楽天カードの解約手続きと4つの注意点

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj



楽天カードを解約する方法

利便性が高く人気の楽天カードですが、さまざまな事情から解約を考えている方もいると思います。楽天カードの解約方法はとてもシンプルで、カードを手元に準備した上でコンタクトセンターに電話するだけで終了です。

コンタクトセンター(営業時間9:30~17:30)

TEL:0570-66-6910
カード解約の手続きのダイレクト番号(3800)
*ダイレクト番号とは、電話でのオペレータ案内ガイダンスの後に押せばメニューへ遷移できる番号の事です。

オンラインでの解約はできませんので、必ず電話する必要があります。

楽天カードを解約する際に気を付けたい4つの注意点

楽天カードの解約自体はとても簡単なのですが、その前にいくつか注意点がありますので、しっかりとチェックしてから電話するようにしましょう。

楽天カード解約前にチェックしたい、4つの注意点

①支払いがすべて完了しているかどうか?

クレジットカードは、使った分を完済してから解約するのが基本です。楽天カードの支払いがまだ残っている場合は、先に完済してから解約しましょう。楽天カードは年会費無料のクレジットカードですので、あわてて解約する必要はありません。

②電気代や電話代の支払いは大丈夫かどうか?

楽天カードを使って、水道代や電気代、電話代を支払っていた場合、解約と同時に必ず別の支払方法に切り替える必要があります。これを忘れてしまうと、カードの解約によって支払いができなくなり、延滞してクレヒスを傷つけることにつながりますので気を付けましょう。

③ETCカードや家族カードの解約に問題はないか?

会員本人の楽天カードを解約すると、それに付帯されていたETCカードや家族カードもすべて解約となります。必要な場合は別の会社のものを作るなどして、対処するようにしてください。

④楽天Edyの残高が残っていないかどうか?

電子マネーEdyのついた楽天カードを解約する場合、Edyが消失してしまいますので、残高をしっかりと確認しましょう。あとから他のカードに移行することもできませんので、必ず使い切るようにしてください。

解約すると楽天スーパーポイントはどうなるの?
楽天カードで貯めた楽天スーパーポイントに関しては、楽天会員のIDに紐づけされていますので、楽天カードを解約してもポイントは失効しません。ただし楽天のIDごと削除してしまうとポイントはなくなってしまいますので、くれぐれもご注意ください。

支払い残高が残っている場合はどうなるの?

解約するときに支払い残高が残っている場合は、支払い残高を完済した後に解約となります。

楽天の公式サイトでは、以下のように記載されています。

当社は、会員が退会する場合、支払日にかかわらず支払い債務全額を直ちに請求できるものとします。 但し、当初が認める場合では通常の支払い方法によるものとします。 ご解約前に、未払いのご請求がないか必ずご利用明細をご確認ください。

楽天カード カード会員規約より引用

クレジットカードを解約した場合、楽天カード会社からは支払日に関係なく支払い残高を一括で請求することが可能です。

しかし、「当社が認める場合では通常の支払い方法によるものとします。」とあるので、分割払いやリボ払いで支払っているものはこれまで通りの支払い方法で返済することができます。

解約してしまうと、支払い方法が変更できる楽天e-NAVIが利用できなくなってしまい、支払い方法を変更する場合はコールセンターへの電話が必要になるので、リボ払いや分割払いの支払い方法を変更したい場合は解約前に変更するようにしましょう。

コンタクトセンターに電話がつながらない場合には…

楽天カードは顧客満足度No.1のクレジットカードで、楽天カードユーザーは1,700万人以上にも上ります。

そのため、コンタクトセンターへの電話もつながりにくくなっており、解約の際の電話も何度も根気よくかけなおす必要があります。

コンタクトセンターへ電話をかけてつながらなかった場合は、リアルタイム混雑状況を利用して、それほど込み合っていない時間帯に電話をかけ直すようにしましょう。

楽天カード公式サイト「リアルタイム混雑状況」より

※繋がりやすいと予測される時間帯でも、電話がつながらない場合がるのでご注意ください。

本人以外でも解約手続きはできるのか?

クレジットカードの解約は、原則本人以外は解約することはできないとされています。

例外として、クレジットカード本会員の方が事故や病気で亡くなった場合は、ご家族でも解約は可能です。

その他にも、手紙や書類を本人宛に郵送してもらう方法や、電話、自動音声での解約がありますが、これらは本会員の本人確認と解約の意思を伝える必要があります。

また、本カードに付帯している家族カードは、本会員でなくとも、家族カードをお持ちのご家族の方であれば解約は可能です。

楽天カードの解約証明書のもらい方

クレジットカードを解約した際に、解約した証拠を手元に残すために「解約証明書」を発行することができます。

楽天カードの解約は電話で完了してしまうので、自分の手元には解約した証拠は残りません。そのため、解約後に何か不備が合った場合に、解約した証拠になるものが残るよう、発行申し込みをしましょう。

発行申し込みの方法

解約証明書を発行する場合は、楽天カードコンタクトセンターに連絡し、発行の希望を伝えましょう。コールセンターで解約手続きをする際に、解約証明書発行の希望を伝えるのが一番手っ取り早いです。

解約証明書は、普通郵便で約2週間後に自宅または勤務先に届きます。

支払い残高をすべて返済されたのちに発行されるので、支払い残高がある場合は早めに返済をしましょう。

ここがポイント!
楽天カードを解約した場合、解約証明書は自動では届きませんので、自分で発行の申し込みをする必要があります。

楽天カードが強制的に解約された!強制解約の理由と対処法

楽天カードを利用している方で、強制的に解約されてしまう人がいます。強制解約の理由には、大きく分けて2つあります。

延滞

クレジットカードによって支払い日が決まっており、その日に利用金額が引き落とせなかった翌日から延滞が始まります。

クレジットカード会社の情報としては延滞した記録が残ってしまいますので、例え数日でも繰り返し延滞を行った場合や、悪質なものであると思われた場合は、信用情報に記録されることもあります。

延滞を複数回繰り返したり、長期間の延滞を起こしたりした場合には、最悪クレジットカードが強制解約となります。

万一、どうしても支払日に間に合わなかった場合は?

今すぐ支払うことはできないけれど、強制解約を防ぎたいのであれば、カード会社からの連絡を無視せずにきちんと答え、支払う意思があることを伝えましょう。

延滞をした時点でクレジットヒストリーに傷はつきますが、「いつまでに支払うのか」「どのように支払うのか」など、現実的な支払い方法を相談することで、即強制解約は防ぐことができます。クレジットカードを強制的にストップされたくないのであれば、延滞は避けましょう。

途上与信

途上与信は、クレジットカード会社がカード利用状況に問題がないかを確認することで、クレジットカード申込時の審査と同様に、クレジットカード利用状況で返済能力や信用を審査しています。

途上与信によって「信用や支払能力がない無い」と判断されてしまうと、カードの利用枠が減額されてしまうか、最悪の場合は利用停止や強制解約となります。

途上与信のタイミングは?

途上与信が行われる期間は、クレジットカード会社によって異なり、定期的に行われているところもあれば、ほとんど行われないところもあり様々です。

特に途上与信が行われる期間は、ショッピング枠やキャッシング枠の増額申請、キャッシング利用や申込み、カードの契約更新時とされます。

ここに注意!
利用しているクレジットカードの利用状況だけでなく、他社での延滞状況、携帯電話の料金の支払いなども審査の際は確認していますので、楽天カードの利用だけでなく他社クレジットカードや携帯電話料金の延滞は避けるようにしましょう。

強制解約されたら

クレジットカードが強制解約になってしまったら、解約されたクレジットカードで支払っている携帯電話や公共料金の支払先をすぐに変更しましょう。

支払先を変更しなかった場合、支払先は強制解約されたクレジットカードのままになっていますので、支払いができず延滞となり信用情報に傷がつきます。

また、楽天カードが強制解約された時点で、家族カードやETCカードも同様に解約となり使えなくなりますのでご注意ください。

クレジットカード強制解約のデメリット

ポイント01 新しいクレジットカードの審査が下りない
ポイント02 キャッシングなどの借入れができない
ポイント03 住宅ローンや自動車ローンの審査が厳しくなる

クレジットカードが強制解約されてしまうと、上記のような問題が発生します。日頃から支払いトラブルなどは起こさないように十分に注意しましょう。

楽天カードを解約した後でも再入会は可能!

「楽天カードを解約した後に、もう一度入会することできないのでは」と勘違いする方もいますが、解約した場合でも再入会はできます。

実は、カードのデザインや種類の変更をする際には、必ず一度手持ちのカードの解約手順を踏んでから再入会して新規カードを作る必要があります。

再入会するにあたって新規入会時と同様に審査があり、再入会の審査基準も新規クレジットカードの審査基準と同様です。また、新規入会キャンペーンは適応外となりますので、入会特典は貰うことができません。

楽天カードを解約する前に貯めていた楽天スーパーポイントは、再入会をする際に同じ楽天IDを利用すれば楽天スーパーポイントの引継ぎができます。

再入会で新たなデザイン・カードブランドの自分のお気に入りの1枚を選びましょう。

お買い物パンダデザイン


お買い物のパンダデザインは、2016年に期間限定で発行されたものの、大人気を博し、2017年からレギュラーカードとして愛されています。通常デザインから変えたいと、解約手続きを踏んで変更する人も少なくありません。

デザインの切り替え方法をもっと詳しく知りたいという方は、下のリンクボタンからチェックしてみてください。

デザインの切り替え詳細はこちら

楽天カードから乗り換えするならこのカード!

楽天カードから乗り換えするとなると、気にする人が最も多いのは「年会費」と「還元率」です。年会費無料のクレジットカードの中でも還元率1%を誇るカードのため、同じくらいまたはそれ以上の高還元率の可能性がなければ、満足できないという方も少なくありません。

そこでおすすめなのが、JCB CARD Wです。

JCB CARD W


年会費 無料
ポイント還元率 1%
ETCカード 無料


詳細ページボタン 申込みボタン

年会費は楽天カードと同じく無料で、ポイントは1,000円につき2ポイント(=10円相当)が付きます(還元率1%)。また、JCB CARD WならETCカードは年会費無料です。

活用次第でさらにポイントUP

JCBの運営しているインターネットサイト「Oki Doki ランド」を経由してネットショッピングをすると、最大20倍のポイントが貯まります。また、JCBと提携している昭和シェル石油やセブンイレブン、スターバックス、Amazon、セシールなどでクレジットを利用すると、ポイントが最大10倍貯まります。

JCB CARD Wのデメリットは?

JCB CARD Wの注意点は主に2つ。国際ブランドが「JCB」だけしか選択できないことと、申し込み条件が「18歳以上39歳以下」と年齢制限があることです。

この点さえ理解していれば、非常に使いやすいカードであることには間違いありません。女性向けのサービスがプラスされている、可愛らしいピンクデザインのJCB CARD W plus Lもあるので、合わせて検討してみてください。

年会費 無料
ポイント還元率 1%
ETCカード 無料


詳細ページボタン 申込みボタン



クレジットカードの選び方

関連サイト