ライフカードからの乗り換え先でオススメなクレジットカードはこれ! 使いやすく高い還元率のクレカを紹介


クレジットカードはポイント還元率が高い方がいい! ライフカードのポイント還元率とポイントアッププログラムを解説

ライフカードは年会費無料のカードで、入会初年度はポイントが1.5倍になるお得なカードです。支払いには「AUTOリボ(リボ払い専用サービス)」も設定でき、ライフスタイルに合わせた使い方ができます。家族カードも年会費無料なほか、国際ブランドもVISA・MasterCard・JCBから選べます。

ライフカードの申し込みは18歳以上(高校生を除く)で電話連絡可能な方ならどなたでも申し込めるため、初めてのクレジットカードにもピッタリです。ポイントは1,000円→1ポイント、1ポイント→5円相当で還元率は0.5%です。いくつか種類があるライフカードのポイントプログラムについて詳しく見ていきましょう。

ライフカードの基本ポイントとステージプログラムは4段階

ライフカードには、基本ポイントとボーナスポイントがあり、基本ポイントはカードの利用金額1,000円→1ポイント→5円相当、0.5%の還元率です。クレジットカードのポイントプログラムの中では低めの還元率で、普段使いするならもう一声欲しいところでしょう。そんな低めの還元率をカバーできるのが、ステージプログラムです。

ステージプログラムは会員ごとに、入会後に設定される1年間をプログラム期間と定めて、期間中の利用金額に応じてポイント還元率が最大2.0倍までアップします。毎月の公共料金や携帯電話料金などの固定費の支払いと、普段の買い物をライフカード払いにするとステージアップしやすいものの、還元率が2.0倍になるプレミアムステージにたどり着くには年間200万円以上、月当たり17万円ほどのカード利用額が必要なので少し難しく感じます。

ポイント付与単位が1,000円というところも、100円ごとに付与されるポイントに比べて貯まりにくい印象で、ポイント付与対象外のカード利用分も目立ちます。ポイント還元率をアップさせるには地道なステージアップがベストなようです

レギュラーステージ スペシャルステージ ロイヤルステージ プレミアムステージ
1倍 1.5倍 1.8倍 2.0倍
基本ポイントと同じ
1,000円→1ポイント
年間利用金額50万円以上
次年度の基本ポイント1,000円→1.5ポイント
年間利用金額100万円以上
次年度の基本ポイント1,000円→1.8ポイント
年間利用金額200万円以上
次年度の基本ポイント1,000円→2.0ポイント
キャッシング利用分・カード年会費・リボ払い手数料・分割払い手数料・Edyチャージ分・nanacoチャージ分・ETCカード利用分・ライフカード販売のJCBギフトカード購入分はポイント付与対象外です。

ボーナスポイントがもらえるお誕生月ポイントとスペシャルボーナスについて

ライフカードには基本ポイントのほかにボーナスポイントがあり、会員の誕生月には基本ポイントが3倍になる「お誕生月ポイント」、個人のプログラム期間1年間のカード利用金額50万円以上で300ポイントが獲得できる「スペシャルボーナス」があります。お誕生月ポイントは、以前は5倍でしたが、2017年7月に3倍に変更されてしまいました。少し倍率が下がりますが、通常の基本ポイントよりは還元率がアップして1.5%で獲得できるので、誕生月に買い物を集中させることで多くのポイントを獲得できるでしょう。

300ポイントを獲得できるスペシャルボーナスは、金額にすると1,500円相当です。年間50万円の利用金額をクリアすれば獲得でき、ステージプログラムで上位の方は必ず300ポイントを獲得できます。ステージプログラムとスペシャルボーナスを併用できるメリットがあるものの、電子マネーチャージ分、ライフカード販売のJCBギフトカード購入分の金額は対象外となるので注意が必要です。

ライフカードのポイントプログラムは、2017年7月以前に比べて倍率が下がったほか、ポイント付与対象外になるカード利用が増加しています。電子マネーの普及によりチャージ利用分が多いことが影響していると思われますが、クレジットカードのポイントを楽しみにしている方にとっては少し残念です。ポイントライフをもっと充実させたい方は、ライフカードから別のカードへの乗り換えも検討してみましょう。

ライフカードからの乗り換えならポイント還元率が高い楽天カードかJCB CARD Wがおすすめ!

ライフカードから乗り換えるなら、ポイント還元率が高くて年会費が無料ということがポイントになります。初めてのクレジットカードにも向いているカードで考えると、永年年会費が無料の楽天カードと、39歳以下・WEB入会限定のJCB CARD Wがおすすめです。ポイント還元率に注目して見ていきましょう。

楽天カードのポイントプログラムは還元率が高い!楽天市場ならいつでも3.0%還元!

楽天カードは年会費永年無料、ポイント1.0%還元で、楽天市場での利用はいつでも3.0%還元以上、ポイントがとにかく貯まりやすいカードです。各種キャンペーンやお買い物マラソンなどのイベントが多数開催され、そのほとんどに楽天スーパーポイントが付与されます。キャンペーンやイベントとは別で、併用可能なポイントプログラムの、SPU(スーパーポイントアッププログラム)は、最大15倍でポイントを獲得できるうれしいサービスです。

SPUは、キャンペーンやイベントと併用できるため、タイミングによっては40倍以上の還元率になることもあります。還元率が高くなるタイミングを狙い撃ちするように買い物をすれば、予想以上に楽天スーパーポイントを大量獲得できます。

JCB CARD Wはいつでもポイント2倍以上!幅広い使い方ができるのも魅力

JCB CARD Wは、年会費無料、39歳以下・WEB入会限定、基本のポイントがいつでも2倍以上のカードです。1,000円→1ポイント、1ポイント→5円相当のため、基本ポイントはライフカードと同じ0.5%還元です。でもいつでも2倍以上の還元率にアップすることから、常に1.0%還元以上でJCBのOkiDokiポイントを獲得できます。

JCB CARD Wのポイントプログラムでは、ポイントアップ優待のJCB ORIGINAL SERIESパートナーでのカード利用でボーナスポイントやポイントアップでき、ポイントアップサイトのOkiDokiランドを経由したカード利用だと最大20倍のポイントを獲得できます。貯めたポイントは商品との交換をはじめ、マイルや他社ポイントへの移行、ディズニーリゾートパークチケットへの交換など、幅広い使い方ができることに人気が集めています。

ライフカードのポイントはJCB CARD W と同じ1ポイント→5円相当でも、還元率の低さと貯めたポイントの使い道では、JCB CARD Wの方が上回っています。ポイントをたくさん貯めてお得に使いたい! という方は、ライフカードと同じく年会費無料で入会できる楽天カードか、JCB CARD Wへの乗り換えをおすすめします。

ライフカードからの乗り換えで審査が不安でも楽天カードとJCB CARD Wなら通りやすいと評判のカード

ライフカードから高還元率のカードに乗り換えるときは、乗り換え先のカードの審査を受けます。これまでライフカードを使ってきて支払いに問題がなければ、すんなり審査を通過できるでしょう。もし審査に不安がある方は審査基準をチェックしてみてください。楽天カードとJCB CARD Wの審査基準を紹介します。

楽天カードは年金受給者や専業主婦も持てるカード! 審査基準を詳しく紹介

楽天カードは収入がない専業主婦の方も配偶者に定期的・安定的な収入があれば問題なく申し込むことができます。アルバイトやパートの方もOKです。また、申し込みの際の年齢は18歳以上でも、上限はないので年金受給中の方も申し込むことができます。年金は一定収入とみなされるので、大きな利用限度額でなければ審査を通過する可能性があります。

そのほか、クレジットカードを作りにくいといわれる株式投資などを行うトレーダーの方、個人事業主や自由業の方、自宅勤務の方も無職でなければ申し込むことができます。どうしても審査が不安な方は、楽天カードの申し込みのときに、キャッシングを希望しないこと(キャッシング枠を0円にする)と、利用可能額を少額(10~20万円など)にすると審査を通過しやすくなります。

JCB CARD Wは安定継続収入と年齢・WEB入会限定に注意

JCB CARD Wの公式ページによると、入会に関する申し込み対象は、18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生を除く)とあります。楽天カードのように無職でなければ大丈夫とは言えないものの、安定継続収入がある18~39歳の方なら、パートやアルバイトでも収入が継続するなら申込みができます。

JCBには、WEB入会したカードを対象に、オンライン入会申込判定状況確認をすることができます。申し込み完了画面か、受付完了メールに記載される「入会受付番号」と、申込み時に設定した「判定状況確認用キーワード」を使って申込状況を把握できるものです。審査が不安、早く結果を知りたい方はチェックしてみると良いでしょう。

JCB CARD Wは、安定した収入が必要でも審査のハードルが高くないカードです。高還元率の若年層向けのクレジットカードとして登場して以来、多くの方が申し込んでいます。ライフカードに限らず、高ポイント還元のカードに乗り換えたい方にもおすすめのカードです。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介