Peach Cardにメリットはある? 航空券は格安で手に入るけど注意点もあり

Peach Cardにはベーシックとプレミアム、VISAとJCBのブランドで4種類の組み合わせ

ベーシックとプレミアムの2種類があって、それにもVISAブランドとJCBブランドがあるのがPeach Cardになります。Peach CardベーシックのVISAブランドは1年に1度もカード利用をしないか、設定金額を上回ると自動でリボ払いに切り替わるマイ・ペイすリボを解約すると年会費無料から年会費1,250円+税別となり、Pezch CardベーシックJCBは年会費が完全無料となっています。

そしてPeach CardプレミアムはVISAブランドは年会費5,000円+税別だがカード発行初年度は年会費3,750円+税別で、JCBブランドは年会費5,000円+税別となっており、家族カードの年会費はVISAブランドならば800円+税別で発行初年度は400円+税別ですが、JCBブランドは常に800円+税別です。

Peach Cardの特典はフライト関連が多い

Peach Cardの特典はフライト関係に集中しており、機内食「Peach Deli」のカード払い代金が1,000円以上ならばベーシック・プレミアム・家族カード問わず代金10%OFFの割引サービスを受けられます。他にも関西国際空港にある「Fuchsia by Peach 国内ゲート店」での代金が1,000円以上になったらばベーシック・プレミアム・家族カード問わずにカードを提示すると代金10%OFFにもなります。

また、Peach Cardのプレゼント企画も特典としてあり、ベーシックとプレミアムは裏面にあるQRコードからアクセスした特別ページでスペシャルプレゼント企画が行われていますし、プレミアムならば非売品のPeach オリジナル限定グッズプレゼントを年間カード利用金額が80万円以上ならば受け取ることができます。

加えて商品が当たる大抽選会ベーシックでは年に1回、プレミアムならば年に2回受けることもできますので、プレゼントゲットチャンスが豊富と言えるでしょう。

そしてPeach Cardの見逃せない目玉特典に航空券セールがあります。Peach Cardベーシックならば年に2回、プレミアムならば年に4回利用することができ、国内線が1,000円からの購入が可能で国際線も割引価格で購入できるようになっています。

Peach Cardのポイントプログラム

Peach CardのポイントプログラムはVISAブランドだとワールドプレゼントポイントで、JCBブランドだとOki Dokiポイントで、2つとも1,000円ごとに1ポイント貯まる還元率0.1%で、貯めたポイントをピーチポイントと交換できます。

ピーチポイントは1ピーチポイント→1円で空港間の運賃、座席料金、手荷物運賃などに利用することができ、今なら入会キャンペーンでベーシックは1,000円分、プレミアムは2,000円分のピーチポイントを受け取れます。

各ポイントプログラムのピーチポイントへの移行倍率は違っており、基本は1ポイント→5円分のピーチポイントですがJCBブランドのPeach Cardプレミアムのみ1ポイント→8円分のピーチポイントという交換倍率です。

そしてワールドプレゼントポイントとOki Dokiポイントのポイント有効期限は最長2年間ですがピーチポイントの有効期限は最長180日となっており、日常的にフライトを利用しないという方が大多数なのを考慮すると注意が必要な有効期限の短さです。

Peach Cardのベーシックとプレミアムの比較と注意点

  ベーシック プレミアム
年会費
  • VISAブランドは1年に1度もカード利用をしないかマイ・ペイすリボを解約すると年会費1,250円+税別
  • JCBブランドは年会費が永久無料
  • JCBブランドは年会費5,000円+税別
  • VISAブランドは年会費5,000円+税別だがカード発行初年度は3,750円+税別
  • 家族カードの年会費800円+税別でカード発行初年度は年会費400円+税別
特典
  • 機内食「Peach Deli」の家族カード含めてのカード払い代金が1,000円以上で代金10%OFF
  • 関西国際空港にある「Fuchsia by Peach 国内ゲート店」での代金が1,000円以上で家族カード問わずにカードを提示すれば代金10%OFF
  • カード裏面にあるQRコードか行ける特別ページでスペシャルプレゼント企画
  • 年に1回の大抽選会を受けられる
  • 年に2回の航空券セールで航空券を格安で購入できる
  • 機内食「Peach Deli」の家族カード含めてのカード払い代金が1,000円以上で代金10%OFF
  • 関西国際空港にある「Fuchsia by Peach 国内ゲート店」での代金が1,000円以上で家族カード問わずにカードを提示すれば代金10%OFF
  • 非売品のPeach オリジナル限定グッズプレゼントを年間カード利用金額が80万円以上で条件を満たせる
  • 年に2回の大抽選会を受けられる
  • 年に4回の航空券セールで航空券を格安で購入できる
 
  • VISAブランドはワールドプレゼントポイント、JCBブランドはOki Dokiポイント
  • 還元率0.1%
  • ポイント有効期限はワールドプレゼントポイントもOki Dokiポイントも最長2年
  • 1ポイント→5ピーチポイントで移行できる
  • 1ピーチポイント→1円換算で空港やフライトのさまざまんことに使える
  • 入会キャンペーンで1,000円分のピーチポイントゲット
  • ピーチポイントの有効期限は最長180日
  • VISAブランドはワールドプレゼントポイント、JCBブランドはOki Dokiポイント
  • 還元率0.1%
  • ポイント有効期限はワールドプレゼントポイントもOki Dokiポイントも最長2年
  • 1ポイント→5ピーチポイントで移行できる
  • JCBブランドは1ポイント→8円分のピーチポイントに移行可能
  • 1ピーチポイント→1円換算で空港やフライトのさまざまんことに使える
  • 入会キャンペーンで2,000円分のピーチポイント

Peach Cardはベーシックとプレミアムがありますがどちらも共通して機内食と「Fuchsia by Peach 国内ゲート店」の代金が10%OFFになり、家族カードでも適用されるという長所があります。他にもプレゼント獲得チャンスが多くあり、ベーシックは年に2回、プレミアムは年に4回の航空券セールで格安フライトを利用できるのは見逃せません。

その一方でVISAブランドもJCBブランドもピーチポイントへの交換を目指す場合は還元率が心もとなく、ピーチポイントの有効期限が180日とかなり短いことから、ポイント交換タイミングはかなり考える必要があります。

Peach CardはプレミアムのJCBが一番ポイント還元率が高いがピーチポイントはポイント有効期限が短いのに注意

Peach Cardはベーシックとプレミアムがあり、ブランドはVISAとJCBの2つとなっています。VISAブランドの方はベーシックが実質的に年会費無料でプレミアムは発行初年度に家族カード含めて年会費割引サービスがあり、JCBはベーシックは年会費永久無料でプレミアムは割引サービスがありません。

機内食の割引サービスがベーシック・プレミアムだけでなく家族カードにも適応するというのは大きな長所であり、プレゼント獲得チャンスも豊富でベーシックならば年に2回、プレミアムは年に4回受けられる航空券セールはフライトにおいてかなりおトクです。

しかし、Peach Cardはポイント還元率が低めです。プレミアムのJCBが1ポイント→8ピーチポイントに交換ができますがVISAならばOki Dokiポイント、JCBならばワールドプレゼントポイントから交換するピーチポイントの有効期限が180日と短い欠点があります。

Peach Cardは航空券セールの割引が主な長所となっており、貯めたポイントをピーチポイントに交換できますが交換するタイミングをよく考える必要があります。

Peach Cardを作るときはメリットとデメリットを知っておくと使うときに困らないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ