DCカードのポイントで一番得するキャッシュバック先

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


DCカードとは

DCカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードで銀行系のクレジットカードの中でも、代表的な一枚です。

DCカード
DCカード
詳細ページボタン 申込みボタン

年会費は初年度無料で、翌年度からは1,250円(税抜)がかかりますが、登録型リボ「楽Pay」の利用によって、半額になる優待を受けることができます。DCカードの申し込み資格は、「18歳以上で安定した収入のある方(未成年は親権者の同意が必要)」と規定されていて、本人に安定した収入があることが条件となりますので、専業主婦の方は申し込むことができません。

数少ない銀行系のクレジットカードであるDCカードは、信販系などの他のクレジットカードと比べると、比較的審査が厳しいといわれています。逆にいえば、それだけ信頼性は高い一枚です。

通常のポイント還元率は0.5%!

また、DCカードはお得なポイントサービスが注目を集めています。カードの利用額に応じて、「DCハッピープレゼント」というポイントが貯まります。

普段の買い物はもちろん、レストランでの食事代や公共料金の支払い、ETCカードを別途申し込んだ方はETC利用によってもポイントを貯めることができます。

1,000円の利用ごとに1ポイント(=5円相当)が付与されるので、還元率は0.5%です。

さらに、DCカードでの買い物の支払いをリボ払い、もしくは3回以上の分割払いにすると、ポイントが通常の2倍(=還元率1.0%)となります。

一番おすすめのポイント交換先は?

DCカードの利用で貯まったDCハッピープレゼントのポイントには、3つの使い道があります。

①キャッシュバック

貯まったDCハッピープレゼントのポイントは、1ポイント=4円で交換することができます。キャッシュバックは、その交換方法の手軽さから人気です。WEBで500ポイント以上から100ポイント単位で応募できます。毎月15日ごろまでの受付完了分を、最短で翌月請求金額に反映されます。

DC Webサービスにログイン後、手続きを行ってください。

②商品交換

貯まったポイントは商品に交換が可能です。お得な期間限定商品または年度ごとのレギュラー商品から選べます。例えば、2020年度では以下の商品がレギュラー商品(一部例)となっています。


交換商品 必要ポイント数
dyson V11 Fluffy 15,000ポイント
全農食品ギフトカード(厳選肉コース) 2,500ポイント
タイガー オーブントースター 1,900ポイント
amazonギフト券 1,000円分 350ポイント
QUOカード 3,000円分 850ポイント

他の商品は、公式サイトのカタログ(2020年度版はこちら)でチェックしてみたください。

③ハッピースウィングコース

DCハッピープレゼントのポイントを提携先のポイントなどに移行できる方法です。楽天スーパーポイントやTポイント、nanacoポイント、dポイント、JALマイルなど複数の交換先が用意されています。

「できるだけ自分の好きなように使える商品にしたい」という方は、DCカードでポイントが貯まったら、ハッピースウィングコースを選ぶことをおすすめします。

そして、DCカードで最もお得な交換先は、「ハッピースウィングコース」です。ハッピースウィングコースの交換レートは、1ポイント=5円で交換できるものがあります。では、ハッピースウィングコース中でも、どのような商品がお得なのかを一部例を確認してみましょう。


交換先のポイント 交換レート(100ポイント) 1ポイントあたり
Pontaポイント 100ポイント→400円分 4円
楽天スーパーポイント 100ポイント→400円分 4円
Tポイント 100ポイント→400円分 4円
nanacoポイント 100ポイント→300円分 3円
WAONポイント 100ポイント→300円分 3円
JALマイル 100ポイント→250マイル 2.5マイル
ベルメゾンポイント 100ポイント→500円分 5円
TOKYUポイント 100ポイント→500円分 5円
ノジマスーパーポイント 100ポイント→500円分 5円
ヨドバシカメラゴールドポイント 100ポイント→500円分 5円

ハッピースウィングコースの多くが500ポイントから交換可能となっていますので、貯まっているポイント数に注意しましょう。

DCカードのデメリット

ポイントの交換先が多くてもポイントは貯まりにくい

ポイントの交換先が豊富なDCカードですが、通常利用の還元率だけで考えると、決して高い方ではありません。「還元率0.5%」の壁を還元率を1.0%に上げるためには、リボ払いもしくは3回以上の分割払いにして、手数料を払わなくてはなりません。

以前までは、確かに還元率0.5%のクレジットカードが一般的だったのですが、最近では年会費無料で1.0%以上のクレジットカードも複数出ています。

ポイント交換に時間がかかる

また、ポイントの交換手続きにやや時間がかかる点もDCカードのデメリットです。

たとえばハッピースウィングコースの場合、多くが申し込みから1~4週間、中には4~8週間もかかるものもありますので、スピーディに交換したいという方には向かないでしょう。

2年目以降は年会費がかかる

さらに、2年目以降からは年会費1,250円+税もかかってきますので、ポイントを重視するユーザーには今ひとつ魅力に乏しいクレジットカードだといえそうです。

ポイントを貯めるのにおすすめの高還元率カード

クレジットカードを使うなら、やはりポイントを多く貯めてお得に使いたいものです。そこで、高還元でポイント交換の手間もあまりかからないクレジットカードを厳選して2枚ご紹介します。

いつでもポイント4倍の「JCB CARD R」


JCB CARD W
JCB CARD R
詳細ページボタン 申込みボタン

JCBが単独で発行するクレジットカード(プロパーカード)の中でも、特に還元率が高く年会費無料で持てるのが「JCB CARD R」です。

JCB CARD Rのポイントプログラム

JCB CARD Rの利用で獲得できるのは「Oki Dokiポイント」です。JCB CARD Rはリボ払い専用カードになります。

あらかじめ自分で設定した金額を、月々支払うことになります。web上で「全額払い」に設定すれば事実上一括払いも可能ですが、リボ払いの手数料が発生した場合は1,000円の利用につき4ポイント(=20円相当)が付与されますので、還元率は常に2.0%ということになります。

貯まったポイントは、Oki Dokiポイントのカタログ商品のほか、楽天スーパーポイントやnanacoポイントなどにも交換可能です。また交換レートはやや下がりますが、1ポイント3マイルでJALやANAのマイルにも替えることができます。

これだけ充実した内容に加え、最高2,000万円までの海外旅行傷害保険や、年間最高100万円までのショッピングガード保険など、JCBカードならではの手厚い補償も付いています。

年会費無料+高還元率の「楽天カード」


JCB CARD W
楽天カード
詳細ページボタン 申込みボタン

楽天カードは、年会費が無料でポイントが貯まりやすいことから人気のあるカードです。

楽天カードのポイントプログラム

楽天カードでは、100円の利用につき1ポイント(=1円相当)が貯まる、高還元のカードです。

また、街の加盟店で楽天カードを利用すると最大3倍、楽天トラベルで利用するといつでもポイント2倍、楽天市場のお買いものでポイント最大3倍と楽天サービスを利用することでも、ポイントをたくさん貯めることができます。

さらに、SPU(スーパーポイントアップ)プログラムというキャンペーンを常時開催していて、このキャンペーンを最大限利用することで楽天市場でのお買い物でいつでも15倍のポイントを獲得できます。この時の還元率は驚異の15.0%です。

また、楽天独自の会員ランク制度では、ポイントの獲得回数と獲得ポイントによってランクが分かれています。ランクは5段階あり、ランクが上がるほど優待セールへ招待される回数や、誕生日に付与されるポイントが変わります。

貯まったポイントは、楽天ポイント加盟店や楽天ペイ加盟店、楽天サービスで現金の代わりに手軽に使えるのもメリットです。

高還元率のカードを使ってたくさんポイントを貯めよう!

DCカードはポイントの交換先が豊富で自分の好きなものに交換することができるクレジットカードです。「DCハッピープレゼント」をなるべく高還元にして交換したい場合は、「ハッピースウィングコース」から高レートのものを選びましょう。

もし日頃からポイントをたくさん貯めたいのであれば、還元率の高い「JCB CARD R」や「楽天カード」を利用するのがおすすめです。自分の使い方に合った高還元率クレジットカードを利用して、ポイントをたくさん貯めてみてはいかがでしょうか。



クレジットカードの選び方

関連サイト