SPGアメックスのポイントの使い道!おすすめ4選

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


SPGアメックスは年会費以上の価値があるクレジットカード
SPGアメックスは他のクレジットカードに比べると少し年会費が高いですが、サービス内容を考えるとむしろ安く感じてしまうほどです。
クレカLabのスタッフが実際にウェスティンホテル東京に行ってSPGアメックスの魅力を聞いてきました!

ホテルライフを充実させるロイヤルティプログラム「Marriott Bonvoy™」

ロイヤルティプログラム「Marriott Bonvoy™(マリオット ボンヴォイ)」(旧SPGプログラム)とは、マリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、スターウッド プリファード ゲスト(SPG)が統一された無料で入会できるホテルのポイントプログラムです。

ロイヤルティプログラム会員になると、シェラトン、フォーポイントバイシェラトンなど11のホテルブランド、世界中に6,700軒を超えるマリオット参加ホテル・提携ホテルにおいて、無料宿泊特典」などを含む各種特典と、充実したポイントサービスが提供されます。

ロイヤルティプログラム会員が対象となるホテルに滞在すると、 100円の利用につき6ポイント、さらにMarriott Bonvoyゴールドエリート会員資格によって1米ドルにつき12.5ポイントMarriott Bonvoyポイント)が貯まります。

会員を含む団体であれば、1回の滞在で3部屋までポイントが付与されるほか、宿泊しなくても対象ホテルの直営レストラン等で10米ドルを超える利用があれば、ポイント付与の対象になります。

なお、同居する家族に複数のロイヤルティプログラム会員がいる場合、1,000P単位でポイントを相互に移動可能で、ポイントを合算することも可能です。

本コラムでは、持つだけでロイヤルティプログラム会員資格が付与されるクレジットカード「SPGアメックス」のポイントの賢い使い道をご紹介します。

ポイントを賢く交換する4つの使い道

SPGアメックスのポイント(Marriott Bonvoyポイント)の主な使い道は、以下の3パターンに分けられます。

  • 商品への交換
  • 他社ポイント(マイル)への交換
  • 割引(支払いへの充当)

宿泊券や航空券など、他社のポイントでは交換できないSPGアメックスならではの使い道も用意されています。

1.ぜいたくに泊まる


01

無料宿泊券への交換

世界7,000以上のホテルの無料宿泊券に交換することが可能です。

Marriott Bonvoy™参加・提携ホテルはグレードに応じてカテゴリー分けされており、カテゴリー番号の大きいハイグレードなホテルになるほど、多くのポイントが必要となります。

たとえば平日の宿泊の場合、 カテゴリー1のホテル(シェラトン銀川)では7,500P、最上級カテゴリー8のホテル(ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ)では70,000Pで無料宿泊券へ交換可能です。

また、無料宿泊券に交換する場合は、4連泊分をまとめて交換するのがおすすめです。

4連泊分の無料宿泊券に交換した場合、 4泊分のポイントで5連泊が可能になり、1泊分はポイントを使うことなく無料で宿泊できるので大変お得です。

この種の無料宿泊サービスには、 ブラックアウト日(特典除外日)といって、繁忙期などに特典が適用されない時期が設定されているものですが、Marriott Bonvoyポイントを無料宿泊券に交換する場合には基本的にブラックアウト日はありません

無料宿泊券獲得に必要なポイント数は下記の通りです。

オフピーク 必要ポイント数
カテゴリー1 5,000
カテゴリー2 10,000
カテゴリー3 15,000
カテゴリー4 20,000
カテゴリー5 30,000
カテゴリー6 40,000
カテゴリー7 50,000
カテゴリー8 70,000
スタンダード 必要ポイント数
カテゴリー1 7,500
カテゴリー2 12,500
カテゴリー3 17,500
カテゴリー4 25,000
カテゴリー5 35,000
カテゴリー6 50,000
カテゴリー7 60,000
カテゴリー8 85,000
ピーク 必要ポイント数
カテゴリー1 10,000
カテゴリー2 15,000
カテゴリー3 20,000
カテゴリー4 30,000
カテゴリー5 40,000
カテゴリー6 60,000
カテゴリー7 70,000
カテゴリー8 100,000

ピーク/スタンダード/オフピークの時期はホテルによって異なるため、注意が必要です。また、滞在日数や部屋のグレードによって必要ポイント数が変動する場合があります。

日本国内ではマリオットボンヴォイに加盟している71のホテルで宿泊券やアップグレードを利用することができます。(※2021年4月16日現在)

マリオットボンヴォイに加盟しているホテルはこちらから確認可能です。

アップグレード特典

チェックイン時の空室状況によって、エンハンスドルーム(より良い客室)へのアップグレードが可能です。

このアップグレードで、上層階の部屋、角部屋、新規改装した部屋や眺望の良い部屋などをリーズナブルに利用できます。

ただし、このアップグレード特典にスイートルームは含まれません。

ポイントセーバーで20%割引

マリオットボンヴォイのプログラムに含まれる「ポイントセーバー特典」を利用すると、ポイントを利用した無料宿泊券が最大20%割引になります。

ただし、この特典についてはブラックアウト日があるため注意が必要です。また、Marriott Bonvoy参加・対象ホテルのすべてが対象になるわけではありません。

2.おトクに旅をする


02

トラべルパッケージへ交換

ポイントをただマイルに交換するのみの使い道だけでなく、1週間分のホテル滞在と航空会社のマイルがセットになったパッケージに交換する使い道も用意されています。

ユナイテッド航空マイレージプラスとほか40社以上の航空会社がこのパッケージの対象となっており、パッケージに交換することでお得にマイルを獲得できます。

ホテルカテゴリー 必要ポイント数
7泊+50,000マイル 7泊+100,000マイル
カテゴリー1~4 255,000 330,000
カテゴリー5 315,000 390,000
カテゴリー6 435,000 510,000
カテゴリー7 495,000 570,000
カテゴリー8 675,000 750,000

ユナイテッド航空マイレージプラスに限り、同じ必要ポイント数で通常50,000マイル獲得のところを55,000マイル、100,000マイル獲得のところを110,000マイル獲得することが可能です。

航空券への交換

マリオットボンヴォイの公式サイトから、日程等の希望に合わせた様々な航空会社のチケットに交換できます。

発着地と日付、利用人数と座席クラスを入力するだけで様々な航空会社のフライト候補が表示され、通常の購入価格と必要ポイント数を比較することが可能です。

基本的にブラックアウト日がないため、日時などの条件に縛りなく航空券を選択できます。

マイル移行

40社を超える主要航空会社のマイルに移行できます。

1回で60,000ポイント以上を移行すると、60,000Pごとに5,000Pが自動的にプレゼントされて、よりお得です。

ナイト&フライト

ポイントを対象ホテル(カテゴリー3~4)の無料宿泊5泊分と50,000マイルへと同時に交換すると、最大20,000P分の割引が可能です。

3.エンターテイメントを楽しむ


03

Marriott Bonvoyモーメンツプログラム

お金では買えない貴重な体験やイベントを、会員専用サイト「Marriott Bonvoy Moments」で入札できます。

ムンバイのクリケット選手との交流イベントやビデオメッセージなどが対象のイベントとして掲載されています。(※2021年4月16日現在)

4.用途によって使い分ける


04

寄付による社会貢献

Clean the World、The American Red Cross(アメリカ赤十字)、ユニセフ、世界自然保護基金(WWF)など、この他にも30の非営利団体への寄付が可能です。

ギフトカードへの交換

Amazon.com、GAP、iTunesなどのギフトカードへ交換できますが、アメリカやカナダに在住している人を対象としたものが多いため、あまりおすすめの使い道とはいえません。

SPGアメックスで自動的に「ゴールドエリート」会員資格が与えられる

通常、ゴールドエリート会員になるには、対象となるホテルに25泊の宿泊をすることが条件となっていますが、アメリカン・エキスプレスが発行するSPGのクレジットカード(SPGアメックス)を取得すると自動的にゴールド資格が付与されます

SPGアメックスには年会費として 34,100円(税込)、家族カードには年会費17,050円(税込)がかかりますが、充実した数々の特典から、SPG参加・提携ホテルをよく使う方であれば、年会費以上のメリットを活用することが可能です。

ゴールドエリートにグレードアップするとどのようなメリットがあるのか、ご紹介します。

ゴールドエリート会員のポイント特典


05

約4%の高還元率でポイントが貯まる

対象ホテルでの宿泊料金、ホテル直営レストランの利用で、100円につき6Pが貯まる上、ゴールドエリート会員は25%ボーナスとして、1米ドルごとに12.5ポイントが付与されます。

無料宿泊券に交換する場合、宿泊日時やグレードによっては4%以上の還元率となるため非常にお得です。

通常対象外のホテル・レストラン利用でも貯まる

また、対象ホテルやレストラン以外でも100円あたりの利用で3Pを貯めることが可能です。

ゴールドエリート会員の宿泊特典


06

レイトチェックアウト

16時までチェックアウトを延期できます(例外あり)。

無料アップグレード

チェックイン時、空室状況に応じ、宿泊する部屋をアップグレードしてもらえます。

ウェルカムギフト

「ボーナスポイント」「客室内インターネットアクセス」「ドリンクサービス」のいずれかをウェルカムギフトとして無料で利用できます。

Marriott Bonvoyのレストラン+バーの代金が15%オフ

アジア太平洋地域に2,800以上あるMarriott Bonvoyのレストラン+バーの代金が15%オフとなります。

無料宿泊特典プレゼント

毎年カードを継続するたびに、Marriott Bonvoy対象ホテルの交換レート1泊35,000ポイントまでのホテルを1泊1室(2名様まで)予約できる無料宿泊特典が付与されます。

スタンダードルームに空室がある限り、ブラックアウト日なしでこの特典を利用できます。

アメックスの特典でさらにお得に

SPGアメックスの最大の魅力はそのポイント還元率です。

100円→1米ドルで換算した場合、対象ホテル・レストランでのわずか27,100円の利用で、ポイントの使い道の一つである無料宿泊券に交換できる最低ラインの5,000Pへ達します。

カテゴリー8の最上級ホテルの無料宿泊券に交換できる最低ラインの70,000ポイントであれば、約38万円分の利用でそれだけのポイントが貯まります。

38万円のホテル・レストラン利用というと一見ハードルが高そうですが、通常のクレジット支払い分を含めると十分達成可能です。

たとえば、一か月の公共料金を2万円、食費の支払いを8万円の計10万円と仮定した場合、年間合計120万円で貯まるポイントは32,400P(公共料金分:3,600P/食費分:28,800P)。残り37,600Pを対象ホテル・レストランで貯めるには約20万円分の利用で達成できるということになります。

約20万円分というと、年に4回のホテル利用があるとすれば、各回約50,000円となります。この例からも、比較的容易にポイントを貯められることが分かります。

アメックスの特典


07

SPGアメックスには、Marriott Bonvoyのポイントサービスだけでなく、もちろんアメックス自体の特典も付いてきます。

空港ラウンジ

国内28空港・海外2空港の空港ラウンジを、カード会員と同伴1名まで無料で利用できます。

最高1億円の海外旅行傷害保険

国際航空券の代金をこのカードで支払うと、最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯します。

また、アメックスカードでの支払いではない場合でも、最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯します。

エアポート送迎サービス

海外旅行の出発・帰国時に、利用可能地域内で指定された場所と空港との間を、提携タクシー会社で定額料金にて送迎します。

対象の空港は成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港です。

航空便遅延費用補償

航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金、食事代などを補償します。

ショッピング・プロテクション

カードで購入した商品について、購入日から90日以内に生じた破損・盗難などの損害を、1人年間最高500万円まで補償します。

SPGアメックスのポイントの貯め方

SPGアメックスのポイント(Marriott Bonvoyポイント)を貯めるには下記の方法があります。

  • 対象ホテル・レストラン利用時の支払いで貯める
  • カード決済で貯める
  • ポイントを購入して貯める

通常100円で3ポイント、マリオットボンヴォイ加盟のホテル・レストランでは100円で6ポイントが付与されます。

ただし、税金・公金の支払いやAmazon Pay・d払いなどの一部の決済手段では還元率が200円につき3ポイントとなっているため、注意が必要です。

また、ポイントには24カ月の期限がありますが、ポイントを利用(景品へ交換)するたびに有効期限が延長されるので、こまめに交換を行うことで実質有効期限なしでポイントを貯めることができます。

足りない場合にはポイント購入も可能!

使い道が決まっているのにポイントが少しだけ足りない…という場合には、わざわざカード決済をしなくてもポイントを直接購入することができます

ポイントは通常1,000ポイント12.5ドルで販売されており、最大で1年間に100,000ポイントまで購入可能です。

ただし、定期的に25%~30%OFFの割引+40%~+60%のポイント増量などのセールが開催されているため、通常価格の時に購入するのはあまりおすすめできません

また、新規会員は入会後1年後からしかポイントを購入することはできませんので、注意が必要です。

ポイント購入はお得なのか

セール時に足りない分だけポイントを購入したい!という方にはおすすめですが、それ以外のケースでまとめてポイントを購入することはあまりおすすめできません。

ポイントを貯める方法 1,000P貯めるのに
必要な額
ポイント購入で
貯める
【通常】 12.5米ドル
(約12,500円)
【割引】
30%OFF
8.75米ドル
(約8,750円)
【増量】
+60%
7.8125米ドル
(約7,812円)
カード利用で
貯める
ホテル・レストランで
貯める
約16,666円
カード決済で
貯める
約33,333円

一見ポイントを購入した方がお得なように感じられますが、カード利用で貯める際にはホテルやレストランの利用がメインになるのに対して、当然ですがポイント購入の場合はポイント以外のサービスが付帯しません

そのため、ポイント購入は「交換したい特典や使い道に少しだけポイントが足りない…」という場合に利用するのがおすすめです。

Marriott Bonvoyのプラチナ会員への道を開く特典も

ロイヤリティプログラムには、ゴールド特典の上にさらにプラチナエリート会員資格があります。

プラチナ会員になると、ゴールド会員の全特典に加え、空室状況次第でチェックイン時に最上級の部屋へ自動アップグレードされるサービスや、ホテル内ジムの無料利用コンシェルジュサービスなどの特典を受けられます。

プラチナ会員になるには、年間50泊の宿泊が条件となり、なかなか高いハードルといえます。

しかし、SPGアメックスを持っている会員は、毎年のカードの継続時にプラチナ取得につながる「5泊分の宿泊実績」がプレゼントされます。

つまり、SPGアメックスを持っているだけで、実際には泊まっていなくても、その分、泊まったものとしてプラチナ獲得条件の実績にカウントされるので、プラチナ取得がより容易になるのです。

Marriott Bonvoyポイントのおすすめの使い道

多くの交換先が用意されているMarriott Bonvoyポイントですが、特におすすめの交換先はやはり無料宿泊券への交換です。

ポイントを利用してハイグレードなホテルに宿泊できるだけでなく、ブラックアウト日がないことから非常に人気の交換先となっています。

特に旅行やホテル利用が多い方には、日常的にポイントを貯めることができる上、貯めたポイントを宿泊券や航空券に交換できるSPGアメックスの活用をおすすめします。



スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

年会費

34,100円(税込)

還元率

1%

発行期間

約2週間

ETCカード


無料
新規発行手数料935円(税込)

ETC利用率
新規入会で最大30,000ボーナスポイントプレゼント
SPGアメックスに入会後3ヶ月以内に10万円分カード利用をすると30,000ポイントをプレゼント

Marriott Bonvoyのゴールドエリート資格
SPGアメックス会員はカードを発行した時からMarriott Bonvoyのゴールドエリート会員の資格を得ることができます。
滞在毎のボーナスポイントが25%アップしたり、部屋のアップグレード、レイトチェックアウトなど様々なメリットがあります。
継続利用で無料宿泊券のプレゼント
SPGアメックスは継続利用をすることでMarriott Bonvoy参加ホテルの無料宿泊券(1 泊2名分)がプレゼントされます。
無料宿泊券だけで年会費の元を取ることは可能なので非常にお得な特典と言えます。

マイルを貯めやすいポイントプログラム
SPGアメックスは全部で40社のマイレージプログラムにポイント交換することが可能です。
マイレージプログラムの移行率も高いためポイントを無駄なく様々なマイルへと貯めることが可能です。
年会費 海外保険 国内保険
34,100円(税込) 最高1億円 最高5,000万円
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 約2週間 個別設定



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト