楽天カードの解約手続きと4つの注意点

楽天カードを解約する際に気を付けたい、4つの注意点

利便性が高く人気の楽天カードですが、さまざまな事情から解約を考えている方もいると思います。楽天カードの解約方法はとてもシンプルで、カードを手元に準備した上でコンタクトセンターに電話するだけで終了です。

■コンタクトセンター(営業時間9:30〜17:30)
TEL:0570-66-6910
カード解約の手続きのダイレクト番号(3800)
*ダイレクト番号とは、電話でのオペレータ案内ガイダンスの後に押せば
メニューへ遷移できる番号の事です。


オンラインでの解約はできませんので、必ず電話する必要があります。
解約自体はとても簡単なのですが、その前にいくつか注意点がありますので、しっかりとチェックしてから電話するようにしましょう。

楽天カード解約前にチェックしたい、4つの注意点

no.1
支払いがすべて完了しているかどうか?

クレジットカードは、使った分を完済してから解約するのが基本です。楽天カードの支払いがまだ残っている場合は、先に完済してから解約しましょう。楽天カードは年会費無料のクレジットカードですので、あわてて解約する必要はありません。

no.1
電気代や電話代の支払いは大丈夫かどうか?

楽天カードを使って、水道代や電気代、電話代を支払っていた場合、解約と同時に必ず別の支払方法に切り替える必要があります。これを忘れてしまうと、カードの解約によって支払いができなくなり、延滞してしまうことにつながりますので気を付けましょう。

no.1
ETCカードや家族カードの解約に問題はないか?

会員本人の楽天カードを解約すると、それに付帯されていたETCカードや家族カードもすべて解約となります。必要な場合は別の会社のものを作るなどして、対処するようにしてください。

no.1
楽天Edyの残高が残っていないかどうか?

電子マネーEdyのついた楽天カードを解約する場合、Edyが消失してしまいますので、残高をしっかりと確認しましょう。あとから他のカードに移行することもできませんので、必ず使い切るようにしてください。

ちなみに楽天カードで貯めた楽天スーパーポイントに関しては、楽天会員のIDに紐づけされていますので、楽天カードを解約してもポイントは失効しません。ただし楽天のIDごと削除してしまうとポイントはなくなってしまいますので、くれぐれもご注意ください。

貯まっていた楽天スーパーポイントは、買い物や移行先が豊富!

クレジットカードを使う大きなメリットの一つに「ポイントの付与」があります。クレジットカードで買い物するごとにポイントが貯まるのは、大きな魅力です。

ただし、貯まったポイントの使い道も重要なチェックポイントになります。せっかくたくさん貯めても、交換できる商品が自分にとってあまり魅力的ではない場合、ポイントを無駄にしてしまうこともあるからです。

その点、楽天スーパーポイントは多くの方が有効活用しやすいポイントだといえます。楽天スーパーポイントの使い道は以下の通りです。

やじるし ループでの買い物に使える!
楽天スーパーポイントは、1ポイント1円として、楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなどのサイトで使うことができます。特に楽天市場は国内最大手のネットモールであり、「欲しい物ならたいてい見つかる」といっても過言ではありません。またポイントの使い方も簡単で、購入手続きをする際に使うポイントの額を指定するだけで、かんたんに支払い額から割り引かれます。

カタログから商品を選ぶスタイルより、商品や旅行など、自分の好きなものにポイントを使えるほうがお得感があり、無駄にもなりにくいはずです。

やじるし マイルや各種ポイントに交換できる!
楽天スーパーポイントは、楽天グループでの買い物だけではなく、さまざまな相互交換にも対応しています。

たとえばANAのマイルへは、2ポイント1マイルで交換が可能です。電子マネー「楽天Edy」へは1ポイント→1ポイント、他にもJCBやオリコなど他のクレジットカード会社のポイントに移行することもできます。

顧客満足度6年連続第1位!人気の「楽天カード」とは

複数の会社から何十種類ものクレジットカードが出ている今、「何を選んだらいいのかわからない」と悩んでいる方も多いと思います。年会費の有無、ポイントシステム、保険などの付帯サービス…クレジットカードにはさまざまな特徴があり、どれがもっとも自分に合うかは人それぞれです。

そんな中、サービス産業生産性協議会が毎年発表する「JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」において、クレジットカード部門で6年連続第1位という快挙を成し遂げているのが、楽天の発行する「楽天カード」です。毎年どんどん新しい商品が出てくるクレジットカード業界において、6年連続で1位を獲得するのはすごいことであり、それだけ多くの方から支持されていることが分かります。

楽天カードが選ばれている理由

やじるし 楽天スーパーポイントが貯めやすい!
楽天カードを使って買い物すると、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントがもらえます。楽天スーパーポイントは、主に楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループでの買い物に使えるポイントですが、ANAマイルや他社のポイントへの交換も可能です。

100円につき1ポイントということは還元率1.0%で、これでも決して低くはないのですが、さらに楽天グループでの買い物に使うと通常の2倍、街の加盟店での買い物や飲食にカードを使うと、最大3倍のポイントがもらえます。つまり使い方によって、還元率2.0〜3.0%にもなるクレジットカードなのです。

また、楽天カードでは年中さまざまなポイントアップキャンペーンが行われており、一気に数千ポイントももらえるようなキャンペーンが開催されることも珍しくありませんので、そうしたチャンスもうまく狙えば、どんどんポイントを貯めることができます。

やじるし 年会費は永年無料!
楽天カードの年会費は、本人・家族会員ともに永年無料です。「年会費のもとがとれるかどうか」といったことを考えず、気軽に所有することができます。

やじるし 年会費無料でも、旅行傷害保険が付帯!
楽天カードには、海外旅行の傷害保険が付帯されています。「利用付帯」といって、旅行代金を楽天カードで支払った場合に限られますが、最高2,000万円までの補償が受けられますので安心です。よりランクが上の「楽天プレミアムカード」や「楽天ブラックカード」には、国内の旅行傷害保険も付いています。

やじるし ネットショッピングに安心して使える各種サービス
大手ネットモールを運営する楽天の発行するクレジットカードですので、ネットショッピングに安心して使うための様々な工夫が見られます。カードの利用があったらいち早くメール通知を受けられる「カード利用お知らせメール」や、万が一不正利用された場合に損害額が補償される「ネット不正あんしん制度」などが自動付帯されています。

このように、年会費無料で充実したサービスを受けることができ、かつポイントも効率よく貯められる点が楽天カードの魅力です。

毎月の支払額が大きい方は、みずほ銀行のカードローンという選択も

もしも楽天カードを解約する理由が「毎月の支払いが大きくて大変だから」ということであれば、他のクレジットカードに申し込む前に別の手を打ってみることも考えていいかもしれません。事情があって毎月けっこうな額をクレジットカードで使うのなら、やり方を変えて、カードローンを利用するのも一つの方法です。

カードローンと聞くと、クレジットカードに比べて「借金」というイメージが強く、あまり手を出したくないと思う方もいるかもしれません。しかし必要なお金をまとめて借りることで、管理がしやすくなり、計画的に返済できるメリットもあります。

中でも、借入のしやすさや返済のしやすさで人気を集めているカードローンに、みずほ銀行のものがあります。消費者金融ではなくみずほ銀行が融資するローンですから、安心して利用が可能です。

みずほ銀行のカードローンのメリット


みずほ銀行カードローン
no.1
金利はカードローン業界でも低水準!

銀行のカードローンは低金利でキャッシングできることが魅力ですが、他の銀行カードローンは金利平均が14.5%なのに対し、みずほ銀行は実質2.0%から14.0%のため低金利で利用することが可能です。

no.1
最高800万円まで、あらゆる用途で借入OK!

みずほ銀行のカードローンは、最高800万円という、業界でもかなり高い額まで借りることができます。趣味や旅行のための費用はもちろん、教育資金や自己投資など、さまざまな目的で借入が可能です。

no.1
金利差による利息の違いを比較

100万円を300日の返済期間で借りた場合、みずほ銀行カードローンは金利12%・利息98,630円で済みますが、 他社の金利18%のところでキャッシングすると147,945円となります。その差は49,315円と大きな差額のため、金利で選ぶならみずほ銀行カードローンがおすすめです。

no.1
銀行カードローンだからこその信用情報

みずほ銀行のカードローンは、融資額も多く低金利が魅力的ですが、みずほは継続収入があり、借り入れに対応している大手だからこその迅速対応の審査が可能です。 web申込だと記入漏れがエラーで表示され、記入漏れが防げたり手書きの郵送よりも早く申し込めます。そのためより速く審査を希望する方はwebでの申込をおすすめします。

no.1
既にキャッシュカードを持っている方はすぐの利用も可能

既にキャッシュカードを持っている方はそのカードにキャッシュ機能を追加できます。 カードローン専用カードを用意することなく、審査後すぐにそのキャッシュカードでキャッシングが可能なため、手間が生じず便利です。

no.1
返済方法が豊富

よくキャッシングの返済方法がATMの1種類のみであることが多く、自分で期日と金額を決めて返済することを行わなければならないため、手間がかかります。
しかしみずほ銀行カードローンなら、口座引き落としにプラス、ネットバンキング・ATM返済もできるので基本返済と合わせて自分の都合で返していくことができます。
さらにみずほダイレクトでのご返済であるとパソコン、スマートフォン、携帯電話、固定電話からのご返済も可能です。
また口座を作ることで自動融資サービスも付帯させることができるので、延滞といったトラブルもみずほ銀行カードローン なら防ぐこともできます。

みずほ銀行のカードローンの申し込み資格

みずほ銀行のカードローンの申し込み資格には、「毎月安定した収入のある方」と規定されていますので、アルバイトやパートの方でも、短期ではなく継続的に勤めている場合は審査に通る可能性があります。専業主婦の方は申し込むことができません。

クレジットカードの返済額が大きく大変な方は、みずほ銀行のカードローンでまとまったお金を借り入れ、計画的に返済していくのも一つの方法です。もちろん毎月の返済状況は信用情報機関にしっかりと記録されますので、今後新たにクレジットカードを作る時のためにも、決められた返済額をしっかりと返済するようにしましょう。

3大メガバンクのひとつであるみずほ銀行が提供している「みずほマイレージクラブ」。
同サービスでは、キャッシュカードとクレジットカードが一体になった便利なカード「みずほマイレージクラブカード」を発行しています。このカードの強みは、一般カードでも80万円までという利用可能枠の広さ。また、銀行系のカードローンは年利が低いので、借入れをするときにもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ