年齢基準の低いTOWAカードの審査難易度とは?低審査基準で即日発行カードや年会費無料など特徴カードと比較調査

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


クレジットカードを作るタイミングは大学生や専門学生になってから持つ方や、社会人になってから申し込む方など人それぞれですが、クレジットカードは申し込めば必ず入会できるというものではなく、申し込みを行い、クレジットカード会社で審査を受けて、審査に合格した方に発行されるアイテムです。


クレジットカードで買い物をする際には、現金をその場でやり取りすることなくクレジットカードを提示して署名することで決済が完了し、翌月にクレジットカードの決済金額が指定の銀行口座から引き落とされることになるので、一旦はクレジットカード会社が決済金額を立て替えた状態になることから、クレジット=信用に基づいて発行されています。


そのためクレジットカードによって申し込める対象となる方が異なっており、ステータスカードと呼ばれるゴールドカードなどは多くの場合25歳や30歳以上の方ではないと申し込みすら出来ないものもあります。


年齢基準の低いTOWAカードとは

クレジットカードを申し込むにあたり、審査の内容は公表されていないのですが、どのクレジットカードにも「申し込み資格」というものがあり、クレジットカードの申し込みが出来る方の最低条件が記載してあります。


TOWAカード(東和カード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード)の基本スペック

  東和カード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード
東和カード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード
申し込み資格 原則として18歳以上29歳以下で、安定した収入のある方、または18歳以上29歳以下の学生の方。(高校生を除く)
※未成年の方のお申し込みには、親権者の方の同意が必要です。
年会費 1,250円+税
※初年度年会費無料
※学生の方は在学中年会費無料
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
ポイント 100円→1ポイント
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
※初年度は自動付帯、翌年度からは前年度年間ショッピングご利用金額20万円以上で自動付帯継続、前年度年間ショッピングご利用金額20万円未満の場合は最高 100万円 特長
特長 ・入会3ヵ月ポイント付与3倍
・入会4ヵ月以降海外利用ポイント付与2倍

TOWAカードは群馬県に拠点を置く東和銀行と三菱UFJニコスが提携して発行しているクレジットカードで、正確な名前は「東和カード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード」となっています。


入会の申し込み条件も「原則として18歳以上29歳以下で、安定した収入のある方、または18歳以上29歳以下の学生の方。(高校生を除く)未成年者の方は親権者の同意が必要」となっているので、学生の方でも申し込みが出来ますし、新社会人の方であっても申し込みが可能なクレジットカードです。


また入会後はポイントが3倍になり、入会後4カ月以降は海外でのクレジットカード決済の場合にポイントが2倍になるので計画的に使えばポイントも沢山獲得することが可能になっています。


そして何よりも便利なのは海外旅行傷害保険が自動で付帯している点で、年会費の安いクレジットカードであれば旅行保険が付いていないものも多く、また付いていたとしても旅費をクレジットカード決済にした場合にのみ保険の対象となる「利用付帯」になっているため、TOWAカードは手厚い補償が受けられるクレジットカードだと言えます。


TOWAカードは東和銀行の窓口またはオンラインで申し込むことが出来ますが、群馬県やその周辺に住んでいる方や働いている方でなければ身近なクレジットカードだとは言えないというデメリットがあります。


年齢が若くても申し込める別のおすすめカードとは

あまり群馬県周辺とは縁遠いという方はTOWAカードではなく三菱UFJニコスの発行しているVIASOカードがおすすめです。


VIASOカードの基本スペック

  VIASOカード
VIASOカード
申し込み資格 原則として年齢18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
年会費 無料
国際ブランド MasterCard
ポイント 1,000円→5ポイント
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯)
特長 ・入会特典
・ETC、携帯電話、プロバイダー料金はポイント2倍
・年間累計ポイントを1ポイント→1円としてオートキャッシュバック

VIASOカードも申し込み資格が「原則として年齢18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。※ 未成年の方は親権者の同意が必要です」となっていることから、条件を満たしている方であれば申し込むことが可能なので若い方でも申し込める間口の広いクレジットカードだと言えます。


VIASOカードは入会特典として、入会日から3ヵ月後末日までに15万円以上利用すると、9,000円相当のVIASOポイントが獲得でき、登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」への登録で1,000円相当のVIASOポイントが加算されるので、合計10,000円相当のポイントを獲得できます。


また無料発行されるETCカードの利用料金、携帯電話・PHSの利用料金、インターネットのプロバイダー料金についてはポイントが2倍もらえるので、毎月ある程度必要になる支払いの引き落とし先をVIASOカードにしておくことでポイントも溜まりやすくなります。


そしてTOWAカードと同じくVIASOカードにも海外旅行傷害保険が付いており、TOWAカードは初年度のみ最高2,000万円が自動付帯ですが、翌年度以降は20万円以上の利用がなければ最高100万円の自動付帯になってしまうところをVIASOカードは条件なしに最高2,000万円の保険が自動付帯しているのも使いやすいポイントです。


さらにVIASOカードはポイント制度がとてもシンプルになっており、入会日を基準に1年間の累計ポイントが1ポイント→1円として指定の口座に自動でキャッシュバックされるので、ポイントの期限を気にしたり失効させてしまう心配がありませんが、1,000ポイント未満の場合にはキャッシュバックの対象にならず失効してしまうので注意が必要です。


1,000ポイントと言えば1,000円→5ポイントなので一般のクレジットカード決済の場合は20万円分ですが、ETCカードの利用料金、携帯電話・PHSの利用料金、インターネットのプロバイダー料金はポイントが2倍なので1,000ポイントを得るためには10万円分の引き落とし額になるので、ポイントが2倍になるものについて月々1万円5千円程度はかかる方であれば充分クリアできるラインです。


TOWAカードは銀行系、VIASOカードは信販系のクレジットカードにあたるため、審査が心配だという方は消費者金融系のACマスターカードをチェックしてみましょう。


ACマスターカードとは

ACマスターカードの基本スペック


  アコムACマスターカード
アコムACマスターカード
申し込み資格 満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方
所定の基準を満たす方
年会費 無料
ポイント なし
リボ払いの利率 10.0%~14.6%
ローンの利息 3.0%~18.0%
特長 リボ払い専用
利用額から0.25%がキャッシュバック
最短即日発行
ローン機能付き

ACマスターカードは消費者金融であるアコムと国際ブランドのMasterCardが提携しているクレジットカードで、審査については独自の審査基準を設けて居るので他のクレジットカードでは審査落ちをしてしまったという方でもACマスターカードであれば審査に合格する確率が高くなっています。


ただし申し込み資格が「満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方」となっているので、大学生や専門学生などになりたての方で年齢が20歳に満たない方は申し込むことが出来ないので注意して下さい。


しかしACマスターカードは最大の特長として即日発行に対応している点が挙げられます。「むじんくん」という無人カード発行機またはwebから申し込みをすれば、最短でその日にクレジットカードを手に入れることも可能なので、急いでクレジットカードを持ちたいという方にはおすすめのカードです。


一方でクレジットカードは通常一括払いまたは分割払いが基本ですが、ACマスターカードはリボ払い専用のクレジットカードとなっているので、設定した金額を毎月一定額が引き落としとなります。


学生の方であればアルバイトやパートでの収入になりますし、新社会人の方であればまだ収入が安定していると審査でみなされないことが多いので、まずはクレジットカードの申し込み資格をチェックしてから、自分自身の条件に当てはまっているかどうかをチェックし、審査の難易度についても知って置いた上でクレジットカード選びをして行きましょう。



まずは
このカード!







クレジットカードの選び方

関連サイト