Apple Payでエポスカード利用しゴールドカードのインビテーションをもらう方法 | クレジットカード研究Lab


Apple Payにどのクレジットカードを使う?

Apple Payとは、「おサイフケータイ」のようにiPhoneで決済を行えるサービスのことです。Appleが提供するApple Payは、日本では2016年10月25日にサービスが開始され、コンビニレジでの決済や改札でiPhoneをかざす姿が見られるようになってきました。

Apple Payの利用に必要なのは、iPhone7/7plusとApple Payに対応する電子マネーカード(Suicaなど)やクレジットカード、そして、最新バージョンのiOS(iPhoneの場合)とApple IDです。

Apple Payに登録できるクレジットカードは、エポス、オリコ、イオン、KDDI(au WALLETクレジットカード)、NTTドコモ(dカード)、ソフトバンク(ソフトバンクカード)、三井住友カード、クレディセゾン、JCB、ライフ、ジャックス、アプラス、アメックス、ビューカード、三菱 UFJ ニコスカード、ポケットカード(P-oneカード、ファミマTカードなど)、楽天カードなどです。

このうち、イオン、NTTドコモ、ソフトバンク、三井住友カード、ライフカード、ポケットカードは電子マネーiDとしての決済となり、そのほかは電子マネーQUICPayとしての決済となります。

では、Apple Payに登録するクレジットカードは何を選ぶのがベストチョイスとなるでしょうか? Apple Payを支払いに利用したとき、特にAppleからポイント等をもらえることはないため、クレジットカード自体のポイントや優待サービスなどで判断することになります。

Apple Payと会員優待で得をする方法

マルイをよく利用する方、あるいは、マルイの割引優待などを利用したい方は年会費無料で作ることのできるエポスカードをApple Payに登録するのがおすすめです。

エポスカードとは、どんなクレジットカードなのか、次にその特徴を紹介しましょう。

ポイントシステム

≪ポイントを貯める≫

♦Visa加盟店での利用で貯める
Visaの加盟店でお買い物すると、200円につき1ポイント(1円相当)が貯まります(還元率0.5%)。一部の飲食店・カラオケ店では最大5倍、旅行・ホテル予約では最大6倍のポイントが貯まるほか、提携店舗ではボーナスポイントも貯まります。

♦公共料金の支払いで貯める
携帯電話や電気、ガスなど公共料金での支払いでもポイントが貯まります。

♦ポイントサイト利用で貯める
400以上のネットショップが集まるポイントサイト「たまるマーケット」でのネットショッピングで、ポイントが2倍から最大30倍貯まります。「たまるマーケット」には、Amazon、楽天市場、YAHOO!ショッピング、ヤフオク!、LOHACO、ベルメゾン、一休.com、honto、DHCなど主要なショップが網羅されています。

≪ポイントを使う≫

♦マルイのネット通販・店舗で割引に使う
貯まったポイントに応じて1P=1円のレートで割引に仕えます。500ポイント以上、1ポイント単位で利用できます。

♦プリペイドカードで使う
ポイントを「エポスVisaプリペイドカード」(年会費・発行手数料無料)に移行して、国内外3800万ヵ所のVisa加盟店で利用できます。チャージは1ポイントから可能です。このプリペイドカードでお買い物すると、200円の利用につき1円がキャッシュバックされます。

ポイント

交換単位

期間

ご利用時の

キャッシュバック

ご利用できる

店舗数

エポスVISA

プリペイドカード

1ポイントから可能 即座にチャージ 0.50% 国内外3800万店

VJAギフトカード

(全国共通ギフト券)

1000ポイント

お届けまで

1週間

なし 国内50万店
クオ・カード 1000ポイント

お届けまで

1週間

なし 国内5.5万店

♦商品券やマイルに交換する。
・マルイの商品券や全国共通ギフト券(VJAギフトカード)、クオ・カード、iTunesギフトコード、スターバックスカードなど、商品券やギフトカードに交換できるほか、ANAやJALのマイル、ドコモポイントなど他社ポイントにも交換できます。

交換レートは一部を除いて1P=1円相当となり、たとえば、1,000ポイントは1,000円のクオ・カードに交換できます。なお、モンテローザ商品券とシダックスサービス券については、800ポイントで1,000円の商品券と交換できておトクです。

会員特典

♦年に4回マルイのネット通販・店舗で10%オフ
年4回の会員限定キャンペーン「マルコとマルオの7日間」では、期間中何度でも10%オフでお買い物できます。値段の張る商品はこのときにまとめて購入すると大変おトクです。

♦提携店舗での優待
約10,000店のレストラン、アミューズメント、スパなどで割引やポイントアップなどの優待を受けられます。

海外旅行傷害保険

最高500万円の海外旅行傷害保険が自動付帯されるほか、携行品の盗難や破損などの損害も補償されます。また、世界38都市の現地デスクで日本語サポートも受けられます。

ETCカード

エポスETCカードを年会費無料で作ることができます。支払った通行料金でもポイントが貯まるので、高速道路をひんぱんに使う人ほど効率よくポイントを貯められます。

利用頻度を考えて年会費無料のゴールドカードを入手しよう

以上の特徴から、エポスカードは、マルイを中心とする各店舗での優待に大きなメリットのあるクレジットカードだといえそうです。

特に、マルイをよく利用している方にとって、大きなおトクを提供してくれるのが、期間中何度でも10%オフになる、年4回の会員限定キャンペーン「マルコとマルオの7日間」でしょう。このタイミングで家具やブランド衣類など値段の張るものを買うと大変おトクです。

たとえば、このキャンペーンを利用して年間20万円分のお買い物をすると、実際に支払う金額は18万円となり、そのお買い物で900ポイントが貯まるので、合計で2万900円のおトクとなります。年会費無料のクレジットカードということを考えれば、これは大変大きなメリットだといえるでしょう。

さらに、Apple Payも含め、クレジットカードの利用頻度が多い方であれば、上位カードにあたるエポスゴールドカードを作ることもおすすめします。

エポスカードで貯めたポイントの期限が2年間であるのに対し、エポスゴールドカードは有効期限がないため貯めやすく、また、利用金額に応じて最大1万ポイントがプレゼントされます。具体的には、年間50万円以上の利用で2,500ポイントが、年間100万円の利用で1万ポイントがプレゼントされる仕組みとなっています。

年間100万円の利用というと多額のように思えますが、スーパーやコンビニでの日常のお買い物のほか、電話料金、公共料金、保険料など、クレジットカードで支払えるものすべてに利用すれば、それくらいの金額に難なく到達するものです。

年間100万円利用した場合、プレゼントされる1万ポイントのほか、通常のポイントが5,000ポイント貯まるので、合計で1万5,000ポイントが貯まることになります。

さらに、マルイやモディの利用では200円のお買い物につき2ポイント(還元率1%)となるほか、対象ショップの中から、よく利用するショップや支払い先を登録しておくと、そこでの利用分で貯まるポイントが3倍になるというポイントアップの仕組みもあります(登録先は最大3つ)。

毎月、電気料金で1万円、JRで2万円、最寄りのスーパーで5万円を使っている例でいうと、それらの支払い先を登録しておくと、通常400ポイントが貯まるところ、3倍の1,200ポイントが貯まることになります。

エポスカードは還元率0.5%と必ずしも高還元の部類に入るクレジットカードではありませんが、利用頻度の多い方はゴールドカードを選び、使い方を工夫することで、他社高還元カードをしのぐほどの高還元率を実現できます。

エポスゴールドカードは特典満載! インビテーションで年会費無料

おトクにポイントを貯められるポイントシステムが特徴的なエポスゴールドカードには、そのほかゴールドカードの名にふさわしい特典がついています。

エポスゴールドカードの特典

♦空港ラウンジ
旅行の際に便利な国内主要空港、海外の一部空港のラウンジを無料で利用できます。ただし、同伴者の利用は別途利用料金がかかります。

♦最高1000万円の海外旅行傷害保険
通常よりも500万円多い、最高1000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯します。

♦海外旅行関連サービス
・Visaゴールド国際線クローク(一時預かり)
国際線を利用する際、通常料金より15%オフで手荷物を一時的に預かるサービスです。

・Visaゴールド空港宅配
空港から自宅までの荷物の配送サービスを、おトクな優待価格で利用できます。

・Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル
海外モバイルWi-Fiルーターを、海外でのモバイル通信料20%オフで利用できます。

・海外カード紛失時の緊急カード発行無料
海外でエポスカード紛失・盗難した場合でも、無料で緊急カードが発行されます。

エポスゴールドカードは、通常、年会費として毎年5,000円がかかりますが、通常カードの会員がカード発行会社からのインビテーション(招待)により、ゴールドカードを発行された場合は年会費が永年無料となります。

では、招待を受けるには、どういう条件を満たせばいいのでしょうか?

ゴールドカードへのグレードアップ条件については公表されていないので、詳細は不明です。ただ、返済の延滞等がなく順調に支払いを重ねた実績があり、入会後1年が経過しており、さらに、年間50万円以上の利用があれば、招待を受ける可能性があります。

ここにいう「年間50万円以上」とは、年会費を払ってゴールドカードを発行した場合、年間利用金額50万以上で翌年以降、年会費が永年無料になることからの推測です。

もし、なかなか招待が届かない場合でも、いったん年会費を払ってゴールドカードを取得し、年間50万円を利用すれば、翌年以降は年会費永年無料となるので、実質的に最初の年会費5000円だけでゴールドカードを使い続けることができます。

Apple Payに登録するクレジットカードを選ぶときには、マルイの利用頻度や特典を考慮して、エポスカードかエポスゴールドカードのどちらにするか、考えてみるといいでしょう。



エポスカード

年会費

無料

還元率

0.5%

発行期間

約2週間

ETCカード

無料

初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 最高500万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
- 約2週間 個別設定
エポスカードはマルイ店舗やマルイ通販からのお申込みで2,000円分のクーポン、または2,000円分のエポスポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施中です!







クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club

監修ファイナンシャルプランナー紹介