• このエントリーをはてなブックマークに追加

DCカードのポイントで一番得するキャッシュバック先

DCカードとは

DCカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードで銀行系のクレジットカードの中でも、代表的な一枚です。

DCカード
DCカード

年会費は、初年度無料で翌年度からは1,250円(税抜)がかかりますが、登録型リボ「楽Pay」の利用によって、半額になる優待を受けることができます。DCカードは、「18歳以上で安定した収入のある方(未成年は親権者の同意が必要)」と規定されていて、本人に安定した収入があることが条件となりますので、専業主婦の方は申し込むことができません。

数少ない銀行系のクレジットカードであるDCカードは、信販系などの他のクレジットカードと比べると、比較的審査が厳しいといわれています。 逆にいえば、それだけ信頼性は高い一枚です。

また、DCカードはお得なポイントサービスが注目を集めている一枚で、カードを利用するたびに「DCハッピープレゼント」が貯まります。 普段の買い物はもちろん、レストランでの食事代や公共料金の支払い、ETCカードを別途申し込んだ方はETC利用によってもポイントを貯めることができます。 1,000円の利用ごとに1ポイント付与され、1ポイントは5円相当ですので、還元率は0.5%です。

DCカードでの買い物の支払いをリボ払い、もしくは3回以上の分割払いにすると、ポイントが通常の2倍になりますので、この場合の還元率は1.0%です。

DCカードの魅力は幅広いポイント交換先!

DCカードの利用で貯まったDCハッピープレゼントのポイントには、以下の2つの使い道があります。

商品交換コース


交換商品 必要ポイント数
厳選いいもの便り専用クーポン 1080円分 250ポイント
Amazonギフト券 1,000円分 350ポイント
iTunesカード 1,000円分 350ポイント
マックカード商品券 1,000円分 350ポイント
MOS CARD 2,000円分 650ポイント
スターバックスカード 2,000円分 650ポイント
三菱UFJニコスギフトカード 3,000円分 850ポイント
JTB選べるギフト 旅もの撰華 3,000〜13,400ポイント

ハッピースウィングコース

DCハッピープレゼントのポイントを提携先のポイントなどに移行できる方法です。楽天スーパーポイントやTポイント、nanacoポイント、dポイント、JALマイルなど複数の交換先が用意されています。

また「1ポイント4円」で、キャッシュバックを選べる点も特徴です。 「できるだけ自分の好きなように使える商品にしたい」という方は、DCカードでポイントが貯まったら、ハッピースウィングコースを選ぶことをお勧めします。

DCカードで、一番お得なキャッシュバック先とは

DCカードのお得な交換先は、「ハッピースウィングコース」です。
では、ハッピースウィングコース中でも、どの商品がもっともお得なのかを比較してみましょう。


交換先のポイント 交換レート(100ポイント) 1ポイントあたり
キャッシュバック 100ポイント→400円分 4円
Pontaポイント 100ポイント→400円分 4円
楽天スーパーポイント 100ポイント→400円分 4円
Tポイント 100ポイント→400円分 4円
nanacoポイント 100ポイント→300円分 3円
WAONポイント 100ポイント→300円分 3円
JALマイル 100ポイント→250マイル 2.5マイル
dポイント 100ポイント→400円分 4円
au WALLETポイント 100ポイント→400円分 4円
ベルメゾンポイント 100ポイント→500円分 5円
TOKYUポイント 100ポイント→500円分 5円
ノジマスーパーポイント 100ポイント→500円分 5円
ヨドバシカメラゴールドポイント 100ポイント→500円分 5円

ハッピースウィングコースの交換レートは、「1ポイント5円」で交換できるポイントが最も還元率が高いといえます。
ハッピースウィングコースのポイント交換は、多くが「500ポイントから」となっていますので、500ポイント以上貯まった方は忘れずに交換手続きをするようにしましょう。

ポイントの交換先が多くてもポイントは貯まりにくい

ポイントの交換先が豊富なDCカードですが、還元率で考えると、決して高い方ではありません。 「還元率0.5%」の壁を、なかなか突破できないクレジットカードだからです。

還元率を1.0%に上げるためには、リボ払いもしくは3回以上の分割払いにして、手数料を払わなくてはなりません。 さらに、2年目以降からは年会費もかかってきますので、ポイントを重視するユーザーには今ひとつ魅力に乏しいクレジットカードだといえそうです。

以前までは、確かに還元率0.5%のクレジットカードが一般的だったのですが、最近では年会費無料で1.0%以上のクレジットカードも複数出ているので、お得にたくさんのポイントを貯めることができます。

また、ポイントの交換手続きにやや時間がかかる点もDCカードのデメリットです。 たとえばハッピースウィングコースの場合、多くが申し込みから1〜4週間、中には4〜8週間もかかるものもありますので、スピーディに交換したいという方には向かないでしょう。

ポイントを貯めるのにおすすめの高還元率カード

クレジットカードを使うなら、やはりポイントを多く貯めてお得に使いたいものです。
そこで、「よりポイント還元率が高く、ポイント交換の手間もあまりかからないクレジットカード」を4つご紹介します。

いつでもポイント4倍の「JCB CARD R」


JCB CARD W
JCB CARD R

JCBが単独で発行するクレジットカード(プロパーカード)の中でも、特に還元率が高く年会費無料で持てるのが「JCB CARD R」です。

JCB CARD Rのポイントプログラム

JCB CARD Rの利用で獲得できるのは、通常のJCBカードと同じ「Oki Dokiポイント」です。

たとえばJCB一般カードでは「1,000円の利用につき1ポイント(5円相当)」で、還元率は0.5%なのですが、JCB CARD Rは手数料が発生した場合「1,000円の利用につき4ポイント(20円相当)」も付与されますので、還元率は常に2.0%ということになります。

貯まったポイントは、Oki Dokiポイントのカタログ商品のほか、楽天スーパーポイントやnanacoポイントなどにも交換可能です。 また交換レートはやや下がりますが、1ポイント3マイルでJALやANAのマイルにも替えることができます。

これだけ充実した内容に加え、最高2,000万円までの海外旅行傷害保険や、年間最高100万円までのショッピングガード保険など、JCBカードならではの手厚い補償も付いています。

ただ一つ注意したいのは、JCB CARD Rはリボ払い専用のクレジットカードだということです。 あらかじめ自分で設定した金額を、月々支払うことになります。ただし、web上で「全額払い」に設定すれば事実上一括払いも可能です。

年会費無料+高還元率の「楽天カード」


JCB CARD W
楽天カード

楽天カードは、年会費が無料でポイントが貯まりやすいことから人気のあるカードです。

楽天カードのポイントプログラム

楽天カードでは、100円の利用につき1ポイントが貯まります。海外での利用も還元率1.0%です。 街の加盟店で楽天カードを利用すると最大3倍、楽天トラベルで利用するといつでもポイント2倍、楽天市場のお買いものでポイント最大3倍と楽天サービスを利用することでポイントをたくさん貯めることができます。

楽天ではSPU(スーパーポイントアップ)プログラムというキャンペーンを常時い開催していて、このキャンペーンを最大限利用することで楽天市場でのお買い物でいつでも15倍のポイントを獲得できます。この時の還元率は驚異の15.0%です。

また、楽天独自の会員ランク制度では、ポイントの獲得回数と獲得ポイントによってランクが分かれています。 ランクはレギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイアモンド会員とランクアップしていき、ランクが上がるほど優待セールへ招待される回数や、誕生日に付与されるポイントが変わります。

貯まったポイントは、楽天ポイント加盟店や楽天ペイ加盟店で現金の代わりに「1ポイント1円」として支払いに使うことができるのでお得です。 楽天ポイントを楽天グループのサービスで利用することもできるので、ショッピングや旅行、ライフサービス、エンタメサービスなど、様々なサービスでポイントを使うことができます。

自動キャッシュバックが魅力の「VIASOカード」


JCB CARD W
VIASOカード

VIASOカードは、DCカードと同様、三菱東京UFJニコスが発行するクレジットカードです。 年会費永年無料で、DCカードよりもポイントを貯めやすい一枚となっています。

VIASOカードのポイントプログラム

VIASOカードでは、1,000円の利用につき5ポイントが貯まります。1ポイント1円相当ですので、還元率は0.5%です。 これだけならDCカードと同じですが、VIASOカードにはより多くのポイントを獲得するための方法がいくつか用意されています。

一つは「VIASO eショップ」の利用です。
ネットショッピングの際、このサイトを経由するだけで、商品価格の最大10%がボーナスポイントとして還元されます。 またETCや携帯電話、インターネットプロバイダーの利用料金をVIASOカードで支払うと、通常の2倍のポイントがもらえるのも特徴です。 いずれも多くの方が利用するものばかりですから、支払い方法をVIASOカードに切り替えることで、効率よくポイントが貯められます。

さらに、VIASOカードの大きな特長の一つが、貯まったポイントが自動キャッシュバックされることです。 1,000ポイント以上貯まると、指定の金融機関の口座に1ポイント1円として自動的に振り込まれるため、ポイント管理が苦手な方には特に向いています。

ゴールドカードが格安で持てる「MUFGカードゴールド」


JCB CARD W
MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールドもDCカードと同様に三菱東京UFJニコスで発行されています。 年会費が格安の1,905円+税で持つことができるゴールドカードとして人気の一枚です。

MUFGカードゴールドのポイントプログラム

DCカードと同様のクレジットカード会社で発行されていますが、MUFGカードゴールドの利用で獲得できるのはMUFGカード会員専用の「グローバルポイント」です。 MUFGカードは、1,000円の利用につき1ポイント付与され、1ポイントは5円相当ですので、還元率は0.5%となります。

特典の「グローバルBONUS」や「プレミアムスタープログラム」などを利用すると還元率を大幅に上げることができますので、通常還元率は低くても1年間の利用額によってポイントをたくさん貯めることが可能です。


三菱UFJニコス公式サイトより


三菱UFJニコス公式サイトより

プレミアムスタープログラムでは、「ファイブスターメンバー」会員のうち前年1年間の利用金額が50万円以上の場合にもらえる「プレミアムBONUS」があります。


三菱UFJニコス公式サイトより

貯まったポイントは、DCカードと同様にカタログ商品やキャッシュバックに利用でき、ポイント移行につきましては、移行できるポイント先の種類は少ないですがDCカードと同じレートで交換することができます。

MUFGカードゴールドの魅力はポイント特典だけではなく、充実した保険サービスや空港ラウンジサービスが付帯している点にもあります。 海外旅行に行く場合でも最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯していれば万が一の場合でも安心できますし、空港での待ち時間に無料でラウンジを利用できるのはとても便利です。

高還元率のカードを使ってたくさんポイントを貯めよう!

DCカードはポイントの交換先が豊富で自分の好きなものに交換することができるクレジットカードですが、ポイント還元率が低いためポイントがなかなか貯まらないことがデメリットになっています。 ポイントをたくさん貯めたいのであれば還元率の高い「JCB CARD R」や「楽天カード」を普段のお買い物に利用して、貯まったポイントをお得な商品に交換しましょう。

DCカードと同じ三菱東京UFJニコス発行のクレジットカードを持ちたいのであれば、中でも高還元率の「VIASOカード」、「MUFGカードゴールド」がおすすめです。 自分の使い方に合った高還元率クレジットカードを利用して、ポイントをたくさん貯めてお得に使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ