ヤマダ・ビックカメラ・ヨドバシの家電系クレジットカード3枚徹底比較

ANAマイラーにおすすめなヤマダLABI ANAカードの特長

ヤマダLABI ANAカードの基本情報

  • 年会費・・・初年度無料、2年目以降500円+消費税(1回以上のカード利用実績で2年目無料)
  • 国際ブランド・・・アメリカン・エキスプレス
  • 入会資格・・・満18歳以上(高校生を除く)の方で安定収入のある方
  • 付帯保険・・・オンライン・プロテクション自動付帯、旅行関連保険はなし
  • 追加可能カード・・・ETCカード
  • 対応電子マネー・・・nanaco、iD、QUICPay、Suica、楽天Edy

ヤマダLABI ANAカードは、ANAマイレージクラブカード+ヤマダLABIカード+クレジット機能が1つになったカードで、旅行に関する保険はありませんが、3種類のポイントを貯められるカードとして優れています。

ヤマダLABI ANAカードで貯まる3つのポイント

ヤマダLABI ANAカードでは、ヤマダ電機での利用でヤマダポイント、ANA提携航空会社の利用でANAマイル、いつものショッピングで永久不滅ポイントの3つのポイントが貯まります。それぞれにポイントは相互で交換することができ、還元率はヤマダ電機での利用で最大10.5%にアップします。

ヤマダ電機でのポイントは、現金払いなら10%還元、他のクレジットカード払いなら8%還元、ヤマダLABI ANAカードでの支払いなら、現金払いと同じ10%還元でポイントがもらえます。さらにヤマダLABI ANAカードでの支払いには永久不滅ポイントが0.5%相当付与され、合計で10.5%の還元率にアップします。ヤマダ電機でのヤマダLABI ANAカード利用は、ヤマダポイントと永久不滅ポイントの2重取りができる仕組みです。

また月額300円で登録できるヤマダプレミアム会員になると、各種特典の利用が可能になるほか、年に2回ヤマダポイント残高の4%分をボーナスポイントとして獲得できます。マイルを貯めるには、ANAを始めとする提携航空会社利用時の支払い、日常の支払いをヤマダLABI ANAカードで行うだけで良く、日ごろからヤマダLABI ANAカード中心の支払いにより、3種類のポイントをしっかり貯めることができます。

Suicaチャージにもポイント還元があるビックカメラSuicaカードの特長

ビックカメラSuicaカードの基本情報

  • 年会費・・・初年度年会費無料、2年目以降477円+消費税(1回以上のカード利用実績で2年目無料)
  • 国際ブランド・・・VISA、JCB
  • 入会資格・・・高校生を除く満18歳以上の方で、国内在住・電話連絡の取れる方
  • 付帯保険・・・国内旅行傷害保険最高1,000万円、海外旅行傷害保険最高500万円、盗難保険
  • 追加可能カード・・・ETCカード
  • 対応電子マネー・・・Suica

ビックカメラSuicaカードは、ビックポイント+クレジット機能+Suica+JRE POINTが1つになったカードで、ビックポイントとJRE POINTを貯められます。

ビックカメラSuicaカードでもらえるポイント

ビックカメラSuicaカードでは、Suicaをクレジットオートチャージ、JR東日本みどりの窓口利用・びゅうプラザ・指定席券売機の利用をするとJRE POINTが1.5%相当、チャージしたSuicaでビックカメラ・コジマ・ソフマップで支払いをするとビックポイントが10%、合計で11.5%相当の還元率でポイントを貯められます。

その他、ビューカード・JCB・VISA対応のお店での買物、公共料金のクレジットカード払いでも、ビックポイントとJRE POINT各0.5%ずつ、合計1%還元を受けられます。

貯めたビックポイントは、Suicaにチャージでき、JRE POINTはビックポイントに交換が可能です。ビックカメラSuicaカードをSuicaへのオートチャージを始め、さまざまなシーンで活用することで、各ポイントを賢く貯めて使うことができます。普段からSuica圏の利用が多い方は、オートチャージを利用すれば改札の行き来もスムーズとなり、普段使いによるポイント獲得も実感しやすいでしょう。

年会費無料で11%還元を狙うならゴールドポイントカード・プラス

ゴールドポイントカード・プラスの基本情報

  • 年会費・・・無料
  • 国際ブランド・・・VISA
  • 入会資格・・・国内在住で高校生を除く満18歳以上の方で、電話連絡の取れる方
  • 付帯保険・・・カード会員保障制度(盗難保険)、ゴールドポイント安心保障制度(不正使用された場合10万ポイントまで補償)、買物プロテクション
  • 追加可能カード・・・ETCカード
  • 対応電子マネー・・・モバイルSuica、nanaco、Edy

ゴールドポイントカード・プラスは、ヨドバシカメラでの利用でゴールドポイントが貯まり、ポイントカードとクレジット機能が1つになったカードです。他の機能や提携はありませんが、ヨドバシカメラが大好きなヘビーユーザーなら持つべきカードだといえます。

ゴールドポイントカード・プラスでもらえるポイント

ゴールドポイントカード・プラスは、ヨドバシカメラでのカード利用で、現金払い時のポイント還元率にプラス1%され、10%還元の商品をゴールドポイントカード・プラスで購入した場合は、10%+1%で合計11%還元でゴールドポイントを貯められます。ヨドバシカメラでは他のクレジット払いで8%還元のため、3%も多くポイント還元を受けられることになります。

国内外のVISA加盟店でのゴールドポイントカード・プラスの利用では、常時1%還元でゴールドポイントを貯められます。他のクレジットカードでは0.5%還元が多い中で、常時1%還元は嬉しいメリットではないでしょうか。モバイルSuicaへのチャージでも1%還元なので、普段からモバイルSuicaを使うだけでも効率的にポイントを貯められます。

貯めたポイントの基本の有効期限は2年、ポイント取得からポイント加算や減算があれば、有効期限が更新される仕組みのため、ある程度貯めてから1P→1円で使うだけでも有効期限を更新できます。他社とのポイント交換ができませんが、年会費無料で11%還元を実現できるクレジットカードはなかなか他にないといえます。ヨドバシカメラのヘビーユーザーなら、年会費3,900円(税込)のヨドバシプレミアムへの加入も検討してみましょう。

ヨドバシプレミアムは、会員限定キャンペーンやWebセール、買物プロテクションが365日付帯、その他プレミアムな特典が満載の会員制度です。ヨドバシカメラでの買物が多く、ゴールドポイントもたくさん貯めて使う方には、最上級のおもてなしを体験できると評判になっています。

ヤマダ・ビックカメラ・ヨドバシのクレジットカードは用途や目的で選ぼう

ヤマダ・ビックカメラ・ヨドバシの家電系クレジットカードは、どれも自社でのカード利用で10%前後のポイント還元率となり、ポイント還元率だけで比較することは難しいところがあります。提携ポイントや機能、付帯サービスを総合的に見ていくと、どのカードもメインカードにするには一長一短があり、用途や目的別に使い分ける方が良いと判断できます。

ANAのマイルや複数のポイントを同時に貯められ、アメックスのステータス性とポイント重視のサブカートならヤマダLABI ANAカード、Suica圏での通勤・通学や国内旅行が中心で付帯保険も重視するならビックカメラSuicaカード、年会費を気にせず幅広い特典を利用でき、割引よりも高還元のポイントを活用したいならゴールドポイントカード・プラスがおすすめできます。

ポイント交換の有無、付帯保険の有無や種類で考えると、ライフスタイルに合わせた選択がベストで、普段から家電を買う店を絞ってクレジットカードを持つことも良い方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ