エネオスでクレジットカード払いをする方法 給油でお得にポイントを貯められるカードを紹介!

三井住友カードについて

三井住友カードは年会費1,250円+税別のカードです。インターネットで発行してもらった場合、カード発行年は年会費が無料となっており(オンライン入会)、翌年からもカード利用代金WEB明細書サービスを登録すると年会費が750円+税別になります。

リボ払いを資産に合わせたペースで返済できる「マイ・ペイすリボ」に登録すれば年会費が無料となり、年間カード利用額が100万円以上ならば翌年の年会費が半額、300万円以上ならば無料になります(※)。

ポイントプログラムはVポイントで還元率は200円につき1ポイントの0.5%ですがポイントUPモールやココイコ! を経由してのネットショッピングをすれば還元率が最大20倍まで高まり、ポイント有効期限は2年となっています。

※2021年2月年会費お支払い分からは「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いが必要となります。

三井住友カードはエネオスとの相性が良い

エネオスへの支払いには三井住友カードの電子マネー「iD」がおすすめ

三井住友カードには電子マネーの「iD」が付帯されています。カードを差し出して読み取り機にタッチするだけで支払いを終えることができ、ポイント還元の対象になります。

電子マネーの「iD」はレストラン、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、タクシー、家電、自動販売機に対応しており、ガソリンスタンドの支払いもできます。ガソリンスタンドにはエネオスのセルフスタンドがあり、急いでいる時にも手早く済ませられます。

三井住友カードはVポイントがポイントプログラム

還元率0.5〜2.5%のVポイントです。携帯電話料金、固定電話料金、電気代、ガス代、プロバイダー料金、新聞購読料もポイントゲットの対象になります。

公共料金の支払以外にもマイ・ペイすリボ払いを利用することでポイント還元率が2倍になる特典がありますし、年間利用額によってポイントが加算されるポイントボーナス制度があります。

VポイントはポイントUPモールを経由してネットショッピングをすればポイント還元率が最大20倍になり、ココイコ! ならば18倍になります。

サイト内にある「訪問でためる」ページにて、紹介されているショップにアクセスすると10枚で1ポイントになるポイントUPメダルが貰えます。加えて毎週月曜日12:00にサイト内で行われる「BINGO」を遊べば最大で400ポイントが手に入ります。

「マイ・ペイすリボ」をはじめとした支払い方法

三井住友カードには1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、分割払い、リボ払いがあります。利用限度額は最大80万円となっており、毎月15日締めの翌月10日払いか月末締めの翌月26日払いから選ぶことができます。

分割払いは最大24回払いできて年率2.01%から16.08%となっており、リボ払いは年率15.0%となっています。

「マイ・ペイすリボ」に登録すれば最低金額を下回らない限りはその月の余裕に応じた支払い額を返済することができ、本来よりも早く支払いを終わらせることができます。この「マイ・ペイすリボ」で支払うとポイント還元率が2倍になるボーナスもあります。

三井住友カードと電子決済サービスApple Pay繋げることでポイントゲット

iPhone7、iPhone7PlusやApple Watch Series2といった対応機器で使えるApple Payを三井住友カードとリンクすればカードの暗証番号やプライバシーを危険にさらすことなく、対応機器をかざして決算することができます。

対応しているコンビニやスーパーマーケット、ガソリンスタンド、タクシー、空港施設といった「iD」マークのあるお店にてショッピングの際にiPhone7などをかざして支払えば安心、安全にカード決済とポイント獲得が可能となります。

三井住友カードとTカードの併用で200円につき1ポイントの還元率0.5%と200円につき1ポイントの還元率0.5%のTポイントをエネオスへの支払いで貯められます。そして貯まったVポイントは5ポイント→4Tポイントに移行することができます。

これにより1,000円支払えばTカードで5Tポイントをゲットしてポイント移行で4Tポイントに変換できます。つまり1,000円ごとに9Tポイント貯まるようになり、還元率が約1%にアップできます。

Tカードと併用することでポイント還元率1%にアップ!

セルフスタンドのエネオスで給油するのに三井住友カードの電子マネー「id」が使用でき、ポイント還元率は0.5%です。そして支払いの際にTカードも併用するとポイント還元率が200円につき1ポイント貯まる還元率0.5%のTポイントをゲットすることができます。

三井住友カードのまとめ

・年会費1,250円+税別
・インターネットでの発行でカード発行年の年会費無料
・カード利用代金WEB明細書サービスを登録すると翌年の年会費が750円+税別
・「マイ・ペイすリボ」登録で年会費無料(※)
・年間カード利用額が100万円以上で翌年の年会費半額、300万円以上で無料
・ポイントプログラムはVポイント
・ポイント還元率0.5〜2.5%
・ポイントUPモールの利用で還元率最大20倍、ココイチ! で還元率最大18倍
・年間カード利用額に応じたポイントボーナスがあり
・支払い方法は1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、分割払い、リボ払い
・分割払いは年率2.01%〜16.08%、リボ払いは年率15.0%
・利用可能額最大80万円
・「マイ・ペイすリボ」の利用で還元率2倍
・ガソリンスタンドのエネオス(セルフスタンドのみ)への支払いに電子マネー「iD」が対応
・エネオスへの支払いにはTカードとの併用でTポイントも獲得可能
・Tポイントは還元率0.5%
・Vポイントで5ポイント→4Tポイントに移行可能
・Vポイント→Tポイント移行とTポイント獲得合わせて還元率0.9% ・海外旅行傷害保険最大2,000万円
・海外での利用・国内での分割払い(3回以上)とリボ払いでショッピング補償100万円

※2021年2月年会費お支払い分からは「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いが必要となります。

エネオスへの給油には三井住友カードとTカードの併用がおすすめ

年会費1,250円+税別で多くの年会費割引きサービスを持つ三井住友カードはポイント還元率0.5%のVポイントがポイントプログラムになっています。三井住友カードには電子マネー「iD」が付帯されており、提携店での支払いに用いることが可能です。

三井住友カードの電子マネー「iD」はガソリンスタンドのエネオス(セルフスタンドのみ)への支払いに使うことができ、ポイント還元の対象になります。

エネオス(セルフスタンド)の支払いにはTカードの併用もでき、還元率0.5%のTポイント獲得もできます。そしてVポイントは5ポイント→4Tポイントに移行でき、合計するとエネオスへの支払いに還元率約1%のTポイントがゲットできます。

エネオスへの支払いには三井住友カードとTカードの併用を必ずするようにし、貯まったVポイントをTポイントに移行すれば還元率約1%の高還元率を達成できます。

エネオスカードではなく、ステータス性の高いカードでお得な給油をしたいと考えているなら三井住友カードを選ぶと良いでしょう。

まずは
これ!


ガソリン給油でポイントを上手く貯めたいなkらコレ!

三井住友カードは銀行系クレジットカードとして非常に人気のある一枚です。
貯まったポイントには色々な使いみちがあるので、その時の状況に合わせて自分の好きなようにできることも魅力の一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ