年会費無料や半額のダイナースクラブカードとは。2万円以上「元」を取るおすすめの特典についてご紹介

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


ダイナースクラブカードが年会費半額や無料のカードはある!



ダイナースクラブカードといえば、ゴールドカード以上を思わせるステータス性とカード内容から誰もが憧れるクレジットカードとして知られています。

海外、国内旅行保険に空港ラウンジ、そのほか豊富な会員特典、利用限度額が設けられていないカード内容……。その憧れを現実のものにしようとしても、高額な年会費がネックに感じていませんか。

通常のダイナースクラブカードは年会費22,000円(税抜)。いまだプロパーカードで無料というのはありません。しかし、提携カードなら話は別です。

年会費が半額に割引!三井住友信託ダイナースクラブカード

現在(2020年3月下旬時点)、年会費22,000円(税抜)の三井住友信託ダイナースクラブカードなら、利用条件を達成すると年会費が半額の12,000円(税抜)で持つことができます!

三井住友信託ダイナースクラブカード 年会費半額の条件
初年度:新規入会後3カ月以内のカードご利用金額20万円以上
次年度以降:年間(前年度)のカードご利用金額50万円以上

初年度無料!三井住友信託ダイナースクラブカード ブルー

さらに、三井住友信託ダイナースクラブカード ブルーなら、年会費2,500円(税抜)という破格の安さに加え、住宅ローン契約者なら初年度無料で持つことができます!

三井住友信託ダイナースクラブカードを持つには、原則三井住友信託銀行の口座を設定しなければいけませんし、三井住友信託ダイナースクラブカード ブルーの場合はさらに住宅ローン契約者かつトラストプレミアムサービスシルバーステージ以上でなければ持てません。

しかし、年会費を抑えてダイナースクラブカードを持てるので、ぜひ選択肢のひとつに入れてみてください。

割引特典が魅力!年会費分以上の「元」が取れるカード

ダイナースクラブカードは年会費22,000円(税抜)と、一見高額な年会費に見えますが、カードの特典を1回から2回利用すれば完璧に「元」が取れてしまうクレジットカードです。

しかし、ダイナースクラブカードはカード名からくる憧れだけで、「元」が取れるほど会員特典に優れているところを見逃しがち。

特典を利用すれば年会費無料という見方もできるほど、会員特典が豊富で使いやすいので、ワンランク上のカードを選ぶときはダイナースクラブカードがかなりおすすめです!

そこで、すぐに「元が取れた」と感じられる、特におすすめの特典をご紹介します。

ダイナースクラブ 会員特典

①エグゼクティブ ダイニング
対象となっているレストランで優待コースを2名以上で利用すると1名分無料。また6名以上で2名分が無料になるサービス。
②料亭プラン
ダイナースが会員のかわりに高級料亭を予約してくれるサービス
③サイレンス・スタイル
専用デスクから予約すると、当日サイン不要で食事ができるサービス
④アラン・デッカスからの招待
パリ、モナコ、ロンドンなどにレストランを展開するフランス料理シェフのお店で特典を受けられるサービス
⑤ごほうび予約
おひとりさま向けで、高級料亭やレストランなどのコース料理やお酒を手ごろな価格で楽しめるグルメサービス

ポイント!
①エグゼクティブ ダイニングのここがスゴイ!!

北海道から沖縄まで利用できるところは有名レストランばかり。
コースは1名1万円からがほとんどで、
2名利用で1名分無料はかなりのお得!

①のグルメ特典だけでみても、年会費22,000円以上のお得は間違いなし!

<例>
23,100円のコースを2名で利用した場合
通常)46,200円  優待)23,100円
23,100円のお得!

グルメ以外にも、エンタテイメント・ゴルフ・トラベルといったあらゆる分野で会員特典の優待があります。

お買物でもポイントとキャッシュバックの2重取り

ダイナースクラブカードには「ダイナースクラブカード ポイントモール」という独自のネットモールがあります。

こちらのネットモール、何がスゴイかというと……
ショッピングモール利用で、ポイントとキャッシュバックの2重取りができるのです!

例えば、1万円の商品を購入した場合。1万円でつくポイントは100Pですが、キャッシュバックが10%だったとき、1,000円のキャッシュバックがあります!

 
通常
ダイナースクラブオンラインショッピングモールを経由すると
キャッシュバック10%の場合
基本ポイント
キャッシュバック
合計
10,000円の服を購入
100ポイント
1,000円
100ポイント+キャッシュバック1,000円
150,000円の服を購入
1500ポイント
15,000円
1500ポイント+キャッシュバック15,000円

さらにキャッシュバックを受けたくない場合は、ショップごとに設定されているボーナスポイントを受け取ることができます。

 
通常
ダイナースクラブオンラインショッピングモールを経由すると

ポイント3倍の場合

基本ポイント
ボーナスポイント
合計
10,000円の服を購入
100ポイント
200ポイント
100ポイント+200ポイント=300ポイント
150,000円の服を購入
1500ポイント
3000ポイント
1500ポイント+3000ポイント=4500ポイント

ここでも使い方によっては年会費分のキャッシュバック、ポイントを得ることができるので、高級カードはそのままに、無料特典は必ず使っていきましょう!

ダイナースクラブカードの審査レベル

ダイナースクラブカードは、その高いステータス性、豊富な会員特典から審査が厳しいと言われてきました。

確かに以前は33歳、持ち家あり、勤続年数何年以上という厳格な基準があったのですが、現在は「27歳以上」という緩やかな基準に下がっています。

とはいえ、申請フォームには以下のような記入項目があります。

  • 住宅ローン(お支払い)
  • 家賃お支払い
  • ローンお借り入れ金額(住宅ローンを除く)
  • ご家族構成/同一生計人数
  • 職業
  • 昨年の所得
  • 勤続年数
  • 勤め先情報(住所や従業員数など)

こちらからも、収支と支出のバランスや勤務先状況が審査で重要視されることが予想されます。ダイナースクラブカードはゴールドカードの位置づけ。もし申し込みが不安な方は、ステータスが高いプロパーカードよりも、まずは提携カードを選ぶのがベストです。

提携カードもれっきとしたダイナースクラブカードなので、審査条件が他の国際ブランドと比べて厳しいですが、一般的にプロパーカードより審査が甘めと予想されます。

ANAダイナースクラブカード


年会費

27,000円+税

ポイント

100円=1ポイント

提携特典

・ANAマイレージへのポイント移行手数料が無料&移行上限なし
・マイルがたまりやすい
・海外旅行に向いた優待がそろっている


航空会社ANAと提携していることからも、空港ラウンジサービスや手荷物無料宅配サービス、機内販売10%OFFといった独自のサービスや、ANAマイレージが貯まりやすいといった特典のあるカード。海外旅行や出張をする方におすすめです。

銀座ダイナースクラブカード


年会費

25,000円+税

ポイント

100円=1ポイント

提携特典

・銀座プレミアムラウンジが無料で利用可
・東京駅直結の百貨店「大丸東京店」のD'sラウンジトーキョーも無料で利用可
・Premium Card Benefit in Ginzaの店舗・優待サービス


こちらは珍しく、「銀座」という土地と提携のあるカード。銀座和子、三越銀座店、松屋銀座などの特約店で活用できるカードで、銀座で使えば使うほど魅力が実感できるカードです。銀座プレミアムラウンジも、本会員1人につき年間5回(5名)まで、同伴者無料で利用できます。

ダイナースクラブのビジネスカードはさらにお得な特典付き

法人経営者や個人事業主の方は、ビジネスカードの選択肢も考えてみましょう。経費の決済ができ、通常カードのようにポイントが貯まる他、ビジネスに役立つサービスが充実しています。

ダイナースクラブ ビジネスカード


年会費

27,000円+税

ポイント

100円=1ポイント

ビジネスカード特典

・追加カード発行無料
・ビジネス関連ソフト優待や無料相談サービス
・追加会員も高額な旅行保険付き


ビジネスカードは通常のカードより年会費が少し高いですが、その分ビジネス特典が豊富です。

会計ソフト「freee」の優待

クレジットカードの利用データは、すべてクラブ・オンライン(※)から会計ソフト「freee」へ簡単に取り込めます。

※クラブ・オンラインは、ポイント/マイル交換や、各種キャンペーンへの登録などができる、ダイナースクラブの会員専用オンラインサービスです。

課題の無料相談ができる「プライベートアドバイザー」

個人経営や少人数の企業で、周囲に相談ができない経営者にとっては心強い味方となるサービスです。

他にも、ダイヤモンド経営者倶楽部の銀座サロンが利用できる「ビジネス・ラウンジ」、加盟店優待「ビジネス・オファー」では、営業や会議になど、場所の確保が厳しい時にきっと活用できるサービスとなっています。

ダイナースクラブ ビジネスカードの申し込み条件

年齢27歳以上 個人事業主、法人企業の代表者または役員の方

ダイナースクラブ公式サイトより引用

ビジネスカードなので、個人だけでなく、企業としての信用情報も合わせての審査が行われます。そのため、ダイナースクラブカードを持っているだけで、企業としての信頼性を示すアイテムとなってくれるでしょう。

使い方次第でお得になるダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードは豊富な優待特典が揃っていて、十分年会費の元が取れるカードです。


ダイナースクラブカード

年会費

22,000円(税抜)

還元率

0.42%

発行期間

カード到着まで2~3週間ほど

ETCカード

無料

初年度年会費 海外保険 国内保険
22,000円(税抜) 最高1億円 最高1億円
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 電子マネー カード到着まで2~3週間ほど 一律の制限無し

ポイント!

グルメを利用しないひとであっても、旅行ツアー、宿泊、空港での送迎をはじめ、ゴルフといったレジャー、人間ドッグといった健康などあらゆるところで会員優待があるので、年会費の「元」を思う存分取って行きましょう。



クレジットカードの選び方

関連サイト