JCB CARD Wでスターバックスカードに入金するとポイントが10倍に! 高還元カードの上手な使い方を紹介

eyecatch

常にポイントが2倍つく!ポイントと高還元カード

会員サイトを経由してショッピングなどをすれば、最大で20倍のポイントを獲得することも可能です。

年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 年会費無料
入会資格 18歳以上39歳以下 ※ご本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生除く)
電子マネー
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円

スターバックスを利用しているなら、スターバックスカードでポイントを貯めていることでしょう。

実はJCB CARD Wを使ってスターバックカードに入金するとポイントが10倍にすることができます。

スターバックスを頻繁に利用する方ならJCB CARD Wがおすすめなのです。

しかしJCB CARD Wをどのように使えばスターバックスでポイントが10倍になるのでしょうか。

JCB CARD W・スターバックスカードについても合わせてみて行きましょう。


JCB CARD Wは、ポイントが常に2倍以上で付いてくるカードとなっていてWEB限定で申し込みが可能のカードです。

JCB CARD Wについて詳しく見て行きましょう。

年齢は18歳〜39歳以下で、本人・配偶者のどちらかに安定した収入が継続的にある方が申込可能です。

高校生は申し込めませんので注意しましょう。

JCB CARD Wは高いポイント還元率となっていますが、年会費は無料です。

海外→最高2,000万円となっていますが搭乗する公共交通乗用具・参加する募集型企画旅行の代金、どちらかをJCB CARD Wで支払った場合適応されます。

JCB CARD WのポイントはJCBが運営しているOki Dokiポイントのシステムとなっていて、通常Oki Dokiポイントは1,000円→1ポイントですがJCB CARD Wなら1,000円→2ポイントで付与されます。

さらにイトーヨーカドー・セブンイレブンなどの加盟店を利用すれば3倍〜19倍のポイント獲得、ネットショッピングならOki Dokiランドのショッピングでポイント最大20倍にすることもできるのです。

JCBでは、最短当日カード発行→翌日自宅にカード郵送のシステムを取っています。

すぐに手元にカードが欲しい方は以下のことに注意して申込んでください。

即日カードが手元に欲しい方は、14時までに申込を完了させておきインターネットで支払い口座の設定を15時までにしておいてください。

※この通りの手順を行っていたとしても審査によって即日発行できない場合もあります。

※住んでいる地域によって翌日に届けられない場合もあります。

※未成年・学生の方はインターネットからの申し込みができないので即日発行サービスの対象外となります。

ではJCB CARD Wを使って得になる、スターバックスカードについてもここで確認しておきましょう。


スターバックスはアメリカのシアトルから誕生したコーヒーカフェで、高品質のアラビカ種コーヒー豆で抽出したエスプレッソをベースとし、様々なアレンジコーヒーが楽しめる店となっています。

スターバックスカードとは高品質の豆を取り扱っているスターバックスが発行しているプリペイドカードのことで、スターバックスカードを利用すればスターバックスでの特典や便利なサービスを利用することができるのです。

スターバックスカードは全国のスターバックス店舗で発行可能となっていて、1,000円から1円単位でチャージすることができ、蓄積上限は30,000円となっています。(スターバックカード本体の価格はありません)

ではスターバックスカードにどのような機能があるのでしょうか。

Starbucks Rewardsはスターバックスのポイントシステムで、全国のスターバックスでスターバックスカードを利用出ればStar(ポイント)を貯めて行くことができます。

Starは50円→1Starとなっていて貯まりやすく、貯まったStarで限定商品などスターバックスに関する様々な特典と交換できるので魅力的です。

好きなドリンクとの交換などもあるのでどんどん貯めて行きましょう。

*店頭入金*

スターバックスの店頭でチャージをしたいと伝えれば、1,000円から現金で入金でき蓄積上限は30,000円までとなっています。

※1,000円からは1円単位で入金できます。

*オンライン入金*

スターバックスカードのホームページからいつでも24時間クレジットカードで入金でき、1,000円からチャージ可能で蓄積上限は30,000円までとなっています。

※1,000円からは1円単位で入金できます。

*オートチャージ*

金額の設定が必要ですが、設定した金額未満にスターバックスカードがなると自動的にクレジットカードから指定金額が入金されます。

頻繁に利用する方には便利なシステムと言えるでしょう。

カードを万が一紛失したとしても残高を補償してくれます。

複数のスターバックスカード持っている方などで一まとめに残高をしたい時、スターバックスカードのホームページ上で残高を一まとめに移行できるサービスです。

お洒落な限定カードなどもあるので、そのカードを入手したとしても前のカード残高を移行して使えます。

このようにスターバックカードは便利に作られていてStarbucks Rewardsのシステムなどはスターバックス好きにはとても魅力的でしょう。

またアプリでも電子化したスターバックスカードの利用ができます。

スターバックスの利用が多いならカード発行価値があると言えるでしょう。

では、JCB CARD Wでスターバックスカードに入金してポイントを10倍にするにはどのようにすればいいのでしょうか。


スターバックスカードはクレジットカードからの入金も取り扱っています。

しかしこのクレジットカードをJCB CARD Wにすると、今までスターバックスオンライン入金・オートチャージの利用でポイントが5倍でしたが2018年4月1日からはポイントが10倍に上がるのです。

事前にJCB ORIGINAL SERIESからの予約が必要となりますが、スターバックスを頻繁に利用するなら使わない手はないでしょう。

スターバックスはJCB ORIGINAL SERIESの加盟店になり、加盟店でのポイント付与システムは1,000円→1ポイントとなっています。

例えばスターバックスでのポイントが10倍になってから2,000円利用したとすれば、加盟店では1,000円→1ポイントの付与率の為、スターバックスでは2,000円→2ポイント付与され、ここからポイントが10倍になるので

2ポイント×10倍=20ポイント

貯まるのです。

さらに加盟店の利用とは別にJCB CARD Wには通常で2倍以上貯まるポイントもあるので(1,000円→2ポイント)スターバックスカードへ2,000円チャージしたのなら加盟店とのポイントとは別に2,000円→4ポイント貯まり、スターバックスの10倍になるポイントと合わせれば、

合計→4ポイント+20ポイント=24ポイント

獲得できます。

このようにJCB CARD Wはスターバックスでのポイントが貯めやすくなっているので、JCB CARD Wでスターバックカードにオンライン入金・オートチャージを行って得に使って行きましょう。


JCB CARD Wはスターバックスカードの利用で貯まるポイントが、他社のカードと比較しても多く貯まるようになっています。

スターバックスを頻繁に利用する方ならオートチャージの機能を使えば便利ですし、JCB CARD Wに元からあるポイントとスターバックスを利用した際のポイントどちらも貯めて行けるので得です。

またスターバックスカードで貯まるスター(ポイント)もあるのでJCB CARD Wと合わせて使って行けばどちらでもポイントを貯めることができます。

※スター(スターバックスのポイント)→貯まったらスターバックスの好きなドリンクなどとの交換などが可能です。

※JCB CARD Wで貯めたポイントは支払い額に充当させることなどができます。

スターバックスの他にもJCB ORIGINAL SERIESに加盟している店舗はたくさんあり、イトーヨーカドーやセブンイレブンなどでもスターバックスと同じようにポイントが倍になるので魅力的でしょう。(倍になるポイント数は店舗によって違います)

JCB ORIGINAL SERIESに加盟している店舗ならどちらでもポイントが倍になり割引のシステムも使えるので得です。

JCB CARD Wはインターネットショッピング・ガソリン給油・スーパー利用などあらゆる場所でクレジットカードを使う方にポイント還元率が高く、人気があります。

スターバックスをよく利用するなら必ず持っておきたい1枚です。

オススメはこれ!

JCB CARD W


  • ポイント還元率が常に2倍
  • 年会費は永年無料
  • JCB CARD W plus Lは女性向けサービスも充実
  • 会員サイト経由で最大20倍のポイント獲得!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ