dカード(旧DCMX)は法人名義で作成できるのか?限度額が高く携帯電話料金の支払いでポイントがたまる法人カード

会社での電話代の支払いでポイントを貯めたいと考えたことはありませんか。

法人で持てるカードでポイントが貯めることができたらかなりの額が貯まっていきます。

法人で使っている携帯電話キャリアがドコモだった場合、dカードの法人カードがあるのかと思ってしまいます。dカードは法人で契約できるものなのか見て行きましょう。

dカードとは 個人で持つのに優れたカード

dカードをとは、買い物や飲食などでdカードを提示すればポイントが貯まる、使っていくことができる、VISA・マスターから選べるクレジットカードのことです。またiDも付いているのでとても使い勝手がいいカードです。

年会費は初年度は無料となり2年目以降は1回だけdカードで支払いをしてもらえれば初年度と同じく無料扱いになります。

dカードのポイントは各会社によってポイントの換算率が変わってきますが、ローソンや決算などでは100円→1ポイントで貯まって行きます。

ポイントの使い方も各会社によって変わってきますがローソンなら1ポイント→1円で取り扱ってくれます。

カード提示で割引などもあるので、使用の前には自分の好きな店のdカードに付いての情報を知っておくと良いでしょう。

その他にも特約店ならポイントが2倍になるなど、ネットショッピングをする方ならdカードポイントUPモールを経由するだけで通常のポイントが1.5〜10.5倍になって貯まるシステムや公共料金の支払いでポイントを貯める方法などもあります。

電話代は公共料金になるので電話代でポイントを貯めながら支払いをすることもできますが残念ながらdカードは個人でしか持てない為、法人として利用することができません。

しかし法人で持つことができポイントの換算率が良いカードは存在します。

アメックス・ビジネス・ゴールドなら電話代の支払いでポイントを貯めていくことができます。

アッメクス・ビジネス・ゴールドとは

アメックス・ビジネス・ゴールドは法人向けに作られているカードで、ビジネス経費の管理、削減に役立つ特典がたくさんついた事業主にあったカード内容となっています。

カードの利用分はまとめて銀行口座から自動引き落としになるのでおっくうな振込手続きなど経理処理を簡潔に済ますことが出来ます。

出張や旅行、大事な方との会食時、ビジネスに役立つサービスが充実していますので経費削減にも繋がり魅力的です。

また保険も数多く揃えられていてとても充実しています。

<国内・海外旅行傷害保険の補償内容>

(国内)

アメックス・ビジネス・ゴールドで国内パッケージツアーの代金を決算した時(会員本人)

傷害死亡保険金→5,000万円

障害後遺障害保険金→最高5,000万円

カード決算されなかった場合はどちらも付きませんので注意しましょう。

アメックス・ビジネス・ゴールドで海外パッケージツアーの代金を決算した時(会員本人)

傷害死亡保険金・後遺障害保険金→1億円

傷害治療費用保険金→最高300万円

疾病治療費用保険金→最高300万円

賠償責任保険金→最高4,000万円

携行品損害保険金→1旅行中最高50万円

救援者費用保険金→保険期間中最高400万円

アメックス・ビジネス・ゴールドで海外パッケージツアーの代金を決算しなかった時(会員本人)

傷害死亡保険金・後遺障害保険金→5,000万円

傷害治療費用保険金→最高200万円

疾病治療費用保険金→最高200万円

賠償責任保険金→最高4,000万円

携行品損害保険金→1旅行中最高50万円

救援者費用保険金→保険期間中最高300万円

となっています。

ビジネスカードとして数多くの人に支持されているカードです。

アメックス・ビジネス・ゴールドの機能(ポイントが貯まりやすい)

アメックス・ビジネス・ゴールドには利用限度額がありません。

ほとんどのところが100万円以内多くても300万円以内となっていますが、ビジネスをやっていく上ではやはり資本金が必要になってきます。アメックス・ビジネス・ゴールドは審査によって利用限度額が決まるのでとてもいいシステムと言えるでしょう。

ポイントプログラムは100円→1ポイントと、とても貯まりやすく設定されていて経費での引き落としでポイントを貯めることが出来るので会社の電話代や携帯代でもポイントを貯めていくことが出来ます。

また対象提携店ではポイントが10倍になるボーナスポイント・パートナーズやレストランや宿泊、ショッピングなど、通年でポイントが多く貯まる経営店が数多く揃っていますので使えば使うほどお得にポイントが貯められるシステムになっています。

貯まったポイントはマイルやパッケージツアー、高島屋の商品券ヨドバシカメラなど、カード利用後の支払代金にも使うことが出来るのでポイントを貯めることは経費削減に繋がります。

Tポイントなどにも移行が可能なので、上手にポイントを貯め使っていきましょう。

そしてこのカードの最大の魅力ともいえるのがカードに付いているビジネスにも役立つ特典の豪華さです。

<特典>

(ミーティング・スクエア)

帝国ホテル本館5階にアメリカンエキスプレスのビジネスカード会員限定のラウンジがあり同伴者1名まで無料なので会社の大事な商談などに使うのに適しています。

利用ごとに料金を発生させないために月会費制を設けていて、金額は20,000円(税別)となっています。

(ビジネス・ダイニング)

経験豊富なコンセルジュがエリア、予算、人数などの希望に合わせて接待や会食にふさわしいレストランを提案、予約までしてくれます。

また年間5回以上利用すると、抽選で人気の手土産がプレゼントされます。

初めての出張先での店選びなどにも使えるビジネスマン向きのサービスです。

(ゴールド・ワインクラブ)

希少価値の高い入手困難なワインを予算に応じて選び相談に乗ってくれるサービスです。

その他ワインに関するサービスも用意されています。

(京都観光ラウンジ)

重要文化財や国指定名勝の北庭、由緒ある茶室などがある京都の中でも特に有名な圓徳院で、古都、京都ならではの伝統美を拝見することが出来ます。

(空港ラウンジ)

カードと乗車券の提示で、国内28ヵ所、海外2ヵ所の空港のラウンジをカード会員本人と同伴の方1名まで無料で利用できくつろぐことが出来ます。

その他に も豪華な 特典の揃 っている 魅力的な カードです。

法人で持つカードを探しているならアメックス・ビジネス・ゴールド

法人で持つカードを探しているならアメックス・ビジネス・ゴールドがおすすめです。

法人カードではあまり類を見ない100円→1ポイント貯まるシステムは、多額な支払いをすることを考えると、とても貯まりやすいポイント換算率です。

ポイントを活かす場もたくさんありマイルなどに移行できるのは会社にとって助かるシステムと言えるでしょう。

電話代の支払いも経費に含まれるのでアメックス・ビジネス・ゴールドで経費を一まとめにして支払えばポイントをたくさん貯めていくことが出来ます。

また利用限度額がないのもアメックス・ビジネス・ゴールドの魅力の一ですが、デポジットとして先に金額を入金しておけば利用限度額を上回っても使っていくことが出来るのもこのカードが選ばれている理由なのです。

特典も専業主向けに作られた役立つ豪華な特典ばかりなのでこのカードを入手したら使っていかない手はありません。

まさにビジネスに適している充実の内容の1枚となっています。

法人カードでポイントの換算率が良いカードを探しているならアメックス・ビジネス・ゴールドが適しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ