dカードをApple Payに登録するメリットとは。ポイントアップのキャンペーンも随時行っているので要チェック

Apple payは高いセキュリティ機能が魅力!アプリから簡単に設定可能

日本では2016年から利用開始となったApple payは、iPhoneやApple Watchを端末にかざすだけで安全かつスピーディーに決済ができるサービスです。Apple payにクレジットカードを設定するだけですぐに使用でき、対応するカードの種類が豊富なほか、通信業者の縛りがなく、発行手数料などもかからないことが特徴です。会計時の決済はもちろん、電車やバスに乗るときも現金チャージ不要で使用できます。

このApple payのメインカードにdカードを設定することで、カード払いをしていたときよりもずっとお得で便利に使えるようになると言われています。Apple payにdカードを設定するメリットと設定方法を解説します。

Apple payを利用するメリット

Apple payは、これまでカードを財布から取り出し店頭スタッフに手渡してクレジット決済していた手間を省き、交通機関、アプリ内・ウェブ上の支払いにも簡単で安全に決済できることが大きなメリットです。また、dカード払いをしたときと同じようにポイント還元を受けられ、操作性や利便性の面ではとても簡単でスムーズです。Apple payならスマホをかざすだけで決済でき、dカードを財布から出さずに決済できます。

カードを出す必要がないだけでもセキュリティ面の強化が期待できますが、iPhoneには指紋認証システムのTouch IDまたは、顔認証システムのFace IDが必要となるため、より高いセキュリティ機能があることが魅力です。いくつかの電子マネーに対応しており、対象店舗で各カードを持ち歩いて決済するよりも安全に買い物ができることも魅力の1つでしょう。

さらにdカード には、NTT docomoの電子マネー iD(アイディー)が搭載されているので、クレジットカード払いができないときでも電子マネーiDで支払いができます。例えば、自動販売機ではクレジット払いはできませんが、電子マネー対応の自動販売機が増えていますね。釣銭準備の手間を省き、防犯上から見ても電子マネー対応の自動販売機の方が安全で手軽だからです。

電子マネー払いなら5円引きになる飲料が登場するなど、自動販売機の新しい魅力開発にも一役買っています。

Apple payは2種類のアプリで設定可能

Apple payにクレジットカードを設定するには、2つの方法があります。1つはApple payの標準アプリ Walletアプリを使用する方法です。WalletアプリはApple payの利用時以外にも、さまざまな決済を管理するアプリで、iPhoneユーザーにはなじみのあるものです。iPhoneのアプリの中にあるWalletアプリを開き、画面右上のプラス記号(+)をタップ、画面の手順に従いdカードの情報を追加すると簡単に設定が完了します。

2つ目はdカードアプリを使用する方法です。dカードアプリ(https://itunes.apple.com/jp/app/d%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1137879836?mt=8)をApp Storeからダウンロードしてログイン後、「Apple payの設定」をタップし、登録内容を確認して設定を完了させます。どちらの場合もdカードの情報を入力する以外は、画面の指示に従うだけの簡単操作で設定が完了します。

dカードアプリは、Apple payの利用明細や貯まったdポイントの確認、キャンペーン情報もチェックできるので、Apple payを頻繁に使いたい、お得にポイントをもらって管理したい方におススメです。

Apple payにdカードを設定するメリット

高いポイント還元率

Apple payにはほとんどのクレジットカードを設定することができますが、中でもdカードはポイント還元率が高く、キャンペーンが豊富に実施されているので、その都度たくさんのポイントをもらうことができます。Apple payに他のクレジットカードを設定した場合、ポイント還元率は0.5%還元がほとんどです。200円で1ポイントもらえますが、200円に満たない決済は、ポイントがもらえないので注意が必要です。

その点dカードを設定した場合は、100円につき1ポイントの1.0%還元のため、200円の決済をした場合は2ポイントがもらえます。0.5%還元と1.0%還元の数字だけを見ると、さほど差が無いように感じますが、200円で付与されるポイントを考えると、大きく異なることがわかります。ポイント還元率だけを見ても、dカードが一歩リードしていることがわかります。

国際ブランドをMastercardにすれば、Suicaチャージで便利

dカードの国際ブランドは、VISAとMastercardから選べますが、国際ブランドがVISAの場合、Apple payの標準アプリであるWalletアプリからは、Apple pay 払いでのSuicaチャージができません。VISAブランドのカードでSuicaチャージをしたいときは、SuicaアプリにVISAブランドのカードを設定するとチャージすることができます。VISAブランドのカードをメインカードに設定するときは、少し注意が必要です。

サインレス&カードの利用可能額まで利用可能

電子マネーは各種1回の利用可能金額が決まっているものがあります。JCBブランドの電子マネーQUIC Payの場合だと、1回の利用可能金額の上限は20,000円です。dカードに搭載するiDの場合は、上限がある店舗もありますが上限がない場合は、dカードの利用可能枠まで使用することが可能です。

ただ、iDは高額決済が目的のサービスではなく、普段の少額決済を目的としたサービスなので、1回の利用金額が10,000円未満なら上限はあまり気にしなくても良いです。もしも支払い額が30,000円を超えるような高額になるときは、事前にiDでの支払いが可能かどうか確認する方が確実でしょう。また、利用金額に関わらず、サインレスで決済できることも魅力の1つです。これまで以上にスマートな決済ができます。

dカードのキャンペーンが豊富でポイントを貯めやすい

Apple payに初めてdカードを設定した方を対象に、1,000ポイントがもらえるキャンペーン(https://info.d-card.jp/std/campaigns/ap18c/cpn-ap18c.html)を始め、過去には期間限定でエントリー後のApple pay利用額がポイント5倍になるなど、dカードではさまざまなキャンペーンが実施されています。キャンペーンを上手く利用すれば、普段の買い物でも1.0%以上の還元率となりますますポイントを貯めやすくなります。

また、ポイントがアップする特約店も多数あり、ドラッグストアやコンビニなど身近な特約店も豊富です。キャンペーンと合わせてApple pay払いを利用すれば、毎日のように高還元でポイントを獲得できます。

貯めたdポイントはJALマイルやPontaポイントに交換できる

Apple Payのメインカードにdカードを設定して貯めたdポイントは、docomoの携帯電話利用料金に充当することや、携帯電話利用料金と一緒に支払うd払いで、1P→1円として使うことができます。その他優待チケットやアイテムとの交換ができ、他社ポイントへの交換ではJALマイル・Pontaポイントに交換できます。電子マネーiDへのキャッシュバックも可能なので、とても幅広い使い方ができます。

JALマイルの交換レートは、5,000dポイント→2,500マイル、Pontaポイントへの交換レートは、5,000dポイント→5,000Pontaポイント、iDへのキャッシュバックは2,000dポイント→2,000円です。ある程度まとまったポイント数での交換できるため、マイルを貯めたい方にも嬉しい特典です。Pontaポイントは多くの他社ポイントと交換可能な共通ポイントなため、さらに幅広い使い方が期待できるでしょう。

dカード×Apple Pay×Pontaカードはローソン利用で最強

dカードを設定したApple Payは、ポイントアップが期待できる特約店での利用がおすすめです。特約店の中でも身近なコンビニ・ローソンでの利用は、最強クラスのポイント還元率を誇ります。PontaカードもApple Payに設定可能となり、スマホ1つですべてが完結することも魅力です。dポイントをメインに貯める方法と、Pontaポイントをメインに貯める方法を見ていきましょう。

Apple Pay のローソン利用時はdポイント最大5%還元!

ローソンでApple pay 経由のdカード決済をすると、カード利用額請求時に3%OFFになり、dカード利用時のdポイント1%還元がそのまま付与され、合計で4%還元を受けることができます。4%還元でも他のクレジットカードにはなかなか無い還元率ですが、ローソンはdカードの特約店なのでさらに1%還元がプラスされて、合計5%還元を受けることができます。コンビニで5%還元を受けられるのはかなりお得ではないでしょうか。

Apple Payには、Suicaも含めて合計8枚までカードを設定することができます。常に支払いに使うメインカードをdカードにすると、ローソンはもちろんApple Payを使うたびにdポイントがザクザク貯まります。また、ローソンで貯まるPontaポイントのカードも設定できるため、サブカードの1枚として設定しておけばローソンでPontaポイントも貯めることができます。

ローソンでApple Pay払い&Pontaポイントを貯める方法

共通ポイントのPontaポイントは、すでにアプリも提供されておりApple Payの標準アプリのWalletアプリに追加するだけで、これまで以上にスマートに貯められるようになります。これまでは、スマホでPontaカード(公式)アプリを立ち上げてバーコードをスキャンしてもらうか、Pontaカードを手渡してスキャンしてもらう手順でしたが、今後はApple Payでの支払い時にスマホをかざすだけで良くなります。

Apple pay払いなら全国のローソンで利用でき、2019年3月6日まで4倍のPontaポイントが付与されます。ローソンでApple Pay払いと同時にPontaポイントを貯めるには、「ポイントカードはお持ちですか? 」と聞かれたときに、「Apple payで」と伝えることが重要です。

Face IDとTouch IDで若干の操作の違いがあるものの、「Suicaで」「iDで」「QUICPayで」「クレジットで」と伝えたときは、Pontaカードを読み込まないので注意が必要です。

また、ローソンではdポイントとPontaポイントを両方貯められますが、1回の会計で二重取りはできません。どちらかが一方だけを貯めるとしても、高還元でスマートな決済ができることから、ローソンでのApple Pay払いは最強と言っても良いでしょう。

マツモトキヨシグループと高島屋でもApple Pay払いがおすすめ

ローソン以外のdカード特約店で高還元なのは、マツモトキヨシグループや高島屋が挙げられます。マツモトキヨシグループでは、dカード提示で1%、Apple Pay払いで3%、dポイントの合計4%と、マツキヨポイントも1%還元でもらえて合計5%還元、dポイントとマツキヨポイントの二重取りが可能となります。Apple Pay払いでポイントの二重取りができる数少ない店舗です。

また、高島屋もApple Pay払いでdポイントを合計3%還元でもらえます。高島屋では早くからdポイントを導入しており、このほかでは共通ポイントのPontaポイントも導入が決まっています。ローソンと同じくApple Payにも対応しているので、普段から高島屋を利用する方はポイントを貯めやすくなるでしょう。Apple Pay払いに対応する店舗は日本橋店や新宿店を始めとする17店舗となっています。

Apple payに設定するならdカード!キャンペーンを上手く使おう

Apple Payに設定するクレジットカードは、docomoのクレジットカードのdカードがおすすめです。dカードには電子マネーのiDが搭載されており、他の電子マネーに比べて1回の利用金額の上限を気にすることなく使うことができます。Apple Payのセキュリティ機能の高さはもちろん、メインカードに設定して得られるメリットが豊富な点もおすすめする理由です。

dポイントを5%還元で貯められる点はなかなか他のカードでは無いメリットであり、Apple Payの初回設定で1,000ポイント(2018年12月現在)がもらえるなどキャンペーンも数多く実施しているため、dポイントをたくさん貯めたい方にもぴったりです。Apple Payが使える店舗がもっと増加すれば、今以上にポイントを貯めることができ、貯めたポイントの使い道も幅広くなるでしょう。

キャッシュレス決済の種類がどんどん増加していく中で、Apple Payは他のサービスとは異なるFace IDや、Touch IDによる認証を採用しています。セキュリティ上でも申し分ないApple Payを存分に使うには、dカード・dカードGOLDをメインカードに設定することがおすすめです。

dカードの基本情報

  • 年会費・・・1,250円+税 初年度年会費無料(2年目以降、年1回のショッピング実績で年会費無料)
  • 入会条件・・・高校生を除く満18歳以上の方
  • 国際ブランド・・・Mastercard・VISA
  • 電子マネー・・・iD
  • ポイント・・・dポイント(税込み100円→1P)
  • 各種補償・・・dカードケータイ補償最大1万円、お買い物あんしん保険年間100万円、盗難・紛失補償

dカードGOLDの基本情報

  • 年会費・・・10,000円+税
  • 入会条件・・・学生を除く満20歳以上で、安定した継続収入がある方
  • 国際ブランド・・・Mastercard・VISA
  • 電子マネー・・・iD
  • ポイント・・・dポイント(税込み100円→1P)
  • 各種補償・・・dカードケータイ補償最大10万円、お買い物あんしん保険年間300万円、盗難・紛失補償
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ