エポスプラチナカードを手に入れる方法は2つ! 審査難易度と取得方法を紹介

エポスプラチナカードはインビテーションの方が審査が通りやすくて年会費も低い

エポスプラチナカードはマルイなどで有効に使えるエポスカードの最上級ランクに位置するカードであり、かつてはインビテーションのみで発行できるクレジットカードでした。

しかし、現在は招待されなくとも発行申請をすることができます。

ただし、インビテーションによるエポスプラチナカードでは年会費が20,000円+税別ですがインビテーションなしの発行では年会費が30,000円+税別という違いがあります。同じクレジットカードで年会費が1万円違うというのはかなり大きな差となるものです。インビテーションなしのエポスプラチナカードでも年間カード利用額が100万円を超えると年会費が20,000円+税別になりますが、できれば無条件の年会費20,000円+税別が望ましいのも当然の話です。

エポスプラチナカードのインビテーションを受けるには?

エポスプラチナカードのインビテーションを受けるにはエポスゴールド会員になって1年が経過しており、ゴールドカードでのカード利用額が年間100万円を超えていて、支払いの遅延や滞納がないのが条件となります。

インビテーションなしで発行したエポスプラチナカードも年間カード利用額が100万円を超えると年会費が30,000円+税別から20,000円+税別になりますが、やはり初めから年会費20,000円+税別の方が長期的にはおトクになります。

くわえて、インビテーションを受けて発行申請をすると審査もインビテーションなしでの発行申請をするよりも通りやすいメリットもあります。

エポスプラチナカードのメリットとは?

インビテーションによる発行で年会費20,000円+税別となり、インビテーションなしの発行申請では年会費30,000円+税別という、いずれにしても高年会費クレジットカードとなるのがエポスプラチナカードです。

エポスプラチナカードは海外旅行傷害保険が最高1億円となり、プライオリティ・パスが無料となって年間カード利用額に応じたボーナスポイントが加算されて、それ以外にも豊富なポイント還元率上昇チャンスがあります。

また、エポスプラチナカードはショッピングでの割引や優待サービスがあり、旅行に関してもラウンジ無料サービスになったり多くのサービスを割引で利用できます。

エポスプラチナカードのまとめ

  • 年会費30,000円+税別
  • インビテーションならば年会費20,000円+税別
  • プライオリティパスの年会費無料
  • カード提示で国内主要空港と韓国の仁川空港とハワイのホノルル空港とホノルルラウンジで同伴者1名まで無料利用が可能
  • 国際線のフライトを利用する際は手荷物宅配サービスが往復割引き
  • 国際線を利用する際には手荷物一時預かりサービスの料金15%OFF
  • 提携旅行会社の旅行が優待価格になるサービス
  • 海外モバイルWi-Fiルーターや海外モバイル通信料が20%OFF
  • 国内外の提携ゴルフ場の各コースプレイ料金4,000円OFF
  • 海外でカードを紛失や盗難されても緊急カードを無料で発行
  • エポスプラチナカードグルメクーポンにて提携レストランが二名以上の利用でカード会員のコース料理が無料
  • プラチナ・コンシェルジュ・センターにて提携するホテル、レストラン、カフェ、美容などで特典サービス
  • エポトクプラザでは舞台、カラオケ、美容院、遊園地、飲食店などで優待サービス
  • 国内外旅行傷害保険が最高1億円で家族にも最高2,000万円の補償
  • ポイントプログラムはエポスポイント
  • 基本還元率0.5%、リボ払いと分割払いで還元率1%
  • マルイへの支払いで還元率1%、分割払いとリボ払いで還元率1.5%
  • 1年間のカード利用額でボーナスポイントが入り実質還元率+約1%
  • 誕生月のカード利用で還元率が2倍
  • 「選べるポイントアップショップ」で登録したお店でカード払いすると還元率1.5%でリボ払いならば2%
  • たまるマーケット経由でのショッピングでも還元率が最大30倍
  • 1ポイント→1円でショッピング利用や商品券と交換
  • エポスVisaプリペイドカードへ1ポイント→1円でチャージして支払うと0.5%のキャッシュバック

エポスプラチナカードのインビテーションに向けてエポスカードとエポスゴールドカード

エポスプラチナカードを年会費20,000円+税別で発行するにはインビテーションを受ける必要があり、それにはエポスゴールドカードを発行してエポスゴールド会員になるのが必須です。エポスゴールドカードは基本年会費が5,000円+税別ですが、年間カード利用額が50万円を超えると翌年の年会費が無料になります。

また、エポスゴールドカードはインビテーションを受けての発行ができ、その場合は年会費が永年無料になります。インビテーションを受けるには支払いの滞納や遅延はもちろんのこと、年間カード利用額が一定以上である必要があります。そのため、まずは年会費無料のエポスカードを発行して年間カード利用額を50万円以上は支払うようにしましょう。

エポスゴールドカードは海外旅行傷害保険が最高1,000万円かかり、提携空港ラウンジを無料で利用できますし、旅行関連の割引サービスも豊富となっています。ショッピングでも割引サービスも豊富です。

エポスプラチナカードはインビテーション発行がおトク! 招待されるためにはエポスカードを利用してエポスゴールドカードを発行

エポスプラチナカードはインビテーションを受けて発行するのとインビテーションを受けずに発行するのとでは発行申請の審査を通るのと年会費で難易度と金額が大きく違います。そのため、エポスプラチナカードのインビテーションを受けるにはエポスゴールドカードを発行してエポスゴールド会員になって1年経過してクレジットヒストリーが良好で年間カード利用額が100万円を超えている必要があります。

エポスプラチナカードのインビテーションを受けるにはエポスゴールド会員になる必要があるのでエポスゴールドカードを発行する必要があります。そのためにはエポスゴールドカードにもインビテーションがあり、そちらを受けるにはエポスカードで年間カード利用額を目安として50万円以上にしておくことと、支払い滞納を避けておく必要があります。

つまり、エポスプラチナカードを発行するにはエポスプラチナカードに劣るとは言え充実したショッピング・旅行の特典があるエポスゴールドカードを発行し、エポスゴールドカードのインビテーションを受けるには年会費無料のエポスカードでしっかりしたカード利用額を立てておくというのが長期プランならおすすめです。

年会費無料のエポスカードとはいえ、海外旅行保険が最大500万円付帯されており提示や利用で優待を受けられるお店も多くあります。使いやすさという部分で気長に使ってみるのも、ゴールドカード招待への近見となります。

クレジットカードは計画的に利用して、そのあとに来るご褒美という感覚でゴールドカード、プラチナカードを目指していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ