常陽銀行のATM手数料を月4回まで無料にできるJOYO CARD plusの年会費を無料にする条件

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


常陽銀行ATM手数料が無料で提携コンビニATM手数料も月4回まで無料なJOYO CARD plus

ATMの利用において、一番の難点は108円から216円の手数料がかかるというものです。一度だけなら無視できる代金かもしれませんが、そう考えて繰り返し利用するとけっこうな数になってしまいがちです。

常陽銀行をメインとしているならば、常陽銀行ATMとセブンイレブンATMの手数料を無料にできるJOYO CARD plusを検討してみると良いでしょう。

JOYO CARD plusについて

JOYO CARD plusは申請手続きが約5分間で申請からカード発行までは約2週間かかるクレジットカードで年会費は1,350円+税別ですが、ETCカードは無料で発行できます。

カード発行初年度は年会費無料で条件を満たすと翌年からの年会費も無料にできます。ブランドはDCとJCBの2つから選ぶことが可能です。

JOYO CARD plusは常陽銀行ATMの手数料がいつでも無料でE-netATM、セブン銀行ATM、ローソンATMの利用手数料も1ヶ月に4回まで無料にできます。

そしてJOYO CARD plusはブランドがDCとJCBがあり、学生がJCBを発行したならば在学期間は年会費が無料になります。加えて、JCBブランドは海外で購入した商品には年間最高100万円のショッピングガード保険が付帯されます。

いずれにせよ、年会費と保証に関しておトクなのはJCBブランドとなります。

理由がない限りは年会費と補償を重視する方はJOYO CARD plusを発行する際にはDCブランドではなくJCBブランドを選択しましょう。DCブランドとJCBブランドで特典キャンペーンが違いますので、そちらをチェックしてDCに魅力を感じたらばDCブランドを発行するのがおすすめです。

また、JOYO CARD plusはゴールドカードであるJOYO CARD plusゴールドカードもあります。こちらはブランドによって特典が違いますが、どちらもJOYO CARD plusに比べて特典が豊富です。

JOYO CARD plusの年会費を無料にする詳細な条件3つ

  1. 携帯電話・PHSの利用料金をカード払いする
  2. 電気料金の利用料金をカード払いする
  3. 1年間のカード利用額が20万円以上

JOYO CARD plusは年会費無料条件が3つありますが、その内のひとつを満たすことで年会費が無料となります。さして難しい条件ではないので、積極的に年会費無料条件を満たしていきましょう。

JOYO CARD plusのポイントプログラムは3種類ある

JOYO CARD plusのポイントプログラムはDCブランドとJCBブランドでカード利用に応じて獲得するポイントの種類が違ってDCブランドはハッピープレゼントポイントで、JCBはOki Dokiポイントとなります。いわゆるショッピングポイントですが、どちらも還元率が0.1%です。

ただし、JCBブランドのOki Dokiポイントは地域密着型優待サービスをしており、福田屋百貨店は還元率3倍にもなります。他にもヒロセヤ・スーパー、ディスカウントスーパーヒーロー、ヤオハン、かつ太郎などの還元率が2倍になります。

地域密着型優待サービス以外にも常陽銀行パートナー店にてカード払いするとOki Dokiポイントの還元率が2倍になるので、JCBブランドの方がポイント還元率において大きく有利になります。

Oki Dokiポイントの使い道

  • 1ポイント→5円換算のJCBプレモOki Dokiチャージが可能
  • 500ポイント以上と交換なら1ポイント→3円、1,000ポイント以上ならば4.5円の還元ができるキャッシュバックサービス
  • 200ポイント→スターバックスカードに1,000円チャージ
  • dポイント、Tポイント、auWallet、楽天スーパーポイントには1ポイント→4ポイント換算でポイント移行
  • ANAマイル、ANAスカイコイン、JALマイル、デルタマイルは1ポイント→3マイルで移行可能
  • amazonに1ポイント3.5円で利用可能

常陽ポイントクラブは常陽銀行利用状況で提携コンビニATM手数料無料回数増加といった特典がある

JOYO CARD plusは常陽ポイントクラブというポイントプログラムもあります。こちらはショッピングポイントではなく、常陽銀行の利用状況に応じてポイントが加算されるシステムとなっており、貯めると提携コンビニATMの月間手数料無料サービスを受けられる回数を増やすことができます。

JOYO CARD plusのまとめ

  • 年会費は1,350円+税別
  • ETCカード無料発行可能
  • カード発行初年度年会費無料
  • 携帯電話や電気料金の利用料金をカード払いするか1年間のカード利用額が20万円以上で翌年の年会費無料
  • ブランドはDCとJCBの2つから選べる
  • JCBブランドならば学生の間は年会費無料
  • 常陽銀行ATMの手数料が常時無料
  • E-netATM、セブン銀行ATM、ローソンATMの利用手数料が1ヶ月に4回まで無料
  • JCBブランドは海外で購入した商品には年間最高100万円のショッピングガード保険が付帯
  • DCとJCBでそれぞれ特典キャンペーンあり
  • ポイントプログラムはDCブランドならハッピープレゼントポイント、JCBブランドならばOki Dokiポイント
  • 還元率0.1%
  • JCBブランドのOki Dokiポイントは地域密着型優待サービスで還元率2倍から3倍、常陽銀行パートナー店でカード払いすると還元率2倍
  • 常陽銀行の利用状況で貯まる常陽ポイントクラブによって提携コンビニATM手数料無料回数増加などの特典

JOYO CARD plusはJCBブランドで発行して条件を満たして年会費無料カードにしよう

JOYO CARD plusは常陽銀行の手数料が永年無料で提携コンビニATMの手数料も1ヶ月に4回まで無料となり、常陽銀行利用状況で貯まる常陽ポイントクラブを貯めることで手数料無料回数を増やすことができます。

JOYO CARD plusはDCとJCBのブランドがありますが、DC特典キャンペーンが魅力的でない限りはJCBブランドを発行しましょう。JCBブランドは学生の間は年会費が無料でポイントプログラムのOki Dokiポイントが地域密着型優待サービスで還元率2倍から3倍、常陽銀行パートナー店でカード払いにて還元率2倍という特典がありますし、ショッピングガード保険も付帯されます。

JOYO CARD plusは発行初年度は年会費無料で、翌年からも携帯電話料金をカード払い・電気利用料金をカード払い・1年間のカード利用額が20万円以上という条件のひとつを満たせば無料にできます。

JOYO CARD plusはDCとJCBの2つのブランドがありますが、多くの面においてJCBブランドが優れているのでJCBブランドを発行するようにしましょう。JCBブランドは学生なら年会費無料ですし、還元率倍増サービスがある提携店も多いので、Oki Dokiポイントをおトクに貯めたい方にも有効なクレジットカードです。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club