ビックカメラSuicaの審査は学生も通過可能でポイントも2重取りできるお得なクレジットカード


ビックカメラSuicaの審査は学生も通過可能

家電量販店のビックカメラとJR東日本グループが提携発行しているクレジットカードビックカメラSuicaは、学生でも審査に通過することができます。

なぜ、学生でも審査に通過できるのでしょうか。それは、ビックカメラSuicaの加入条件が「日本国内に住んでいて電話連絡のとれる満18歳以上の方」とあるためです。

ビックカメラのような小売店が発行しているクレジットカードは“流通系”と呼ばれ、銀行が発行しているものと比べて加入条件が難しくないケースがほとんどです。

もし、学生であることを理由にクレジットカードの発行を諦めていた方は、ぜひビックカメラSuicaを検討しましょう。

ビックカメラSuicaの魅力は、審査の難易度が低いだけではありません。

その他にも魅力的なサービスが充実しています。一体どのようなサービスが受けられるのかビックカメラsuicaカードのサービス概要を確認していきましょう。

ビックカメラsuicaカードのサービス概要

ビックカメラsuicaカードは、入会初年度は無料で2年目以降から477円(税抜)の会費がかかります。しかし、前年度に1回でもクレジット利用すれば、次年度の年会費は無料となりますから、使い方次第で永続的に年会費無料で利用できます。

無料となる条件が易しいですから、クレジットカードに年会費がかかることに懸念がある方も申込みを検討する価値は十分にあるでしょう。

ビックカメラsuicaカードは、不正利用された際の補償も充実しており、クレジットカード利用の補償はもちろん、定期券やSuicaのチャージ残高も補償してくれるため安心です。

また、国内外の旅行傷害保険も付帯されていますから、通勤・通学でJRを利用する方や旅行に行く機会の多い方にぴったりでしょう。

【海外旅行の場合】
死亡・後遺障害保険金 最高 500万円
傷害治療保険金 最高 50万円
疾病治療保険金 最高 50万円

【国内旅行の場合】
死 亡 最高1,000万円
後遺障害 程度により 40万円~ 1,000万円
入 院 1日につき3,000円
手 術 入院保険金日額の10倍または5倍
通 院 1日につき2,000円

年会費入会費 初年度の年会費無料
※2年目以降は国際ブランド年会費477円(税抜)
※2年目以降も、前年度のクレジット利用が(株)ビューカードにて確認できた場合は無料
加入対象 日本国内に住んでいて電話連絡のとれる満18歳以上の方
※未成年は親権者の同意が必要
※高校生は除く
ブランド VISA、JCB
付帯機能 Suica、ETCカードの発行、ICチップ搭載
※ETCカードは年会費477円(税抜)
支払い方法 一括、ボーナス一括、分割、ボーナス併用、リボ
支払い日 月末締め、翌々月4日支払い
保険内容 ・旅行傷害保険(国内外)最高1,000万円
・不正利用時の補償(定期券やSuicaへのチャージ残高まで補償)
※連絡した日から60日前までの分を補償

ちなみにビックカメラsuicaカードは、限られた店舗でのみ即日発行が可能で、申込み後はSuica機能がない仮カードを発行することができます。

発行までに日数がかかっても大丈夫な方はオンライン申込みも可能ですから、希望に合わせて申込み方法を選んでみてください。

オートチャージ機能付きで改札で足止めされる心配がない

ビックカメラsuicaカードには、オートチャージ機能が付帯されています。そのため、Suicaの残高を気にして改札を通る必要がありません。また、PASUMOにも対応しているため、通勤・通学で乗換がある方も気兼ねなく利用できます。

チャージ金額は、自分の好きなように設定が可能です。例えば、Suicaの残高が500円になったら3,000円チャージするといったこともできます。

またオートチャージ機能の停止はいつでもできますから、手軽なところも魅力のひとつでしょう。

オートチャージ設定や機能停止は、駅のATM「VIEW ALTTE」にて操作できます。

モバイルSuicaに登録した場合はスマートフォン専用ページから設定できます。

モバイルSuicaの年会費が当面の間無料

モバイルSuicaに登録すると、年会費が当面の間無料となります。さらに定期券の購入やオートチャージ設定もスマートフォン端末で利用できるため、より便利に活用できます。

ポイントも2重取りできる

ビックカメラsuicaカードに申込む最大のメリットは、ポイントサービスにあります。実は、利用金額に応じてビックポイントとビューサンクスポイントの2種類が貯まるのです。

利用金額1,000円につきビックポイント5ポイント(5円相当)とビューサンクスポイント2ポイント(5円相当)が付与されます。両方のポイントを合算して考えると還元率は1%(1,000円につき10円)になりますから、よりお得にポイントが貯められます。

貯まったビックポイントは、ビックカメラでの利用代金から割引またはSuicaに交換できます。ビューサンクスポイントは、ビックポイントへの交換や電子マネー、商品券、商品との交換ができるため、自分の用途に合わせたポイントの使い方をしてみてください。

ビューサンクスポイントはSuicaのペンギンオリジナルグッズなどの交換も可能ですから、ビックカメラsuicaカードはビックカメラやJR利用の機会がある方だけでなく、Suicaペンギン好きな方にも申込むメリットがあります。

ちなみに、ビューサンクスポイント400円(1,000円相当)をビックポイントに交換する場合、1,000ポイント(1,000円相当)と同額レートとなりマイナスになることはありません。

ビックカメラでの買い物は10.5%のビッグポイントサービス

ビックカメラsuicaカードは、ビックカメラでSuicaのクレジットチャージをすると1.5%相当のビューサンクスポイントが付与されます。

さらに、チャージしたSuicaで買い物をした場合10%のビッグポイントがサービスされるため、最大11.5%のポイントサービスが受けられます。

チャージしただけでもポイントが貯まる

Suicaへのチャージをした場合もポイントが付与されます。

定期券の購入やオートチャージ利用の場合は、ビューサンクスポイントが3倍となるため1,000円につき15円分のポイントが獲得できます。(※定期券は、JR東日本のみどりの窓口や券売機で購入した場合のみポイント3倍が適用されます。)

オートチャージで貯まったポイントもSuicaに交換できますから無駄がありません。他にも、商品への交換や商品券、クーポン券などとの交換も可能です。

審査の難易度が低く充実したポイントサービスのビックカメラsuicaカードを申込もう

ビックカメラsuicaカードは、学生でも申込めるため審査の難易度が低いのが特長です。加入しやすいだけでなく、ポイントサービスが充実しているため、Suicaを利用している方やビックカメラやコジマを利用される方におすすめです。

通勤・通学時に便利なビックカメラsuicaカード、あなたもぜひこの機会に申込んでください。使えばきっとビックカメラsuicaカードの充実したサービス内容に満足することでしょう。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club