• このエントリーをはてなブックマークに追加

電子マネーと現金払いのメリット・デメリットを徹底比較!それぞれの特長を理解してスムーズな買い物をしよう

電子マネーとは? 電子マネーの種類と特長を知っておこう

電子マネーは現金と同じ扱いができ、主に買い物や交通費に使われます。カードを専用機械にかざすだけで支払いが終わるので、小銭を出すのが面倒、持ち合わせが足りなかったなど毎日の支払いに使用するケースが多く、使用する前にあらかじめチャージ(入金)する電子的小口決済手段が主流で、 後払いができるタイプは少数ですが存在しています。

電子マネーの種類

電子マネーは大きくわけると、あらかじめチャージするプリペイド型と、チャージをしないで使用した分だけ後払いができるポストペイ型があります。現金の支払い方法が異なり、どちらの電子マネーもコンビニや駅の改札などで使用できます。

・プリペイド型(前払いのチャージ)・・・PASMO、nanaco、楽天Edy、WAON、Suicaなど。

・ポストペイ型(後払い)・・・iD、QUICPay、QUICPay+、など。

電子マネーは使う場所やサービス内容でも分けられます。代表的なものでは、交通系と商業系があり、交通系はSuicaやPASMOを始めとする交通機関で使用できる電子マネーです。全国で相互利用できるものもあり、そのうちの1社の電子マネーがあれば、全国どこに行っても使用できます。

商業系は、WAON、楽天Edy、nanaco、iD、QUICPay、QUICPay+などが代表的です。これらはコンビニや、大手スーパー、自動販売機で使用できる電子マネーで、近年では普段の買い物に積極的に使用されています。例えば、WAONならイオングループ各店で、nanacoならセブン&アイグループ各店で使用できます。商業系の電子マネーは、交通系のように全国で相互利用とまではいきませんが、じわじわと加盟店を増やしています。

電子マネーの形状

電子マネーは、一般的なものではカード型が主流です。クレジットカードのようにカードをかざすタイプは、普段から管理しやすくさっと取り出せるため、多く発行されています。近年ではスマホのアプリ型や、スマートウォッチなどの腕時計型(リストバンド搭載型含む)も登場しており、ひと口に電子マネーといっても、さまざまなスタイルのものがあります。

クレジットカードに搭載されていることもあるので、電子マネーをどのくらいの頻度で使うのか、普段から使いやすいのはどんなタイプなのかを考えて選ぶこともできます。

電子マネーのメリットとデメリット

電子マネーのメリット

電子マネーのメリットは、なんと言っても現金を持ち歩かなくても、支払いができることです。

コンビニで買い物をしたときに、小銭が足りなくて支払いに手間取ったことはないでしょうか。

そういったことが一切なくなり、さっとカードリーダーにかざすだけでスピーディーな支払いができます。会計時間の短縮にもなるので、混み合う時間帯に使用すればより一層スムーズな支払いができます。

チャージ型の電子マネーなら、チャージした金額分の使用になるので、電子マネーの使い過ぎを予防できます。知らぬ間に使いすぎることが一切ないので、計画的に使えることもメリットの1つです。ポストペイ型は現金が足りないときや、チャージ型の残高不足を補うことができ、こちらもまたスピーディーな支払いができます。

さらに使用金額に応じて各種ポイントプログラムが利用できます。

nanacoであれば利用のたびにnanacoポイントが貯まったり、チャージ式であればクレジットカードからの入金で貯まるもの、利用で貯まるものなどがあります。

貯まったポイントは、商品や共通ポイント・マイルなどに交換したり、使用している電子マネーとして使用することもできます。近年では電子マネーのポイントプログラムを目的にして電子マネーを使用する方もいます。

電子マネーのデメリット

デメリットは、事前にチャージする手間がかかること、チャージしたお金は元には戻せないことが挙げられます。チャージにかかる時間は、ほんの1分もあれば終わるものですが、夕方のスーパーのように混み合う時間帯のチャージは、会計そのものを長引かせることになってしまいます。

また、カードタイプの電子マネーは磁気不良を起こすことがあります。カード読み取り部分の磁気は、他のカードと一緒に保管すると干渉することがあり、別々に保管しなければいけません。

そして、電子マネーは、それぞれの種類に対応している店舗でしか使えないこともデメリットです。特に商業系では、いくら同じ電子マネーでも、nanacoはイオンで使えないということになります。

現金払いのメリットとデメリット

現金払いのメリット

現金払いは、確実な支払いができることがメリットです。所持金以上の金額の商品は購入できないので、使い過ぎ防止はもちろん、計画的な使い方を考えるようになります。

また、電子マネーやクレジットカードの支払いに未対応のお店でも、確実に支払うことができます。

現金は、目で見て触れることができるので貯金に適しています。現金で500円玉貯金をするときを考えると、徐々に貯金箱が重くなっていき、満杯になったら貯金箱をあけよう、または一杯に貯めるまでは貯金箱をあけないといった心理がはたらきます。

通帳に貯金する場合も同じで、目に見えて記載される金額が増えていくため、100万円貯まるまでは下ろさないといった心理がはたらくようになり、結果的に貯金上手になります。

現金払いのデメリット

現金払いのデメリットは、常に現金を持ち歩く必要があることです。現金は手渡しで支払いをするので、どうしても持ち歩かなければなりません。所持金がどれくらいでも紛失や盗難のリスクがあり、そういった意味では多くの現金を持ち歩くことは危険だといえます。

現金を入手するには銀行窓口やATMで引き出す必要があります。

銀行やATMの営業時間内に引き出す必要があり、給料日が多い月末にはATMが混み合って行列となり、引き出すまでに時間がかかることもよくあります。営業時間外の引き出しや、休日の引き出し、提携銀行やコンビニATMでの引き出しには、手数料がかかります。108円から324円くらいの間でも、何度も手数料がかかることはもったいないでしょう。

電子マネーやクレジットカード払いと異なる点として、ポイントプログラムが利用できないことが挙げられます。現金払いには何のポイントも付かないので、物足りなさを感じる方もいます。

地域やスーパーによっては、1,000円毎にスタンプが1つもらえるような、ローカルなポイント制度がありますが、大抵はスタンプが満タンになっても、使用金額の5%程度の金券として使用することが多いでしょう。

さらにネット通販では、現金払いというのはほとんどありません。代引きや銀行振込みがありますが、これらには手数料がかかります。ネット通販を日ごろから多く利用する方、これから利用したい方には、現金払いは厳しいといえます。

電子マネーと現金の特長を生かした使い方

電子マネーと現金払いは、用途や状況に応じて使い分けると便利です。電子マネーが使える環境なら、積極的に電子マネーを使う方が良く、1か月の使用金額の上限も事前に決めておけば使いすぎることもありません。チャージ型もポストペイ型も、うまく活用していけば、スピーディーな支払いができます。混み合うシーンでは、会計の待ち時間を解消することにもつながります。

現金は現金払いのみの店・クレジットカードや電子マネーに未対応の店で使用するために、ある程度の金額は準備しておきたいものです。また、先にも触れたように貯金に適しているので、目標を持って貯金するなら現金がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ