今更聞けない楽天カードの支払い方法が全部わかる! 正しい知識を持って自分に合った支払い方法を選ぼう!

年会費無料でポイント高還元率な楽天カードの支払い方法を把握しよう

審査基準を満たしやすくて年会費が無料の上にポイント還元率が1%と大変に高クオリティなクレジットカードに楽天カードがあります。

特典も豊富でポイント還元率上昇キャンペーンも充実していることから初めて発行するクレジットカードに選ばれることも多いのが楽天カードですが、クレジットカードに慣れていない方が陥りがちなのがクレジット機能の使い方を間違ってしまうことです。

楽天カードの支払い方法で困らないためにも、まずはしっかりと支払いについて確認していきましょう。

楽天カードの支払い方法は全部で6種類

楽天カードにおけるカード払いの締め日は毎月の月末で支払日は翌月27です。つまりは毎月の月末までのカード払いの金額を翌月の27日に支払うということになります。多くのクレジットカードの支払日は25日となっています。27日が支払日の楽天カードは紛らわしいので混乱しないように気をつけましょう。楽天カードのクレジット利用限度額は100万円です。

1回払い

毎月の月末に締めて翌月の27日に支払う1回払いは手数料が不要なため、もっともスタンダードな支払い方法です。毎月の利用額をきちんと把握しておきたい、無駄遣いは避けたい、毎回少額利用だという方は1回払いを選びましょう。

2回払い

2回払いは毎月の月末に締めて翌月の27日と翌々月の27日の2回にわけて支払うものです。こちらも手数料不要で利用でき、1回払いでは支払うのが負担となる買い物はこちらを選ぶことで2回に分けての支払いができます。1回払いと同じく手数料無料なのも安心できます。

リボ払い

リボ払いは利用代金に関わらず毎月の支払額がほぼ一定にすることができる支払い方法です。毎月の支払額は利用残高が20万円を超えているなら毎月10,000円支払いで20万円以下なら毎月5,000円支払いになります。

毎月の支払額は支払いコース変更によって設定できるので、手数料がかさむのが嫌な方は可能な限り高額の支払いコースにしましょう。リボ払いは年率15.00%均一です。利用額が少ないからと言って手数料が低くなるということはありませんので注意しましょう。

また、リボ払いにはカードの支払いを自動でリボ払いにする「自動リボ」と支払い方法を1回払いや分割払いからリボ払いに変更できる「あとからリボ払い」があります。「自動リボ」は利用額に関わらず毎月の支払額が一定となっており、「あとからリボ払い」は間違って1回払いにしてしまっても申請すれば毎月20日までにリボ払いに変更できます。もしもお金に余裕があるようでしたらまとめ払いも対応しています。

分割払い

分割払いは3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36回の中から希望する支払回数を選ぶことができます。加盟店によって利用できる支払回数が違うケースもあるので注意しましょう。手数料は年率12.25%から15.00%となっており、支払回数に応じて年率が上昇していきます。

分割払いもリボ払いと同じく毎月20日から「あとから分割払い」によって3回以上の分割払いに変更することができます。こちらもまとめ払いで支払い残高を消化できます。

ボーナス1回、2回払い

カード払いには分割払いやリボ払い以外にもボーナス払いというものがあります。夏季ならば2月1日から6月の末日までに利用すれば6月・7月・8月の27日に支払い、冬季の8月1日から11月の末日ならば12月と1月の27日に支払います。

ボーナス払いは夏か冬のボーナスに1回払いするボーナス1回払いと夏・冬のボーナス2回に分けて支払うボーナス2回払いがあります。ボーナス1回払いは手数料がかかりませんが、ボーナス2回払いは手数料が年率13.89%となっています。

楽天カードの基礎スペックについて

楽天カードは年会費無料でポイントプログラムは還元率1%な楽天スーパーポイントです。楽天カードと楽天市場を用いたスーパーポイントアッププログラムでは還元率を最大11倍にでき、海外旅行傷害保険もあり、旅行特典も豊富です。

カード発行条件は高校生以外の18歳以上なため、大学生になった方がとりあえずに選ぶクレジットカードとしても優れています。

楽天カードのまとめ

  • 年会費無料
  • ポイントプログラムは楽天スーパーポイント
  • ポイント還元率1%
  • 楽天トラベル利用で還元率2倍
  • 楽天市場利用で還元率3倍
  • 楽天ダイニング利用で還元率2倍
  • 加盟店の利用で還元率3倍にアップ
  • スーパーポイントアッププログラムにて楽天カードで楽天市場を利用で還元率3倍、楽天モバイル利用で+2倍、楽天トラベルを対象期間内に利用すると+1倍、楽天市場アプリで1ヶ月に1回以上ショッピングで+1倍、楽天ブックスか楽天Koboで1ヶ月に1,000円以上ショッピングで還元率+1倍、楽天ブランドアベニューで1ヶ月に1回以上ショッピングで+1倍、楽天TVのNBA Specialかパ・リーグSpecialに加入や更新で+1倍、楽天ビューティーを1ヶ月に1回以上利用で+1倍にて合計還元率11%に
  • 楽天マートは楽天モバイルにて楽天市場アプリで1ヶ月に1回以上楽天マートの商品を購入することで還元率6倍
  • 海外ATMから現地通貨を引き落とせる
  • 海外旅行傷害保険最大2,000万円
  • カードの紛失・盗難にも無料発行
  • 空港と自宅間の手荷物宅配を往復300円OFF
  • 提携海外レンタカーの利用が10%OFF
  • 携帯・WiFiルーターのレンタルが15%OFF
  • 成田・羽田空港近くのサンパーキングエリアの駐車料金が特別価格
  • 渡航先のお土産を自宅に宅配する海外お土産宅配サービス
  • 空港のカウンターで防寒具のコートなどを一時的に預かって保管

楽天カードは多くの方が満足できるクレジットカードだがリボ払いや分割払いの使いすぎには要注意!

楽天カードは年会費無料でポイント還元率が1%と高く、万人向けのクレジットカードとして幅広く利用されています。楽天カードと楽天市場の組み合わせによるスーパーポイントアッププログラムにてポイント還元率が最大11倍にまで上昇するのもあり、非常に強力なクレジットカードです。

その楽天カードは支払日が毎月27日でカード払いの種類は1回払い、2回払い、リボ払い、分割払い、ボーナス1回払い、ボーナス2回払いの合計6種類があります。1回払い・2回払い・ボーナス1回払い・ボーナス2回払いには手数料がつかず、ボーナス払いは支払い月をある程度伸ばせる利点もあります。

分割払いは36回まで対応しており年率は12.25%から15.00%で、リボ払いの年率は一律15.0%です。どちらも年率は低いと言えませんので使いすぎにはくれぐれも注意するようにしましょう。

楽天カードはポイント還元率が高く、年会費も無料で発行申請の際の審査も基準を満たしやすいという優れたクレジットカードですが、それだけに利用額と支払い方法に注意して基本は1回払いか2回払いなどに抑えておくのが有効的な使い方です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ