

イトーヨーカドーやセブンイレブンといったイオングループ系列利用で貯まるポイントといえばnanacoポイントです。全国区に展開していて、利用頻度も高いお店と提携していることが多いことから、大変に貯まりやすいポイントプログラムとなっており、人気もあります。

そしてnanacoポイントは電子マネーにチャージすることができ、1ポイント→1円でショッピング利用が可能となっています。nanacoポイントはセブンイレブンといったコンビニで税金の支払いに用いることもでき、貯まったnanacoポイントで税金を賄うというおトクな使い方が可能です。

しかし、税金は一括支払いの場合は10万円を超えたりすることもざらにあります。その場合は、どのようにしてnanacoポイントで支払えばいいのか。nanacoポイントで高額税金を支払う方法を見ていきましょう。

電子マネーnanacoについてと納税の方法を把握しよう

電子マネーnanacoとは

電子マネーnanacoのチャージをするにはnanacoカードを発行する必要があります。そちらは年会費無料ですので、気軽に発行しましょう。そして、nanacoチャージしてnanacoで決済するとnanacoポイントが貯まり、そのnanacoポイントを電子マネーにチャージできます。

このnanacoチャージはクレジットカードを用いても行うことができ、それによってクレジットカード付帯のポイントも貯まるので、実質的にnanacoポイントとカード付帯ポイントプログラムの二重取りができます。

電子マネーnanacoで税金を支払うには

電子マネーnanacoはセブンイレブンにて税金を支払うのに対応していますが、nanacoはチャージ可能金額が5万円までとなっています。そのため、一見、10万円以上の納税をnanacoで決済するのはできないように見えます。

しかし、実は電子マネーnanacoは10万円チャージしても余分となる5万円が無駄になるわけではなく、カードにチャージされないだけで、センターお預かり分という形で5万円が保管されシステムとなっています。

そのため、nanacoカード1枚で納税10万円分までは可能となり、電子マネーnanacoで決済することでnanacoポイントも貯まります。実際に支払う場合はセブンイレブンの店員さんがシステムを把握していない可能性が高いです。

従って、セブンイレブンで支払う際はまず、店員さんに「5万円分納税する」と伝えましょう。そして、チャージ残高を使い切ってから、店員さんに「チャージ残高確認」をお願いします。

するとセンターお預かり分の5万円がnanacoにチャージされますので、残りを支払うことが可能となります。これによって家族の税金もまとめて支払えば、面倒な納税が一躍ポイントゲットチャンスになります。

nanacoカード3枚で最高30万円の納税を電子マネー決済できる

nanacoカード1枚でカバーできる納税は10万円までです。しかし、nanacoカードを2枚、3枚と用意することで20万円分、30万円分の支払いを電子マネーnanacoで済ませることができます。

nanacoカード自体はセブンイレブンでのレジにて最大5枚分まで使えますが、コンビニでの納税は最高30万円と決まっていますし、1ヶ月にチャージ可能なnanacoは最大20万円までで、1回でチャージ可能なnanacoは最大3万円です。

電子マネーnanacoで最高30万円を納税したい方は事前に計画的にチャージしておきましょう。

nanacoポイントを貯めたいならセブンカードプラスがおすすめ

nanacoポイントを貯めるのに便利なクレジットカードならばセブンカードプラスがあります。年会費は500円で、家族カードの年会費は200円ですが、カード発行初年度は年会費無料な上に、年間カード利用額が家族カード分と合わせて5万円以上で年会費無料です。従って、実質年会費無料のクレジットカードと言っていいでしょう。

セブンカードプラスのポイントプログラムはnanacoポイントとなっており、基本還元率は0.5%です。そしてセブン&アイグループス提携店でのカード払いで還元率最大3倍のボーナスがあり、セブンイレブン・イトーヨーカドー・ヨークマートにてキャンペーン中の商品を購入すればボーナスポイントをゲットできますし、年間カード利用額に応じた累計ボーナスポイントもあります。

貯まったnanacoポイントはチャージできて、nanacoチャージでもポイント獲得できます。

そして、セブンカードプラスはnanacoカード「一体型」と「紐付型」があり、「一体型」ならばレジにて1ポイント→1円換算でnanacoチャージできますし、電子マネーnanacoを使えます。そのため、セブンカードプラスとnanacoカードという2枚のカードを1枚にして使うことが可能です。ただし、あくまで1枚のnanacoカードと紐づけ可能なことには注意しましょう。

また、セブンカードプラスは電子マネーnanacoへのオートチャージ機能が付帯されており、オートチャージでもポイントをゲットできます。

セブンカードプラスは入会キャンペーンで最大3500ポイントゲットできる

そして、セブンカードプラスは2018年11月30日(金)まで入会キャンペーンを行っており、すべての条件を達成すれば3500nanacoポイントを獲得できます。

入会キャンペーンで3500ポイントゲットする手順

  1. オンライン入会で1,500ポイント
  2. オートチャージ利用で500ポイント必ず
  3. JCBブランド選択で 500ポイント
  4. セブン銀行口座開設で500ポイント
  5. 入会時に「支払い名人」登録で500ポイント
  6. 全て達成すれば3,500ポイント

セブンカードプラスのまとめ

  • nanacoカード「一体型」と「紐付型」があり
  • 年会費500円
  • 家族会員の年会費200円
  • カード発行初年度は年会費が無料
  • 年間カード利用額が本会員と家族会員を合わせて5万円以上で年会費無料
  • ETCスルーカード発行手数料無料
  • 2018年11月30日(金)まで開催されている入会キャンペーンで最高3500ポイントゲット
  • ポイントプログラムはnanacoポイント
  • 基本ポイント還元率は0.5%
  • セブン&アイグループスの提携店でのカード払いで還元率2〜3倍
  • イトーヨーカドーは毎月「8がつく日」にカード払いで代金8%OFF
  • セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートでキャンペーン中の商品を購入するとボーナスポイント
  • 年間カード利用額によって累計ボーナスポイント
  • nanacoチャージもポイント獲得対象
  • 提携店のレジカウンターで1nanacoポイント→1円の電子マネーに変換可能
  • 電子マネーnanacoへのオートチャージ機能あり
  • オートチャージも還元率0.5%でポイント獲得対象
  • ETCスルーカード還元率0.5%でポイント獲得対象

nanacoカード3枚で最大30万円納税可能でnanacoポイントを貯めるのはセブンカードプラスがおすすめ

電子マネーnanacoはセブンイレブンなどのコンビニにて税金の支払いが可能です。電子マネーnanacoへのチャージは可能金額が5万円までとなっていますが、それ以上にチャージをするとセンターお預かり分という形で5万円まで保管されるシステムとなっています。

そのため、コンビニにて電子マネーnanacoで納税する際にコンビニ店員にそのことを告げると電子マネーnanacoで5万円納税→お預かり分チャージされてもう1度残高納税というステップを踏むことでnanacoカード1枚につき10万円分までは納税が可能になります。これによってかなりのポイント獲得チャンスになるので見逃せません。

また、1回のレジにて電子マネーnanacoの納税は30万円まで可能ですので、nanacoカードを三枚まで使えば、30万円納税が可能となります。電子マネーnanacoへのチャージは1ヶ月につき20万円までが限度ですので、計画的なチャージを忘れないようにしましょう。

そして、nanacoポイントを貯めるのにおすすめなのが、セブンカードプラスです。家族カード含めて年間カード利用額が5万円なら年会費無料ですし、ETCスルーカードとオートチャージ機能の利用もポイント獲得対象にできます。

セブンカードプラスは入会キャンペーンにて2018年11月30日までは最大3500ポイントゲットできるので忘れないようにしましょう。

電子マネーnanacoで税金を支払いたい場合、nanacoカード3枚で最大30万円までカバーできますし、nanacoポイントをおトクに貯めたい方はポイント獲得チャンスが多くてボーナスポイントもあるセブンカードプラスを発行しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ