主婦のクレジットカード限度額はいくらが一般的?限度額が低くなる理由・新しくカードは作れるのか、などを徹底解説

主婦の方でクレジットカードを作りたいけれど審査に通るか不安に思っている、という方は多いのではないでしょうか?

クレジットカードを作るには審査があり、「返済能力」や「信用」を評価されて審査に通ればクレジットカードを手にすることができます。

主婦の方で収入がない、または少ない方の場合は、返済能力が低いと判断されて審査に通りにくくなる傾向にありますが、クレジットカードの中には主婦の方でも申し込みが可能なカードも多くあるので、専業主婦だから、とクレジットカードを持つことをあきらめる必要はありません。

このコラムでは、主婦の方がクレジットカードを作る際のポイントや利用限度額について詳しく解説していきます。

また、主婦の方におすすめのクレジットカードも紹介していきますので、基本スペックや特徴を比較して自分に合ったクレジットカードをみつけていきましょう。

主婦のクレジットカードの利用限度額は低い?

クレジットカードを作る際に気になるポイントの一つに「利用限度額」が挙げられます。

では、そもそも利用限度額とは何でしょうか?

まずは、利用限度額の仕組みと主婦の方の利用限度額について解説していきます。

利用限度額とは

クレジットカードの利用限度額とは、「カードでいくら使うことができるか」を示した金額のことをいいます。

クレジットカードの詳細をみると、「利用可能枠」という表示があり、10万円〜80万円などとカードで使える具体的な金額が提示されています。これが利用限度額にあたります。

しかし、すべての人が提示されている金額分を使うことができるわけではなく、審査の際に支払い能力に見合った利用上限額が決定されます。

支払い能力は、年収と過去の借り入れ実績、勤続年数などから評価がされるため、収入が多い方が利用限度額は高くなる傾向にあります。

利用限度額の平均

クレジットカードにはカードのランクがあり、ランクが高くなればなるほど利用限度額の平均も高くなります。

カードランク 利用限度額の平均
一般カード 10〜100万円
ゴールドカード 50〜300万円
プラチナカード 50〜300万円

利用限度額が高めのクレジットカードは、申し込み者本人に安定継続した収入がなければ申し込めないケースがほとんどのため、主婦の方で収入がない、または低い方は一般カードに申し込むことをおすすめします。

主婦の利用限度額が低くなる理由

利用限度額が決定される際には「安定した収入があるか」「返済トラブルを抱えていないか」を重要視されます。

専業主婦の方や扶養範囲内でパート収入を得ている主婦の方は、収入がない、または少ないことで返済能力が低いと判断され、利用限度額も低く設定されてしまう傾向にあります。

また、過去5年以内に返済トラブルがあると「信用情報」に記録されているため、審査において不利になり、利用限度額も最低金額となる可能性が高くなるので注意が必要です。

主婦はクレジットカードを作れるのか?

主婦の方の利用限度額は低くなりやすいことを前述で解説してきましたが、そもそも主婦でもクレジットカードを作ることは可能なのでしょうか?

次は、主婦の方がクレジットカードを作る際のポイントなどについて解説していきます。

主婦でもクレジットカードは作れるのか?

主婦には以下の2つのケースがあり、どちらのケースでもクレジットカードを作ることができます。

  1. パート・アルバイト収入がある
  2. 専業主婦で個人収入がない

パートやアルバイトでも個人の収入があるなら審査に通る確率はあがります。

一方、専業主婦の場合は、配偶者に安定した収入があれば申し込みが可能な場合もあるので、クレジットカードの入会条件を必ず確認するようにしましょう。

主婦が確実にクレジットカードを作るには最低限度額に!

主婦の方はクレジットカードを作ることができますが、正社員で働いている人に比べると審査に通りにくいことは事実です。

ただし、審査に通りやすくするためのポイントがあるので、申し込む前にチェックしておきましょう。

主婦の方でも審査が通りやすいクレジットカードに申し込む

世の中には多くのクレジットカードが普及していますが、基本的には安定した収入がある方が申し込み対象となっています。

しかし、中には無収入または低収入の方でも持てるクレジットカードもあるので、そのようなカードに申し込むと主婦の方でも審査に通りやすいでしょう。

また、配偶者に安定した収入があると、本人の収入が少なくても申し込める場合もあるので、気になるクレジットカードを見つけたらまずは入会資格をチェックして、収入の条件が提示されていないか確認してみてください。

キャッシング枠は申し込まない

クレジットカードによってはキャッシングを追加することができます。

キャッシングは、現金で借り入れができますが、カード会社から融資を受けるのと同様のため、審査は通常よりも厳しくなります。

そのため、主婦の方で収入が低く審査が心配な場合は、キャッシングには申し込まない方がよいでしょう。

クレジットカードの申し込みは1枚だけにする

クレジットカードの審査に通るか不安だから、いくつかのクレジットカードに申し込んでおこうと思う方もいるかもしれませんが、複数のクレジットカードに申し込みをすると、審査の際に、金銭面で困っているのでは、と疑われて審査に不利となることがあります。

審査になるべく通りやすくするためにもクレジットカードは1枚のみ申し込みをするようにしましょう。

主婦の限度額はどれくらい?

主婦の方の利用限度額は低くなりやすい傾向にありますが、具体的にはどれくらいの限度額になるのでしょうか。

収入がある場合とない場合の限度額について解説していきます。

収入がある場合

主婦の方でパートやアルバイトなどで収入がある場合は、収入に応じて利用限度額が変動します。

以下は年収ごとの利用限度額の目安をまとめたものです。

年収 利用限度額の目安
100万円台 10〜50万円台
200万円台 20〜100万円台
300万円台 30〜150万円台
500万円台 50〜300万円台

扶養範囲内で月に8万円ほどの収入を得ている場合は、利用限度額は10〜50万円程度となり、月に16万円ほどの収入を得ていると20〜100万円程度まで利用限度額が上がります。

収入がない場合

収入がない場合の利用限度額の目安は、10〜30万円が一般的です。

10〜30万円は利用限度額の最低ラインとなるので、専業主婦や学生の方は、10〜30万円の限度額になることが多い傾向にあります。

どうしても限度額が気になる方は家族カードを作るのもあり

最近は、キャッシュレス決済が一般的となってきているため、買い物などでもクレジットカード決済にしている方は多くいます。

主婦の方がクレジットカード決済にするメリットの一つに家計管理のしやすさがあるので、主婦の方も普段の買い物をクレジットカード決済にすると非常に便利でしょう。

しかし、利用限度額が低いと普段の買い物や支払いだけで限度額に達してしまう恐れもあります。

「そのようなリスクを減らしたい」「どうしても限度額が気になる」「審査に通るか不安」という方は、家族カードを作ることがおすすめです。

家族カードは、安定した収入がある配偶者の方が本会員となるので、請求はまとめて本会員の配偶者の方宛てにいきます。

そのため、家族カードの審査では配偶者の方の収入や勤務年数などをみられるので、主婦の方の収入は必要なくなります。

では、家族カードとはどのようなカードなのか、特徴やメリットについて簡単に解説していきます。

家族カードとは

家族カードとは、本会員の家族が持てるクレジットカードのことをいいます。

家族カードは本会員の持つクレジットカードと同じものが発行されるので、カードに付帯しているサービスや保険、ポイントプログラムも本会員と同様に利用することができます。

また、本会員のカードと家族カードの分をまとめて支払いを行うようになるので、家族カード会員に返済能力がなくても家族カードは発行されます。

家族カードのメリット

家族カードの大きなメリットは家計管理のしやすさです。

家族カードの利用分は本会員のカードと合算されて請求されるため、個々に支払いをする必要がありません。

また、請求が一本であることで、クレジットカードで月にいくらの利用があったのかをまとめて見られるので家計管理がしやすくなります。

家族カードの注意点

家族カードを発行すると、本会員のカードで設定されている利用限度額は、家族カードの利用分を含むことになります。

例えば、本会員のカードの利用限度額が100万円だとすると、家族カード発行後には、本会員のカードと家族カードを合わせて利用限度額が100万円となるので、家族で利用額について話し合っておく必要はあるでしょう。

主婦でも利用しやすいクレジットカード9選

最近は、普段の買い物で使いやすいクレジットカードが増えています。

しかし、カードの種類が多すぎてどのカードにしたらよいかわからない、と悩んでいる方もいることでしょう。

最後に、主婦の方でも審査に通りやすく使いやすいカードを厳選して紹介していきますので、よく買い物をする店舗でお得に使えるのか、など自分のライフスタイルと照らし合わせてチェックしてみてください。

流通系は特に女性の利用者が多いため、主婦・専業主婦であっても申込しやすいクレジットカードになっています。

イオンカード

イオンカードはイオングループが発行するクレジットカードです。

普段イオンで買い物をしている方は、イオンカードの案内を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

イオンカードはその名の通り、イオングループの店舗でお得に使える特典などが充実しているため、普段イオンで買い物をしている方におすすめです。

国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
申込資格 18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生を除く)
年会費 無料
ポイントプログラム ときめきポイント
ポイント還元率 0.5%/200円につき1ポイント付与
ポイント利用 ・商品に交換
・WAONポイントに交換
・寄付や募金に使う
・ネットショッピングで使う など
付帯保険 ・カード盗難補償
・ショッピングセーフティー保険
付帯機能 ApplePay・イオンiD
付帯サービス ・イオングループのお店でお買い物をするといつでもポイント2倍
・毎月20日・30日はイオンでの買い物が5%オフ
・毎月15日は55歳以上の方限定でイオンでの買い物が5%オフ
・イオンシネマでイオンカードを使うと300円割引

エポスカード

エポスカードは株式会社丸井が発行するクレジットカードです。

年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯しており、マルイグループのお店でお得に使えるサービスが多く付帯しています。

また、エポスカードは学生の方や主婦の方でも審査に通りやすいカードでもあるので、専業主婦の方や普段マルイグループのお店で買い物をする方などにおすすめです。

JCBカード

JCBカードは、国際ブランドJCBが発行するクレジットカードです。

JCBは日本発祥の決済ブランドで、世界中の3,300万店以上が加盟店となっているため、日本国内のみならず海外でも多くの店舗で使うことができます。

入会資格は「18歳以上の本人または配偶者に安定した収入がある方」と提示されているため、専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば申し込みが可能です。

国際ブランド JCB
申込資格 18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある方(高校生を除く)
年会費 ・通常年会費1,375円(税込)
・オンライン入会で初年度無料
・MyJチェックの登録または年間合計50万円の利用で翌年度の年会費無料
家族カード 年会費440円(税込)
ETCカード 年会費無料
ポイントプログラム OkiDokiポイント
ポイント還元率 0.5%/1,000円につき1ポイント付与
ポイント利用 ・対象商品と交換
・ポイントを買い物や支払いに充当
・他社ポイントやマイルに交換
付帯保険 ・海外旅行傷害保険 最高3,000万円まで(利用付帯)
・国内旅行傷害保険 最高3,000万円まで(利用付帯)
付帯サービス ・スターバックスカードのオンライン入会、自動チャージでポイントが10倍
・JCB ORIGINAL SERIES加盟店で買い物をするとポイントアップ

三井住友カード

三井住友カードは、年会費が通常1,250円(税抜)かかりますが、海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで付帯しており、セキュリティ面も強いため、安心して持てるクレジットカードを探している方におすすめのクレジットカードです。

また、入会資格は「18歳以上の方(高校生不可)」とだけ提示されているため、収入の少ない主婦の方でも審査に通る可能性は高いでしょう。

国際ブランド VISA
申込資格 18歳以上の方(高校生を除く)
年会費 ・通常年会費1,375円(税込)
・インターネットから申し込みで初年度の年会費無料
・マイ・ペイすリボの利用で翌年度の年会費が無料
家族カード 年会費440円(税込)/1人目は初年度年会費無料
ETCカード 年会費無料(年間に一回も利用がない場合は550円(税込))
ポイントプログラム Vポイント
ポイント還元率 0.5%〜2.5%/200円につき1ポイント付与
付帯保険 ・海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
・買い物安心保険 年間100万円まで
付帯サービス ・ポイントUPモールを経由してインターネットショッピングをするとポイントが2〜20倍にアップ
・ココイコ!に事前に登録・エントリーして街のお店でカード利用をするとポイントやキャッシュバック特典をもらえる

セディナカード

セディナカードは、SMBCグループが発行するクレジットカードです。

年会費が無料でポイントが貯まりやすいことが大きな特徴となっており、セブンイレブンと海外での利用は常にポイントが3倍となります。

また、支払い方法がリボ払いとなるので、月々に一定の金額を支払っていきたい方にセディナカードはおすすめです。

国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
申込資格 18歳以上の方(高校生を除く)
年会費 無料
支払い方法 月々払い(リボ払い)または、よゆう払い(繰り上げ返済)
ETCカード 新規発行手数料1,000円/年会費無料
ポイントプログラム わくわくポイント
ポイント還元率 0.5%/200円につき1ポイント付与
付帯機能 Apple Pay・Google Pay・楽天Pay
付帯サービス ・セブン-イレブン、ダイエー、イオンなどの利用でポイント3倍
・海外での利用でポイント3倍
・ポイントUPモール経由でネットショッピングするとポイント最大20倍

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスは、カード利用でnanacoポイントが貯まるクレジットカードです。

特にセブンイレブンやイトーヨーカドー、ヨークマートなどのセブン&アイグループのお店で買い物をすると、通常の還元率の2倍となる「200円につき2ポイント」が付与されるので、普段セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで買い物をする方におすすめです。

国際ブランド VISA・JCB
申込資格 18歳以上の方(高校生を除く)
年会費 無料
ETCカード 新規発行手数料無料・年会費無料
ポイントプログラム nanacoポイント
ポイント還元率 0.5%/200円につき1ポイント付与
付帯機能 Apple Pay・楽天Pay
付帯サービス ・イトーヨーカドー、セブン-イレブン、ヨークマート、デニーズ、セブンネットの利用で200円につき2ポイント付与
・セブンネットの利用で200円につき2ポイント付与
・毎月8日、18日、28日はイトーヨーカドーで全品5%オフ
・nanacoにオートチャージをすると200円につき1ポイント付与
・セブン旅デスクからツアーに申し込むと旅行代金が最大5%オフ

VIASOカード

VIASOカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。

VIASOカードの大きな特徴は、貯まったポイントが1ポイント→1円として自動的に登録口座にキャッシュバックされる点です。

多くのクレジットカードでは、貯まったポイントを交換して使う仕組みとなっているので、インターネットや電話にて交換の手続きをしなければなりませんが、VIASOカードの場合は、自動的にポイントが現金化されて口座にキャッシュバックされるので、ポイントの交換などがよくわからない、面倒と思う方などにVIASOカードは向いているでしょう。

国際ブランド MasterCard
申込資格 18歳以上で安定した収入のある方(高校生を除く)
年会費 無料
家族カード 年会費無料
ETCカード 新規発行手数料1,100円(税込)/年会費無料
ポイントプログラム VIASOポイント
ポイント還元率 0.5%/1,000円につき5ポイント付与
ポイント利用 1ポイント→1円相当で自動的にキャッシュバック
付帯保険 ・海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
・ショッピングパートナー保険サービス(年間限度額100万円)
利用可能枠 10〜100万円
付帯サービス ・ETCの利用や携帯電話、プロバイダーなどの料金の支払いでポイント2倍付与
・VIASOeショップを経由してネットショッピングするとボーナスポイント付与

ヤフーカード

ヤフーカードは、カード決済でTポイントが貯まるクレジットカードです。

どこのお店でもヤフーカード決済をすると100円に1ポイントのTポイントが貯まりますが、Yahoo!ショッピングやLOHACOなどで買い物をすると、TポイントとPayPayボーナスライトがWで貯まるので、特にインターネットショッピングをする方にヤフーカードはおすすめです。

国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
申込資格 18歳以上の方(高校生を除く)
年会費 無料
ETCカード 年会費550円(税込)
ポイントプログラム VIASOポイント
ポイント還元率 1.0%/100円につき1ポイント付与
付帯保険 ショッピング保険 国内・海外共に最高100万円まで
付帯機能 Apple Pay・Google Pay・楽天Pay
付帯サービス ・Tポイント加盟店の利用でショッピングポイントとTポイントがWで貯まる
・YahooショッピングとLOHACOでの買い物で常にポイントが3%貯まる
・貯めたポイントを税金の支払いに使える

楽天カード

楽天カードは、楽天グループが発行するクレジットカードです。

楽天グループは大手インターネットショップ「楽天市場」や「楽天トラベル」などを運営していることから、楽天カードにはインターネットショッピングでお得になるサービスが多く付帯しています。

利用する方などに楽天カードはおすすめです。

国際ブランド VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress
申込資格 18歳以上の方(高校生を除く)・楽天会員の方
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%/100円につき1ポイント付与
ポイント利用 1ポイント=1円から
付帯保険 海外旅行傷害保険 最高2,000万円まで(利用付帯)
付帯機能 楽天Edy・楽天ポイントカード
優待店舗 LAWSON・エディオン・DAIMARU・MATUZAKAYA・TOKYU HANDS・魚民など
付帯サービス 楽天トラベル・楽天市場・楽天Rakoo・加盟店・楽天ブックス・楽天銀行などの楽天グループサービスなど
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ