気になるスカイトラベラーのマイル移行手数料とは? お得に利用するマイル移行方法とは


ここに注意!
アメックススカイトラベラーは現在新規の申込は停止しています。

アメックススカイトラベラーは年会費が安くてメンバーシップ・リワードプラスが自動付帯!

ステータス性とグレードが高く、海外旅行に関して強力な特典が付くことで知られるアメックスカードですが、その中でもさらに海外旅行や海外出張をする方に特化しているクレジットカードがアメックススカイトラベラーになります。

アメックススカイトラベラーの年会費は11,000円(税込)で家族カードは5,500円(税込)となっており、高ランクカードに分類されるクレジットカードですが本来は3,300円(税込)となるメンバーシップ・リワードが自動で付帯されているので、実質的な年会費は7,000円+税別と言えますし、メンバーシップ・リワード自動付帯によってポイントの有効期限がないという特典があります。

メンバーシップ・リワードとは?

アメックススカイトラベラーの補償に関しては国内外の旅行傷害保険が最大3,000万円で航空便遅延費用補償によってフライトが遅れてしまった際に生じた宿泊費や食事代に手荷物到着の遅延、紛失にて生じた費用も負担してもらえます。

オンライン・プロテクションにてインターネット上でのカード不正使用による損害の補償に加え、ショッピング・プロテクションによって国内外にてカード払いで購入した商品が購入日から90日以内に破損か盗難といった損害を受けた場合は年間最高500万円まで補償してもらえるほか、カード紛失・盗難は無料でカード再発行してもらえるなど補償がしっかりしているのも特長です。

ただし、アメックススカイトラベラーはアメックスプロパーカードを所有していると発行できないという欠点があるので、発行する場合はアメックスプロパーカードを解約する必要があることには注意が必要です。

アメックススカイトラベラーの豊富な空港特典

アメックススカイトラベラーは国内外旅行傷害保険が最高3,000万円が付帯されるだけでなく航空日員遅延費用補償があり、それ以外にも24時間の電話連絡で海外旅行や出張先の相談ができるグローバルホットラインに、24時間365日にわたって全世界30,000都市の提携ホテルや海外ツアーを優待サービスにて予約できるエクスペディアがあります。

また、国内外の提携空港ラウンジを同伴の方1名まで無料にて利用することができ、成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港にて旅行や出張からの帰国時に空港から自宅までスーツケース1個を無料配送できる手荷物無料宅配サービスがあります。

アメックススカイトラベラーのポイント3倍ボーナスがあり! 

アメックススカイトラベラーは基本還元率が100円につき1ポイントの1%のポイントプログラムを提携航空会社の航空券や提携旅行代理店の特定旅行商品を購入することでスカイ・トラベラー3倍ボ ーナスとなり、還元率3倍の3%にすることができます。

おまけにアメックススカイトラベラーは本来、登録料3,300円(税込)のメンバーシップ・リワードが自動付帯となっているのでポイントの有効期限がなく、いつでもポイントを使用することができ、ポイントの有効期限も無期限になります。

ANAマイルへの移行には注意!? アメックススカイトラベラーのマイル移行の手数料について

メンバーシップ・リワードに登録していない場合は貯めたポイントをマイルに移行する場合は2,000ポイント→1,000提携空港マイルに移行となってしまい、移行手数料によってポイントからマイルへの高官倍率が半分になってしまいます。

しかし、アメックススカイトラベラーならばポイント→提携マイルへの移行が1ポイント→1マイルとなります。ANAマイルへの移行にはアメックススカイトラベラーに登録していても5,000円+税別の登録料がかかってしまいますので注意しましょう。ANAマイルに移行するにしても本来は登録料8,000円のところを5,000円に出来るのでおトクです。

もしもアメックスのポイントを手数料無しでマイルへおトクに移行したい場合はアメックススカイトラベラーを発行して、獲得したポイントをANAマイル以外の提携空港マイルに移行しましょう。

マイルを貯めたい人におすすめのアメックスカード

アメックススカイトラベラーの新規受付は停止してしまいましたが、まだまだアメックスにはポイントをマイルに交換できるおすすめのカードがあります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

詳細ページボタン 申込みボタン

ANAアメックスカードはANAマイルに特化したカードです。
ANAグループでの利用でポイントが1.5倍になるとともに、毎年カードの利用を継続すると年に1000マイルがプレゼントされるためポイントがどんどんと貯まり、貯めたポイントは1,000Pt=1,000マイルの高交換レートでANAマイルに変えることが出来ます。

さらに、旅行傷害保険もしっかりと付帯しているので、旅行時に持っていきたい1枚です

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

詳細ページボタン 申込みボタン

アメックスグリーンはそのステータスの高さ故持っているだけで周囲から一目置かれるカードです。 サービスやポイントプログラム、保険などが充実しており、海外旅行の際にも非常に便利です

貯めたポイントを様々なマイルに換えることができるので幅広い目的で利用することが可能です。

また、世界の空港でVIPラウンジが使えるサービスであるプライオリティパスが付帯しているので、旅行先の各VIPラウンジを堪能できる点も魅力の1つです。

3枚のカードを比較

上記で紹介したおすすめカード2枚とアメリカン・エキスプレス スカイトラベラーをカテゴリーごとに比較してみたので、こちらで紹介します。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス スカイトラベラー
アメリカン・エキスプレス スカイトラベラー
アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 7,700円(税込) 11,000円(税込) 13,200円(税込)
可能なマイル移行先 ANAマイルのみに移行可能 様々なマイルに移行可能 様々なマイルに移行可能
ポイントをマイル移行するための手数料 6,600円(税込)/年
(ポイント移行コース登録料金)
無料
※ANAマイルに移行したい場合のみ6,600円(税込)/年
3,300円(税込)/年+5,500円(税込)/年
(メンバーシップ・リワード・プラス登録料金)+(ポイント移行の手数料)
マイル利用可能会社
ANAのみで利用可能 対象の航空会社(全26社)で利用可能 対象の航空会社(全15社)で利用可能

ANAアメックスは頻繁にANAを利用する方には非常におすすめの1枚です。旅行や出張などその目的は様々ですが、かかる費用はやすくないと思うので ANAアメックスで支払うことで、ポイントも効率よく貯めていくことが出来るでしょう。

アメックスグリーンは様々な航空会社を利用する方や、質の高いサービスを受けたい方におすすめのカードです
アメックスといえばこれ!というカードなので日々そのステータスの高さを感じていくことが出来るでしょう



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
マネー研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club

監修ファイナンシャルプランナー紹介