今更聞けないPayPay。 対応クレジットカードは? どうやって支払うの? おすすめの使い方とデメリットも紹介

PayPayは今注目されているスマホで支払いが済む電子マネーサービスですが、「今更PayPayの機能について詳しく聞くのは恥ずかしい」と言った方もいます。

電子マネー決算はその利便性から多くの方に利用されていますし、周りからPayPayと言ったワードを耳にすることがあっても、仕事などで忙しく乗り遅れてしまった方もいることでしょう。

しかし、最新の電子マネー決算→PayPayについては気になるはずです。

そこで、今更PayPayについて周りに尋ねる勇気がないと言った方向けにPayPayがどのような機能なのか? ポイントをチェックして行きましょう。

PayPayはメリット面も多いですがデメリット面もあるので、どちらも把握しておくのがPayPayを上手に使いこなすことへと繋がります。

キャンペーンなどもありチャージ金がプレゼントされることもある為、キャンペーン情報についても把握しておきましょう。

また、PayPayには3つの支払い方法がありますがおすすめはクレジットカードを利用したPayPayでの支払いとなり、どのクレジットカードがPayPayには向いているのか? この点についても詳しく見て行きます。

PayPayでクレジットカードを利用すれば支払いをクレジットカードよりもスムーズにでき、尚且つポイントも獲得できるのです。

PayPayが人気の理由はどこにあるのか? PayPayの魅力について確認して行きましょう。

PayPayはスマホ一つで支払いができる便利な電子マネー

PayPayはスマホ一つで支払いが完了する電子マネーサービスで、アプリをダウンロードして使うサービスとなります。

アプリは0円なので料金の心配もいりませんし、登録は最短1分で終わるのでPayPayが使えるようになるまでの手間も取らせません。

支払い方法は3種類(PayPay残高・Yahoo! マネー・クレジットカード)から選択することができ、PayPayのマークがあるお店ならどこでも利用できます。

支払う際はお店の方に「PayPayで」と伝えて、QRコードがある場合はお店にあるQRコードを読み取って金額をスマホ上で入力し定員の方が画面を確認することで、支払いが完了します。

また、バーコードで支払う際は、定員にバーコードを提示し読み取って貰うことで支払いが完了するので、2つの支払い方法があるということを覚えておきましょう。

PayPayを利用すれば今までの支払いがよりスムーズに快適となります。

PayPay残高・Yahoo! マネーについて

PayPayには3種類の支払い方法がありますが、PayPay残高・Yahoo!マネーについて気になっていいた方もいることでしょう。

PayPay残高・Yahoo! マネーの支払い方法についてもそれぞれ見て行きます。

<PayPay残高>

PayPay残高にはPayPayライト・PayPayボーナスの2つがあり、どちらも1円単位で使える電子マネーです。

PayPayライトは銀行口座・ヤフーカードからチャージを行った金額のことで、PayPayボーナスはPayPayのキャンペーンやキャッシュバックシステムで入金される金額のことを指します。

支払われる順はPayPayボーナスからとなり、ボーナスが無くなればPayPayライトから支払われるシステムとなっているのです。

また、残高には有効期限もありPayPay残高を利用するごとに更新され、2年間の有効期限となっています。

<Yahoo!マネー>

Yahoo! マネーはPayPayとの連携で「コンビニ」・「Yahoo! ウォレットに登録した銀行口座」・「ヤフオク!の売上金」からPayPayにYahoo! マネーとしてチャージできる為、便利です

※利用するにはYahoo! JAPAN IDの取得が必須となります。

PayPayのメリット

何か新しいサービスを始める際にはどのようなメリットがあるのかになる点です。

PayPayではポイントを2重取りでき、2重取りする為には3種類(PayPay残高・Yahoo! マネー・クレジットカード)の支払い方法の中でクレジットカードを選択しなくてはなりませんが、「PayPayで0.5%のポイント(カード利用額に基づく)」・「クレジットカードでのポイント」をダブルで獲得できる為、魅力的でしょう。

ただし、PayPayのポイントはポイントと言うよりもキャッシュバックシステム(0.5%)となっていて、クレジットカードのポイントはカード発行元のポイントシステムにより異なります。

この他にもキャンペーンを行っていて、現在は新規登録500円進呈やソフトバンク・ワイモバイルユーザー限定で新規登録500円+支払い登録500円(PayPay残高・Yahoo! マネー・クレジットカードのいずれか)=1000円ゲットのキャンペーンも行っているので必見です(2018年12月24日現在)

PayPayを使うならメリット面も把握して賢く使って行きましょう。

PayPayのデメリット

どんなサービスにもデメリット面はあります。

失敗なくPayPayを使って行きたいなら、デメリットを見ておくのも重要です。

まず、デメリットとして最初に挙げられるのは、PayPayはまだ誕生してからあまり時間がたっていません。

※PayPayのサービス開始日は、2018年10月8日となります。

その為、加盟店がまだ少なく利用できない店舗もあるので、利用の際は注意した方が良いでしょう。

PayPayだけで街に出かけるのは、支払いができなかった時のリスクを考えると危険です。

また、クレジットカードを支払い方法に選択した時の支払い上限は5万円までとなります。

これは不正利用対策として決まったもので、万が一不正利用された場合でも5万円以内であれば対処が取れる額として決定しました。(2018年12月21日現在)

PayPayのデメリット面は少ないですが利用店舗にはまだ注意が必要なので、自分が頻繁に利用する店舗についてはPayPayが使えるかどうかの確認を予め行っておくと安全でしょう。

PayPayを使うならメリット・デメリットどちらも把握し、いざ利用した時にパニックにならないよう、「PayPayでクレジットカードを利用した時のポイントシステムについて」・「PayPayのキャッシュバックシステムについて」・「キャンペーン情報」・「利用可能店舗」はきちんと把握して利用して行ってください。

PayPayで利用できるクレジットカードについて

PayPayではクレジットカードの他にもPayPay残高・Yahoo! マネーも支払い方法として選択できますが、ポイントを2重取りできるシステムから見ておすすめの支払い方法はクレジットカードと言えます。

PayPayでクレジットカードを使うにはPayPayとクレジットカードを最初に結びつける必要がありますが、支払い方法にクレジットカード以外を選択してしまうとPayPay残高・Yahoo! マネーはチャージ作業を行わないといけないのでおっくうです。

また、支払いに関してもクレジットカードを選択すればカードと直結しているので、チャージ額がない為、使えないと言った事態にもなりません。

しかし、注意点としては登録できるクレジットカードに制限があり国際ブランドをJCBにしたいと言った方は、ヤフーカード以外で登録できないので気を付けてください。

その他のクレジットカードにおいてはVISA・マスターカードであればどのクレジットカードでも登録できますが、PayPayではクレジットカードの利用でカードのポイントを獲得することも可能なので、よりポイント付与率が良いクレジットカードを登録した方が賢いと言えます。

では、PayPayにおすすめのクレジットカードはどのカードなのか? 最適のカードについての詳細をポイントシステム重視でチェックして行きましょう。

ヤフーカード(JCB)

国際ブランドをJCBにしたい方は、PayPayに登録できるクレジットカードはヤフーカード(JCB)のみとなっています。

ヤフーカードは年会費永年無料のクレジットカードで、Tポイントが貯まるようになっている為、Tポイントを貯めたい方にとっては最適の1枚でしょう。

Tポイントの付与率は100円→1ポイントとなっていて加盟店ではカード提示でも貯まるので、スマホとカードを一緒に持ち歩いていれば「PayPayの利用で100円→1ポイント」・「カード提示で100円→1ポイント」とTポイントをダブルで獲得して行けます。

貯まったポイントはTポイントの加盟店で1ポイント→1円の価値にて利用でき、蔦屋・ファミリーマート・ガストなどで代金として使えるので得でしょう。

また、ヤフーカードでは、「入会で4,000ポイント」・「入会後2ヶ月以内のクレジット決算1回に付き2,000ポイント(最大3回まで計6,000ポイント)」貰えます。(2018年12月24日現在)

ヤフーカードは、Tポイントをたくさん獲得したい国際ブランドはJCBが良いと言った方におすすめです。

※ヤフーカード発行にはYahoo! JAPAN IDの取得が必要です。

楽天カード(VISA)・dカード(マスターカード)

国際ブランドをVISA・マスターカードに選択したい方へは楽天カード(VISA)・dカード(マスターカード)がPayPayには最適と言えます。

なぜ、楽天カード(VISA)・dカード(マスターカード)が最適なのか? 詳しく見ておきましょう。

<楽天カード(VISA)>

楽天カードは年会費永年無料でのクレジットカードです。

国際ブランドも充実していてアメックス・マスターカード・VISA・JCBと選択できますが、楽天カードでおすすめのカード国際ブランドはVISAとなります。

カード国際ブランドをVISAに選択すると万が一楽天カードでVISAではないカード国際ブランドを発行したくなった時、もう一枚別の国際ブランドカードを発行することができるのです。

例えば、「楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントを常に貯めて行きたいが仕事用とプライベート用でクレジットカードを分けて利用したい」と言った方にとっては便利なシステムでしょう。

また、VISAは国際カードブランドの中でも海外で使える率が一番高いクレジットカードなので、海外でのカード利用が多い方にも打ってつけです。

楽天カードでは100円→1ポイントで楽天スーパーポイントを獲得できますが、楽天カードを利用して楽天サービスを利用するとポイントは常に倍で付与されます。(楽天市場3倍・楽天トラベル2倍など)

そして、楽天スーパーポイントは街の加盟店(マクドナルド・マツモトキヨシなど)や楽天サービスで1ポイント→1円の価値で使うこともできるので、日々の生活で直接的に役に立つ面が多いポイントシステムでもあります。

※街の加盟店では貯めることも可能です。(付与率は加盟店によって異なります)

PayPayに楽天カードVISAを登録すれば、街中でのショッピングでもより快適に楽天カード決算を行え、楽天スーパーポイントも獲得できるのです。

<dカード(マスターカード)>

dカードもポイントを貯めるには打ってつけのクレジットカードで、このカードは街の加盟店の数が圧倒的に多いのが売りでしょう。

カード国際ブランドはマスターカードのみとなりますが、カード決算でのポイント付与率は100円→1ポイントとなります。

この他にも加盟店でのカード提示ポイントもあり、提示ポイント100→1ポイントにて貯まるのでどんどんカードを提示しましょう。

※加盟店にはローソン・マクドナルド・東急ハンズなどの人気店が数多く揃っていています。

さらに、JALなどの特約店であれば、決算ポイントが2倍もしくはそれ以上付与されるので必見です。

年会費は初年度無料、その後は1,250円となりますが、年に1回のカード決算で無料となります。

dカードは街の加盟店が圧倒的に多い為、外でのショッピングが頻繁ならdカードをPayPayに登録し決算をスムーズにして、街でポイントをたくさん稼いで行きましょう。

PayPayに登録するカードはポイントで得する為にも還元率1%がおすすめ

PayPayに登録するクレジットカードは、ポイントの還元率が1%以上のものを選ぶのが得をする秘訣です。

PayPayでは3つ(PayPay残高・Yahoo! マネー・クレジットカード)の支払い方法を選択できますが支払い方法をクレジットカードにすればPayPayはクレジットカードと結び付けて電子マネーとして使えるので、スマホを利用してクレジットカードを直接使っているようになります。

クレジットカードはカード利用額に基づいてポイントが貯まるので、PayPayと結び付けるクレジットカードもポイントの還元率が良いクレジットカードを選択することで、いつも使っているクレジットカードと同じようにPayPayにてポイントを稼げ、この上PayPayの方では利用金額に基づき0.5%分のキャッシュバックがあるのです。

そして、ヤフーカード・楽天カード(VISA)・dカード(マスターカード)はどれもポイント還元率は1%以上となる為、PayPayには打ってつけでしょう。

※JCBはヤフーカードのみ登録可能となります。

また、PayPay残高・Yahoo! マネーを支払い方法として選択すると残高が無くなるごとにチャージが必要となってきますが、クレジットカードはカードとPayPayが直結するのでチャージの必要はなく残高不足でPayPayが使えないと言った事態になることもありません。

PayPayを利用すれば決算がよりスムーズになり財布からカードを取り出す手間が省け、いつでも手に持っているスマホで支払いが可能となります。

Apple Payなどが使えなくてもPayPayがダウンロードできれば、スマホでクレジットカードが使えるようになるので、上手に活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ