年会費13万円のアメックスプラチナと同等のサービスが利用できるSPGアメックスの魅力

ハイステータスカードだと特典が豪華な内容となってきますが、代わりに年会費は高くなります。

その為、ハイステータスカードの発行を考えているなら、検討すべきは年会費と特典の質で、年会費に対して特典の質が満足の行く内容となっているのかを、チェックしなくてはなりません。

カードによっては、AのカードとBのカードではA方が年会費は高いのに、BのカードはAのカードと同じ特典を用意している、などということにもなってしまうのです。

これならBのカードを発行した方が得と言えるでしょう。

そこで、同じサービスを提供しているアメックスプラチナとSPGアメックスを比較して行きます。

アメックスプラチナとSPGアメックスでは、同じ無料宿泊特典を取り扱っていて、アメックスプラチナとSPGアメックスの年会費の差は、10万円にもなるのです。

どちらもハイステータスカードですが、無料宿泊特典を利用したくてカードを検討しているのであれば、SPGアメックスの方が良いでしょう。

このように、カードによっては同じ特典を提供していることもあるのです。

では、アメックスプラチナとアメックスSPGについて見て行き、どちらが自分の求めている特典を扱っているカードなのか? 確認して行きましょう。

アメックスプラチナカードがインビテーション以外でも申込めるようになった

アメックスプラチナは最近までインビテーション式のクレジットカードだった為、発行するにはアメックスからの招待を待つしかありませんでしたが、インビテーション以外でももう込めるようになりました。

アメックスプラチナの年会費は13万円(税別)なので、それなりのステータスを持っている方でないと発行はできませんが、突撃申し込みが可能となったのは、発行基準を満たしている方にとっては大きなメリットでしょう。

もちろん、インビテーション制も取っているので、利用を重ねインビテーションを待つのも一つの方法です。

そして、アメックスプラチナには人気の特典→無料宿泊特典があり、この特典を利用したくてアメックスプラチナを狙っている方たくさんいることでしょう。

特典内容はホテルに無料宿泊できるものとなりますが、どんなホテルに泊まれるのか? 詳細が気になる方もたくさんいるはずなので、無料宿泊特典について詳しく見て行きます。

アメックスプラチナの無料宿泊特典とは?

アメックスプラチナの無料宿泊特典は「フリー・ステイ・ギフト」と言って、この特典を利用すれば無料にて高級ホテルに泊まれるのです。

この特典は、毎年カードの年会費を払うと2名1泊分としてアメックスから無料宿泊券が郵送され、この券で宿泊すると言うサービスとなっています。

対象ホテルは、毎年見直しが入り、現在はオークラホテル・ニッコーホテル・ハイアットホテル・ヒルトンホテル・プリンスホテル・ロイヤルパークホテルズ&リゾートとなっているので魅力的でしょう。

また、ホテルの場所もほとんどのところで対応していますが、利用の際は宿泊したいホテルに券が使用できるかの確認を取ってください。

この特典は、アメックスが提供している中でも豪華なものと言え、ラグジュアリー級のホテルは本来なら、高額を支払わなくてはならないのでとても得でしょう。

ですが、アメックスプラチナでないSPGアメックスでも、高級ホテルに無料で泊まることができてしまうのです。

SPGアメックスは、アメックスプラチナよりも年会費が安く、アメックスプラチナの発行目的が「フリー・ステイ・ギフト」だと言うのであれば、断然SPGアメックスの方がおすすめです。

SPGアメックスがどういったカードなのか? このカードの魅力について確認してきましょう。

無料宿泊特典を利用したいのであればSPGアメックス

SPGアメックスは年会費30,000円(税別)で発行できるクレジットカードです。

SPGとは、マリオット・ウェスティン・リッツカールトン・セントレジスホテル・コートヤード・シェラトンなどが加盟している、まさに事実上NO1のホテルが揃っているグループで、SPGアメックスとはこのSPGが発行しているクレジットカードとなります。

特典はSPGに加盟しているホテルに特化したものとなっていて、レイトチャックアウトや部屋のグレードアップ、チェックイン時に25%増しのボーナスポイントなどが進呈されるのです。

そして、このカードの魅力はSPGポイントが100円→3ポイントで貯まることで、このポイントはSPGホテル宿泊の際に1ポイント→1円の価値で利用できます。

1泊最大50,000ポイントまでなら使用可能となっています。

ポイントは、ショッピング利用で貯まり、日々利用して行けばたくさんのポイントを短期間で貯められ、その分無料で宿泊できる率も上がるので、年に1回しか進呈されない、「フリー・ステイ・ギフト」よりも、優れているでしょう。

この他にも、カード提示で同伴者1名の方まで、国内28空港・海外2空港の空港ラウンジが無料で利用できる特典もあります。

SPGアメックスは、ホテル宿泊に特化した優れたクレジットカードなのです。

アメックスプラチナとSPGアメックスの無料宿泊特典についての比較表

比較表 アメックスプラチナ SPGアメックス
無料宿泊特典 年会費を支払うと「フリー・ステイ・ギフト」として2名1泊の無料宿泊券が進呈される。 SPGグループのホテルに100円→3ポイントで貯めたポイントを利用して無料宿泊できる
年会費 13万円(税別) 30,000円(税別)

比較結果

比較表で比べると一目瞭然ですが、年会費の差から見てもSPGアメックスのポイントを利用した無料宿泊特典の方が優れていると言えます。

年会費の差は10万円にもなりますし、高級ホテルの無料宿泊特典を利用する為にアメックスプラチナの発行を考えていたのであれば、SPGアメックスを発行すればその希望は叶えられるのです。

もちろん、より一層のハイステータス性を求めているなら、アメックスプラチナは、誰でも発行できるカードではないですし、年会費も13万円(税別)と高額な為、そのことがステータスとなるでしょう。

しかし、SPGアメックスもステータス性は高く、ハイステータスカードにおよそ求められる特典である、空港ラウンジ無料利用・優れた特典(無料宿泊特典)はクリアしているカードと言えるので、発行価値は高いです。

また、SPGポイントは100円→3ポイントと、100円→1ポイントで換算率が良いことを売りとしている一般的なクレジットカードよりも付与率は良いと言えます。

特典においても一般的なカードだと、ポイント移行や景品交換などですが、SPGアメックスはラグジュアリー級のホテルです。

このことは換算率良く貯めたポイントを一般的な景品交換等に使うよりも、有意義と言え、真に得できるポイント行っても過言ではないでしょう。

ポイントも1泊50,000ポイントまでなら利用でき、50,000円分の宿泊費が浮くのは大きなメリットです。

アメックスプラチナにはコンシェルジュサービスなども付帯しているので、13万円の価値は確かにあるカードですが、SPGのホテルの従業員の対応はコンセルジュ並みなので、宿泊すれば夢のようなひと時を過ごせることは間違いありません。

価値あるカードを発行したいと考えているのであれば、SPGアメックスを発行してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ