子供に持たせても安心なクレジットカード(VISAデビットカード)の選び方


子供にクレジットカードを持たせても安心?

予期せぬ買い物や、ネットショッピングなどに便利なクレジットカード。しかし子供に持たせるとなると、さまざまな心配事が出てきます。

三菱東京UFJ-VISAデビット

多くのクレジットカードは18歳以上(高校生を除く)を対象としていますが、父親や母親のクレジットカードに「家族カード」として子供の分を申し込むことは可能です。最近では年齢制限が厳しくなり、家族カードも18歳以上からが原則となっているものの、たとえば海外留学に行くなどの理由があれば、18歳未満の子供でも家族カードを発行してもらえることがあります。

しかしクレジットカードは、後で支払いが来る「目に見えないお金」ですので、判断力がまだ十分ではない子供は、ついつい使いすぎてしまうこともあります。海外など、親の目が届きにくい場所で使わせるのであれば、なおさらです。

さらに最近では、スマホやPCにクレジットカードの情報を登録して気軽に買い物ができるようになったため、ますます使いすぎる傾向が見られます。特にオンラインゲームの課金サービスを子供が際限なく利用してしまい、親がクレジットカードの請求書を見て初めて事態に気づくというケースが問題となっています。

子供が勝手にクレジットカードを使った場合、民法の「未成年者取消」が適用され、支払いを免除してもらえる可能性はありますが、親の管理責任を問われて認められないケースも実際に発生しています。あらぬトラブルを招かないためにも、子供の年齢や判断力に合ったお金の使わせ方をすることが大切です。

そこで クレジットカードの代わりに検討したいカードが、「デビットカード」です。

15歳以上の子供には「デビットカード」を持たせよう

デビットカードとは、「即時決済取引用カード」とも呼ばれる、預金口座と直結したカードです。クレジットカードとの大きな違いは、「支払いのタイミング」にあります。クレジットカードでは、締め日と引き落とし日が決められており、買い物をした日の翌月などに口座からお金が引き落とされます。一方、デビットカードは買い物をした時点ですぐに口座から使った分のお金が引き落とされますので、口座に残高がないと決済することができません。

このような特徴から、デビットカードには以下のようなメリットがあります。

楽天デビットカードのメリット

使い過ぎを防げる!
クレジットカードのように、支払日までに日数があると、「まだ先だから何とかなるだろう」と思い、ついつい使い過ぎてしまうことがあります。しかしデビットカードでは口座に残高がないと決済できないため、無理な使い方はできませんし、即時に引き落としされることで「お金を使っている」という感覚が芽生えやすくなります。ですから子供が持つカードとしてもおすすめです。
手数料をかけずに口座のお金を使える!
デビットカードは、「ATMで現金を引き出す手間なく、口座のお金で買い物ができるカード」です。たとえば銀行のATMが近くにない場合や、休日や夜間などでお金を引き出すのに手数料がかかってしまう場合、デビットカードなら簡単に口座にある預金を使って買い物ができますので、大変便利です。きちんと計画的に使えば、余計な手数料をかけずに口座のお金を有効活用できます。
加入時の審査がない!
クレジットカードと異なり、デビットカードは15〜16歳から誰でも作ることができます。銀行口座を開設していることが主な条件であり、それ以外の資格は基本的にありません。後日引き落としのクレジットカードと違って、デビットカードは口座に預金がなければ使用できませんので、「信用度」をはかる審査が必要ないためです。
国内外で広く使える!
国内のデビットカードには、JCBとVISAのブランドがありますが、これらのクレジットカードを使えるお店であれば大抵どこでも使うことができます。特にVISAは海外でも使えることが多いため、留学する際にも使い勝手のいいブランドです。またキャッシュカードと同じように、ATMから現金を引き出すこともできます。海外なら現地の通貨で引き出せますので、両替する必要もなく便利です。
盗難や使い過ぎを防ぐ、安心のシステムがある!
デビットカードでは、利用限度額を設定することができますので、口座に預金があっても一定以上の額を使用したら、それ以上は使えないようにすることが可能です。またカードの使用があった際、すぐにメールで通知が来るようにするシステムもあるため、親が子供の金銭管理をすることもできます。

さらにデビットカードでは、盗難や紛失などによる第三者の不正利用を防ぐために、本人認証機能を充実させています。特にVISAのデビットカードでは、決済するごとに認証パスワードの入力を必要とする「VISA認証サービス」を採用していますので、カード番号や有効期限だけで第三者が使用することはできません。

上記のような特長から、 デビットカードは18歳未満の子供にも安心して持たせられるカードです。JCBとVISAブランドがありますが、VISAのほうが提携銀行が多く、また海外でも利用しやすいため、全体的に使い勝手がいいメリットがあります。

子供にもおすすめのデビットカード〜三菱東京UFJ-VISAデビット

VISAデビットカードの中でも、特に子供のいる方におすすめなのが「三菱東京UFJ-VISAデビット」です。

三菱東京UFJ-VISAデビットの特長

三菱東京UFJ-VISAデビット15歳(中学生は除く)〜23歳までは、年会費が無料!
デビットカードも、クレジットカードと同様、年会費の発生するものがありますが、三菱東京UFJ−VISAデビットでは 15歳(中学生は除く)〜23歳までに限り、年会費は無料となっています(24歳以上であっても、年間10万円以上の利用があれば翌年の年会費無料です)。 ※通常年会費 1,080円(消費税込み)

利用額に応じたキャッシュバックがある!
三菱東京UFJ−VISAデビットでは、毎月、前月の利用金額の0.2%が自動キャッシュバックされます。さらに誕生月や前年の利用金額などに応じて、最大0.4%のキャッシュバックを受けることができますので、大変お得です。

基本キャッシュバック率
前年1年間のご利用
20万円以上
前年1年間のご利用
30万円以上
誕生月
0.2 +0.05 更に+0.05 +0.1

安心のシステム
三菱東京UFJ−VISAデビットには、万一の際のショッピング保険や不正利用補償のサービスが付帯されていますので、子供にも安心して使わせることができます。

ショッピング保険

三菱東京UFJ−VISAデビットを使用して購入した商品が、破損や盗難に遭った場合、購入日から60日間に限り、年間100万円を限度に補償されます。

不正利用補償

盗難や偽造などによって、第三者がデビットカードを不正利用した場合、三菱東京UFJ銀行に連絡した日から60日前までさかのぼり、年間100万円を限度に補償されます。

利用履歴確認

「VISAデビット会員用Web」に登録すると、利用金額や支払先、口座残高などを24時間オンラインで確認できます。

お知らせメール

「三菱東京UFJダイレクト」に申し込み、メール登録をしておくと、デビットカードの利用が合った際にすみやかに通知メールが届きます。

海外でも使いやすい!
三菱東京UFJ−VISAデビットは、VISAの加盟店であればほとんどのお店で使うことができます(一部の店舗を除く)。また世界各国に180万台以上ある「VISA」または「PLUS」マークのついたATMから、現地の通貨で預金を引き出せますので、現金が必要な際にも安心です(海外のATMで引き出す場合、1回につき108円の手数料がかかります)。

子供にもおすすめのデビットカード〜楽天デビットカード

子供に持たせるのにおすすめのデビットカードの一つに、「楽天デビットカード」があります。国内最大級のネット銀行、楽天銀行の発行するデビットカードです。

楽天デビットカードのメリット

楽天スーパーポイントが貯まる!
楽天デビットカード最大のメリットが、カード利用によって楽天スーパーポイントを獲得できることです。カードの種類によって還元率は異なりますが、1,000円の買い物につき、2〜10%の楽天スーパーポイントが付与されます。VISAよりもJCBブランドのほうが、付与率は高めです。
楽天銀行ゴールド楽天銀行デビットカード(JCB) ご利用金額1000円→10ポイント
(還元率1%)
楽天銀行ゴールド楽天銀行ゴールド
デビットカード(VISA)
ご利用金額1000円→5ポイント
(還元率0.5%)
楽天銀行ゴールド楽天銀行デビットカード(VISA) ご利用金額1000円→2ポイント
(還元率0.2%)
ただし楽天デビットカードには、VISAブランドだけの「ポイント優待デー」があります。この日にデビットカードを利用すると、通常の2倍のポイントが獲得できます。
楽天銀行のランクが上がる!
楽天銀行には、ランクに応じてさまざまな特典を受けられる「ハッピープログラム」というシステムがあります。楽天デビットカードを持っていると、カードの種類や利用実績などに応じてランクが上がり、ATMの引き出し手数料が所定回数まで無料になるなどのメリットを受けられます。
楽天銀行ゴールド楽天銀行デビットカード(JCB) カード利用→3000円毎に1レベル(付与日:口座支払日基準)
楽天銀行ゴールド楽天銀行ゴールド
デビットカード(VISA)
カード保有→毎月10レベル(判定日:毎月23日)
カード利用→3000円毎に1レベル(付与日:口座支払日基準)
楽天銀行ゴールド楽天銀行デビットカード(VISA) カード保有→毎月3レベル(判定日:毎月23日)
カード利用→3000円毎に1レベル(付与日:口座支払日基準)
海外でも安心!
楽天銀行デビットカードには「国際キャッシュカード」機能が付いていますので、海外の留学先でも提携ATMから現地通貨を引き出すことが可能です。JCBデビットの場合は「JCB」か「Cirrus」、VISAデビットの場合は「VISA」か「Plus」のマークがあるATMを利用できます。
不正利用対策が充実!
楽天銀行デビットカードの暗証番号は、キャッシュ機能とデビット機能でそれぞれ異なりますので、第三者による不正利用を防ぎやすくなります。またネットショッピングに利用する際には、カード裏面にあるセキュリティコードの入力を求められる場合もあるなど、不正利用対策が充実しています。もちろん取引通知メールや「VISA認証システム」のサービスもありますので、ご両親にも安心です。

デビットカードはクレジットカードと違ってお金を使いすぎる心配が少なく、親が金銭管理をしやすいメリットもありますので、子供に持たせるにはおすすめです。
「クレジットカードを持たせたいけれど心配」という方は、ぜひデビットカードを検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ