ANAダイナースプレミアムカードとANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカードの違いについてチェック

ANAカードには最上級カードのANAダイナースプレミアムカードがあって年会費は15万円オーバー!

ANAカードはANAマイルを貯めたい方に人気のカードですが、高ランクのANAカードならば特典や補償も強力になります。

ANAカードの中でも最上級ランクにあるのが4枚しかないブラックカードの ANAダイナース プレミアムカードです。

ANAダイナースプレミアムカードは年会費が15万円を超えている最高級クレジットカードですが、それだけ補償も特典も充実しています。そして、そのANAダイナースプレミアムカードを超えるランクのクレジットカードがANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードになります。

最上級の中の最上級ランクになるANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードは発行するのに長い道のりが必要とされます。まずはANAダイナースプレミアムカードを発行して、発行条件を満たしましょう。

ANAダイナースプレミアムカードについて

ANAダイナースプレミアムカードの発行条件の詳細は公開されていませんが、目安としては27歳以上となっています。つまりは最低でもしっかりした勤続年数と収入が求められるということです。

ANAダイナースプレミアムカードの年会費は155,000円+税別で家族カードの年会費は無料になります。

ANAダイナースプレミアムカードは高額の年会費を要求するクレジットカードです。しかし、入会ボーナスに10,000マイルが入り、毎年の継続マイルとしても10,000マイルが入ります。ANAマイルを貯めるには最低でも50万円はかかることから、入会ボーナスマイルと継続ボーナスマイルのみで十分以上に元は取れていると言えます。

また、ANAダイナースプレミアムカードは国内外旅行傷害保険が最大1億円となっており、国内航空傷害保険に分類される傷害が発生しても国内旅行傷害保険の部分でカバーしてくれます。

ANAダイナースプレミアムカードのショッピングポイント還元率は2%

ANAダイナースプレミアムカードはカード利用に応じて100円につき1マイルが貯まる基本還元率1%のクレジットカードです。そしてANA航空券や機内販売をカード払いしたり、ショッピングサイト「ANAショッピングA-style」でカード払いすると還元率が100円につき2マイルの還元率2%に上昇します。貯まるマイルはもちろんANAマイルであり、これほどの高還元率のマイルはめったにありません。

また、ANAダイナースプレミアムカードはフライト搭乗で貯まるフライトマイルに加えて区間基本マイレージ×クラスや運賃倍率×50%→ボーナスマイルという式にてボーナスマイルが貯まります。基本は区間基本マイレージ×50%が積算されるのを覚えておきましょう。

ANAダイナースプレミアムカードの特典

ANAダイナースプレミアムカードは国内線のANAラウンジが利用できます。フライト前の時間を過ごすのに優れていますが、利用できるのはANAダイナースプレミアムカードの本会員のみとなります。家族カードの会員は利用できないのは注意しましょう。プライオリティ・パスが付帯されているのでANAグループ以外のフライトの時はそちらの空港ラウンジを利用しましょう。

他にはカードラウンジで旅行や出張での滞在先の相談ができ、ビジネスクラスのチェックインが可能で、提携ホテル宿泊料金割引サービスがあり、レンタカー割引や提携ホテルの朝食サービスにウェルカムドリンクもあります。どれも旅行のクオリティを上げる優待サービスばかりですので積極的に活用しましょう。

また、優待サービス以外にも機内販売が10%OFF、ANA FESTAが10%OFF、A-Styleが5%OFF、提携旅行商品5%OFF、提携ビジネス講座の受講料15%OFF、提携空港免税店10%OFFと割引サービスもたいへんに豊富です。

ANAダイナースプレミアムカードを超えるANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードとは

年会費が15万円以上もする最上級ANAカードのANAダイナースプレミアムカードですが、それのさらに上をいくのがANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードになります。年会費はANAダイナースプレミアムカードよりも若干高い167,400円です。

スーパーフライヤーズカードを取得するにはANAカードを所持して利用歴を作っていることと、プレミアムポイントを50,000ポイント貯めてあるのがメインの条件になります。

プレミアムポイントはANAグループとスターアライアンス加盟航空会社、スター アライアンス コネクティングパートナー運航便といった提携航空会社のフライトに搭乗するとゲットできるポイントです。名前の通りANAマイルとは別のものとなっており、プレミアムポイントを貯めるとステータスがアップするようになっています。

スーパーフライヤーズカード取得条件の50,000ポイントはプラチナステイタスに該当し、もちろんANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードの特典とプラチナステイタスの特典の両方を利用できます。

ANAダイナースプレミアムカードはANAマイルにおいてショッピングマイルの還元率が常に2%なのも特徴で、継続ボーナスマイル10,000マイルはANAダイナースプレミアムカードと同じですが、それに特別ボーナスマイルで2,000マイルが上乗せされます。

ANAダイナースプレミアムカードとANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードの比較


ANAダイナースプレミアムカード

ANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカード

年会費

・年会費155,000円+税別

・家族カード年会費無料

・年会費167,400円

・家族カード年会費無料

補償

国内旅行傷害保険1億円

国内旅行傷害保険1億円

特典

・カード本会員のみ国内線のANAラウンジ無料利用可能

・プライオリティ・パス付帯

・カードラウンジで滞在先の相談など

・ビジネスクラスのチェックイン

・提携ホテル宿泊料金割引サービス

・レンタカー割引サービス

・提携ホテルの朝食サービスとウェルカムドリンク・機内販売10%OFF、ANA FESTAが10%OFF、A-Styleが5%OFF、提携旅行商品5%OFF、提携ビジネス講座15%OFF、提携空港免税店10%OFF

プレミアムメンバー専用サービスデスクにて滞在先の相談可能

・同伴者含めてのANAラウンジや空港ラウンジ利用可能

・空港内にご用意した指定ラウンジをご利用いただけます。マイルやアップグレードポイントのご利用で、メンバーご本人様以外のお客様もお使いいただけます。

・国内線の先行予約サービス

・座席指定優先

・空席待ち予約優先

・特典航空券の空席待ち優先

・優先チェックイン利用可能

・手荷物受け取り優先サービス

・手荷物預かりサービスの優遇

・専用保安検査場利用可能

・ANAグループのフライトは優先搭乗サービス

・成田空港に車で来ると提携駐車場割引

・羽田空港駐車場優先予約サービス

・香港国際空港の出入国手続きにて優先レーン利用可能

充実の特典を

・インターコンチネンタル ホテルズ グループとANAの共同提携ホテルとANAホテルで優待サービス

・国内外の提携ATMで出金手数料が無料

・80,000プレミアムポイントで「ANA SUITE LOUNGE」利用券3枚プレゼント

80,000プレミアムポイント以上のお客様に、「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券3枚をプレゼントいたします。

・1年に3回ライフスタイルマガジン「ana-logue」配布

・カレンダーやデスクダイアリーをプレゼント

・オリジナル卓上フライトカレンダーとデスクダイアリーをプレゼント



・入会ボーナス10,000マイル

・継続ボーナスマイル10,000マイル

・ショッピングマイル基本還元率1%

・ANA航空券、機内販売、「ANAショッピングA-style」のカード払いで還元率2%

・区間基本マイレージ×50%でボーナスマイルが積算されるのを覚えておきましょう。


・入会ボーナスマイル10,000マイル

・継続ボーナスマイル10,000マイル

・特別ボーナスマイル2,000マイル

・ショッピングマイル還元率2%

・獲得フライトマイルの90から105%のボーナスマイル

・1マイル→最大1.7スカイコインで交換可能


ANAダイナースプレミアムカードから圧倒的な特典と高還元率のANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードにステップアップしよう

ANAカードの最上級カードがANAダイナースプレミアムカードでそのさらに上を行くのがANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードになります。どちらも年会費15万円以上のカードですが、マイル還元率が高くて国内旅行傷害保険も1億円と圧倒的になります。

ANAダイナースプレミアムカードでもANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードでも入会ボーナスマイルと継続ボーナスマイルが10,000マイルあります。後者のANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードは、継続ボーナスマイルに特別ボーナスマイルの2,000マイルが加算されるので実質120,000マイルが継続ボーナスマイルになります。ANAマイルのショッピングマイル還元率が常に2%なのも覚えておきましょう。

ANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードは発行するのに長い道のりがあり、その中にはプレミアムポイントを貯めてプラチナステイタスになるというのもあります。これも含めるとANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードはANAダイナースプレミアムカードを圧倒するクレジットカードになります。

まずはANAダイナースプレミアムカードの発行をして、それからANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードを取得できるようにするのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ