ゴールドカード研究Lab

アメックスのデポジットを利用して限度額内で枠を増やすやり方【審査なし】

急な出費にも対応できることはアメックスの魅力

急に出費が重なってしまってクレジットカードの限度額に達してしまったという時でも、アメックスのデポジット機能を利用すれば、使ってしまった利用枠を復活させることが可能です。
ポイントをムダにすることなく支払えるので、限度額いっぱいまで使ってしまった時にはデポジットという機能があることを覚えておきましょう。
もしアメックスカードが気になっているけど、アメックスの審査に不安を感じている方は【アメックスカードの審査を通すための条件と落ちてしまう原因】の内容をチェックして、審査に通りやすく自分に合ったアメックスカードを見つけましょう!


アメックスのデポジット(事前入金)のメリットとは?

クレジットカードにはかならず限度額が設定されており、その限度額を超えてクレジット支払いをすることができません。

しかしアメックスのクレジットカードには「デポジット」という制度があり、あらかじめアメックスの指定した口座にデポジット金額を入金することで、限度額までであれば使ってしまった利用枠を復活させてクレジット支払いをすることができます。

入金反映を待たずに限度額までの決済が可能になる


通常、クレジットカードで利用できる上限額は、設定されている限度額から前月のカード利用額を差し引いた金額です。

例えば、限度額が200万円のアメックスカードを持っていた場合、下の表のように200万円から前月の決済額を差し引いた金額が「今月カード決済できる金額」になります。

限度額−前月利用額
200万円−150万円
利用可能残額(今月カード決済できる金額)
50万円

このように、限度額が200万円に設定されていても、毎月200万円までカード決済できるわけではないため、注意が必要です。

しかし、高額決済をしたい時など「前月の利用額をリセットして限度額いっぱいまで利用枠を復活させたい!」と思う場合もあるでしょう。

こういった利用枠を復活させたい時に役立つのが、アメックスの「デポジット機能」です。高額決済をしたい時以外にも、デポジットを活用するといくつかのメリットがあります。

利用枠までの高額決済が可能になり、一度に大量のポイントを貯められる

デポジットを利用すれば、利用可能残額が足りないからといってポイントを貯めることをあきらめる必要はありません。

アメックスのポイント還元率は100円利用=1ポイントとなっているため、仮に200万円の軽自動車をカード決済で購入した場合、一気に20,000ポイントを貯めることができます。

また、高額決済を行うと、大量のポイントが貯まるだけでなく、クレヒスに好影響をもたらすというメリットもあります

契約期間や支払いの延滞などの履歴をはじめとしたクレジットカードの利用記録は、必ず「信用情報機関(CIC)」にデータとして保管されており、これらのデータはクレジットカードを新しく作る場合の審査、クレジットカードを更新する際の審査、インビテーションなどの際にチェックされています。

傷の無いクレヒスを作るためには「長期間カードを使い続けている」「支払いを延滞していない」など、重要なポイントがいくつかあります。

特に「高額決済時にも延滞せずにきちんと支払いを行った」という記録は、グレードの高いクレジットカードの審査時や、現在使っているカードをアップグレードする際の審査に有利に働きます。

デポジットは限度額を超えての申し込みができなくなった点に注意

これまでのアメックスのデポジットは入金した分だけ限度額を増枠できることが特徴でしたが、2021年9月現在、限度額を上回るデポジットは不可となっています

現在アメックスのデポジット機能を使ってできることは、あくまで前月使ってしまった利用枠の復活のみで、限度額を引き上げることはできないということを押さえておきましょう。

アメックスでデポジット申請するやり方

手順1:アメックスに「デポジット希望」の電話連絡を行う

デポジットを利用するためには、まずアメックスに電話連絡をする必要があります

アメックスの公式サイトにはデポジット利用のための手順は記載されていないため、デポジットのやり方を知りたい!という方は、ぜひこの手順を参考にしてみてください。

アメックスのデポジット申請をする時に準備しておくこと
  • デポジットを行いたいアメックスカード
    アメックスカードの裏にカードデスクの電話番号が記載されているため、手元に準備しておきましょう。
  • デポジットしたい金額を決めておく
  • デポジットの用途を明らかにしておく
    電話で「デポジット金額」や「なぜデポジットを希望するのか」を聞かれることがあります。

クレジットカードの裏に記載されているアメックスのカードデスクに電話をしてデポジット申請を行う時には、必ず連絡先となる電話番号と、デポジットする金額そしてデポジットの用途を伝えられるようにしておきます。

また、デポジットの申請時には必ず「デポジット金額を振り込む」という旨を伝えないと、通常の一時増枠申請だと思われて限度額審査に入ってしまうので注意してください。

手順2:アメックスの指定口座にデポジット入金

アメックスのカードデスクにデポジット利用の申請をすると、電話で振込先が伝えられます。指定された口座に振込をした後、アメックス側で入金の確認が取れると、入金額分だけ利用可能残額が復活します

デポジットの入金上限額は、最大でも設定されている限度額までとなります。基本的には「限度額のうち、前月使った金額」が入金上限額となりますので、注意が必要です。

デポジットを利用して利用可能残額を復活させたカードであっても、利用方法は通常のカード決済と同じです。

手順3:振込をした金額分、一時増枠された状態で決済ができる

クレジットカードで買い物をする前にデポジットでお金を入れて利用枠を復活させたクレジットカードでの支払い方法も、通常通りのクレジット決済をするだけなので、買い物の際には特別な手続きは必要ありません

デポジット利用の買い物の流れ


1:アメックスのカードデスクにデポジットでの増枠申請をする
※電話で以下の内容を伝える
・電話連絡先
・デポジット金額(150万円)
・利用先(軽自動車購入のため)
2:アメックス側から指定された口座にお金を振り込む(150万円)

3:アメックス側で確認が取れ次第、アメックスカードの利用可能残額が復活する
限度額200万円(今月の利用可能残額50万円+デポジット額150万円)

4:ディーラーで軽自動車のオーダー(200万円)

支払いはクレジットカードで行う
5:支払いの完了、クレジットポイントの付与
6:軽自動車の納車を待つだけ!

このように、大きな金額が動くからこそ、クレジットを利用してスマートに買い物ができるほか、さらにクレジットカードの利用ポイントも付与されるので、ポイントを使って更に楽しみに繋げることもできます。

アメックスのデポジットはいくらから申し込み可能なのか

限度額を超過しない金額であれば、基本的にはデポジット金額の下限は定められていません

ただし、振込手数料は基本的には利用者側負担になりますので、何度もデポジットを繰り返すよりも、まとまった金額をデポジット金として申請することをおすすめします。

デポジット出来るアメックスカードの種類


アメックスカードには、アメリカン・エキスプレス・カードをはじめとして、個人向けや法人向けなどいくつかの種類があります。

アメックスカード一覧(個人)


アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(ブラック)

アメックスカード(法人・個人事業主向け)


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメックスのカードではカードの種類に限らず、ひととおりデポジット機能を使うことができます。

しかし、普段使いでは上限額ギリギリまで使った買い物をすることはあまりないため、どちらかというとデポジット機能は個人事業主や経営者の方などが大きな金額を動かす時に便利な機能であるといえます。


カード限度額の大きさを比較して紹介



クレジットカードを持つときには、どのようなカードでもかならず上限金額が設定されています。

アメックスのセンチュリオンカード(通称ブラックカード)であっても、上限金額が1億円や3億円などに設定されていることもあるので、まるで上限金額がないような使い方をすることもできますが、実はセンチュリオンカードであっても無限に使い続けられるという訳ではありません。

クレジットカードを利用してまとまった金額の買い物をする時には、決済ができなくては困るので、使える金額の上限が気になるところです。

数字上の明記はされていないものの、例えば三菱UFJカード ゴールドや三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードなどのゴールドカード以上になれば利用上限額はクレジットカードのランクに比例して大きくなるといわれています。

カードフェイス 年会費 限度額
JCB EITカード
アメリカン・
エキスプレス・カード
13,200円(税込) およそ20〜50万円程度
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
31,900円(税込) およそ50〜100万円程度
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
34,100円(税込) およそ50〜100万円程度
三菱UFJカードゴールド
三菱UFJカードゴールド
2,095円(税込) 10-200万円
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
22,000円(税込) 50-500万円

アメックスはデポジットを使えば利用枠復活を待たずに使えるカード

アメックスのカードはステータスカードとして、年会費以上のサービスや特典がついており、「1度でもアメックスを持つと他カードが持てない!」と断言するような根強いファンも多く、アメックスのデポジット機能も支持される理由のひとつです。

アメックスファンはもちろんのこと、これからまとまった額のお買い物を検討しており、かつグレードの高いクレジットカードを持ちたいという方には、どちらも叶えるアメックスカードの申し込みをおすすめします。

アメックスカードの審査に不安を感じている際には、以下のコラムで「アメックスカードの審査に通るための条件」を解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは
コレ!

日常のステータスを手に入れるならこの1枚

アメックスカードはステータスカードのなかでも最高峰のカードなので、持つからには入会キャンペーンと付帯サービスを上手に使い、自分のステータスも上げていきましょう。

申し込み後にメンバーシップリワード・プラスへの登録を忘れないようにしましょう。



全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

人気コラム

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ