• このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonと楽天のクレジットカードはどっちがお得?


楽天カードを上回る還元率!

JCB CARD Rは常に還元率が2%となるクレジットカードです。Amazonも楽天市場もお得に買物ができます。

年会費 永年無料
ETCカード 無料
申込み資格 18歳以上で収入がある方
アルバイト・パートOK
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
ポイント還元率 2%〜10%
旅行保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円

詳細ページボタン 申込みボタン

カード名 ネット通販利用者なら、誰もが一度は
注文したことがある「Amazon」と「楽天市場」。

利用者からは「送料無料が多いからAmazon」、「ポイントを貯めればAmazonよりもお得になるから楽天市場」とさまざまな声が上がっています。

ですが、送料無料・ポイントが貯まるといったメリット以外に、実際に何がお得なのかを理解していない方も多いのではないでしょうか。

今回はAmazonと楽天市場を比較して、それぞれの特長を確認していきましょう。

amazonと楽天市場のメリットとデメリットとは?

ネット通販を利用したことのある方ならば、一度や二度「Amazon」か「楽天市場」というサイト名を聞いたことがあるかと思いますし、なかにはすでに利用されているという方もいることでしょう。


  カード名amazon
カード名
カード名楽天市場
カード名
品揃え
家電、書籍、ゲーム、飲料など
幅広く取り扱い、日用品や洋服なども積極的に展開
家電、書籍、ゲーム、飲食料品など種類豊富。参加ショップは4万店以上で1億以上の商品を扱う(2017年8月時点)
見やすさ
送料込みなど値段が分かりやすく、商品をいろんな角度から見ることもできる
送料込みなどは参加ショップによる
支払い
クレジットカード、プリペイド、
代金引換、先払い
クレジットカード、ポイント、
代金引換、Edy、先払い
ポイント
一部商品
全商品
保証
メーカー保証のみ
商品未着も補償。オプション補償もある。
キャンセル
未発送であれば可能
注文先への確認をしなければならない

Amazonの特長

@送料無料が多く、同じ商品の価格を一発で比較できる
Aサイトデザインがシンプルで使いやすい
BAmazonプライム会員で豊富な優待を受けれる
C未発送であればキャンセルも可能

楽天市場の特長

@ポイント還元率が高く貯まりやすい
Aポイント10倍などイベント多数
B参加店も多く、取扱商品は1億点以上
C楽天会員なら未着などのトラブルに対応可能



国内2強と言われるAmazonと楽天市場では、上記の特長があるので多くの方に利用されています。

ですが、多くの魅力的な特長があると言っても、少しでもお得に買い物をしたい方は商品の価格を一つ一つ調べて比較するものです。楽天市場とAmazonのどちらで安く買えるかと見比べている方も多くいます。

送料無料のサイトを探してみたり、ポイントが多く獲得できる商品を探したりと、トータルコスト(総支払の金額)が安いほうを積極的に探索するネットリテラシーの高い通販利用者に多い手法です。

その際に、よりお得な通販利用のために選ばれているのが、Amazon、楽天市場それぞれで発行しているクレジットカードです。

AmazonクラッシックカードはAmazonで利用することでポイントが得られたり、楽天カードは楽天市場や楽天グループなどで利用することで通常よりもポイントをアップできたり、会員特典が付帯していたりとお得になるように設定されています。
Amazonクラシックカードと楽天カードはどれぐらいお得なのかを表で確認してみましょう。

年会費・ポイントの比較


Amazonクラシックカード
Amazonクラシックカード
楽天カード
楽天カード
1350円/初年度無料
年1回利用で翌年度無料
年会費 永年無料
100円=1P ポイントプログラム 100円=1P
1P=1円としてAmazonで使用可能 ポイントの使い方 1P=1円として楽天市場で使用可能
1年
※ポイント獲得でその日より1年間更新
(期間限定ポイントは固有の有効期限が設定されています)
ポイント有効期限 1年
※ポイント獲得でその日より1年間更新
Amazon利用でポイント1.5倍
・Amazonプライム会員でAmazonを利用するとポイント2倍
(年会費が年間プランの場合、税込みで3,900円)
ポイントアップ
楽天市場利用でいつでもP3倍以上
・SPU(スーパーポイントアップ)システムでいつでもポイント最大15倍
・「ポイント加盟店サービス」でポイント3倍
・「楽天ダイニング加盟店」でポイント2倍
・「クリックしてポイント」サービス
・楽天カードのEdyで支払いをすると200円で1ポイント
・月2回ポイント最大10倍キャンペーン実施
・楽天会員ランクに応じて誕生日ポイント獲得
・年間100万円のお買い物補償
その他

・ETCを使えば、通行料金100円につき1ポイント
・三大あんしん機能(商品未着など保障)
・海外旅行保険
・楽天e-NAVIサイト内でお得なキャンペーンを実施
Amazonの利用で1.5倍、Amazonプライム会員であれば2倍となるので、Amazonユーザーの方におすすめ
総合結果
SPUでポイントが最大15倍と、他社でも類を見ない高還元率。その他のキャンペーンも多彩なので様々な場面でポイントが貯まる

楽天カードが多くの方に支持を集めている理由は、圧倒的なポイント還元率にあります。

楽天カードで楽天市場を利用すると、いつでもポイントが3倍となります。具体的には、楽天カードの利用でポイントが1倍、楽天アプリで楽天市場の利用でポイントが1倍、さらに期間限定ポイントが付与されるので合計3倍という計算です。

※期間限定ポイントというのは、特定のキャンペーンなどで付与され、それぞれ固有の有効期限が設定されたポイントです。有効期限が過ぎると失効しますが、ポイントの利用では期間限定ポイントが自動的に優先して使用されます。

例えば楽天市場で10,000円のお買い物をした場合、300ポイント(300円相当)を獲得できます。

これだけでも高い還元率ですが、さらにSPU(スーパーポイントアップ)という楽天が展開しているサービスで、いつでも最大15倍のポイントを貰うことができるので、非常にお得な内容となっています。

楽天グループの各サービス条件を達成することで、その月の楽天市場でのお買い物が初日から末日までポイントアップの対象となります。

各サービスの条件をすべて達成することでポイントが最大15倍となり、他社でも類を見ない高還元率です。

楽天市場で10,000円のお買い物をした場合、1,300ポイント(1,300円相当)を獲得できます。 このように楽天カードで楽天市場を利用すると、Amazonクラシックカードとは違いポイント還元率が非常に高くなるので、Amazonで商品を購入するよりも楽天市場でお得に購入できる商品が多くなります。

Amazonで楽天カードを使うとどうなる?

Amazonで楽天カードを使用すると、100円につき1ポイントが付与されます。
残念ながら驚異のポイントアップはありませんが、それでもポイント有効期限は更新されるので実質無期限です。

ひとつの商品を見比べてamazonの方が安ければ楽天カードの利用でポイントを獲得、 楽天市場の方が安ければポイントを3倍以上で獲得することができます。

それを何度か繰り返すうちにポイントが貯まり、楽天市場で発生した送料分の費用を取り返せるケースも出てきます。

また、従来のAmazonでは「全品送料無料」サービスを展開していましたが、現在は打って変わって「2,000円未満は送料350円」なので、ポイントが貯まる楽天市場を利用したほうがお得な場合が多いです。

AmazonクラシックカードはAmazonの利用で還元率1.5%、Amazonプライム会員は2%というポイントプログラムですが、 楽天カードのポイントプログラムに比べたら少し見劣りしてしまいます。

ひとつの商品を根気よく比較する方にとって、楽天カードのポイントプログラムは見逃せないキーポイントです。 また、楽天カードには海外旅行傷害保険が無料で、最高2,000万円が付帯ついてくる点も見逃せません。

楽天カードは楽天市場でポイントが貯まる以外に、楽天グループで展開しているサービスの利用でもポイントが貯まります。

現在の楽天グループでは楽天市場をはじめ、楽天ブックス、楽天ミュージック、楽天TV、楽天デリバリー、楽天トラベル、楽天モバイル、楽天エナジー、楽天ビューティなど多様なジャンルのサービスを展開しています。

様々なジャンルのサービスを展開しているので相対的に楽天カードの利便性も向上し、ポイントを自分の生活に合わせて貯めやすいのです。

もちろんAmazon側にもPrime Musicやプライム・ビデオ、プライム・フォトなど様々なサービスを展開していますが、楽天グループはそれ以上に幅広く事業を展開しています。

さらに、2018年4月11日には、楽天が運営する仮想モール「楽天市場」に、ビックカメラと合併した家電の通販サイト「楽天ビック」を開設しました。

毎年新しい動きを続けている楽天グループは今後も利便性の向上に期待できるため、楽天カードを利用する場面が今後も増えていくでしょう。

お得に商品を購入するなら楽天カードがおすすめ

Amazonクラシックカードと楽天カードを比較すると、ポイント還元率の面で圧倒的な差があることがわかります。

楽天カードはAmazonクラシックカードだけではなく、あらゆる他社クレジットカードの追随を許さないほどの高還元率カードです。

2017年12月13日にサービス産業生産性協議会が発表した「2017年度クレジットカードに関する総合調査」では顧客満足度が9年連続で1位という結果が出ています。 また、知覚価値やロイヤルティでも1位を獲得しており、多くの方から人気のクレジットカードであることがわかります。

※「知覚価値」は受けたサービスの品質と価格とを対比して、利用者が感じる納得感、コストパフォーマンスを示します。「ロイヤルティ」は今後もそのサービスを使い続けたいか、もっと頻繁に使いたいかなどの再利用意向を示します。

Amazonにもたくさんの魅力があり、有料のプライム会員になれば様々な恩恵を受けられますが、単純にポイントがたくさん獲得してお得に商品を購入したい方にはAmazonクラシックカードはあまりおすすめできません。

安くお得に通販を利用するのであれば、利便性の高い楽天カードを利用しましょう。

JCB CARD RはJCBから新しく発行された高還元率クレジットカードです。


JCB CARD R
JCB CARD R

詳細ページボタン 申込みボタン

獲得できるポイントが通常のJCBカードの4倍となるのでどこで利用しても還元率2%になります。

また、このカードはJCBの中でもJCB ORIGINAL SERIESという種類に含まれており、Amazonで買い物をすると更にポイントが倍増します。

Amazonで買い物をすると通常のポイント獲得数より6倍多くなるので、還元率は常に3%となります。

楽天市場の場合はJCB会員専用の「Oki Dokiランド」を経由して買い物をすることでポイントが最大20倍(還元率10%)にもなります。

今なら入会キャンペーンで更にポイントが倍増!?

JCB CARD Rは現在入会キャンペーンで入会後3ヶ月間はポイントが6倍、つまり還元率が常に6%となるキャンペーンを実施中です。

入会してから3ヶ月間という形で期間は決められていますが、還元率3%というクレジットカードは他にはありません。



JCB CARD Rは年会費が無料のクレジットカードなので、仮に使わなくなってしまったとしても損をすることはありません。

日常生活で発生する買い物でも無駄なくポイントを貯めたいという方はJCB CARD Rを検討してみましょう。

おすすめカード!


どこで利用しても、いつ利用してもポイント還元率が2%を超えるクレジットカードはJCB CARD Rの他ありません。
貯めたOki Dokiポイントの使い道は多種多様なのであらゆる層のニーズを満たしています。
ETCカードの年会費も無料なので、「あまり車に乗る機会は無いけどとりあえず持っておきたい」という方にもぴったりです。

年会費 家族カード ETC
専用カード
発行期間
永年無料 永年無料 無料 最短3営業日
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
2〜10%以上 最高2000万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ