• このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonと楽天のクレジットカードはどっちがお得?


Amazonと楽天ユーザーにとって最もお得なクレジットカードとは?

Amazonと楽天市場は圧倒的なシェア率を誇るネットモールです。利用回数が多くなってきた方は「もっとお得にAmazonや楽天を使える方法はないだろうか」と考えるでしょう。
Amazonと楽天どちらもクレジットカードを出しているので、一見AmazonはAmazonカードが、楽天市場は楽天カードがお得だと思ってしまいますが必ずしもそうではありません。
特にAmazonに関してはAmazonカードよりもお得に使えるクレジットカードがあるので気になる方はチェックしましょう!

すぐにお得なカードを確認したい方は下のリンクをクリック!
→ 楽天市場でお得なクレジットカード
→ Amazonでお得なクレジットカード

カード名 ネット通販利用者なら、誰もが一度は
注文したことがある「Amazon」と「楽天市場」。

利用者からは「送料無料が多いからAmazon」、「ポイントを貯めればAmazonよりもお得になるから楽天市場」とさまざまな声が上がっています。

ですが、送料無料・ポイントが貯まるといったメリット以外に、実際に何がお得なのかを理解していない方も多いのではないでしょうか。

今回はAmazonと楽天市場を比較して、それぞれの特長を確認していきましょう。

amazonと楽天市場のメリットとデメリットとは?

ネット通販を利用したことのある方ならば、一度や二度「Amazon」か「楽天市場」というサイト名を聞いたことがあるかと思いますし、なかにはすでに利用されているという方もいることでしょう。


  カード名amazon
カード名
カード名楽天市場
カード名
品揃え
家電、書籍、ゲーム、飲料など
幅広く取り扱い、日用品や洋服なども積極的に展開
家電、書籍、ゲーム、飲食料品など種類豊富。参加ショップは4万店以上で1億以上の商品を扱う(2017年8月時点)
見やすさ
送料込みなど値段が分かりやすく、商品をいろんな角度から見ることもできる
送料込みなどは参加ショップによる
支払い
クレジットカード、プリペイド、
代金引換、先払い
クレジットカード、ポイント、
代金引換、Edy、先払い
ポイント
一部商品
全商品
保証
メーカー保証のみ
商品未着も補償。オプション補償もある。
キャンセル
未発送であれば可能
注文先への確認をしなければならない

Amazonの特長

@送料無料が多く、同じ商品の価格を一発で比較できる
Aサイトデザインがシンプルで使いやすい
BAmazonプライム会員で豊富な優待を受けれる
C未発送であればキャンセルも可能

楽天市場の特長

@ポイント還元率が高く貯まりやすい
Aポイント10倍などイベント多数
B参加店も多く、取扱商品は1億点以上
C楽天会員なら未着などのトラブルに対応可能



国内2強と言われるAmazonと楽天市場では、上記の特長があるので多くの方に利用されています。

ですが、多くの魅力的な特長があると言っても、少しでもお得に買い物をしたい方は商品の価格を一つ一つ調べて比較するものです。楽天市場とAmazonのどちらで安く買えるかと見比べている方も多くいます。

送料無料のサイトを探してみたり、ポイントが多く獲得できる商品を探したりと、トータルコスト(総支払の金額)が安いほうを積極的に探索するネットリテラシーの高い通販利用者に多い手法です。

その際に、よりお得な通販利用のために選ばれているのが、Amazon、楽天市場それぞれで発行しているクレジットカードです。

AmazonクラッシックカードはAmazonで利用することでポイントが得られたり、楽天カードは楽天市場や楽天グループなどで利用することで通常よりもポイントをアップできたり、会員特典が付帯していたりとお得になるように設定されています。
Amazonクラシックカードと楽天カードはどれぐらいお得なのかを表で確認してみましょう。

年会費・ポイントの比較


Amazonクラシックカード
Amazonクラシックカード
楽天カード
楽天カード
1350円/初年度無料
年1回利用で翌年度無料
年会費 永年無料
100円=1P ポイントプログラム 100円=1P
1P=1円としてAmazonで使用可能 ポイントの使い方 1P=1円として楽天市場で使用可能
1年
※ポイント獲得でその日より1年間更新
(期間限定ポイントは固有の有効期限が設定されています)
ポイント有効期限 1年
※ポイント獲得でその日より1年間更新
Amazon利用でポイント1.5倍
・Amazonプライム会員でAmazonを利用するとポイント2倍
(年会費が年間プランの場合、税込みで3,900円)
ポイントアップ
楽天市場利用でいつでもP3倍以上
・SPU(スーパーポイントアップ)システムでいつでもポイント最大15倍
・「ポイント加盟店サービス」でポイント3倍
・「楽天ダイニング加盟店」でポイント2倍
・「クリックしてポイント」サービス
・楽天カードのEdyで支払いをすると200円で1ポイント
・月2回ポイント最大10倍キャンペーン実施
・楽天会員ランクに応じて誕生日ポイント獲得
・年間100万円のお買い物補償
その他

・ETCを使えば、通行料金100円につき1ポイント
・三大あんしん機能(商品未着など保障)
・海外旅行保険
・楽天e-NAVIサイト内でお得なキャンペーンを実施
Amazonの利用で1.5倍、Amazonプライム会員であれば2倍となるので、Amazonユーザーの方におすすめ
総合結果
SPUでポイントが最大15倍と、他社でも類を見ない高還元率。その他のキャンペーンも多彩なので様々な場面でポイントが貯まる

楽天カードが多くの方に支持を集めている理由は、圧倒的なポイント還元率にあります。

楽天カードで楽天市場を利用すると、いつでもポイントが3倍となります。具体的には、楽天カードの利用でポイントが1倍、楽天アプリで楽天市場の利用でポイントが1倍、さらに期間限定ポイントが付与されるので合計3倍という計算です。

※期間限定ポイントというのは、特定のキャンペーンなどで付与され、それぞれ固有の有効期限が設定されたポイントです。有効期限が過ぎると失効しますが、ポイントの利用では期間限定ポイントが自動的に優先して使用されます。

例えば楽天市場で10,000円のお買い物をした場合、300ポイント(300円相当)を獲得できます。

これだけでも高い還元率ですが、さらにSPU(スーパーポイントアップ)という楽天が展開しているサービスで、いつでも最大15倍のポイントを貰うことができるので、非常にお得な内容となっています。

楽天グループの各サービス条件を達成することで、その月の楽天市場でのお買い物が初日から末日までポイントアップの対象となります。

各サービスの条件をすべて達成することでポイントが最大15倍となり、他社でも類を見ない高還元率です。

楽天市場で10,000円のお買い物をした場合、1,300ポイント(1,300円相当)を獲得できます。 このように楽天カードで楽天市場を利用すると、Amazonクラシックカードとは違いポイント還元率が非常に高くなるので、Amazonで商品を購入するよりも楽天市場でお得に購入できる商品が多くなります。

Amazonで楽天カードを使うとどうなる?

Amazonで楽天カードを使用すると、100円につき1ポイントが付与されます。
残念ながら驚異のポイントアップはありませんが、それでもポイント有効期限は更新されるので実質無期限です。

ひとつの商品を見比べてamazonの方が安ければ楽天カードの利用でポイントを獲得、 楽天市場の方が安ければポイントを3倍以上で獲得することができます。

それを何度か繰り返すうちにポイントが貯まり、楽天市場で発生した送料分の費用を取り返せるケースも出てきます。

また、従来のAmazonでは「全品送料無料」サービスを展開していましたが、現在は打って変わって「2,000円未満は送料350円」なので、ポイントが貯まる楽天市場を利用したほうがお得な場合が多いです。

AmazonクラシックカードはAmazonの利用で還元率1.5%、Amazonプライム会員は2%というポイントプログラムですが、 楽天カードのポイントプログラムに比べたら少し見劣りしてしまいます。

ひとつの商品を根気よく比較する方にとって、楽天カードのポイントプログラムは見逃せないキーポイントです。 また、楽天カードには海外旅行傷害保険が無料で、最高2,000万円が付帯ついてくる点も見逃せません。

楽天カードは楽天市場でポイントが貯まる以外に、楽天グループで展開しているサービスの利用でもポイントが貯まります。

現在の楽天グループでは楽天市場をはじめ、楽天ブックス、楽天ミュージック、楽天TV、楽天デリバリー、楽天トラベル、楽天モバイル、楽天エナジー、楽天ビューティなど多様なジャンルのサービスを展開しています。

様々なジャンルのサービスを展開しているので相対的に楽天カードの利便性も向上し、ポイントを自分の生活に合わせて貯めやすいのです。

もちろんAmazon側にもPrime Musicやプライム・ビデオ、プライム・フォトなど様々なサービスを展開していますが、楽天グループはそれ以上に幅広く事業を展開しています。

さらに、2018年4月11日には、楽天が運営する仮想モール「楽天市場」に、ビックカメラと合併した家電の通販サイト「楽天ビック」を開設しました。

毎年新しい動きを続けている楽天グループは今後も利便性の向上に期待できるため、楽天カードを利用する場面が今後も増えていくでしょう。

お得に商品を購入するなら楽天カードがおすすめ



楽天カード
楽天カード

年会費・入会費 無料
ポイント還元率 1%〜15%
入会資格 18歳以上で日本在住の方
ETCカード 500円+税
カード発行期間 1週間〜2週間
海外傷害保険 最高2,000万円
詳細ページボタン 申込みボタン

Amazonクラシックカードと楽天カードを比較すると、ポイント還元率の面で圧倒的な差があることがわかります。

楽天カードはAmazonクラシックカードだけではなく、あらゆる他社クレジットカードの追随を許さないほどの高還元率カードです。

2017年12月13日にサービス産業生産性協議会が発表した「2017年度クレジットカードに関する総合調査」では顧客満足度が9年連続で1位という結果が出ています。 また、知覚価値やロイヤルティでも1位を獲得しており、多くの方から人気のクレジットカードであることがわかります。

※「知覚価値」は受けたサービスの品質と価格とを対比して、利用者が感じる納得感、コストパフォーマンスを示します。「ロイヤルティ」は今後もそのサービスを使い続けたいか、もっと頻繁に使いたいかなどの再利用意向を示します。

Amazonにもたくさんの魅力があり、有料のプライム会員になれば様々な恩恵を受けられますが、単純にポイントがたくさん獲得してお得に商品を購入したい方にはAmazonクラシックカードはあまりおすすめできません。

安くお得に通販を利用するのであれば、利便性の高い楽天カードを利用しましょう。

楽天カード新規入会&利用キャンペーンで最大8,000ポイント!

最大8,000ポイントが貰える楽天カード新規入会&利用キャンペーンが実施中です!

貰えるポイントの内訳は、新規入会特典として2,000ポイント、カード利用特典として6,000ポイントです。

キャンペーンでの獲得ポイントアップキャンペーンは2019年8月19日(月)10:00〜2019年8月26日(月)10:00の間に申込をした方となります。


更にお買い物パンダデザインを選んで頂いた方の中から抽選で1,000名様にお買い物パンダスピーカーをプレゼント!


楽天カード公式サイトより

ポイントを貰うための注意点

注意点として、入会後にはかならず「楽天e-NAVI」に登録する必要があるので、入会したらすぐに登録しましょう。半年以内でないと受け取ることができません。

1円以上からでも問題ないので、ポイントを貰い忘れないためにも早めに楽天カードを利用しましょう。

さらに、最大の注意点として、カード利用特典で貰えるポイントは「期間限定ポイント」であることを覚えておきましょう。

「期間限定ポイント」の有効期限は約10日ほどが一般的なので、8,000ポイントを貰ったら、即座に利用することが重要です。

せっかくのお得なキャンペーンなので、最大8,000ポイントの取りこぼしが無いように入会しましょう。

入会キャンペーンへ申し込む

Amazonカードは確かにAmazonで利用すると還元率はアップしますが、Amazonプライムユーザーであっても最大還元率は2%です。

クレジットカード自体に付帯するお得な優待やサービスは多くないため、Amazonで買い物をすると還元率がアップする他社のクレジットカードを使う方が総合的にお得になります。

そこで注目していただきたいのがJCBから発行されているJCB CARD Wです。

JCB CARD WはAmazonカードを同じ還元率でポイントを獲得できる

JCB CARD WとはJCBが2017年に発行を開始した新しいカードなので知名度は低いですが、ポイント還元率の高さとサービスの多さで人気が高まっているクレジットカードです。

JCB CARD W
JCB CARD W

年会費・入会費 無料
ポイント還元率 1%〜10%
入会資格 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
ETCカード 年会費無料
カード発行期間 最短3営業日
海外傷害保険 最高2,000万円
ショッピング保険 最高100万円
詳細ページボタン 申込みボタン

基本的なカードの還元率だけ見るとAmazonカードや楽天カードとあまり変わりはありませんが、このJCB CARD Wは提携サービスや店舗で利用すると還元率がアップするという特徴があり、そのボーナスポイントを加算するとAmazonカードよりもお得になります。

JCB ORIGINAL SERIESの優待特典

JCB CARD Wでは、利用ごとに「Oki Dokiポイント」が付与されます。
基本ポイントは「カード利用1,000円ごとに2ポイント」で、1ポイントは5円の価値を持ちますので、還元率は1%で、近年では平均的な還元率です。

※JCBのOki Dokiポイントプログラムでは基本1,000円につき1ポイントですが、本カードでは1,000円につき2ポイント貯まります。JCB CARD Wの「W」はここが由来しています。

ですが、JCB CARD WではJCBが運営しているOkiDokiランド経由で買い物をする際に、最大20倍のポイントが獲得できます。


JCB公式サイトより

OkiDokiランドは、amazonや楽天市場をはじめとした大手ショッピングモールや百貨店のwebショップ、家電、本、ファッション、グルメなどの多数のジャンルを備えており、対象店舗は約400店舗です。

またJCB CARD WはJCBが提供するORIGINAL SERIESの優待特典を受けられるので、JCBカードのアップグレードや渡航先での優待情報紹介、ポイント還元率アップなどを利用することができます。
例えば、スターバックスやセブン・イレブン、イトーヨーカドー、Amazonなどをはじめ、数多くの店舗でポイントが基本の数倍が貯まります。


JCB公式サイトより

スターバックスでは毎月2,000円の利用で通常なら4ポイント付与されますが、 ORIGINAL SERIES優待店なので合計22ポイントが貯まりポイント還元率は5.5%です。

Amazonでは毎月10,000円の利用で20ポイントが貯まっていたところが、ORIGINAL SERIES優待店なので合計40ポイントが貯まり、 ポイント還元率は2.0%です。

JCB CARD W新規入会キャンペーンで最大15,000ポイント!

JCB CARD Wは現在新規入会キャンペーンでポイントが最大10倍、更に最大15,000円分プレゼントされるキャンペーンを実施中です。

新規入会限定ポイント10倍キャンペーン

キャンペーン期間中にJCB CARD W、JCB CARD W plus Lに入会すると、入会後3ヶ月間のご利用はポイント10倍になります。


JCB公式サイトより

JCB CARD W、JCB CARD W plus Lは元々通常のJCBカードよりも倍の還元率となりますが、更に8倍分のポイントが加算され、還元率は5%となります。

このキャンペーン期間中にJCB ORIGINAL SERIESパートナーなどのポイント優待点で利用することでポイントは最大29倍にまですることも可能です。

JCB公式サイトより

一般的な高還元率カードと呼ばれるクレジットカードよりも遥かに高い還元率でポイントを貯めることができるので、この入会後3ヶ月以内に大きな買い物をする予定の方は一気にポイントを貯めるチャンスです。

キャンペーン期間は2019年7月1日〜12月31日までなので、この期間の間に入会するようにしましょう。

JCB ORIGINAL SERIESインターネット新規入会限定キャンペーン

インターネットで新規入会をした方限定で、サービスの登録やお友達紹介などをすることで最大15,000円分プレゼントされます。

キャンペーン名 内容 期間
インターネット新規入会でもれなく2,000円分のJCBギフトカードプレゼント! キャンペーン期間中、インターネット経由で入会をしていただいた方にもれなく2,000円分のJCBギフトカードをプレゼント 2019年4月1日(月)〜9月30日(月)お申し込み受付分
家族カード新規入会で最大2,000円キャッシュバック キャンペーン期間中、家族カードに入会しキャンペーン参加登録された方に、もれなく1,000円キャッシュバック!(最大2名) 2019年4月1日(月)〜9月30日(月)お申し込み受付分
友達紹介で最大6,000円分のJCBギフトカードプレゼント カード入会後にEメールやSNSでカードを紹介し、指定のURLから入会がされるとJCBギフトカードを1,000円分プレゼント(最大6名) 2019年4月1日(月)〜9月30日(月)
スマリボへの登録で最大5,000円キャッシュバック カード新規入会お申し込み時、スマリボを同時に登録された方に、もれなく1,000円キャッシュバック。
更にスマリボ登録後に6万円利用すると4,000円キャッシュバック
入会期間:2019年5月17日(金)〜10月31日(木)
利用期間:2019年11月15日(金)まで

Apple Pay・Google Payを使って20%キャッシュバックキャンペーン!

2019年8月16日(金)〜2019年12月15日(日)までの期間にJCBカードを登録したApple PayやGoogle Payで決済をすると利用金額の20%がキャッシュバックされます。(最大10,000円)

JCB公式サイトより

このキャンペーンに参加する方法は3つの簡単なステップで登録することができます。

  • Apple PayまたはGoogle PayにJCBカードを登録
  • キャンペーン参加登録をする
  • Apple PayまたはGoogle Payで支払いを行う

iPhoneはiPhone7以降、AndroidはAndroid5.0以上の機種がアプリに対応しているので、自分の持っている機種が対応しているのか確認をまずは行いましょう。

QUICPayは使える場所が豊富!

JCBカードはQUICPayに対応しているクレジットカードなので、QUICPayのマークが提示してあるお店で利用することができます。

コンビニやスーパー、飲食店など全国92万箇所以上でQUICPayは使うことができるので、普段自分が通っている店の決済をQUICPayに変えるだけでキャッシュバックキャンペーンの上限10,000分は簡単に獲得することができるでしょう。

特定の商品を買うということではなく、日々の決済の一部をQUICPayに変えるだけというキャンペーンなので、ハードルも低く非常にお得なキャンペーンと言えます。

キャンペーンを利用してお得に入会をしよう

JCB CARD Wはキャンペーンを利用しなくてもお得なクレジットカードの部類に入りますが、キャンペーン期間中に上手く利用することで他のクレジットカードと比較にならないくらいのポイントを確保することが可能です。

JCBのOki Dokiポイントは商品券、マイル、他のポイントへの移行など幅広く利用することができるため、ポイントを貯めたけど使いみちに困るということは起きないでしょう。

どのキャンペーンも期間限定となりますので、気になる方はお早めに入会手続きをするのをおすすめします。



入会キャンペーンへ申し込む

楽天のサービスのみを使う方は支払いを楽天カードに集約させることでどんどんポイントを貯めることができますので、普段から楽天市場をメインで買い物をするという方は楽天カードを選びましょう。

楽天ではなくAmazonで買い物をすることが多いという方はJCB CARD Wがおすすめです。

JCB CARD Wは楽天市場で楽天カードを使った時ほど大量にポイントを獲得するということは難しいですが、JCBと提携している様々なサービスや店舗で優待やポイントアップを受けることができるので、一つのサービスに限定せず色々な場面でお得にクレジットカードを使いたい方はJCB CARD Wが良いでしょう。

楽天カードは100円=1Pの通常ポイントのほかに、楽天市場や実店舗の組み合わせなどでポイント10倍にもできるカードです。

貯めたポイントはすぐに1P=1円として無駄なく使えます。購入商品の補償もしっかりサポートしてくれるのでネット利用者には安心の1枚。

初年度
年会費
年会費 ETCカード 電子マネー
無料 無料 525円
ポイント
有効期限
海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
1年 2000万円 - -

JCB CARD WはJCBから新しく発行された新カード。ポイント還元率が常に通常の2倍ということもあり、ポイント重視で運用したい方にとてもおすすめです。

今なら入会特典で入会後3ヶ月間は獲得できるポイントが10倍になるので、この機会お見逃しなく!

年会費 家族カード ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 最短3営業日
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
1% 最高2000万円 - 最高100万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ