楽天のETCカードを作るメリット・デメリット

楽天のメリットはとてもポイントが貯まりやすいこと。 しかし、ETCカードの年会費が500円かかります。いくら以上使えばお得になるのか、カードの評価も併せてご紹介。 ここでは、ETCカードの発行期間、審査など作成方法から、明細確認などの利用方法まで解説します。

メリットはポイントが貯まりやすいこと

ポイントがとても貯まりやすく、お得な楽天ETCカード。
楽天カードを持っていないなら、まずはクレジットカードを作るところから始めましょう。

多くのクレジットカードでは、ポイント還元率0.5%、ポイント付与は1,000円につき1ポイントが一般的ですが、楽天カードの場合は、ポイント還元率1%以上、ポイント付与は100円につき1ポイントであるため、1,000円以下の少額の買い物でもポイントが無駄になることなく、着実に貯めることが可能です。ETCに関しては、短距離間しか高速道路を利用しない人にとってもお得になるのが嬉しい点です。せっかくクレジットカード・ETCカードを使うなら、ポイント還元率が高い楽天を選ぶ方が断然お得です。

さらに、楽天カードを作るなら押さえておきたいのが、5,000円相当のポイントがもらえる入会キャンペーン。
もらったポイントは、楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなどの楽天グループで自由に使うことができます。
時期によっては、8,000円相当やそれ以上にポイントアップしているときがあるので、こまめに情報をチェックしておきましょう。

また楽天カードには、月2回のポイント最大10倍キャンペーンや楽天市場でのポイント2倍など、お得なチャンスがたくさんあります。さらに、ネット上だけでなく街のお店でもポイントを貯めることができ、ポイント加盟店のガソリンスタンドやエステなどでは最大ポイント3倍、楽天ダイニング加盟店のレストランや居酒屋などではポイント2倍となります。

このように、楽天カードはポイントが貯まりやすいのが大きなメリットです。
ETCカード作成を考えるなら、親カードにはぜひ楽天カードを選ぶのがおすすめです。

デメリットは年会費500円…しかし無料にする方法アリ!

とてもポイントの貯めやすい楽天カードですが、1点だけデメリットがあります。
それは、ETCカード年会費が500円(税抜)かかることです。
楽天カード自体は年会費無料であるものの、ETCカードについては年会費がかかる点には注意が必要です。

しかし、実はETCカード年会費を無料にする方法があります。
それは、「楽天プレミアムカード」もしくは「楽天ブラックカード」を選ぶことです。
ただし、楽天プレミアムカードに関しては10,000円(税抜)、楽天ブラックカードに関しては30,000円(税抜)と高額な年会費がかかるため、楽天ETCカードの年会費500円を無料にするだけが目的であればおすすめできません。

それであれば、会員ランクを上げることを考えみてはいかがでしょうか。
楽天では、楽天スーパーポイントの獲得回数と獲得ポイント数によって、レギュラー・シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドと会員をランク付けしています。これらの中で、ETCカード年会費が無料になるのは、プラチナ会員とダイヤモンド会員です。まずは、プラチナ会員になることを目指しましょう。

プラチナ会員になるには、「過去6か月で2,000ポイント以上獲得、かつポイント獲得回数15回以上」が条件となります。
つまり、半年間で20万円以上を利用(100円につき1ポイント付与のため)し、そのポイントを15回以上に分けてもらう必要があります。単純に計算すると、1か月約33、300円(20万円÷6か月)を使えばクリアすることができます。
意外に簡単にプラチナ会員にはなれそうです。

でも、もっと効率的にプラチナ会員になる方法があります。それは、楽天カードを使って楽天市場で買い物することです。
なぜなら、楽天カードを使った楽天市場での買い物は、常時ポイント2倍になるからです。
このメリットを活用すると、プラチナ会員になるために月々利用する金額は約16,650円(約33,300円÷2)で済むことになります。月約16,650円の利用であればかなり現実的になるはずです。
月約16,650円の楽天利用の見込みが立てば、あとはポイント獲得を15回以上に分けるために買い物回数を工夫するだけ。半年間で15回と考えると月2〜3回に買い物すればOKです。このように、実はプラチナ会員になる条件は簡単にクリアできるのです。

しかし注意したいのは、ランクアップによる恩恵を受けられる時期です。
新しいランクは条件を満たした翌月に反映・適用されますが、ETC年会費はETCカード発行日時点を基準に年に1度請求されるため、ETCカードの年会費が無料になるのは2年目からです。つまり、途中でランクアップしたとしても、1年目は発行時点で年会費を支払っているため、その分までは遡ってナシにすることはできません。

ちなみに、楽天ETCカードは年会費500円かかりますが、年会費を支払ったとしても実は簡単に元が取れます。
ETCカード年会費の消費税分まで考えると、年間54,000円の有料道路利用で相殺(100円で1ポイント付与のため)されます。1か月で考えると4,500円です。コンスタントに有料道路を使う人であれば、まず損をすることはないはずです。
しかし、年間54,000円も使わないのであれば、最初から年会費無料の別会社のETCカードを選んだ方が良いでしょう。

<関連記事>ETCカードの選び方

カードの評価・口コミはどうなの?

楽天カードでは、やはりポイントが貯まりやすいという点にメリットを感じている人がたくさんいます。
入会キャンペーンやポイントアップキャンペーンも大きな魅力ですが、とくに100円利用につき1ポイント貯まる点を評価する声が多いです。ETCカードでは、1,000円以下の短距離移動でもポイントが無駄にならず、貯まったポイントは楽天グループでの買い物に使えるのは魅力的です。
申込み前に、実際に楽天カード・ETCカードを利用している人の評価をチェックしてみましょう。

楽天カード・ETCカードの口コミ
楽天カード・ETCカードの口コミ2

楽天ETCカードの作成方法

楽天ETCカードは楽天カードの付帯カードとして別に発行されます。
一体型ではなく、クレジットカードとETCカードの2枚持ちということになります。
現在楽天カードを持っていない人は、クレジットカード申込みと同時にETCカードも申込みしましょう。楽天カード公式サイトの「カードのお申し込み」から申込むことができます。このとき、「楽天カードに入会」ではなく「キャンペーンにエントリー」というボタンを押さなければキャンペーンポイント対象にならないため注意しましょう。
申込み画面にて必要事項を入力し、審査が通れば、郵送されます。

既に楽天カードを持っている場合には、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」」から楽天ETCカードを申込みます。ちなみに、自動音声ダイヤルからも申し込みは可能です。

発行期間

発行期間は、楽天カードで審査通過後約1週間、楽天ETCカードに関しては約2週間かかります。
なお、新規で楽天カードと楽天ETCカードを同時に申込んだ場合は、楽天カードを申込者が受け取ったことを楽天で確認してからの発送となります。

審査は通るか

楽天カードは「誰もが持てるクレジットカード」として知られる程、審査は通りやすいカードと言われています。
実際、主婦・パート・アルバイトの人でも申込み可能であるため、あまり心配する必要はないでしょう。
しかし、ハードルは低いと言ってもクレジットカードである以上当然審査はあります。審査の結果によっては発行が見送られる可能性もあり、楽天カードが発行されなければETCカードも発行されません。

→楽天カードを持つための審査対策とコツについて詳しくは コチラ

申し込み時にETCを付けたか確認する方法

「楽天カードに申込んだのになかなか届かない」「ETCカードを申込んだか忘れた」という場合には、楽天カード申込状況確認ページで確認することができます。
確認時には、カード申し込み受付ID・生年月日・電話番号下4ケタの入力が必要になります。
もしカード申し込み受付IDが不明な場合は、楽天コンタクトセンターに連絡すると確認できます。

<楽天コンタクトセンター>
電話番号:0570-66-6910(有料)
営業時間: 9:30〜17:30
※上記で繋がらない場合:092-474-6287

ETCカードを複数枚持つことはできるか

楽天ETCカードを複数枚持つことはできません。
楽天カード1枚につき、付帯できるETCカードは1枚と決められています。
なお、家族カードにETCカードを付帯することもできません。

楽天ETCカードの利用方法

楽天ETCカードは届いたその日から利用することができます。
ここでは、口座登録前のETC利用やETCカード明細について確認しておきましょう。

口座登録前にETCカードを使うことはできるか

口座登録前であってもETCカードを利用することは可能です。
口座登録が完了するまでの支払いは、「銀行振込(コンビニ払い)」となり、請求月の20日頃に指定した送付先に請求明細書と振込用紙が送られてきます。届いたら速やかに支払いを済ませましょう。
なお、口座登録完了までは振込み手数料と明細書発行料として82円(税込)がかかります。 口座登録は、「楽天e-NAVI」もしくは郵送ですることができます。「楽天e-NAVI」であれば書類記入不要・捺印不要であるため便利です。しかも、当月10日の21時59分までに登録完了すれば、当月から口座振替が可能になります。早めに手続きをしておきましょう。

ETCカードの明細を見るには

楽天カードは「楽天e-NAVI」に登録できますが、楽天ETCカードは登録できません。
そのため、ETCの明細を見るには、「楽天e-NAVI」にてクレジットカードの利用明細を見るか、 外部サイトであるETC利用照会サービス(http://www.etc-meisai.jp/)に登録して確認するか、のいずれかになります。

まとめ

ポイントがとても貯まりやすい楽天。
利用代金100円で1ポイント貯まるため、少額利用が無駄にならず確実にポイントを貯めていくことが可能です。年会費が500円かかるsことはネックではありますが、ランクを上げることで翌年度からは年会費を無料にすることができます。実際には、ランクを上げなくても貯まったポイントで年会費分はペイできるため、年会費がかかったとしてもお得なカードと言えるでしょう。

楽天カードも楽天ETCカードもインターネットから簡単に申込むことができます。ETCカード到着には約2週間かかるため、検討しているならすぐに申込みをしましょう。



楽天カード

楽天カード
VISA JCB MasterCard
  • ENEOS、JOMO利用で楽天スーパーポイント2倍
  • 永年年会費無料
  • マイル移行手数料無料

ネットショップ利用者への好カード
ネット以外の使い道も広がりを見せ注目度は高め。
楽天スーパーポイント貯蓄に徹したクレジットカードです。

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
電子マネー 無料 無料 500円(税抜)/年 約1週間
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
1% 最高2000万円 - - 10-100万円
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期間限定割引を使いこなそう!


ETCカード基礎知識TOP



クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ