アメックスの法人カードでポイントを貯めて個人のマイルに移行する方法



経費でお得にマイルを貯めるならこれ

使った経費をマイルへ簡単に移行可能。
起業した直後の方でも作ることが可能です。

年会費 初年度年会費無料
12,000円+税
申込み資格 ・20歳以上の個人事業主・または法人代表
・他のクレジットカードやローンの支払いで延滞の無い方
ポイントプログラム メンバーシップリワード
100円=1ポイント
付帯サービス 海外/国内旅行保険:最高5,000万円
ショッピング保険:最高500万円
国内主要空港ラウンジ無料利用
ビジネス向け特別サービス

アメックス・ビジネス・カードなら個人のマイルに移行できる



アメックス・ビジネス・カードでマイルを効果的に貯める方法

海外渡航時の利用にも強いアメックス・ビジネス・カードですが、経費での支払いが基本のビジネスカードなので、一般の利用よりも高額なカード利用になるということは十分想定できます。

つまり、 個人的なカード利用よりも速いペースでポイントが貯まる可能性があり、それをマイルに移行できればさらに海外渡航時にお得なカードとなります。

アメックス・ビジネス・カードでマイルを貯める

・ポイントプログラム(メンバーショップ・リワード)
・100円=1ポイント
・2,000ポイント=1,000マイルに交換可能
・マイル還元率0.5%〜1.0%


ポイントからマイルへの移行は上記の条件で、ANAを含む15の提携航空会社のマイレージプログラムへ移行することができます。

※ANAマイルへの移行には「メンバーシップ・リワード ANAコース」参加費5,000円(税別/年)が必要になります。
※メンバーシップ・リワード・プラス参加費3,000円(税別/年)に加入することで1,000ポイント=1,000マイルと還元率は2倍の1.0%になります。
※アメックス・ビジネス・カードのゴールド、グリーン共に同じ条件になります。

「法人名義のクレジットカードで貯めたポイントを個人のマイルに移行できるのか」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、マイレージプログラムは常に個人名義なので、移行の際も本人と確認できれば問題はありません。

法人向けのクレジットカードもいろいろありますが、貯まったポイントをマイルへの移行できるというカード自体が非常に少ないので、アメックス・ビジネス・カードは経費を特典旅行に変えることができる貴重なクレジットカードといえるのです。

また、アメックスは他のビジネスカードよりもポイント還元位率が高く設定されています。

個人用のクレジットカードなら還元率1%のものは以前よりも増えてきましたが、法人カードではまだ多くのクレジットカードが還元率0.5%前後となっています。

その中でもアメックスのビジネスカードは還元率1%と非常に高水準でポイントを貯めることができるのが特長です。

アメックスはビジネスカードと個人カードの2枚持ちが可能でポイントの統合も可能

アメックスはビジネスカードと個人用のクレジットカードを両方同時に所有することができます。

そしてビジネスカードと個人カードは名義が同一であればポイントの合算が可能となります。

そのため仕事とプライベートで支払い方法を切り分けていたとしても、ポイントの行方を気にせず使うことができます。

個人での利用だとあまり多くないという方でもビジネス用途なら大きなお金が動くことも珍しくないでしょうし、その際に発生するポイントを交換すれば一気に大量のマイルを手に入れることが可能です。

・マイレージプログラムは個人名義なのでビジネスカードからでも移行は可能。
・ビジネスカードのポイントと個人用のポイントはまとめることができる。
・アメックスのビジネスカードは他のビジネスカードに比べて還元率が高い。

ビジネス用と個人用の2枚持ちがおすすめ!

個人用のアメックスとしてスタンダードなタイプのアメックスグリーン。ステータスカードとしてだけでなくサービスの充実さで世界中から高い評価を得ています。
初年度の年会費が無料とあるお得な入会キャンペーン実施中です。

ビジネスカードで何を作るか悩んでいたらアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがおすすめです。
活動を始めたばかりのフリーランスの方でも作ることができるので安心して申し込むことが可能です。
ポイント還元率は個人用のアメックスと同じなので経費でお得にポイントを貯めることができます。
こちらも初年度の年会費が無料になる入会キャンペーン中です。


経費利用で貯めたマイルでどこに行けるのか



月間の経費をアメックス・ビジネス・カードで支払った際に貯まったポイントをマイルに移行して、実際にどういった特典旅行券へ交換できるのかを表にまとめてみましたので確認してみましょう。

  経費(月間) 経費(年間) 獲得マイル 特典旅行券交換可能例
@メンバーシップ・リワード 10万円 120万円 6000 東京-大阪 片道
(レギュラーシーズン)
30万円 360万円 18000 東京-沖縄 往復
(レギュラーシーズン)
50万円 600万円 30000 東京-韓国 往復
(レギュラーシーズン)
Aメンバーシップ・リワード
・プラス
10万円 120万円 12000 東京-大阪 片道
(レギュラーシーズン)
30万円 360万円 36000 東京-北京 往復
(ローシーズン)
50万円 600万円 60000 東京-シンガポール 往復
(ローシーズン)

アメックス通常のポイントプログラム(メンバーシップ・リワード・プラス)の場合と、参加費3,000円(税別/年)メンバーシップ・リワード・プラスの場合で、「メンバーシップ・リワード ANAコース」参加費5,000円(税別/年)に参加している場合にマイルをANA特典航空券へ交換した場合の例です。

月間10万円ほどの利用であっても、年間で片道分の東京-大阪間の特典航空券へ交換ができますし、月間50万円の利用でメンバーシップ・リワード・プラスに参加していた場合には、シンガポールをはじめ、バンコク、ホーチミン、ヤンゴン、ジャカルタ、ムンバイ、デリー、ハノイといったアジア各都市への往復航空券と交換することができます。

もちろんこれ以上の利用額になれば欧米地域への往復航空券と交換することができます。

ビジネスの一環としてクレジットカードを利用して貯めたマイルは、特典航空券としてまたビジネスに活用するということもできますし、束の間の休暇として旅行を楽しむということにも利用できるのです。

アメックスビジネス・カードはゴールド、グリーンどちらを選ぶべきか



経費の支払いとしてクレジットカードを利用するのであれば、「利用限度額が高い」クレジットカードの方が使い勝手も良いということになりますが、アメックス・ビジネス・カードというのはカードごとに明確な利用限度額を設定していません。

カードの利用状況によっては上限金額がどんどん上がっていくことも珍しくありません。

特にビジネスカードに関しては性質上多額の決済に利用されることを想定しているため、上限金額は多く設定されることが多いようです。

ここであらためてアメックス・ビジネス・カードのゴールドだけのメリットを考えてみましょう。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードのメリット


no.1
ステータスが高い
no.1
グリーンには無い特典がある

ステータスが高い

個人向けのクレジットカードにおけるステータスの高いカードを持つ理由としては「見栄えが良いから」や「ゴールドカードを持ちたかった」など所有欲を満たす要因が大きいですが、ビジネスにおいてはステータスカードを持っているということはその法人、または個人事業主の仕事が上手くいっているかという判断基準にもなります。

例えば取引先と食事をする際に支払いをアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを利用するのと、個人向けの年会費無料クレジットカードで支払うのではかなり印象が変わります。

必ずしもアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを使ったからといって全てのビジネス交渉が円滑に進むわけではありませんが、少なくともプラスに働く可能性は大いにあるでしょう。

ゴールドだけの特典

やじるし ビジネス
■ ヘルスケア無料電話相談:健康相談、医療機関の紹介。24時間365日対応
■ VIP Loan Card for American Express: 24時間対応の特別融資サービス
■ 「クラウド会計ソフト freee」へのデータ連携:カードの利用情報を会計ソフトfreeeへ自動的に取り込むことができる
■ ミーティング・スクエア:帝国ホテルのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード会員限定ラウンジが利用可能
■ ビジネス・コンサルティング・サービス:中小企業者・個人事業主向けの経営相談窓口の用意

やじるし 海外渡航時
■ エアポート送迎サービス:空港への送迎(利用可能地域間)を定額料金で利用できる

やじるし エンターテインメント
■ ゴールド・ワインクラブ:高級ワインの紹介やワイン選びの相談
■ コットンクラブ:東京・丸の内のエンターテインメントクラブ「COTTON CLUB」で会員限定特典の提供
■ 新国立劇場:舞台芸術が楽しめる劇場でのさまざまな会員特典
■ 京都観光ラウンジ:古都の伝統美を堪能できるラウンジの利用
■ 会員誌 IMPRESSION GOLD

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードも法人カードとしてビジネス向きの機能が多く付与されていますが、ゴールドカードになると更にワンランク上のサービスを受けることができます。

特にVIP Loan Card for American Expressは仕事の関係で急にキャッシュが必要になったという時に即時融資対応をしてくれるサービスなので、経営者としては非常に助かるのではないでしょうか。

その他にも会計ソフトとの連携、ビジネスコンサルティングサービスなど、ただプライベートと仕事で支払い方法を分けるだけではなく、継続的にビジネスができるようなサポート体制をアメックスが作ってくれていることがわかります。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメックスビジネスの審査について

アメックスカードはステータス性の高さから非常に審査が厳しい印象があります。

特にビジネスカードは実績がないと作ることができないのでは?と思っているかもしれませんが、実は起業してすぐに作ることが可能です。

その理由としてはビジネスカードの審査をする際に、個人事業主・法人としての実績だけではなく、その人自身の今までのクレジットカード利用履歴などを参考にして総合的に判断をするためです。

当然いままで個人で利用しているクレジットカードで延滞を繰り返していたら審査は厳しいですが、しっかりと支払いをしている方ならカードを作ることができます。

入会キャンペーンを利用して初期費用を抑えよう

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードともに現在入会キャンペーンで初年度の年会費が無料となっています。

サービスはそのままで初年度の年会費が無料となるのは起業をしたばかりの方にとってはメリットの大きいキャンペーンと言えるでしょう。

またアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードに関しては利用金額によって最大30,000ポイントも獲得できます。

入会してから200万円利用することが条件となりますが、ビジネス上での決済であれば月数十万円利用することも珍しくはないため、決してハードルの高い設定ではありません。

まずは
これ!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはこれから新しくビジネスカードを作ろうとしている方はもちろん、既に他のクレジットカードを持っている方にもおすすめできる一枚です。

ステータス性だけではなくビジネスカードならではのサポートを利用することができるので、ただ仕事用のクレジットカードとしてだけの価値ではなく経営全体をサポートしてくれるツールとして位置づけると良いでしょう。

今なら入会キャンペーンで初年度の年会費が無料になるので初期投資もせずに利用開始をすることが可能です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ