新入社員でもアメックスカードの審査を通過できる人の特徴

ステータス感あふれるアメックス・グリーン

カードフェイスの色から「アメックス・グリーン」と通称されるアメックス(アメリカン・エキスプレス)カードは「持っているだけで自慢できるクレジットカード」といわれています。それほど、ステータス感のあるカードとして広く知られているカードなのには理由があります。

そのステータス感の理由の一つは、1万2,000円(税別)の年会費でしょう。

現在は年会費無料のクレジットカードも多く、MUFGゴールドカードやオリコカードザポイントゴールドのように税抜き1,000円代で持てるゴールドカードもあります。 そんななかで基本カードでありながら、他社のゴールドカード以上にもなりうる年会費が高級感を醸し出しています。

もちろん、単に年会費が高いだけでなく、それに見合ったさまざまな優待特典も用意されており、独自のT&E(Travel & Entertainment)サービスにより、旅行とエンターテイメントを楽しみたい人にとって、年会費以上のおトクがあるクレジットカードとなっています。

一昔前なら、アメックス・グリーンは敷居の高いカードとされていましたが、現在ではそこまで審査基準は厳しくないと言われています。たとえば、アメックスの公式サイトによると、20歳以上で定職(パート・アルバイトは含まない)についている人であれば申し込み可能とあります。

新入社員でも審査をパスする条件

しかし、申し込みができても審査に通らなければカードを持つことができません。 審査基準はいったいどうなっているのかについて確認していきましょう。

勤続年数や年収についての審査基準は公開されていませんが、会社員なら新入社員でも審査をパスする可能性があるといわれています。新入社員でもOKということは、新入社員並みの給料でもOKということでしょう。

アメックスを持つためには、とにかく安定した収入が毎月あるということが大切なのです。

そのほか、審査基準にかんしては、次のように考えられます。

アメックス・グリーンの審査基準

  • 会社の規模

いわゆる大企業の社員や公務員などのほうが、やはり審査では有利でしょう。これは、どこのカード会社でも言えることで、勤務先の倒産リスクなどを考えてのことです。ただし、大企業でなくとも、安定して継続的に運営されている企業なら、まず問題はないでしょう。あくまでも、大企業のほうがより有利というだけの話です。

なお、カード申し込みの入力フォームでは、職種、業種、勤務先名を記入する項目があり、大企業でなくても、安定した職種や業種のほうが審査で有利だと考えられます。

  • 学歴

学歴が審査で検討されることはないので、中卒や高卒であっても特に問題ありません。

  • 支払の延滞

他社クレジットカードでの延滞、家賃滞納、携帯電話料金などの引き落としミスがこれまでに一度でもあると、審査をパスしない可能性が高くなります。

  • 実家暮らし

特に新入社員など収入がそれほど高くない人の場合、実家暮らしは、毎月の家賃の出費が抑えられるという点で、審査でプラスに働くと考えられます。

  • 預貯金

カードの申し込みフォームに預貯金の記入欄がありますが任意記入となっており、特に若い人の場合、そこまで重視されないと考えられます。

このほかにもいろいろ考えられますが、基本的には、申し込みフォームに書く内容から、しっかりした社会人であることが伺えれば、新入社員であっても審査をパスする可能性は高いといえそうです。

アメックスの付帯サービスは最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯

では、審査をパスして得られるアメックス・グリーンのT&Eサービスとはどのようなものなのかをチェックしていきましょう。

アメックス・グリーンのT&Eサービス

エアポート・サービス

海外への出発時や帰国時、乗り継ぎの待ち時間などに、アメックス・グリーンなら、さまざまなサービスを利用できます。

  • 空港ラウンジ

国内外30ヵ所の空港ラウンジを、同伴の1名とともに無料で利用できます。また、国内外950ヵ所以上の空港ラウンジをカード会員と同伴者がそれぞれ1回27米ドルで利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に年会費無料で登録できます(通常は年会費99米ドル)。

  • 手荷物無料宅配サービス

自宅と空港間の往復で、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送します(対象空港は羽田空港・国際線、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)。

  • エアポート送迎サービス

海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社による送迎を割安の定額料金で提供します(対象空港は羽田空港国際線、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)。

  • 無料ポーターサービス

空港の駅改札やバス停からチェックインカウンターまで専任スタッフが荷物を運びます(対象空港は成田国際空港第1・第2ターミナル、関西国際空港)。

  • その他のエアポート・サービス

そのほか、空港周辺パーキングを低価格で利用できる「空港パーキング」、乗り継ぎ便の待ち時間などに荷物を預かってくれる「空港クロークサービス」、海外用レンタル携帯電話を割引価格で利用できる「海外携帯電話レンタル割引」などのエアポート・サービスを受けられます。

旅行傷害保険

カード会員本人に最高5,000万円の旅行傷害保険(国内・海外旅行傷害の傷害死亡・後遺障害保険)が付帯します。

エンターテイメント関連

  • コットンクラブ

東京・丸の内のライブ・レストラン「COTTON CLUB(コットンクラブ)」にて、カード会員限定の特典が用意されています。

  • 新国立劇場

新国立劇場にてさまざまな特典を利用できます。

  • チケットアクセス

チケットサイト「イープラス」と提携し、厳選したエンターテイメントのチケットを一般発売に先駆けて入手できます。

ポイントはマイルにも交換可能

アメックスのポイント制度「メンバーシップ・リワード」についても説明しておきましょう。

メンバーシップ・リワードでは100円の利用で1ポイントが貯まるほか、「ボーナスポイント・パートナーズ」の提携店で利用すると100円につき最大10ポイントが付与されます。さらに、「ぐるなび」で飲食店をネット予約したときには、来店人数1人あたり100ポイントが付与されます。

貯めたポイントはさまざまなアイテムへ交換できるほか、カード払い時にポイントを充当することもできます。その場合、1ポイントは0.3円のレートで換算されるので、通常利用では実質0.3%の還元率と考えていいでしょう。

ポイントを旅行代金に使う場合は少しおトクなレートとなり、「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」および「日本旅行」の対象店舗では、1ポイント=0.4円として使えます。これは実質0.4%の還元率です。

そのほか、ヨドバシカメラや高島屋の商品券、あるいは、楽天スーパーポイントやTポイントにも交換可能で、その場合、還元率は約0.33%となります。

さらに、ポイントはANAのほか、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージンアトランティック航空、タイ国際航空、エールフランス/KLM航空など15社の航空会社のマイルにも、2000ポイント=1000マイルとして移行できます。マイルの使い道にもよりますが、これは1000円相当と考えていいでしょう。つまり実質0.5%の還元率です。

ただし、ANAマイル(ANAマイレージクラブ)への移行には、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録が必須となり、それにはカード自体の年会費とは別に毎年5,000円(税別)がかかります。

このように、ポイント還元率が高いとはいいがたいアメックスではありますが、家賃支払に使うなど年間のカード利用料の多い方は、年間3.000円(税別)を支払い「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、ポイント換算レートを還元率1%以上にアップさせられます。

ポイント制度については使い方にコツが要されそうですが、それはそれとして、アメックス・グリーンのステータス感と充実のT&Eサービスを考えると、社会人ならぜひ持っておきたいクレジットカードであることには変わりがありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ