楽天ETCカードを作るメリット・デメリット

楽天ETCカードのメリットはとてもポイントが貯まりやすいこと。 しかし、楽天ETCカードの年会費は税込みで540円かかります。いくら以上使えばお得になるのか、カードの評価も併せてご紹介。 ここでは、ETCカードの発行期間、審査など作成方法から、明細確認などの利用方法まで解説します。

年会費が永年無料で高いポイント還元率が魅力

楽天市場でいつでも3倍以上のポイントを貯められる
高還元率のクレジットカードです。

年会費 永年無料
ETCカード 540円(税込)
ポイントプログラム 楽天スーパーポイント
発行日数 約1週間

ポイントがとても貯まりやすく、お得なETCカードが楽天ETCカードです。
楽天ETCカードの発行するには、まず楽天カードを発行する必要があります。

還元率が0.5%前後のクレジットカードが多い中、楽天カードは還元率が1%を超える高還元率カードです。

楽天サービスだけではなく、一般の店舗で楽天カードを利用しても100円につき1ポイント還元されるため、どこで利用してもお得に買物をすることができます。

さらに楽天市場でお買い物をした場合、いつでもポイントが3倍になり、ポイント還元率が3.0%と驚異的な高還元率となっています。

具体的なポイントの内訳は、楽天カードの利用でポイントが1倍、楽天アプリで楽天市場の利用でポイントが1倍、さらに期間限定ポイントで+1倍付与という内容で、合計3倍です。

例えば楽天カードを利用して楽天市場で10,000円分のお買い物をした場合、300ポイント(300円相当)を獲得できるので、楽天市場でのお買い物が大変お得になり、多くの方から支持を集めています。

楽天カードは他にもポイントが数倍になるキャンペーンが有りますが、楽天ETCカードも楽天カードと同様にポイントの貯まりやすさが魅力です。

楽天ETCカードは、短距離間しか高速道路を利用しない人にとってもお得になるのが嬉しい点です。クレジットカードとETCカードをポイント還元率の高さで検討するなら、楽天カードと楽天ETCカードは考慮すべきカードとなります。

また楽天カードには、SPU(スーパーポイントアップ)でいつでもポイントが最高13倍になるサービスや、ポイントが数十倍になるキャンペーンを複数展開中です。

貰ったポイントは楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなどの楽天グループで自由に使うことができます。

※楽天ポイントのポイントサービスアップの一覧はこちらのコラムで詳しく紹介しています
楽天市場を徹底攻略! 楽天スーパーポイントのポイントサービスアップ一覧

さらに、ネット上だけでなく街のお店でもポイントを貯めることができます。ポイント加盟店のガソリンスタンドやエステなどでは最大ポイント3倍、楽天ダイニング加盟店のレストランや居酒屋などではポイント2倍となります。

このように、楽天カードはポイントが貯まりやすいのが大きなメリットです。 ETCカードを検討するなら、親カードには楽天カードがおすすめになります。

楽天カード新規入会キャンペーンで最大7,000ポイント!

今なら最大7,000ポイントが貰える楽天カード新規入会キャンペーンが実施中です!

期間は2018年6月6日(水)〜6月11日(月)10:00までとなります。

貰えるポイントの内訳は、新規入会特典として2,000ポイント、カード利用特典として5,000ポイントです。

ディズニーファンの方にはさらに嬉しい特典が付帯しており、ディズニー・デザインを選んだ方には抽選で1,000名にディズニー・デザイン限定タンブラーがプレゼントされます。

ディズニーファンや楽天カードを検討していた方は、この機会にお得なキャンペーンを利用しましょう。



ポイントを貰うための注意点

注意点として、入会後にはかならず「楽天e-NAVI」に登録する必要があるので、入会したらすぐに登録しましょう。半年以内でないと受け取ることができません。

また、カード利用特典の5,000ポイントを貰うためには、 2018年7月31日(火)までに楽天カード鰍ヨのカード利用情報の到着が必要となります。

1円以上からでも問題ないので、ポイントを貰い忘れないためにも早めに楽天カードを利用しましょう。

さらに、最大の注意点として、カード利用特典で貰えるポイントは「期間限定ポイント」であることを覚えておきましょう。

「期間限定ポイント」の有効期限は約10日ほどが一般的なので、5,000ポイントを貰ったら、即座に利用することが重要です。

せっかくのお得なキャンペーンなので、最大7,000ポイントの取りこぼしが無いように入会しましょう。

とてもポイントの貯めやすい楽天カードですが、1点だけデメリットがあります。 それは、ETCカード年会費が540円(税込)かかることです。 楽天カード自体は年会費が永年無料であるものの、ETCカードについては年会費がかかる点には注意が必要です。

しかし、実はETCカード年会費を無料にする方法があります。 それは楽天ポイントクラブの会員ランク制度を利用することです。

楽天カードに入会すると、自動的に楽天ポイントクラブの会員となりますが、このクラブではポイントの獲得回数や獲得ポイント数によって会員をランク付けしています。

会員のランクが高くなればなるほど、各種特典や優待、ポイントサービスを受けられるシステムです。 ランクは下位から順に、「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」「ダイヤモンド」 とあり、そのうちプラチナとダイヤモンドでは楽天ETCカードの年会費が無料となる優待を受けられます。

ダイヤモンドとなると達成しなければならない条件の難易度が高いです。ですが、プラチナであれば条件はそれほど難しくないので、ここではプラチナになるための条件を解説します。

プラチナのランクには、過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得するとランクアップすることができます。

2,000ポイントを獲得するには、一般の店舗でお買い物では100円につき1ポイントなので、20万円を利用しないと貯まりません。 6ヶ月以内で20万円以上の利用という条件があるので、1ヶ月に約33,400円分を利用すると達成することがきます。

楽天カードに普段からかかる食費や通信費などを集約すれば、それほど難しくない基準です。 また、楽天市場ではいつでもポイントが3倍となるので、楽天市場のみで達成しようとした場合は、約66,700円分(2,000ポイント相当)のお買い物が必要です。

この場合、楽天市場で1ヶ月につき約12,000円程度お買い物をしていれば、プラチナランクになるための条件を一つ達成です。

これらの利用金額のうち、ポイントの獲得数を15回に分けなければなもう一つの条件を達成できないので注意が大切ですが、このようにひと月単位で考えればさほど難しくない条件です。

楽天ETCカードを無料で利用するなら、このランク制度を上手に利用することが不可欠なので、賢く楽天カードを利用して、お得に楽天カードと楽天ETCカードを利用しましょう。

ちなみに、ランクの条件をいちいち達成するのが面倒という方は、「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」に入会すると特典として楽天ETCカードの年会費が無料となるので、そちらをおすすめします。

ただし、楽天ゴールドカードは年会費が2,160円(税込)、楽天プラミアムカードは年会費が10,800円(税込)かかるので、年会費と費用対効果を考慮したうえで発行しましょう。

※楽天プレミアムカードに関してはこちらのコラムでも扱っています。
楽天プレミアムカードを使って年会費以上に得をする裏ワザ

ランクアップにおける年会費無料特典の注意点

注意したい点はランクアップによる恩恵を受けられる時期です。

新しいランクは条件を満たした翌月に反映・適用されますが、ETC年会費はETCカード発行日時点を基準に年に1度請求されるため、ETCカードの年会費が無料になるのは2年目からです。

つまり、途中でランクアップしたとしても、1年目は発行時点で年会費を支払っているため、その分までは遡ってナシにすることはできません。

ちなみに、楽天ETCカードは年会費540円(税込)かかりますが、年会費を支払ったとしても実は簡単に元が取れます。

ETCカード年会費の消費税分まで考えると、年間54,000円の有料道路利用で相殺(100円で1ポイント付与のため)されます。 1か月で考えると4,500円です。コンスタントに有料道路を使う人であれば、まず損をすることはないはずです。

しかし、年間54,000円も使わないのであれば、最初から年会費無料の他社ETCカードを検討しましょう。

カードの評価・口コミはどうなの?

楽天カードでは、やはりポイントが貯まりやすいという点にメリットを感じている人がたくさんいます。
入会キャンペーンやポイントアップキャンペーンも大きな魅力ですが、とくに100円利用につき1ポイント貯まる点を評価する声が多いです。

ETCカードでは、1,000円以下の短距離移動でもポイントが無駄にならず、貯まったポイントは楽天グループでの買い物に使えるのは魅力的です。

申込み前に、実際に楽天カード・ETCカードを利用している人の評価をチェックしてみましょう。

楽天カード・ETCカードの口コミ
楽天カード・ETCカードの口コミ2

楽天ETCカードは楽天カードの付帯カードとして別に発行されます。
一体型ではなく、クレジットカードとETCカードの2枚持ちということになります。
現在楽天カードを持っていない人は、クレジットカード申込みと同時にETCカードも申込みしましょう。楽天カード公式サイトの「カードのお申し込み」から申込むことができます。このとき、「楽天カードに入会」ではなく「キャンペーンにエントリー」というボタンを押さなければキャンペーンポイント対象にならないため注意しましょう。
申込み画面にて必要事項を入力し、審査が通れば、郵送されます。

既に楽天カードを持っている場合には、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」から楽天ETCカードを申込みます。ちなみに、自動音声ダイヤルからも申し込みは可能です。

発行期間

発行期間は、楽天カードで審査通過後約1週間、楽天ETCカードに関しては約2週間かかります。
なお、新規で楽天カードと楽天ETCカードを同時に申込んだ場合は、楽天カードを申込者が受け取ったことを楽天で確認してからの発送となります。

審査は通るか

楽天カードは「誰もが持てるクレジットカード」として知られる程、審査は通りやすいカードと言われています。
実際、主婦・パート・アルバイトの人でも申込み可能であるため、あまり心配する必要はないでしょう。
しかし、ハードルは低いと言ってもクレジットカードである以上当然審査はあります。審査の結果によっては発行が見送られる可能性もあり、楽天カードが発行されなければETCカードも発行されません。

楽天カードを持つための審査対策とコツについてこちらのコラムで解説しています。
楽天カードを持つための審査対策とコツ

申し込み時にETCを付けたか確認する方法

「楽天カードに申込んだのになかなか届かない」「ETCカードを申込んだか忘れた」という場合には、楽天カード申込状況確認ページで確認することができます。
確認時には、カード申し込み受付ID・生年月日・電話番号下4ケタの入力が必要になります。
もしカード申し込み受付IDが不明な場合は、楽天コンタクトセンターに連絡すると確認できます。

<楽天コンタクトセンター>
電話番号:0570-66-6910(有料)
営業時間: 9:30〜17:30
※上記で繋がらない場合:092-474-6287

ETCカードを複数枚持つことはできるか

楽天ETCカードを複数枚持つことはできません。
楽天カード1枚につき、付帯できるETCカードは1枚と決められています。
なお、家族カードにETCカードを付帯することもできません。

楽天ETCカードは届いたその日から利用することができます。
ここでは、口座登録前のETC利用やETCカード明細について確認しておきましょう。

口座登録前にETCカードを使うことはできるか

口座登録前であってもETCカードを利用することは可能です。
口座登録が完了するまでの支払いは、「銀行振込(コンビニ払い)」となり、請求月の20日頃に指定した送付先に請求明細書と振込用紙が送られてきます。届いたら速やかに支払いを済ませましょう。

なお、口座登録完了までは振込み手数料と明細書発行料として82円(税込)がかかります。 口座登録は、「楽天e-NAVI」もしくは郵送ですることができます。

「楽天e-NAVI」であれば書類記入不要・捺印不要であるため便利です。しかも、当月10日の21時59分までに登録完了すれば、当月から口座振替が可能になります。早めに手続きをしておきましょう。

ETCカードの明細を見るには

楽天カードは「楽天e-NAVI」に登録できますが、楽天ETCカードは登録できません。
そのため、ETCの明細を見るには、「楽天e-NAVI」にてクレジットカードの利用明細を見るか、 外部サイトであるETC利用照会サービス(http://www.etc-meisai.jp/)に登録して確認するか、のいずれかになります。

楽天カードは年会費が無料でポイント還元率が1%と高還元なクレジットカードですが、楽天カード以外にも年会費無料で1%の還元率、さらにETCカードも無料で発行できるクレジットカードがあります。

JCB CARD Wは年会費無料・高還元率・ETCカード無料!


  楽天カード
楽天カード
JCB CARD W
JCB CARD W
年会費 永年無料 永年無料
ETC年会費 540円(税込)
(プラチナ会員とダイアモンド会員で無料)

無料

入会資格 楽天会員で、満18歳以上、 安定した収入のある方および学生(高校生は除きます) 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方。
発行期間 1週間程度 最短3営業日発行
ポイント
プログラム
楽天スーパーポイント Oki Dokiポイントプログラム
ポイント
有効期限
1年間
※期間限定ポイントは固有の有効期限あり
2年間
ポイント
還元率
1.0~12.0% 1.0%

ETCカードも年会費無料

JCB CARD Wの年会費は無料であり、ETCカードの年会費も無料となっています。

ETCカードの利用分もOkiDokiポイント付与の対象になるので、有料道路での利用もポイントを貯めることができるのです。


JCB CARD W

ポイント還元率高めで常に2倍

JCB CARD Wは、ポイント還元率1%から、ポイント付与は1,000円の利用につき2ポイントとなっていて、日常のお買い物やインターネットショッピング、また海外での使用分でもポイントをためることが可能です。

JCB CARD WはJCBオリジナルシリーズの一員であるため、JCBオリジナルシリーズパ ートナーの対象店舗で利用すると通常より多くのポイントが貯められます。

JCBオリジナルシリーズパートナーはAmazonやイトー・ヨーカドー、セブンイレブン など様々な企業と提携しており、スターバックスなら1回の利用が1,000円以上でポイント6倍、Amazonやセブンイレブン、イトー・ヨーカドーならポイント4倍となりポイントを貯めたい方にはお得なカードです。

また、JCBプレモカードのOkiDokiチャージではOkiDokiポイント1ポイントあたりプレモバリュー5円分がチャージできるので、貯めたポイントを支払いに使うこともできます。

ポイント還元率を考慮するなら楽天カードがおすすめ

JCB CARD WはETCカードが年会費無料なので、ポイント還元率などに興味が無く楽天市場を利用しない方にはおすすめのクレジットカードです。

ただし、ポイントをたくさん貯めることができるお得なクレジットカードを利用したい場合は楽天カードがおすすめです。

楽天市場の利用でいつでもポイントが3倍になる高還元率で、さらにSPU(スーパーポイントアップ)でポイントがいつでも最大13倍となるのは他社クレジットカードでも類を見ない還元率です。

普段から楽天市場を利用する方にとっては、楽天ETCカードの年会費はポイントで簡単に取り返せることができるほか、ランク制度を利用すれば年会費を無料にすることも可能です。

現在の楽天グループでは楽天市場をはじめ、楽天ブックス、楽天ミュージック、楽天TV、楽天デリバリー、楽天トラベル、楽天モバイル、楽天エナジー、楽天ビューティなど多様なジャンルのサービスを展開しています。

様々なジャンルのサービスを展開しているので相対的に楽天カードの利便性も向上し、ポイントを自分の生活に合わせて貯めやすいのも利点です。

また、2018年4月11日には、楽天が運営する仮想モール「楽天市場」に、ビックカメラと合併した家電の通販サイト「楽天ビック」を開設しました。

毎年新しい動きを続けている楽天グループは今後も利便性の向上に期待できるため、楽天カードを利用する場面が今後も増えていくでしょう。

ポイントが貯まりやすく利便性も高い楽天カードを親カードとして、ETCカードを検討してみてはどうでしょうか。

オススメは
これ!


楽天市場でいつでもポイントが3倍(100円につき3ポイント)のほか、SPU(スーパーポイントアップ)でいつでも最高13倍となり、他社でも類を見ないポイント還元率です。
さらに、頻繁にポイントが数倍になるキャンペーンを開催しているほか、楽天ポイントクラブでのランク制度で優待を受けられたりと、特典も満載です。

年会費 家族カード ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 540円
(税込)
最短3営業日
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
1~12% 最高2000万円 - 最高30万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

期間限定割引を使いこなそう!


ETCカード基礎知識TOP



クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ