高還元のリクルートカードはデメリットも多くお得じゃない? 自分にあったポイント制度のクレジットカードを選ぼう!

トップ画像の説明

「高還元のクレジットカード=お得」という感覚があれば、一回捨てた方が良いかもしれません。

おいしい話の裏には、必ず落とし穴があります。

クレジットカードも同じで、いくら還元率が高くても、使いづらくてポイントは貯まらないしポイント利用もできなければ本末転倒です。

大切なのは還元率が高いだけでなく、自分のライフスタイルにも合う一枚を探すこと。そこで、カード選びの手助けになるような情報をご紹介します。

この記事でわかること

・還元率が1.2%のカードのデメリット
・高還元で使い勝手が良い3枚のカード
・各ポイントの貯め方や使い道の具体的なイメージ

高還元で有名なリクルートカードのデメリットとは?

リクルートカードとは?

リクルートカードはリクルート社が発行するクレジットカードです。

ポイント還元率が1.2%と高還元率で有名なカードで、買い物だけなく公共料金の支払いなどでも還元率は1.2%と変らないため、普段使いで多くのポイントを貯められる魅力があります。

また、リクルートカードは年会費無料で海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険が付帯しています。

付帯形態は利用付帯ですが、年会費無料で海外・国内両方の傷害保険が付帯しているのでサービス内容においては文句なしといえるでしょう。

そんな一見便利なリクルートカードにも、デメリットがあります。

リクルートカードの基本スペック




国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
申込み資格 18歳以上で、本人または配偶者に安定した収入がある方(高校生を除く)
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.20%
ポイント利用 1ポイント=1円から
海外旅行傷害保険 利用付帯
最高2,000万円まで
国内旅行傷害保険 利用付帯
最高1,000万円まで
優待 じゃらんnet・ホットペッパー・ポンパレなど

リクルートカードのポイント還元率は高いけど使い勝手はイマイチ!?リクルートカードの2つのデメリット

リクルートカードの最大のメリットは高還元率であることですが、ポイントの使い道が限られていることがネックでもあります。

では、リクルートカードの落とし穴はどこにあるのでしょうか?

リクルートカードのデメリットに焦点をあてて検証していきましょう。

リクルートカードの2つのデメリット


デメリット1. ポイントの使い道が少ない

リクルートカードで貯まるリクルートポイントの使い道は、じゃらんやホットペッパーなどの自社コンテンツへの利用、もしくは、Pontaポイントに交換程度しか、使い道がありません。

普段ホットペッパーやじゃらん、ポインタカードをよく利用する方は、リクルートカードの高還元率を活かすことができますが、そうでない方にはポイントの使い道が限られてしまうので、リクルートカードのメリットはあまり得られないでしょう。

また、リクルートカードはPontaカードと一体型ではないため、Pontaポイントに交換して利用したい場合は、リクルートカードと別にPontaカードを持っておく必要がある点も残念な点です。

リクルートポイントの使い道


リクルートの自社コンテンツで使う リクルートポイント1ポイント→1円相当
じゃらん・ポンパレモール・ホットペッパーグルメ・ホットペッパービューティー・じゃらんゴルフ・Oisixなど
Pontaポイントに交換して使う リクルートポイント1ポイント→Pontaポイント1ポイント
Pontaカード提携店舗で利用

デメリット2. 特典が少ない

自社コンテンツサービスをリクルートカードで利用しても特典がなく、還元率も高くなりません。

同じ商品を買う場合でも、例えば還元率が1.0%の楽天カードで楽天市場を利用した場合の方が結果的にお得になる場合があります。

例えば、楽天市場で10,965円のコンタクトレンズを楽天カードで購入した場合、通常は還元率1.0%で109ポイント付与となりますが、ポイント特典の「ポイント2倍」が適用されると合計ポイントが327ポイントとなります。※2022年2月時点のポイントプログラムの場合。

リクルートカード・楽天カードのポイント特典比較


通常 還元率 ポイント特典
リクルートカード 1.20% なし
楽天カード 1.00% 楽天市場経由で購入した場合→通常ポイント+2倍

ポイント特典がないリクルートカードは、通常還元率1.2%分のポイントとなる131ポイントが付与されるため、リクルートカードよりも楽天カードの方が196ポイントも多く得ることになってしまいます。(下表参照↓)

10,965円のコンタクトレンズを購入した場合の合計ポイント比較



10,965円のコンタクトレンズ購入 付与ポイント
リクルートカード
(ポイント特典なし)
10,965×1.2%=131ポイント 131ポイント
楽天カード
(通常ポイント+2倍)
10,965×1.0%=109ポイント
109ポイント×2=218ポイント
327ポイント

このように通常還元率が高くても特典ポイントサービスがないことで、他のクレジットカードよりもポイント還元率が低くなってしまう現象が起きてしまうため、リクルートカードに特典がないことは痛いデメリットといえるでしょう。

リクルートカードの使い道を知って自分に合っているか確認をしましょう!

リクルートカードの提携先は、じゃらんホットペッパーポンパレなどです。

普段からじゃらんやホットペッパー、ポンパレをよく利用する方はポイント還元や割引特典等を利用出来るためリクルートカードをお得に利用できるでしょう。

しかし、じゃらんやホットペッパー、ポンパレなどを利用する機会のない方にはリクルートカードのポイントの使い道は大変限られてしまいます。

また、ポイントの交換レートにより、還元率が他社のカードよりも低くなってしまうこともあるので、リクルートカードの提携先の利用がない方は他社のクレジットカードを選ぶ方がよいでしょう。

ここに注意!
高還元カードでも、ポイントの使い勝手が悪ければNG。

還元率が高い他のクレジットカードは?

還元率が高い他のクレジットカードは?

リクルートカードは通常のポイント還元率が1.2%と高還元率ですが、他にもポイントの還元率がよいクレジットカードがあります。

通常のポイント還元率はリクルートカード以下でも、ポイントを多く貯めることのできる特典やサービスが多く、ポイントの使い道も多いクレジットカードは総合的にお得に利用ができるため、ポイント還元率がよく使い勝手もよいクレジットカード3枚を紹介していきましょう!

リクルートカードと同等以上に還元率がよく、より使い勝手がいいカード

1.楽天カード
2.ヤフーカード
3.JCB CARD R


1. 楽天カード

楽天カードは、クレジットカードの中でも審査難易度が比較的やさしく、18歳以上であれば学生や専業主婦などでも申し込みが可能です。

年会費無料で発行手数料もかからないため、誰でも持ちやすいカードといえるでしょう。

また、楽天カードは自社コンテンツや提携先が他社と比べて圧倒的に多いため、楽天市場など自社サービスや提携店舗の特典が手厚い傾向にもあります。

ポイント還元率は通常1.0%ですが、普段から楽天系列のショップなどを利用する方はポイントをどんどん貯めて、使うことができるので、通常よりもお得に買い物などを楽しめるでしょう。

楽天カード 基本スペック




国際ブランド VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress
申込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)
楽天会員の方
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
100円につき1ポイント付与
ポイント利用 1ポイント=1円から
海外旅行傷害保険 利用付帯
最高100万円まで
付帯機能 楽天Edy・楽天ポイントカード
優待店舗 LAWSON・エディオン・DAIMARU・MATUZAKAYA・TOKYU HANDS・魚民など
ポイントアップ対象 楽天トラベル・楽天市場・楽天Rakoo・加盟店・楽天ブックス・楽天銀行などの楽天グループサービスなど

楽天ポイントを貯める5つの方法

楽天サービス利用で貯める

楽天カードの通常ポイント+ボーナスポイント2倍=ポイント3倍

楽天カードが使えるお店で貯める

楽天カード提示で100円につき1ポイント+楽天カード利用で100円につき1ポイント=2ポイント

楽天カード優待店舗利用で貯める

楽天カード利用ポイント1倍+各店舗のボーナスポイント

楽天Edyのチャージ・利用で貯める

楽天Edyチャージで200円につき1ポイント+楽天Edy利用で200円につき1ポイント=2ポイント

公共料金の支払いで貯める

100円につき1ポイント

楽天カードのポイント還元シミュレーション

楽天カードの通常還元率は1.0%です。

以下の買い物をした際にどのくらいのポイント還元を受けることができるのかシミュレーションしてみましょう。

ポイント還元シミュレーション
  1. ガス代5,000円・電気代6,000円を楽天カードで支払いをした場合、通常の還元率1%のみ適用となるため → 合計110ポイント
  2. 楽天市場で28,000円のカメラ購入をする場合は、通常の還元率1.0%に加えて楽天ボーナスポイント2倍で → 合計840ポイント
  3. IDEMITDUでガソリン4,000分を支払った場合、通常の還元率1.0%のみの適用となるので → 合計40ポイント

1・2・3を合わせると計990ポイント獲得ができます。

通常ポイントだけでなくボーナスポイントが加算されていくことでポイント獲得率が非常に高くなります。

楽天カードは楽天の自社サービスのみならず全国に楽天ポイント加盟店・楽天Edy加盟店が多くあり、楽天カード払いをするとポイント獲得率がアップするため、普段から楽天サービスを利用する方やクレジットカード払いを利用する方に楽天カードはおすすめです。

楽天ポイントの3つの使い道

  • 楽天サービスで1ポイント1円相当で使う
    〈楽天サービス〉楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなど
  • 街の加盟店で1ポイント1円相当で使う
    〈楽天ポイント加盟店〉マクドナルド・IDEMITSU・ミスタードーナツ・ツルハドラッグ・prontoなど
  • 楽天ポイントを楽天Edyに交換して使う
    〈楽天Edy加盟店〉全国のコンビニエンスストア・スーパー・ドラッグストア・ネットショップ・百貨店など

公式サイトで楽天カードを見る

2. ヤフーカード

ヤフーカードは、Yahoo!JAPANが発行するTカード一体型クレジットカードです。

Tカードと一体になっているため、ファミリーマートなどTポイント加盟店ならば、クレジットカードの付与ポイントの他にTポイントも付与されるのでポイントの2重取りが可能となります。

そのため、通常還元率がリクルートカードよりも低くても、リクルートカード以上にポイントをお得に貯めることができます。

ヤフーカード 基本スペック




国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
申込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)
楽天会員の方
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
100円につき1ポイント付与
ポイント利用 1ポイント=1円から
Tポイント 1.0%
100円につき1ポイント付与
ポイントアップ対象 Yahoo!JAPAN各種サービス・LOHAKO→3%(Tポイント2%+PayPayボーナスライト1%)
ショッピング補償 Yahoo!ショッピング・ヤフオクなどの新品・中古問わず90日間補償
付帯機能 ApplePay・Tカード

Tポイントを貯める4つの方法

ヤフーカードはTカードと一体型クレジットカードのため、ポイントはTポイントが貯まります。

また、ヤフーカードでTポイントを貯める方法は4つあるのでチェックしてみましょう。

Yahoo!ショッピングとLOHACOの利用で貯める

通常ポイント1%+Yahoo!ショッピング・LOHAKO利用ポイント1%+ストア・LOHAKOポイント1%=3%のポイント還元

Tポイント加盟店利用で貯める

100円につき1ポイント

nanacoチャージで貯める

200円につき1ポイント

公共料金・税金・ふるさと納税支払いで貯める

100円につき1ポイント

ヤフーカードのポイント還元シミュレーション

ポイント還元シミュレーション
  1. Yahoo!ショッピングで20,000円の扇風機を購入した場合、通常のポイント還元率1%に加え、Yahoo!ショッピングのボーナスポイント1%が付与されるので → 合計400ポイント獲得
  2. Tカード加盟店のファミリーマートで3,000円分の買い物をすると、100円につき1ポイントが付与されるため → 合計30ポイント獲得
  3. 自動車税6,000円をヤフーカードで支払いすると、100円につき1ポイントが還元されるので → 合計60ポイント獲得

ヤフーカードを1・2・3で利用した場合、合計490ポイント獲得でき、Tポイントは1ポイント1円相当で利用ができるため、490円分得したことになります。

Tポイント加盟店は全国に多くあり、身近なコンビニなどでも利用ができるので、ポイントが貯めやすく使い勝手もよいでしょう。

Tポイントの2つの使い道

  • 全国のTポイント加盟店で使う
    Tポイント1ポイント→1円相当で利用可
  • TポイントをTポイント提携先ポイントや現金に交換して使う
    ジャパンネット銀行で100ポイント→85円に交換可

公式サイトでヤフーカードを見る
※ヤフーカードの新規申込受付は2021年11月30日(火)19:00に終了しました。
代わりに、PayPayカードの新規申込が開始しています。現在ヤフーカードをお持ちの方は、継続してご利用の上、2022年4月移行に順次PayPayカードへの切替が行われます。

3. JCB CARD R

JCB CARD Rはリボ払い専用カードで、毎月リボ払い手数料が発生するとポイント還元率が2%となる仕組みになっています。

ただし、一見高還元率でお得に見えますが、2%の還元率を享受するためには、毎月の返済額をやや上回る金額を利用しなければならない点がネックでもあります。

JCB CARD Rをお得に使うにはコツがいりますが、上手く利用すればリクルートカードよりも高還元に利用することが可能です。

JCB CARD R 基本スペック




国際ブランド JCB
申込み資格 18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある方(高校生は除く)
年会費 永年無料
ポイント還元率 通常10%(リボ払い手数料が発生した場合は2.0%)
ポイント利用 1ポイント=1円から
ポイントアップ対象 JCBオリジナルパートナー利用(セブンイレブン・スターバックス・アマゾン)など
海外旅行傷害保険 利用付帯
最高2,000万円など
付帯機能 ApplePay・GooglePay

JCB CARD Rのポイントの仕組み

JCB CARD Rはリボ払い専用カードで、リボ払い手数料が発生するとポイント還元が通常の4倍にアップしお得になります。


リボ払い手数料が発生するとポイント還元がアップ

JCB CARD Rのポイントを貯める3つの方法

普段の買い物をクレジット払いで貯める

通常ポイント1倍(1,000円につき1ポイント)+JCB CARD R ボーナスポイント1倍+リボ払い手数料発生時のボーナスポイント2倍=4倍

JCBオリジナルパートナー(優待店)利用で貯める

通常ポイント1倍+ボーナスポイント3倍+各優待店ボーナスポイント

〈JCBオリジナルパートナー〉Amazon・セブンイレブン・スターバックス・Right on・JTBなど

OkiDokiランド利用で貯める

通常ポイント1倍+JCB CARD R ボーナスポイント3倍+OkiDokiランドボーナスポイント

〈OkiDokiランド出店ショップ〉Yahoo!ショッピング・LOHAKO・DHC・楽天など

JCB CARD Rのポイント還元シミュレーション

JCB CARD Rは、基本的にJCB CARD R払いにすると、通常ポイントに加えボーナスポイント1倍リボ払い手数料ポイント2倍がプラスされるため、合わせて4倍のポイントが付与されます。

以下のシミュレーションでは、リボ払い手数料が発生した際のボーナスポイントを含めて計算しています。

ポイント還元シミュレーション
  1. 20,000円の衣料代をJCB CARD Rで支払いをした場合、JCB CARD Rの通常ポイントとボーナスポイントを含めてポイント4倍となるので → 合計80ポイント獲得
  2. Amazonでポータブル電源39,000円を購入すると、JCBオリジナルパートナー利用となるので、通常ポイントとボーナスポイントを合わせた4倍のポイントとAmazon優待店ボーナス2倍を合わせて → 合計234ポイント獲得
  3. OkiDokiランド経由で楽天市場から30,000円のデジカメを購入した場合、楽天市場のOkiDoki ポイントが2倍のため通常ポイント・ボーナスポイントの4倍と合わせて →  合計180ポイント獲得

上記の1・2・3でJCB CARD R払いをした場合、合計494ポイントが獲得できます。

JCB CARD Rでポイントを高還元にするにはリボ払い手数料が発生する金額の利用が必要になりますが、普段の買い物や支払いをクレジットカード利用にすることで自然とリボ払い手数料が発生する金額となるので、普段使いで無理なくお得にポイントを貯めることができるでしょう。

JCB CARD Rのポイント4つの使い道

  • ギフトカードに交換
    1,050ポイント→ JCBギフトカード5,000円分
  • ANAマイレージクラブ マイルに交換
    1ポイント→ 3マイル
  • Amazonで利用
    1ポイント→ 3.5円分
  • 商品に交換
    3,200ポイントで東京ディズニーリゾート・パークチケット(2枚)に交換、1,800ポイントでブルーノ コンパクトホットプレートに交換など

公式サイトでJCB CARD Rを見る

リクルートカードの還元率は確かに高いが使い道が難しいポイント

リクルートカードの還元率は確かに高いが使い道が難しいポイント

リクルートカードは還元率が常に1.2%の高還元率カードですが、ポイントアップ特典やサービス提携先が圧倒的に少ないため、ポイントを貯めても使い道が限られてしまいます。

その反面、ご紹介した3枚のカードは、提携サービスや特典が多いため、通常のポイント還元率以上のポイントを貯めることが可能です。

また、ポイントの使い道も豊富にあるので、総合的にお得で使いやすいといえるでしょう。

ポイント還元率が高いと目を引きますが、それだけで選んでしまうとその先の使い道で困ってしまいます。自分の使い道に合っているポイントを貯められるカードを選ぶようにしましょう!



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介