• このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天カードの限度額を引き上げる2つの方法


上限金額を上げるよりも無理なく利用できる金額を上げる方法

楽天カードは上限金額アップの審査に落ちてしまい、逆に上限金額が下がる可能性もあります。
急ぎの方・不安な方はカードローンという選択肢もおすすめです。

年会費 無料
金利・手数料 年3.0%〜18.0%
審査スピード 10秒簡易審査
最短即日融資
※14:50迄の振込手続完了で 当日振込可。 審査結果により不可の場合有。
申込み資格 満年齢20才〜69才の安定した収入のある方
アルバイト・パートOK
借入れ限度額 最大800万円
お申込みはこちら

楽天カードの限度額を増額する方法

楽天カードはポイントが貯まりやすく、楽天市場で大活躍のクレジットカードなので、お買い物に飲食、はたまた出張先といったシーンで使いこなしている方もいることでしょう。でもときに、カードの利用限度額が低く設定されているため、家具や家電といった大きな買い物ができなかったという経験はありませんか ?

楽天カードは年会費が無料ということも人気の理由ですが、年会費無料のクレジットカードは他のゴールドカードなどよりも入会後の限度額が低めに設定されているものです。楽天カードもそういった点では他の年会費無料のカードと同じです。個人差はあるかもしれませんが、入会直後は20万円〜50万円くらいが限度額となるのではないでしょうか。

しかし、入会後に設定された限度額から増額することができれば、必要なときに枠が足りずに利用ができないという可能性も低くなり、より利便性が高くなるというわけです。

楽天カードの限度額の増額方法

楽天会員専用サイトe-NAVIにログインし、ご利用状況メニューの「ご利用可能枠の変更」から申し込むという方法になります。また、利用可能枠の一時的な増枠ということも同サイトからできるので、希望に合わせた申し込みが可能です。

楽天カードの限度額の増額の条件

no.1
入会後半年以上の経過が必要
no.2
前回増額後半年以上の経過が必要
no.3
増額には再度審査がある
no.4
キャッシングの限度額増額の場合、収入証明書が必要になる場合もある

まず、増額するには最低でも入会から半年間経っていなければできません。もちろんその半年間はある程度カードを利用している、そしてきちんと支払いがされているという事が必要になります。

そして、申し込み時のような審査がもう一度必要になります。

収入証明書は楽天カードで50万円以上のキャッシング限度額、もしくは他社のキャッシングと合わせて100万円以上の限度額になる場合に必要になります。源泉徴収票、給与支払明細書などを収入証明書として提出できます。

クレジットカードの限度額を上げる際の3つの注意点

もしクレジットカードの限度額を上げる条件が揃っていたとしても注意しなくてはいけない点が3つあります。

カードの上限金額引き上げの申込みをする前に次の3点を確認しましょう。

1:限度額を上げる審査によって上限金額が下がる可能性
2:審査の完了まで時間がかかる可能性
3:審査に落ちた場合同じカードで再び上限金額を上げるまで利用実績を長期間積み重ねる必要がある

増額するよりカードローンを作るほうがお得?

楽天カードの限度額の増額方法について説明しましたが、楽天カード自体の金額を上げる方法以外にも新規のクレジットカードやカードローンに申し込むという方法もあります。

現在所有しているクレジットカードで限度額を上げるにしても限界はありますし、限度額アップの審査に落ちてしまう可能性もあります。

しかも、限度額を上げる審査はカードを発行する時よりもシビアに審査が行われる可能性が高く、利用状況によっては逆に限度額が落ちてしまうということも起こります。

そのため、現在利用できる楽天カードの限度額を下げることなく、増額するには新規で使えるカードを増やすのが最も無難です。

特にカードローンに関してはクレジットカードよりも利用できる金額が非常に大きいため急な出費にも耐えられることができ、金利も低く設定されているため、利用したい金額によってはカードローンを選んだ方がお得になります。

クレジットカードとカードローンの比較

クレジットカードとカードローンの違いは大きく2つあります。

ひとつはショッピング機能の有無、2つ目は金利の低さです。

  年会費 最大限度額 キャッシング
金利リボ
ショッピング
金利
SMBCモビットSMBC
モビット
無料 800万円 3.0%〜18.0% -
楽天カード楽天カード 無料 100万円
(ショッピング枠、キャッシング枠合わせて)
18% 15.0% リボ
12.25%〜15.0% 分割

クレジットカードはショッピングで使うことを前提としていますので、VISAやJCBなどのカードブランドが付与されており、そのブランドに対応した店舗などで利用することができます。

対してカードローンの主な用途は「現金の借り入れ」となるためショッピング機能は付属しておりません。

クレジットカードにもキャッシング機能はついているカードも多いのでクレジットカードでキャッシングを使う方も多くいますが、金利を考慮すると同じ金額借り入れるならカードローンを利用した方がお得になります。

例えば、楽天カードでキャッシングをした場合は18%で固定となりますが、SMBCモビットで借り入れを行った場合は金額に応じて最小金利は年3%まで引き下げられます。

クレジットカードの限度額を増やしたいと考えている方は直近で大きな出費がある方がほとんどなので、仮にクレジットカードのキャッシングを利用しようと考えている場合は、カードローンを利用するという方向で検討することもおすすめします。

楽天カードローンよりもおすすめがある?

楽天カードを利用している方にとっては楽天カードローンの契約をするのが一番多いパターンでしょう。


楽天カードローン
楽天カードローン

楽天カードローンは知名度もあり、既に楽天会員である方は申込みがしやすいなどのメリットがあるため人気がありますが、楽天カードローンのデメリットとしては申込みをして実際に融資を利用できるまでに時間がかかることがあります。

楽天カードローンは審査に約1週間前後かかることもありますので「急に現金が必要になった!」というタイミングで申込みを行っても必要なタイミングで間に合わない可能性があります。

急いでいないという方は楽天カードローンに申し込んでも問題はありませんが、どうしてもすぐに借り入れをしたいという方にはSMBCモビットが一番おすすめです。

SMBCモビットのおすすめポイント

SMBCモビットは低金利で人気のあるみずほ銀行カードローンと比較をすると少し見劣りしてしまいますが、それでも最低金利は3.0%とクレジットカードのリボ払いやキャッシングと比べて遥かに低く設定されています。

また、利用金額も最高800万円まで借り入れが可能で用途が自由なので返済だけでなく急に発生した出費への対応も可能です。


SMBCモビット
SMBCモビット

年会費 無料
金利・手数料 年3.0%〜18.0%
審査スピード 10秒簡易審査
最短即日融資
※14:50迄の振込手続完了で 当日振込可。 審査結果により不可の場合有。
申込み資格 満年齢20才〜69才の安定した収入のある方
アルバイト・パートOK
借入れ限度額 最大800万円


審査・借り入れまでのスピードが早い

SMBCモビットは申込みを完了させてから最短で即日融資が可能です。

例えば楽天銀行カードローンは申込みから利用開始まで1週間前後時間が必要で、審査状況によっては更に長引いてしまうケースもあります。

審査時間が長いと必要なタイミングで利用することができなくなる可能性もありますので、あまり余裕がない方はSMBCモビットに優先して申込みを行うのが良いでしょう。

WEB完結申込みで電話連絡がない

クレジットカードもカードローンも申込みが完了したら職場などに電話で在籍確認の連絡が入るのが一般的です。

しかし会社への在籍確認の連絡が入ってしまうと「あまり他の人バレたくない」と思っている方にとって申込みのネックになる部分ではないでしょうか。

SMBCモビットなら「WEB完結」で申込みをすることによって、勤務先への電話連絡をなくすことができるので、このような悩みを抱えている方にとって魅力的なカードローンといえます。


〈SMBCモビット公式サイトから引用〉

職場への在籍確認だけではなく郵送物の送付もないため、家族にもバレずに利用開始をすることができあます。

「カードローンを利用したいけど在籍確認は…」「家族にはバレたくない…」と思っていた方は安心して申込みをすることができるSMBCモビットが一番おすすめです。


当サイト
おすすめ

即日融資&電話連絡なしが魅力

SMBCモビットは即日融資に対応している数少ないカードローンです。

年会費 無料
金利・手数料 年3.0%〜18.0%
審査スピード 10秒簡易審査
最短即日融資
※14:50迄の振込手続完了で 当日振込可。 審査結果により不可の場合有。
申込み資格 満年齢20才〜69才の安定した収入のある方
アルバイト・パートOK
借入れ限度額 最大800万円
お申込みはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ