楽天ETCカード年会費500円(税抜)を無料にするワザ

年会費無料のETCカードが欲しいなら
VIASOカードはカード本体とETCカードの年会費が両方無料です。
楽天カードに負けない高いポイント還元率も特長!

料金所をスルーパスできるのはもちろん、割引制度やマイレージサービスなど料金面でも何かとお得なETCカード。

高速道路を運転する機会のある方なら、ぜひ持っておきたいカードです。

ETCカードには、高速道路各社が発行する「ETCパーソナルカード」と、クレジットカード会社が発行する付帯カード「ETCカード」の2種類があります。

いずれも曜日や時間帯による道路料金の割引を受けられますが、特にクレジットカードの付帯カードでは、ETC利用によってもクレジットカードのポイントを貯められますので、大変お得です。

中でも 楽天が発行する「楽天ETCカード」は、楽天カードと同様、楽天スーパーポイントを貯められることで人気を集めています。

楽天カードでは、100円のショッピング利用につき1楽天スーパーポイントが付与されますが、楽天ETCカードでも同じく、100円の通行料金につき1ポイントを貯めることができます。



首都高など少額な通行料金でも確実にポイントを貯められる点が大きなメリットです。

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天サイトでの買い物に利用することができますので、楽天利用の多い方には便利なETCカードです。

楽天ETCカードは、楽天カードを持っている方だけが申し込むことができます。

まだ楽天カードを持っていない方は、楽天カードを申し込む際に、合わせてETCカードにも申し込むようにしましょう。

既に楽天カードを持っている方は、インターネット上の「楽天e-NAVI」にある「各種お申し込み」の項目から、ETCカードの申し込み手続きが可能です。



高速道路の通行によって、楽天スーパーポイントを貯められる楽天ETCカードですが、 申し込むと500円(税込で540円)の年会費がかかります。



年会費をなるべくかけたくない方にとっては、デメリットになる部分かもしれません。

ただし 以下の場合は、楽天ETCカードの年会費が無料になります。

やじるし①楽天プレミアムカード・楽天ビジネスカード・楽天ブラックカードを持っている場合

手持ちの楽天カードが上記の3種類の場合、それに付帯するETCカードの年会費は無料。

やじるし②「楽天PointClub」の会員ランクが「ダイヤモンド」・「プラチナ」の場合

ただし楽天ETCカードを申し込んだ時点での「楽天PointClub」の会員ランクが、ダイヤモンドもしくはプラチナの場合も、楽天ETCカードの年会費が無料になります。

いずれも、国内外の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」が付いていたり、国内・海外旅行の障害保険の額が高かったりと、通常の楽天カードと比べると付帯サービスが充実しています。

既に楽天カードをメインとして利用しており、年間の利用金額かなり多い人はワンランク・ツーランク上の楽天プレミアムゴールドや楽天ブラックカードを狙うことができます。

楽天PointClub 会員ランク

楽天PointClub 会員ランク

楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンドもしくはプラチナの方は、楽天ETCカードの年会費は初年度無料となります。

ただし楽天PointClubの会員ランクは、楽天スーパーポイントの獲得実績によって毎月更新されますので、次年度以降も年会費が無料になるとは限りません。

楽天ETCカードの年会費が請求される月(楽天ETCカードに申し込んだ月の翌月)の会員ランクによって、年会費が無料になるかどうかが決まります。

引き続きダイヤモンドもしくはプラチナ会員であれば次年度の年会費も無料、ゴールド以下であれば540円の年会費が発生するという仕組みです。


楽天カードはカードの年会費が無料であることや、楽天市場を利用した時のポイント還元率の高さから人気の高いクレジットカードですが、ETCカードを使いたい人にとっては特段お得な要素は少ないと言えるでしょう。

ETCカードを無料にする方法はクレジットカード自体のグレードを上げる方法と楽天Point Clubの会員ランクを上げる2種類の方法がありますが、どちらも手間とお金がかかる方法となっています。

通常の楽天カードの年会費は無料ですが、楽天プレミアムカードでは10,800円、楽天ビジネスカードでは2,160円、楽天ブラックカードでは 32,400円もの年会費が発生します。

またランクの高いクレジットカードは、それだけ収入や年齢などの審査基準も厳しくなりますので、まだ利用実績の少ない方は審査に通りにくくなります。特に、楽天カードの中でも最上位のランクである楽天ブラックカードは、招待された会員のみが入会することが可能です。

楽天PointClubのランクを上げる方法は、とにかく楽天サービスを多く利用することが必要になります。

もしも、たまたま特定の月だけ買い物が多いかったとしても、そのランクを維持する為にはコンスタントに買い物をし続けなければいけないため、本当は必要のなかった無駄な買い物を頻繁にしてしまう可能性もあります。

このように考えると楽天カードは楽天市場のヘビーユーザーならお得になるクレジットカードですが、時々利用するという方にはあまりお得なカードではないのかもしれません。

では、楽天カード以外でETCカードをお得に利用できるクレジットカードは何があるのでしょうか。

今回ご紹介するクレジットカード3枚はETCカードが年会費無料で利用でき、通常の買い物でもポイントが貯めやすい・付帯サービスが充実しているなど日常生活の中で使いやすいクレジットカードを厳選しました。

これから楽天カードをETCとセットで申し込もうと思っていた方や、現在楽天カードを持っていてETCカードを追加で発行をしようと考えいた方は、当サイトおすすめのクレジットカード3枚を確認してからでも遅くはありません!



VIASOカードの特長としてはポイント還元率が高いということ、カード本体・ETCカード両方が年会費無料で利用できるという点です。


その使い勝手の良さから既に多くの人が申込みをしているVIASOカードは普段の買い物もETCの利用もお得に使いたいという要望に答えてくれるクレジットカードです。


楽天カードの魅力はなんと言ってもポイント還元率の高さにあります。


通常のポイント還元は1%となっており、そこから楽天市場や楽天関係のサービスを利用すると2倍、3倍ともらえるポイントが増えていき、キャンペーンも併用することで更にお得度をアップさせることが可能です。


貯まった楽天スーパーポイントは楽天サービスだけではなく、ポイントでの支払いに対応しているコンビニや飲食店でも使うことができますが、楽天スーパーポイントから他のポイントへ移行するとなると一気に選択肢が減ります。


現在楽天スーパーポイントからの移行先としては楽天EdyとANAマイルの2種類しかなく、他のクレジットカードのように自分の使いたいポイントへ移行する自由度はかなり低いと言えます。


それに対してVIASOカードは貯まったポイントが現金として自動でキャッシュバックされるため、ポイントの使い道について悩む必要はありません。


VIASOカードは携帯電話・ネットのプロバイダ料金・ETC料金で利用すると常にポイントが2倍となり、専用のショッピングモール経由で買い物をすればポイントの還元率は最大で10%近くまで上がります。


ショッピングモールの提携店舗の中には楽天市場とAmazonも含まれていますので、楽天サービスだけでなくAmazonでもよく買い物をするという方には嬉しいサービスとなるでしょう。


ETCの機能のみを見て良し悪しを判断するではなく、クレジットカード自体の使いやすさを総合的に判断したほうが、長く便利にクレジットカードを利用できます。


  楽天カード
楽天カード
 JCB CARD W
JCB CARD W
年会費 無料 無料
ETCカード 500円+税 無料
新規発行手数料1,000円+税
申し込み資格 楽天会員で、満18歳以上、 安定した収入のある方および学生(高校生は除きます) 18歳以上で電話連絡が可能な方
付帯サービス 海外旅行傷害保険:最高2,000万 海外旅行傷害保険:最高2,000万
ポイントプログラム 楽天スーパーポイント
100 円 = 1 ポイント
1ポイント=1円相当の場合還元率1%
VIASOポイント
1,000円=5ポイント
1ポイント=1円相当の場合還元率0.5%
※ショッピングモール経由の場合最大10%

楽天カードは知名度が高くてカードの年会費が無料ということもあり、申し込む方が非常に多いクレジットカードですが、楽天サービスをあまり使わないということもあり解約してしまうという方も少なくありません。

楽天カードの良さを発揮するためには楽天サービスを積極的に使わないと行けないため、元々楽天サービスを使う習慣のない方にはメリットが少ないことが大きな理由です。

ETCカードの年会費が使わなくても500円+税が必要になることも要因の一つになるでしょう。

対してVIASOカードはクレジットカード本体とETCカードの年会費がかからないため維持をする負担はなく、仮にメインカードとしてではなくサブカードとして所有するという使い方もおすすめです。

「クレジットカード本体とETCカード両方を無料で持ちたい!」と思っている人にはVIASOカードがオススメです。


年会費が無料でポイントも貯まりやすいため非常にコストパフォーマンスは高く、学生や主婦の方などにも人気があります。

審査基準も「18歳以上で電話連絡が可能な方」と比較的厳しくないため、クレジットカードの審査を不安に感じているかたにもおすすめできる1枚です。



迷ったら
コレ!