新入社員でもアメックスカードの審査を通過できる人の特徴


ステータス感あふれるアメックス・グリーン


アメリカン・エキスプレス・カード

カードフェイスの色から「アメックス・グリーン」と通称されるアメックス(アメリカン・エキスプレス)カードは「持っているだけで自慢できるクレジットカード」といわれています。それほど、ステータス感のあるカードとして広く知られているカードなのには理由があります。

ステータスカードとされる理由のひとつは、12,000円(税別)の年会費でしょう。

現在は年会費無料のクレジットカードも多く、ゴールドカードでも税抜き1,000円代で持てるカードが登場しています。その中でアメックス・グリーンは基本カードでありながら、他社のゴールドカード以上にもなりうる年会費が高級感を増し、クレジットカードの中でもランクの高いカードとして認識されています。

もちろん、単に年会費が高いだけでなく、それに見合ったさまざまな優待特典も用意されており、独自のT&E(Travel & Entertainment)サービスにより、旅行とエンターテイメントを楽しみたい人にとって、年会費以上のサービスがあるクレジットカードとなっています。

新入社員でも審査をパスする条件

しかし、申し込みができても審査に通らなければカードを持つことができません。 審査基準はいったいどうなっているのかについて確認していきましょう。

勤続年数や年収についての審査基準は公開されていませんが、アメックスは独自審査を行っているため、申込み資格の基準を満たしていれば新入社員でも審査に通過する可能性はあります。

アメックス・グリーンの審査基準

会社の規模

いわゆる大企業の社員や公務員などのほうが、審査では有利です。これは、どこのカード会社でも言えることで、勤務先の倒産リスクなどを考えてのこと。ただし、大企業でなくとも、安定して継続的に運営されている企業なら、まず問題はないでしょう。あくまでも、大企業のほうがより有利というだけの話です。

なお、カード申し込みの入力フォームでは、職種、業種、勤務先名を記入する項目があり、大企業でなくても、安定した職種や業種のほうが審査で有利だと考えられます。

学歴

学歴が審査で検討されることはないので、中卒や高卒であっても特に問題ありません。

支払の延滞

他社クレジットカードでの延滞、家賃滞納、携帯電話料金などの引き落としミスがこれまでに一度でもあると、審査をパスしない可能性が高くなります。

実家暮らし

特に新入社員など収入がそれほど高くない人の場合、実家暮らしは、毎月の家賃の出費が抑えられるという点で、審査でプラスに働くと考えられます。

預貯金

カードの申し込みフォームに預貯金の記入欄がありますが任意記入となっており、特に若い人の場合、そこまで重視されないと考えられます。

このほかにもいろいろ考えられますが、基本的には、申し込みフォームに書く内容から、しっかりした社会人であることが伺えれば、新入社員であっても審査をパスする可能性は高いといえそうです。

新卒でアメックスゴールドは手に入る?

アメックスゴールドはアメックス・グリーンよりも審査基準が厳しく、勤続年数が最低でも3年以上ないと審査を通過するのは難しいでしょう。「安定した収入を長期的に得られる人か」も確認されるため、新卒の場合は他のカードから挑戦してみてください。

プロパーカードより提携カードの方が審査は優しめ

アメックスには、アメックス単体のプロパーカードのほかに、ANAアメリカン・エキスプレス・カード、SPGアメリカン・エキスプレス・カード、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードといった提携カードがあります。

提携カードにはプロパーカードほどのステータス性はありませんが、年会費が安く、審査も通りやすいため、審査が不安な方な方やアメックスの実績を積んでからプロパーカードに挑戦してみたい方におすすめです。

ANAアメックスの審査基準

年会費 7,000円+税
還元率 1%
保険 海外旅行保険:最高3,000万円
国内旅行保険:最高2,000万円
ショッピング保険:年間最高200万円

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、アメックス・グリーンの年会費と比べると5,000円も安く持てるのにかかわらず、旅行保険は海外だけでなく国内旅行に対してもしっかり付帯しています。クレジットポイントだけでなくANAマイルも貯めやすい性質をもっていたり、空港ラウンジの無料利用サービスや、手荷物無料宅配サービスなど、ANAとアメックス双方の特典が付いているのもメリットです。

審査条件

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの申し込み条件は4つあります。

  • 原則として20歳以上
  • 日本国内に定住所を持つ方
  • 日本国内で定職、定収入を持つ方
  • 他のクレジットカードやローンで延滞がない方

ANAアメリカン・エキスプレス・カードも審査の明確な基準はないですが、上記の条件からも「年収・延滞履歴」は特にチェックされると予想されます。あくまで参考程度になりますが、安定した収入があるか否かの基準としては、一般的に300万円がボーダーと考えられます。

いくら提携カードがプロパーカードより審査が優しめといっても、これらの条件が満たされていないと審査を通過するのは難しいでしょう。

関連コラム:「ANAアメックスがどうしても欲しい! 審査に合格するために必要な基準と小技を解説」はこちら >

アメックスの付帯サービスは高額な旅行傷害保険が付帯

では、次に審査をパスして得られるアメックス・グリーンとANAアメックスカードのサービスとはどのようなものがあるのかをチェックしていきましょう。

エアポート・サービス

海外への出発時や帰国時、乗り継ぎの待ち時間などに、アメックスなら、さまざまなサービスを利用できます。

空港ラウンジ

国内外30ヵ所の空港ラウンジを、同伴の1名とともに無料で利用できます。

ANAアメックスにはありませんが、アメックス・グリーンなら、さらに国内外950ヵ所以上の空港ラウンジをカード会員と同伴者がそれぞれ1回27米ドルで利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に年会費無料で登録できます(通常は年会費99米ドル)。

手荷物無料宅配サービス

自宅と空港間の往復で、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送します(対象空港は羽田空港・国際線、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)。

エアポート送迎サービス

海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社による送迎を割安の定額料金で提供します(対象空港は羽田空港国際線、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)。ANAアメックスにはなく、ANAアメックスゴールド以上になると付帯します。

無料ポーターサービス

空港の駅改札やバス停からチェックインカウンターまで専任スタッフが荷物を運びます(対象空港は成田国際空港第1・第2ターミナル、関西国際空港)。こちらはANAアメックスには付帯していません。

旅行傷害保険

アメックス・グリーンの場合は最高5,000万円の旅行傷害保険(国内・海外旅行傷害)、ANAアメックスの場合は海外旅行障害保険が最高3,000万円、国内旅行傷害保険が最高2,000万円付帯します。

エンターテイメント関連

アメリカン・エキスプレス・セレクト

会員限定で国内外のショッピングや旅行、グルメなどの優待やサービスがあります。

チケットアクセス

チケットサイト「イープラス」と提携し、厳選したエンターテイメントのチケットを一般発売に先駆けて入手できます。

ポイントはマイルにも交換可能

アメックスのポイント制度「メンバーシップ・リワード」についても説明しておきましょう。

メンバーシップ・リワードでは100円の利用で1ポイントが貯まるほか、「ボーナスポイント・パートナーズ」の提携店で利用すると100円につき最大10ポイントが付与されます。さらに、「ぐるなび」で飲食店をネット予約したときには、来店人数1人あたり100ポイントが付与されます。

ポイント利用先と還元率

貯めたポイントはさまざまなアイテムへ交換できるほか、カード払い時にポイントを充当することもできます。その場合、1ポイントは0.3円のレートで換算されるので、通常利用では実質0.3%の還元率と考えていいでしょう。

ポイントを旅行代金に使う場合は少しおトクなレートとなり、「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」および「日本旅行」の対象店舗では、1ポイント=0.4円として使えます。これは実質0.4%の還元率です。

そのほか、ヨドバシカメラや高島屋の商品券、あるいは、楽天スーパーポイントやTポイントにも交換可能で、その場合、還元率は約0.33%となります。

ポイントをマイルに交換する際の注意点

さらに、ポイントはANAのほか、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージンアトランティック航空、タイ国際航空、エールフランス/KLM航空など15社の航空会社のマイルにも移行できます。

ただし、アメックス・グリーンもANAアメックスも、ANAマイル(ANAマイレージクラブ)への移行には、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録が必須となり、それにはカード自体の年会費とは別に毎年5,000円(税別)がかかりますので注意しましょう。

また、アメックス・グリーンの場合は通常2ポイント1マイルと、0.5%のレートでの交換となります。これに対し、ANAアメックスは1,000ポイントにつき1,000マイルが交換できます。

アメックス・グリーンでも1ポイントにつき1マイルで交換したい場合や、家賃支払に使うなど年間のカード利用料の多い方は、年間3,000円(税別)を支払い「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、ポイント換算レートを還元率1%以上にアップさせられます。

そんなアメックスですが、こちらのぺージにあるリンクから申し込むと入会特典が得られる、お得なキャンペーンを実施しています。

ANAアメックスの入会特典でマイルを大量ゲット!

現在ANAアメックスはキャンペーンを行っており、最大を獲得することができます!

カードご利用ボーナス獲得条件 獲得ポイント
合計 相当


があれば国内外の往復航空券に交換できるほどなので、まとまった買い物の予定がある方はこのタイミングでANAアメックスを検討するのもおすすめです。

またANAアメックスは通常のアメックスにはない継続ボーナスという制度があり、毎年更新するだけで1,000マイルを獲得することができます。

年会費は7,700円(税込)かかりますが、1,000マイルは本来10万円分利用した際に獲得できるマイルなので年会費分以上の価値があるコストパフォーマンスに優れたクレジットカードと言えるでしょう。



ANAアメリカン・エキスプレス・カード

年会費

7,700円(税込)

還元率

1%

発行期間

約2週間前後

ETCカード


年会費無料
※新規発行手数料935円(税込)

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック


新規入会で最大プレゼント!
今ならご入会特典で最大相当が手に入る!
ANAマイルを貯めたい人は必見の入会キャンペーンです!
も貯まれば国内外旅行の往復航空券とも交換可能になります!
このお得なキャンペーンをお見逃しなく!

継続利用で毎年1,000マイルプレゼント
ANAアメックスはカードを更新する度に1,000マイルがプレゼントされます。
1,000マイルは本来10万円分利用しないと手に入らないマイル数なのでカードを更新するだけで年会費以上の価値はあると言えるでしょう。
アメックスのサービスも受けつつANAマイルを効率的に貯める
ANAアメックスは通常のアメックスサービスを引き継ぎつつ、ANAマイルの獲得に特化したクレジットカードとなります。
旅行のサービスの質を全体的に上げたい、でもマイルの獲得数にもこだわりたいという方におすすめです。

アメックスカードの中で最も年会費が安いクレジットカード
プロパーカードであるアメックスグリーンは年会費12,000円+税かかりますが、ANAアメックスは7,000円+税で所有することが可能です。
この年会費はアメックスカードの中で最も安い年会費なので、お試しでアメックスサービスを受けてみたいと考えていた方はANAアメックスがおすすめです。

ETCカードの年会費が無料
アメックスはETCカードの年会費が無料なので、発行手数料の935円(税込)だけ支払えば維持費がかかりません。
日常的に車に乗ることはないけどたまにETCカードを使いたいという方はアメックスのようにETCカードの年会費がかからないクレジットカードを選ぶと良いでしょう。
初年度年会費 海外保険 国内保険
7,700円(税込) 最高3,000万円 最高2,000万円
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー電子マネー 約2週間前後 個別設定


クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club