海外で以前使えたiDサービスが終了。今後海外旅行で持っておいた方がいい代わりになる国際的電子マネーとは?

海外でも利用できたiDサービス『iD/NFC』が終了

海外は以前までは、スマホやカードでタッチして決済が完了するiD/NFCサービスが利用でき、国内で利用しているiDを海外でも利用することができました。しかし、iDによる海外でのNFC決済が2018年7月31日にサービスの終了となりました。

iD/NFCはなぜ海外でも決済できて、iD/NFCではないiDはなぜ国内で利用できて海外で利用できないのでしょうか?

タッチ式決済の非接触通信には規格があり、規格が異なると利用できない!

日本で普及しているiDなどのような、かざすだけで決済できる非接触型近距離無線通信はソニーが開発した『Felica (フェリカ、TypeC)』をベースにしています。

一方、世界で普及しているのは、オランダのNXPセミコンダクターズ(フィリップスの半導体部門が独立)が開発した『Mifare(TypeA)』とアメリカのmotorola(モトローラ)が開発した『TypeB』の2つです。

TypeAとTypeBは日本国内でも利用されており、TypeAはタバコの購入に利用するTaspoカード、TypeBはマイナンバーカード・運転免許証などに利用されています。

TypeA、B、Cと規格が乱立しているため、統一した新しい規格が『NFC』です。NFCは、ソニーとNXPセミコンダクターズが共同提案したTypeA、B、Cそれぞれと互換性を持ち世界基準の規格ですが、まだ国内では普及途中の段階です。

したがって、日本国内で普及しているTypeCであるiDは基本利用できないのですが、マスターカードのコンタクトレス加盟店で、NFC規格のおサイフケータイ対応機種スマートフォンをかざせば海外でも利用できるサービスでした。

また、iDはApple Payに登録可能な電子マネーですが、国内iPhone7までのApple PayはTypeCとなっておりiPhone8以降は海外iPhoneもTypeC対応となったため、海外iPhoneは7まで国内のApple Payの使用ができませんでした。

また、逆に国内iPhoneはTypeCであるため、TypeA、Bが普及している海外ではApple Payとして利用できません。

現在非接触型タッチ式電子マネーで海外利用できるカードは?

iD、Apple Payが海外で利用できないとすると、かざすだけで決済できる便利なカードはないのでしょうか? 現在非接触型無線通信型カードで海外利用可能なのは、「Visa payWave」と「Master Card コンタクトレス」です。この2つは世界規格のTypeA、B、Cと相互利用可能な「NFC規格」となっており国内でも海外でも利用できるようになっています。

NFC(広義の意味で)の規格

  1. Mifare(TypeA)
    安価ですがセキュリティが低く速度も遅いため、企業での入退室管理等に利用されています。
    (例)Taspoカード
  2. TypeB
    国際規格で、海外でも普及していることから、国内では公的証明書に多く採用されています。
    (例)マイナンバー、運転免許証、パスポート
  3. Felica (フェリカ、TypeC)
    国際規格になっておらず海外では利用不可、高価であるが、処理能力が圧倒的に速くSuicaなど速い処理を求められるカードに採用されています。
    (例)iD、国内iPhone、Suica
  4. 相互利用が可能な世界規格NFCもしくはTypeA/B(狭義の意味で)
    (例)Visa payWave、Master Card コンタクトレス

相互利用可能な世界・国内で利用できるNFC規格のVisa payWave、Master Card コンタクトレスとは?

1万円以下の決済なら、カードをタッチするだけで決済できるサービスで、少額決済を便利にすることができます。国際ブランドのVISAのVisa payWave「VISAタッチ」、国際ブランドMaster CardのMaster Cardコンタクトレスがあります。

メリット・デメリット

クレジットカードを渡す必要がないため、スキミングの心配をする必要がなく、海外でも安心して利用でき、サインや暗証番号の入力が不要なためスピーディーな決済ができます。

デメリットは、原則1万円を超える支払いはカードを挿してサインまたは暗証番号の入力が必要となります。

現在国内ではどこで利用できる?利用方法は?

Visa payWaveが利用できる店舗

店頭やレジにVisa payWaveのマークがあれば対応可能で、「Visaタッチで」と言ってリーダーが光ったらカードをタッチするだけで支払いが終了します。

  • マクドナルド
  • JTB
  • 表参道ヒルズ
  • メガネストアー
  • ローソン
  • TUTAYA
  • IKEA

Master Card コンタクトレスが利用できる店舗

  • マクドナルド
  • セブンイレブン
  • サブウェイ

まだ未対応の店舗が多いですが、今後増えてくと考えられます。ただし、カードでタッチする機能は未対応が多いですが、スマホのApple Pay やGoogle Payに対応しているクレジットカードであれば登録してスマホのタッチで決済可能です。国内スマホ自体がTypeCであるため、スマホ決済は海外利用ができませんが、カードでVisa Pay Wave、Master Card コンタクトレスを利用することができます。

それぞれどんなカードがある?

Visa payWave搭載カード

<クレジットカード>

  • イオンカード
  • OricoCard VISA payWave
  • ジャックスカードVisa payWave

<デビットカード>

銀行から即時に引き落とされるカードで、銀行口座残高以上に利用することはできません。

  • りそな銀行
  • 三井住友銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • 北國銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • あおぞら銀行
  • 埼玉りそな銀・近畿大阪銀行
  • 三菱UFJ銀行

Master Card コンタクトレス搭載カード

<クレジットカード>

  • Mastercard
  • Orico Card Pay Pass
  • イクスピアリカード

<プリペイドカード>

事前に入金が必要なプリペイド型のカードです。

  • Mastercardプリペイドカード

Visa pay Wave、Master Card コンタクトレス搭載のおすすめのクレジットカードは?

Visa payWave搭載ならイオンカードセレクト

2018年12月現在、イオンカードセレクト申込でVisa PayWaveが機能として付加できませんが、今後イオンカードの国際ブランドをVISA希望した方に順次、自動でVisa PayWaveの機能を付加する予定となっています。

すでにカード会員になった方でも国際ブランドがVISAであれば機能が対応した時点で、Visa PayWave搭載のカードに変更することが可能となっています。

申込資格 18歳以上の方
年会費 無料
ETCカード 年会費・発行手数料 無料
ポイント ・ときめきポイント(クレジット機能支払いで付与)
ときめきポイントはWAONへの交換、もしくは商品券などへの交換が可能です。 200円→1ポイント(還元率0.5%)
イオングループなら200円→2ポイント(還元率1%) ・WAONポイント(プリペイド機能WAON支払い付与)
WAONポイントはWAONポイントとしてイオングループで使用可能 200円→1ポイント(0.5%)
「お客様わくわくデー」ポイント2倍 200円→2ポイント(還元率1%)
クレジット機能からオートチャージすれば200円→1ポイント
(オートチャージ+WAON決済で還元率1%)
割引サービス ・毎月20日30日「お客様感謝デー」は5%OFF
・イオンシネマの映画チケットをイオンカード支払いで
会員と同伴1名まで各300円引き
旅行傷害保険 なし
付帯機能 iD、Apple Pay
国際ブランド VISA、 JCB、mastercard
国際ブランドをVISAにすると Visa payWaveが自動的に搭載される予定です。

イオンカードのVisa payWaveの搭載は現在まだですが、イオングループのレジには導入済もしくは順次導入予定のため利用機会は増えると考えられます。

iDに対応しているためApple PayやGoogle Payに登録も可能です。

Master Card コンタクトレスならOrico Card Pay Pass

加入資格 18歳以上の方(高校生は除く)
年会費 初年度無料
1,250円(税抜)
翌年以降 前年度に1回でもショッピング利用があれば年会費無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
ポイント 1,000円→1スマイル
1スマイル→5オリコポイントに交換可能
1オリコポイント→1円のギフト券などに交換可能
ポイント還元率0.5%
旅行傷害保険 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高1,000万円(利用条件あり)
付帯機能 Mastercardコンタクトレス、iD、QUICKPAY
国際ブランド mastercard

Orico Card Pay Passはオンラインでの申込のみです。ただし、学生・未成年、家族カード申込の場合は郵送で手続きします。

Orico Card Pay Pass は、iDやQUICKPAYにも対応しているためApple PayやGooglePayに登録も可能です。

オリコカードのポイントサービス「暮らスマイル」は利用金額によって最大2倍に

(還元率は、1スマイル→5オリコポイントに交換し、1オリコポイント1円のギフト券に交換した場合で計算)

年間利用金額に応じて、ポイント倍率が上がります。さらに、1年間待たなくても年間利用金額に達成した月の翌月から倍率が適用されます。

年間利用累計額 ポイント倍率 還元率
50万円未満 1倍 0.5%
50万円以上100万円未満 1.5倍 0.75%
100万円以上200万円未満 1.7倍 0.875%
200万円以上 2倍 1%

今後使える場所は増える?海外で普及して、日本への影響は?

2020年に東京オリンピックを控えて外国人の訪日が増加することが予想され、日本政府も現金がなくても決済できるキャッシュレス決済を広めるため、2018年10月消費増税後の9ヶ月間、キャッシュレス決済でポイントをチェーン店で2%、中小型店で5%上乗せする予定となっています。

さらに、キャッシュレス対応できるレジの導入への補助も行い、現金比率の高い日本をキャッシュレス化に導こうとしています。

まずiPhone8以降から海外iPhoneのApplePayでも日本で普及しているTypeCのフェリカが利用できるようになり、日本は海外からのインバウンドを取り込もうとしています。

海外で普及している、Visa payWaveとMaster Card コンタクトレスの普及は海外からもインバウンドを呼び込むために、国内店舗でも必然の策といえます。

イオンでもイオングループの約10万台のレジにvisa payWaveが導入されたのは、訪日外国人がかざすだけで決済できるという利便性を高め、インバウンドを増やすためです。

まだ国内では、Visa payWaveとMaster Cardコンタクトレスを導入している店舗は少ないですが東京オリンピックに向けて普及が加速されると考えられるでしょう。

現在のVisa payWaveとMaster Cardコンタクトレス利用方法としては、国内ではApplePayやGoogle Payにカードを登録して利用する、海外ではカードとしてタッチ式で利用すると便利です。

ただし、TypeCは処理能力が優れているので、国内スマホがNFC(TypeA/B)対応になるかは分かりません。今まで海外でiDのスマホ決済を利用していた方は、カードでタッチ決済できるVisa payWaveかMaster Cardコンタクトレスを持っておくのが便利に使えて良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ