クレジットカードの提示をすると無料でアルコールが飲める4つの空港ラウンジ


飛行機の待ち時間は大抵長く、その時間を有意義に使いたいもの。

もし空港ラウンジでアルコール飲料やおつまみを嗜んで、リラックスして過ごせたら素敵だと思いませんか?

こちらのコラムでは無料でアルコールを楽しめる4つの空港ラウンジと、有料で地酒や空港限定のアルコールを楽しめる空港についてご紹介します。

ただ、そのような空港ラウンジの入場は有料が多いので、無料入場できる特典付きのクレジットカードを持つことから始めるとよいでしょう。

アルコールが飲める空港ラウンジが全て利用できるだけでなく、空港までの手荷物も無料で運んでくれるベストカードは、ずばりアメックスグリーン。

この記事でわかること

・アルコールが無料の4つの空港ラウンジ
・地域限定アルコールがある空港ラウンジ
・空港ラウンジに飲食の持ち込みはできるか
・同伴者1名も空港ラウンジが無料のカード

月会費 1,100円(税込)
申込み資格 ・20歳以上で安定した収入のある方
・他のクレジットカードやローンの支払いで延滞の無い方
ポイントプログラム メンバーシップリワード
100円=1ポイント
付帯サービス 海外/国内旅行保険:最高5,000万円
ショッピング保険:最高500万円
プライオリティパス年会費無料

詳細ページボタン 申込みボタン

そもそも空港ラウンジとは?お酒は基本有料!

そもそも空港ラウンジとは?お酒は基本有料!

空港ラウンジで利用できるサービスについて

優雅な飛行機旅行ですが、搭乗時刻に余裕を持って空港に着いたときや、長距離フライトの前、出発時刻が大幅に遅れたときなどは、どこかでゆっくりと過ごしたくありませんか。

そんなときに便利なのが、空港ラウンジです。

空港によっては有料ラウンジがあり、ほとんどの場合大人1人1,000〜1,200円で利用できますが、持っているクレジットカードが空港ラウンジ特典付帯のカードだと、カードラウンジが無料で入れます。

また、空港ラウンジは「ゆっくり過ごせる場所」というだけではありません

ラウンジ毎にサービスが変わりますが、多くはフリーソフトドリンク、新聞や雑誌の閲覧、インターネット、FAXの使用ができ、中には荷物預かりや、シャワールームもあります。

空港に行く前に、場所やサービス内容を調べてみるとよいでしょう。

追加料金で飲める空港ラウンジのお酒について

空港ラウンジでは、缶ビールを購入できる自販機やビールサーバー、ワインコーナーなどが設置されていることがありますが、大抵は有料です。

中には、市販品が種類豊富に取り揃えたところもあれば、お酒好きには嬉しい地方の特色にあった地ビールや空港限定のアルコールを提供しているところもあります

例えば、後ほど詳細をご紹介しますが、羽田空港限定の「羽田スカイエール」もそのひとつです。

中には有料でも、「空港限定のアルコールが目的」という人もいますので、アルコール無料の空港ラウンジを探すのではなく、そういった特別なアルコールを楽しむのも旅の一興ではないでしょうか。

無料でアルコールが飲める空港ラウンジ

無料でアルコールが飲める空港ラウンジ

ほとんどの空港ラウンジはアルコールが有料となっていますが、実は無料でアルコールを飲める空港ラウンジが国内には4つあるのをご存じですか。

熊本空港、福岡空港では、ビール1杯目が無料、成田国際空港では缶ビールか缶ウィスキー1本目が無料中部国際空港では飲み放題となっています。

※現在、まん延防止等重点措置によりサービス停止中の空港もございます。
最新の提供情報は、各ラウンジの公式サイトをご確認ください。

成田国際空港のIASS Executive Lounge


IASS EXECUTIVE LOUNGE 1

成田国際空港 「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」/引用元:AMERICAN EXPRESS



IASS EXECUTIVE LOUNGE 2

成田国際空港 「IASS EXECUTIVE LOUNGE 2」/引用元:AMERICAN EXPRESS


成田国際空港のIASS Executive Loungeは2箇所あります。

いずれもアルコール類はおひとり1杯まで無料です。

アルコールの種類は缶ビール(アサヒ)や缶ウイスキーがあったり、その日によるかもしれませんが、おつまみに柿ピーが置いてあったりと、飛行機の待ち時間に大いにくつろげるサービスが用意されています。

中部国際空港のプレミアムラウンジ・セントレア


中部国際空港のプレミアムラウンジ・セントレア

プレミアムラウンジ セントレア/引用元:centrair


中部国際空港のプレミアムラウンジ・セントレアでは、生ビールが無料で何杯でも飲むことができます

おつまみやお菓子も用意されていて、中には名古屋名物の「しるこサンド」やセントレアカードラウンジ限定のまめ菓子もあるので、こちらを目当てに訪れるのも旅の楽しみのひとつになるのではないでしょうか。

熊本空港のラウンジASO


ラウンジ「ASO」

ラウンジ「ASO」/引用元:阿蘇くまもと空港


ラウンジ「ASO」では、サントリーのプレミアムモルツが提供されます。ビールサーバーで使える専用コインは受付でもらえるのですが、無料で飲めるビールの量は入場資格によって異なってきます。

  • ANA/JALの上級会員として入場した場合→何倍でも無料
  • ゴールド会員→1本目無料

また、こちらとは別に試飲として球磨焼酎が置かれています。強いアルコールがお好きな方は、飲んでみるのも良いでしょう。

ただし、泥酔状態だと飛行機に乗れないので、くれぐれもアルコールは嗜む程度で。

福岡空港のくつろぎラウンジTIME


くつろぎラウンジTIME

くつろぎラウンジTIME/引用元:福岡空港


福岡空港のくつろぎラウンジTIMEでは、フリーソフトドリンクまたはビール1本のどちらかを無料で飲める選択制を採用しています。

しかも、ビールは一番搾りかスーパードライの缶ビールから選ぶことが可能です。ラウンジの前には飛行機の滑走路が広がるため、特等席でビールを堪能している気分になります。

羽田空港限定の「羽田スカイエール」とは?

羽田空港限定の「羽田スカイエール」とは?

羽田空港でしか飲めないクラフトビール

追加料金を支払うことで飲める空港限定や地ビールがあると、記事冒頭でご紹介しましたが、ここでは具体例として羽田空港限定の「羽田スカイエール」についてご紹介します。

羽田スカイエールはその名の通り、東京の空の玄関口である羽田空港内でのみ飲めるオリジナルビールです。

大きく「Haneda AKY ALE」の文字と飛行機のロゴが入った瓶で売られています。

購入できる場所は3箇所あり、オリジナル保冷バックに入った状態(330ml×2本)で販売していますので、お土産として持ち帰ることも可能です。
※国際線は液体の機内持ち込みが不可ですのでご注意ください。

  • 第1ターミナル2F Cゲート前「京食賓館」
  • 第2ターミナル3F「BEER CAFE+」(ビアカフェプラス)
  • 第2ターミナル2F「SMILE TOKYO」(スマイルトウキョウ)

羽田スカイエールの樽生は、羽田空港内レストランまたは空港ラウンジ内だけで飲めます。瓶ビールとは違う味わいを探してみてください。

羽田スカイエールの口コミは?

羽田スカイエールの口コミは、ネット上では「スッキリとした味わい」「クラフトビール好きならハマる」「単価として高いけれど、保冷バックが可愛くて良い」と高評価を多く見かけます。

悪い口コミをあえて上げるなら、「賞味期限が短い」というものがありました。

製造されてから60日間が賞味期限なので、お土産として持って帰ったら、早めに飲む必要がありそうです。

空港ラウンジにアルコールの持ち込みはできる?

空港ラウンジにアルコールの持ち込みはできる?

持ち込みできるところもあるが基本は禁止

様々な観点から、空港ラウンジへ飲食の持ち込み、持ち出しは基本的に禁止となっています。

持ち込みできる例をあげるとすると、ANAラウンジやJALサクララウンジなどがそうですが、公式サイトの利用規約にはそれぞれ制限があるので、最低限マナーとして他の人に迷惑がかからないよう注意しましょう

ラウンジ内での以下の行為は、お控えください
(省略)
- ラウンジ内で提供している飲食物・備品をラウンジ外へ持ち出す行為
- ラウンジ内の施設、備品またはサービスを独占し、長時間利用する行為

ANA公式サイト「ラウンジ利用規則」より一部引用
  1. ラウンジで提供しているお食事・お飲み物をラウンジの外に持ち出すことはご遠慮ください。
  2. サクララウンジにお持ち込みになられた飲食物は各サクララウンジの「ダイニングスペース」(飲食可能エリア)*にてお召し上がりください。
    ダイヤモンド・プレミアラウンジではすべてのエリアにてお持ち込みになられた飲食物をお召し上がりいただけます。
    また、周囲のお客さまのご迷惑になる場合がございますので、お持ち込みになられたにおいの強いもののラウンジでの飲食はお控えください。
    *各空港ラウンジにおけるダイニングスペースはホームページまたは各空港ラウンジにてご確認ください。
JAPAN AIRLINES公式サイト「ラウンジご利用規則について」より一部引用

空港ラウンジ内の飲食物の持ち出しは禁止

空港ラウンジ内の飲食物の持ち出しは厳禁です。

大量に持ち出すようなマナー違反でなくても、衛生的にも飲食物は持ち出すことはNG。あくまでも空港ラウンジ内で楽しみましょう。

空港ラウンジの利用ならアメリカン・エキスプレスがおすすめ

空港ラウンジの利用ならアメリカン・エキスプレスがおすすめ

クレジットカードを持っていれば空港のカードラウンジが無料で使えるというわけではありません。カードラウンジが使えるのは、ゴールドカード以上というラウンジがほとんどであり、高い年会費を払っているからこそのサービスなのです。

そしてラウンジを使えるのは、ゴールドカードを持つ人だけに限られ、家族旅行やビジネスでの同伴者は使用料がかかってしまいます

一人ではなく、同伴者と一緒にラウンジに入りたいという方にはアメリカン・エキスプレスを選択するのが良いでしょう。

アメックスグリーンなら空港ラウンジが同伴者も1名まで無料

月会費 1,100円(税込)
家族カード月会費 550円(税込)
ポイント 100円につき1ポイント
特筆事項 プライオリティ・パスが年会費無料で登録可能
詳細ページボタン 申込みボタン

アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックスグリーン)は、国内外29空港の空港ラウンジを対象に、同伴者も1名無料で利用が可能です。

年会費も、他社のゴールドカードとアメックスグリーンを比較すると、大きな違いはありません。

それでいながら、さらにプライオリティ・パスが年会費無料で登録できて(通常99米ドル)、国内外1,200か所以上の空港ラウンジを会員+同伴者が1回32米ドルで利用できるのは、かなりお得と言えるでしょう。

気になるポイント還元は、カードを使用するごとに100円単位で1ポイントが貯まるので、少額のお買い物でも貯めやすく、貯めたポイントは体験型アイテムや各航空会社のマイルなどの豊富な選択肢から交換が可能で、使いやすいという良さがあります。

入会キャンペーンへ申し込む

年会費が7,700円(税込)と安いANAアメックス

年会費 7,700円(税込)
家族カード年会費 2,750円(税込)
ポイント 100円につき1ポイント(=1マイル※マイル交換には「ポイント移行コース」に登録が必要(年間参加費6,640円(税込))
特筆事項 入会時だけでなく、毎年カードの継続時に1,000マイルをプレゼント
詳細ページボタン 申込みボタン

プロパーカードへの拘りがなければ、ANAアメリカン・エキスプレス(通称ANAアメックス)も選択肢に入れてみてください。

年会費が7,700円(税込)で控えめで、持ちやすさが◎。ANAとAMEXの提携カードということもあり、ANAマイルの貯めやすさも特徴となっています。

空港ラウンジについては、国内外29空港の空港ラウンジを、同伴者1名と一緒に無料で利用できます。
※ANAラウンジサービスは、別途ANAが定めるご利用基準に基づき提供されているサービスのため、本カードでは利用できません。

入会キャンペーンへ申し込む

空港ラウンジ特典を使って無料でアルコールを楽もう

アメリカン・エキスプレスはもちろん旅行でも大活躍

空港ラウンジで過ごす時間を楽しむのに、無料でアルコールを楽しめる空港を選んで待ち時間を満喫するのはもちろん、有料で土地限定のアルコールを楽しむのも、旅の醍醐味と言えるでしょう。

ただ、空港ラウンジは入場に1,000〜1,200円程度の入場料金がかかってしまうので、空港ラウンジ無料利用特典が付帯しているクレジットカードを持つのがおすすめです。

特に、アメリカン・エキスプレス・カードなら、空港ラウンジを同伴者1名と無料で利用できますので、旅行サービスにおいて大いに効力を発揮してくれるカードと言っても過言ではありません。

日常の1枚としても使いたいステータスカードでもありますので、ぜひ検討してみてください。

迷ったら
コレ!

アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード

アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード
AMEX
  • 月額1,100円でアメックスを試せる
  • 提携店で利用するとポイント最大5倍
  • 旅行傷害保険が家族も対象となっている
  • 他のゴールドカード級のサービスが受けられる魅力的な1枚

月額制のアメックスにリニューアル!

リニューアルによって月額1,100円で持てるようになったアメックスグリーン。 申込みやすくなっただけではなく、アメックスグリーン専用の優待特典や最大3万円まで補償されるスマホ保険も追加されたことで、日常的に使いやすいクレジットカードとなっています。 申込み資格は20歳以上の安定収入のある方なので新社会人でも申込み可能です。 さらにアメックスは審査完了まで最短60秒というスピード審査!

電子マネー 月会費 家族カード(月会費) ETC専用カード 発行期間
電子マネー 1,100円(税込) 550円(税込) 無料
新規発行手数料:1枚935円(税込)
約2週間
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
1.0% 最高5,000万円 最高5,000万円 年間最高500万円 個別設定
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


Pick Upコラム




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

監修ファイナンシャルプランナー紹介


ページの先頭へ