年会費無料のイオンゴールドカードを1年後に入手するための簡単技

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


イオンゴールドカードとは?

イオンカードに、ゴールドカードがあることを知っていますか。



知らない方が多いのも当然です。
イオンゴールドカードは、残念ながら申込みで取得する事ができないゴールドカードなのです。

しかもイオンゴールドカードは、申込ができない分、魅力がたくさんつまっています。また ゴールドカードを選ぶ3つの基準も見ておくと魅力をもっと感じられるでしょう。

それは一体どんな魅力なのか。そして果たしてどの様な条件を満たす事で手に入るのか。

今回はこのイオンゴールドカードの魅力やその具体的な入手方法について、紹介していきます。

イオンゴールドカードには、通常のイオンカード特典に加えて多くの特典が付属されています。



①海外旅行保険、国内旅行保険

海外旅行傷害保険:無料

海外旅行中にケガや病気を被った場合に保険金をお支払いします。

カードご利用の有無にかかわらず、一回のご旅行につき最長30日間補償いたします。


<補償内容・支払い限度額>

傷害による
死亡・後遺障害
最高3,000万円 傷害による
治療費用
200万円
疾病による
治療費用
100万円 賠償責任 3,000万円
携行品損害 30万円※ 救援者費用 100万円

※携行品損害は、1事故につき自己負担額3,000円


国内旅行傷害保険:無料



国内旅行中にケガを被った場合に保険金をお支払いします。

ただし、イオンゴールドカードにてその主催旅行や宿泊施設の旅行代金をお支払いいただくことが前提となります。


<補償内容・支払い限度額>

傷害による
死亡・後遺障害
傷害による入院
(最高180日分)
傷害による通院
(最高90日分)
最高3,000万円 日額 5,000円 日額 3,000円

②ショッピングセーフティ保険

イオンゴールドカードで購入し商品(1品5,000円~300万円)を、偶然の事故により損害を被った場合、 購入日から180日間、年間300万円まで補償してくれます。


③イオンラウンジサービス

全国のイオングループ店舗内に開設され、買物の合間や休憩に利用できるサービスです。

イオンラウンジは会員さま共用のスペースですので、静かな環境を保っていただきますようご協力をお願いいたします。


ご同伴のお客さまは原則3名さままでとさせていただきます。


日・祝・祭日などご利用の多い日につきましては、ご利用時間を30分以内に限らせていただく場合がございます。


お子さまのご利用にあたっては、お子さまの安全と、ご休憩中の他のお客さまへのご配慮をお願いいたします。
ドリンクサービス

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の試供品をご用意しております。

※セルフサービスでのご利用をお願いいたします。
新聞・雑誌閲覧サービス

新聞・各種雑誌をご用意しております。
イオン関連の冊子類をご紹介しております。
ホームページ閲覧サービス

イオン各社のホームページをご紹介しております。
店舗所在地に行政公式サイトにアクセスできます。

※ご覧いただけるサイトは限られております。

④羽田空港エアポートラウンジサービス


フリードリンク TV
新聞・雑誌閲覧 禁煙室
インターネット
端末利用(有料)
マッサージチェア
(有料)

コピー・FAX(有料) 無線LAN(有料)
羽田空港第一旅客ターミナル内 羽田空港第二旅客ターミナル内

エアポートラウンジ[中央]
ビジネスコーナー2室
シャワールーム1室
座席数28席(禁煙19席、喫煙9席)

エアポートラウンジ[北]
座席数129席(禁煙81席、喫煙48席)

エアポートラウンジ[南]
座席数150席(禁煙92席、喫煙58席)

エアポートラウンジ【南】
座席数71席(禁煙63席、喫煙8席)

エアポートラウンジ【北】
パソコンブース2室
シャワールーム2室
座席数71席(禁煙56席、喫煙15席)

エアポートラウンジ【北ピア】
座席数68席(禁煙48席、喫煙13席、バーカウンター7席)

通常のイオンカード特典にプラスでついてくる上記の特典は、ゴールドカードならではのサービスですが、

一番の驚きは、 【イオンゴールドカードは年会費無料】というところです。

三井住友VISAゴールドカードのように、年会費を半額にできるカードもありますが、年会費がまるまる無料というゴールドカードは他にはない特長です。

年会費がネックになりやすいゴールドカードも、年会費無料なら主婦でも持ちやすく、申込不可だからこそ自慢にもなりえる1枚です。

ここで、ではどうやってイオンゴールドカードを入手できるのか、気になるところですが、

実はこのイオンゴールドカード、取得条件がとてもシンプルで、主婦の方でも手が届きやすくなっています。

イオンゴールドカード取得条件
イオンカードを取得して利用すること
細かな条件はありますが、 まずはイオンカードを取得して利用することがイオンゴールドカードを持つ、条件となります。


イオンカードは主婦の方々に人気のある年会費無料のクレジットカードです。


年会費無料のゴールドカードを持つためにも、イオンカードの特長を知って、使いこなしていきましょう。

イオンカードの利用限度額(可能枠)は、イオン銀行が審査して設定されます。 ショッピング利用は10~100万円、キャッシングの利用は50万円までの範囲内となっており、カードの利用状況により後で増減の変更は可能です。

イオンカードの利用可能額は支払日から数日でリセットできる

イオンカードの利用限度額は、他のカードのように1年間や1カ月ごとなどの期間内での利用限度額ではありません。

契約者の支払いが完了して、約2~5日で再度利用可能額が更新がされる仕組みとなっています。

イオンカードの締め日は毎月10日、引き落とし日が翌月2日(休日の場合は翌営業日)です。そのため、通常の利用限度額の更新は早くても翌月の4日ということなります。

ところが、イオンカードの場合は先払い(繰り上げ返済)をして、利用可能額をゼロにすることができるのです。

振込手数料は別途かかりますが、コンタクトセンターに電話連絡すれば手続きすることができます。

イオンカードコールセンター(受付時間:9:00~18:00 年中無休)
電話番号:0570-071-090

イオンカードの払い込み用紙から、コンビニ支払いすることもできますが、入金情報は支払日の翌日カード会社に届くため、急ぎの場合はコールセンターから行うようにしましょう。

ここがポイント!
利用可能枠を早めにリセットしたい場合は、口座引き落としを待たなくても、前払いで更新が可能です。

イオンカードを日々の買物で使うメリット

イオンカードは通常の利用にショッピングを含めてポイント付与が一般的にクレジット系のカードと異なり、流通系のクレジットカードの特徴はショッピングを利用したポイント付与も行える様になっています。


と同時にこの事は、流通系カード会社の他のカードにはない利用者に対する大きなメリットにもなっています。

イオンカードもまさにこの手法で会員数を伸ばしてきたカード会社です。

現在では会員数も3,000万人を超え、流通系では最も会員数の多いクレジットカードになっていますが、

これもカードをショッピングという慣習に組み込んだからなのです。

このイオンカードでは、通常のカード利用に加えて、日々の買い物がポイントになるという事が最も大きなメリットだと言えます。

この様なカード利用を行うと月々の利用金額は、実際にどれ位の金額となるのでしょうか。

今回はこの金額をシミュレーションしながら、イオンカードに実際にどの様なメリットがあるのかを検証して見ましょう。



年間累計100万円の利用は公共料金とショッピングでも達成可能

イオンカードの利用で月々の支払いや日々のショッピングを全てカード決済に切り替えると、どれ位の月々の利用金額となるのでしょうか。


実際にシミュレーションしてみましたので、まずは下記の図を参照してみましょう。

イオンカードの月々の利用金額シミュレーション


  カード利用の内訳 金額計算 小計金額
公共料金
水道代 月々4,000円
4,000
電気代 月々15,000円
15,000
ガス代 月々4,200円
4,200
国民年金保険料 月々15,000円
15,000
固定電話・携帯電話 電話:月々8,000円/携帯:月々7,000円
15,000
NHK受信料 月々2,000円
2,000
ガソリン代 週2,000円×4=8,000円
8,000
ETC利用代金 週1,500円×4=6,000円
6,000
ショッピング
毎月のショッピング 日2,000×30=60,000円
60,000
合計
129,200

月々の支払いとショッピングを合わせると、図の様に概ね13万円弱の月々の支払いとなっている事が分かります。

この費用には当然家族の人数や、利用金額にばらつきがありますが、月々83,000円でも年間で100万円を超える計算となります。

これには当然通常のカード利用実績分は含まれていませんので、それらを含めると更に金額は増加する計算となります。

そう考えると、元々支払いをするべき出費についておよそ100万円利用分以上のポイントがカードに付与される事になる訳です。

イオンカードであれば、200円=1ポイントですので、低く見積もっても5,000ときめきポイントが年間で貯まる計算になります。 これは非常に大きなメリットだと言えます。

それだけでも相当な品物を購入する事が可能です。

加盟店を利用しない人はサービスを活用しきれない

200円で1ポイントと、通常利用でも0.5%で高還元なカードではありますが、イオングループ・加盟店で利用できれば1%還元となります。 また、「お客さま感謝デー」で買い物の代金が5%OFFになるといったうれしい特典もありますが、近くにイオングループの店舗を利用していなければ十分に利点を活かせないカードと言えます。

ポイント利用が1,000ポイント以上500ポイント単位

貯まったときめきポイントは1,000ポイント以上(1ポイント→1円)からしか利用ができません。 そのため、ポイントがある程度貯まらないと使えない、端数が余って使いきれないというデメリットがあります。

商品券の交換には手数料250ポイントが取られる場合がある

ときめきポイントで交換できる商品は豊富にそろっていますが、商品券の一部には交換手数料として250ポイントが取られるものがあります。 この手数料は異なる種類ごと、もしくは手続きごとに必要なため、マイナスポイントといえるでしょう。

ポイントに有効期限がある

ときめきポイントの有効期限はポイントの獲得期間を含めて最大2年です。延長サービスなどはないため、失効する前に利用しなければいけません。

ここがイマイチ!
イオンカードはイオングループ利用者にとってポイントが貯まりやすく活用できるカードではありますが、ポイントの利用や有効期限などにデメリットがあります。

本サイトからのお申込みでお得な入会特典あり!



イオンカードは本サイトからお申込みいただくと、入会特典でクレジット払いご利用金額の最大14%をときめきポイントで還元されます。 イオングループ対象店舗での利用なら、通常ポイントの1%還元も合わせて、なんと合計で最大15%となります!

下の表の通り、期間内でクレジットカード支払いの合計が10万円(税込)以上になれば、最大14,000円分相当のポイントがすべて受け取ることができます。

ポイント獲得条件 獲得ときめきポイント
合計2万円(税込)以上5万円(税込)未満 2,800ポイント(=2,800円相当分)
合計5万円(税込)以上10万円(税込)未満 7,000ポイント(=7,000円相当分)
合計10万円(税込)以上
14,000ポイント(=14,000円相当分)

イオンカードは入会金・年会費が無料なので、気軽に持てるクレジットカードです。ぜひこちらのキャンペーン期間を逃さず、申し込みをしてみてください!

入会キャンペーンへ申し込む
イオンカード年間累計利用実績であまり公開されない秘密とは?
card
イオンカード ゴールド
イオンカードには公にされていない、それ以上のメリットを持つ秘密が利用者に与えられるのです。それはイオンからのインビテーション(勧誘)でしか手に入らない、クレジットカードでは唯一無条件での年会費永年無料、のゴールドカードが手に入るという事なのです。

このイオンゴールドカード、かなりのスペックで、充実サービスなのに年会費無料。
更に一度ゴールドになれば、
後は利用実績に関係なくカード切り替え時には、永遠にゴールドカードで更新が可能というスグレモノです。



イオンゴールドカードの優れた主要サービス



年会費

海外旅行付帯保険

国内旅行付帯保険

イオンラウンジセーフティー

羽田空港エアポート ラウンジサービス

イオンゴールドカードの主要サービスを見ているだけで、さすがゴールドと唸らせるだけの内容が伴ったカードスペックです。

特に 年会費無料であるにも関わらず、海外旅行付帯保険が自動保険というサービス内容には驚きです。

ゴールドカードには定番の空港ラウンジの利用も大きなメリットだと言えます。

これだけのサービスが得られるカードを、一度条件クリアしただけで持てるのですから、イオンカードの利用を頑張らない訳には行かないでしょう。

このゴールドカードは通常では望んでも手に入りません。

全てのイオンゴールドカードは、イオンカードの条件をクリアした方だけに招待されるからなのです。

ではもう一度その他の条件を含めたゴールドカード入手の条件を整理しましょう。

イオンゴールドのインビテーション条件
直近の1年間累計利用金額が100万円を超えた方。

イオンカードに入会して依頼、カード利用額の累計が500万円を超えた方。

直近の1年間のカード利用件数が120回を超え、利用累計実績が、80万円以上の方。

ネット上には年間利用額賀100万円以上、定期預金を500万円預けるといった内容があらゆるかたちで公開となっています。

イオンカード(WAON一体型も含む)&イオンカードセレクトからのイオンゴールドカード招待条件で多く上がっているもの

①年間のカード利用金額が100万円以上
②イオングループのみの利用が直近1年間で60万円以上
③イオン銀行の住宅ローンを利用
④定期預金を100万円以上預ける
⑤個人年金保険を契約


ただこれらの情報はあくまでも書き手による憶測や噂であり、信憑性がないことから、 クレジットカード研究Lab編集部の方で、イオンカード問合せ(ナビダイヤル)に確認をしてみたところ、「ナビダイヤルではイオンゴールドカードへの招待条件は非公開としておりますが、 ひとつだけお話できるとしましたら、1年間の利用金額が100万円以上あることです」との回答をいただきました。 それ以外は全て非公開だそうです。

そして、イオンカードからイオンゴールドカードへ招待するときも審査があるとのことなので、あらゆるクレジットカードを見て、担当者に会って話を聞いてきた編集部として考えられるイオンゴールドカードの条件は…

①1年間の利用金額が100万円以上
②利用先はイオングループが多い
③審査があることから、延滞や滞納をしたことがない
④リボ払いを利用していない


というのが最低限の条件ということになりました。

またイオンカードセレクトはイオン銀行と絡んだクレジットカードとなるため、イオン銀行に関わった取引(給与振込や定期預金)がないよりもあった方が有利かと思われます。

イオンゴールドカードの発行を目指すのであれば、 年間利用額100万円以上はもちろん、イオングループでの利用の多さ、延滞・滞納なしというとにかくイオングループが好きで利用してるという態度を見せることが、入手確率をあげるポイントとなります。

イオンゴールドカードには通常のゴールドカードデザインのほかにも、 ディズニー・デザインがありますが、ディズニー・デザインにする場合は、最初からディズニー・デザインのイオンカードを利用していることが条件となります。


通常のイオンカードを持っていて、後にゴールドカードへ招待されたとしてもディズニー・デザインは選択できませんので、注意しておきましょう。

ディズニー・デザインのイオンゴールドカードを持ちたい場合は、早い段階でイオンカードのディズニー・デザインに申込むか、現在のイオンカードとは別にディズニー・デザインに申込んでおきましょう。

通常のイオンカードもディズニー・デザインに変更や切替はできませんので、新規申し込みが必要となります。

イオンゴールドカードはインビテーションのみでしか手に入れることができず、その条件も誰でもすぐに達成できるというものではありません。

しかし、一時期だけでも集中的に利用してしまえばあとは年会費無料で様々なゴールド会員のサービスや特典を利用することができるので、長期的な目線で考えると非常にお得なクレジットカードと言えるでしょう。

イオンを頻繁に使う方はもちろん、空港ラウンジなどをお得に使いたいという方にもイオンゴールドカードはおすすめなので是非インビテーションを目指して日々の決済に使ってみましょう。



イオンカードセレクト

年会費

無料

還元率

0.5%

発行期間

約3週間

ETCカード

無料

初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 - -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 約3週間 10-50万円



クレジットカードの選び方