tutaya wカードはTカード プラスへ切替! 解約か継続かを年会費の有無で比較し手順まで分かりやすく紹介

tutaya wカードはカード記載の有効期限を持って更新に伴うtutaya wカード発行が終了となります。

今後継続予定の方はTカード プラスへの継続扱いとなり特典が現在よりプラスになり新たな機能が付いてきます。

切替希望の方は更新を迎える3ヶ月前に別途Tカード プラスへの切替書類が送られるので案内を確認して手続きをしましょう。

しかしtutaya wカードが終了となってしまうと解約を考えてしまう方も出てくると思います。

解約を考えている方は解約前に継続カードのTカード プラスについて確認しておくと後悔なく解約ができるでしょう。

解約前に知っておきたいTカード プラスの機能と解約方法

カード解約前に確認しておくところは、カードの特長です。

Tカード プラスにはどんな特長があるのか確認していきましょう。

<ポイント>

ポイントはTポイントがカード提示だけで200円→1ポイントと貯まって行きます。

JCBの加盟店でカードを利用した場合も200円→1ポイントと貯まって行き、TSUTAYAではTポイントがいつでも3倍に貯まって行くので得です。

カードで支払った場合はTポイント4倍〜6倍になり、現金払いならTポイント3倍〜5倍貯まって行きます。

TSUTAYAカードの中では一番TSUTAYAでのポイント率が良いカードとなっていますので、TSUTAYAの利用が頻繁な方は持っていた方がいいカードと言えるでしょう。

<TSUTAYAレンタル更新手続き不要>

TSUTAYAはレンタル会員証の更新が必要となっていますが、その更新が不要なのです。

<Web明細の登録でポイントプレゼント>

利用明細書をWeb明細に登録するとカード利用代金の請求があった月にTポイントが10ポイント進呈されます。

<支払い自由形のカードです>

Tカード プラスの初回の支払い方法は手数料無料のリボ払いのみになっていますが、その後はリボ払いとして毎月自分で決めた金額や全額支払いでも可能となっています。

<年会費>

年会費はtutaya wカードからTカード プラスへ切り替える方は初年度無料となっています。

その後は前年度に利用がない場合は540円年会費が発生します。

解約の前にはカードの特長や機能を確認し本当に解約しても良いカードなのか見極めてから解約に進みましょう。

解約方法ですが、会員本人の電話でのみ解約が可能となっていてポケットカードサービスデスクにて受け付けています。

カードの残高状況により解約方法が変わってきますので確認しましょう。

<カードに利用残高がない方の解約手順>

手順1 ポケットカードデスクに電話

手順2 「2」クレジット会員

手順3 「2」各種変更

手順4 「9」退会

手順5 カード番号16桁

<利用残高がある方の解約手順>

手順3 「2」各種変更

手順4 「9」退会

手順5 カード番号16桁

手順6 暗証番号4桁

手順7 オペレーターへ繋ぎますと案内があります。

ポイントはすべて失効となりますので注意しましょう。

続いて解約後のカードを探いしてる方へおすすめしたいカードですが、支払い期限を多く設けていてカードローン機能とクレジット機能が一緒になった革新的なカードACマスターカードについて見ていきましょう。

次のクレジットカード候補として検討しておきたいACマスターカード

ACマスターカードは年会費無料で即日発行が可能なクレジットカードです。

機能はカードローンとクレジットが一緒になっていて、クレジットとしての利用限度額は300万円、カードローンと合わせた利用限度額は800万円まで設けられ、手数料・実質年率は10.0%〜14.6%となっています。

カード会社は交際ブランドのマスターカードなので、世界中で使うことができます。

支払い方法は基本リボ払いとなっていますが、一括で支払うことも可能でその際の連絡も一切必要ないので便利です。

支払い期限は35日間と多く設けられていて延滞気味の方には安心のシステムと言えるでしょう。

締日は毎月20日で、初回は翌月の7日から35日以内、2回目以降は前回支払った日にちから35日以内とずれ込んできますので、自分の支払った日取りは覚えておくと安心です。

しかし支払いが7日になってしまうと手数料が発生してしまうので6日までに支払っておくと良いでしょう。

手数料は1日目→40円、10日目→400円、30日目→1,200円となっています。

カードローンを利用した際も返済は前回支払った日から35日以内とずれ込んできますので注意が必要です。

また自分の好きな日取りでクレジットの支払日とカードローンの返済日を決めたいという方には毎月指定のシステムがありますので利用しましょう。

利用限度額はカードローンとクレジットの利用限度額どちらか高い方に設定され割り振りは自由に設定できるので魅力的です。

発行率も高く利用者側のニーズを考えた優れたカードシステムとなっているのがACマスターカードなのです。

ACマスターカード・TUTAYAカード、利用頻度はどう違うのか?年会費の有・無などこの二枚のカードと同じような機能なカードとの比較

カードは自分がどのようなカード機能を求めるかによって利用頻度が変わってきます。

どのようなカードが自分に合っているのか確認するために何枚かのカードで比較していきましょう。

<ACマスターカード>

ACマスターカードは年会費がかかりません。

ポイントシステムはないですが、その分利用限度額がクレジットカードとしての利用限度額を見ただけでも法人カードなみの300万円となっていてカードローンと合わせた場合は最高800万円までも設けられています。

個人で持つカードとしては利用限度額は非常に高いと言えるでしょう。

発行率も高く、利用限度額が多いため大きな買い物も安心してできると多くの方に支持されているカードなのです。

<TSUTAYAカード>

TSUTAYAカードは選んだカードや利用頻度によっては年会費の有・無が発生するカードです。

ポイントの付く加盟店はたくさんありカードによってはポイントが倍になるものもあるのでポイントを貯めたい方には最適のカードと言えるでしょう。

利用限度額は審査によって異なってきますが、一般的な約10万円〜50万円以内と想定でき日々の生活で使うクレジットカードとしてなら十分に活躍してくれるカード内容となっています。

ポイントを貯められるカードとして選ばれているカードなのです。

<その他のカード>

〜JCB CARD W〜

ポイントを重視する方へおすすめできるのがJCB CARD Wで、ポイントはいつでも2倍以上で年会費は永年無料のカードなのです。

ポイントを重視するのなら視野に入れてみても損はないカードと言えるでしょう。

〜カードローンカード〜

借り入れが目的なら利用限度額の多いみずほ銀行カードローンやオリックス銀行カードローンなどのカードを発行して使うのが良いでしょう。

クレジット機能などはありませんが、借り入れ目的の方には満足できるカードとして多くの方に利用されているカードです。

自分がどのカードを一番頻繁に利用しているのか、どの部分に魅力を感じて使っているのかを知り利用頻度がどう違うのかを確認し、頻度数の低いカードは手放し頻度数の高いカードを長く使っていくことが最適のカード利用と言えるでしょう。

解約後のカードを選ぶ時のポイント・便利で安心して使っていけるカードを探しているのならACマスターカード

解約後のカードを選ぶ時のポイントとしては手放したカードのどこに不満を感じていたのかを知ることです。

支払日を忘れてしまうため支払い期限ないのが辛かった、利用限度額を上げられなかったなど理由は様々です。

不満を理解、自分に合ったカードを探していくことが長く使えるカードを選ぶコツになってきます。

そして簡単にカードを手放してしまうとカード利用履歴に傷がつき次のカード審査厳しくなるというデメリットもあります。

ACスターカードは支払い日を忘れがちな方でも支払い期限が35日間もありますので手数料が発生してとしても延滞扱いにはなりませんし、クレジットの支払いが足りない時もカードローン機能の方から降ろして支払いに間に合わせることもできるので自分のカード履歴に傷がつく心配もなくなります。

ACマスターカードをきちんと使いこなしていけば、信用を高められ他のカードの発行を考える時の審査にも役立ってきます。

良心的で利用限度額も多く使いやすいカードとしてACマスターカードは多くの方に選ばれているカードなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ